先日のブログにもUPしましたが、お客様のご好意にて、先日、家族で熱海に1泊してきました。

 

交通手段は、我が家の定番、車。どこにでも寄れるし、食べ物も好きなタイミングで食べられるし、音楽も聴けるし、流れる風景を見ながら、くだらないお喋りも出来るため、ホテル滞在も嬉しいのですが、車での道中を、息子も私も、大変楽しみにしています。

 

「確か、〇年前、このあたりの〇〇〇に行ったよな~。」と主人。

「それ、きっと、相手は、私じゃなくて、違う女性(ひと)だと思う~。覚えてないもん。」と私。

「いや、お前だよ!」(←なんだか、少々、焦ってるように聞こえる爆  笑。)

 

こういう会話を、にやにやしながら、聞いている息子。教育上、あまりよろしくないですが滝汗

(結論を言いますと、行った相手は私でした。忘れているだけでした滝汗。すみません。)

 

「このあたりは、豊臣にやられたんだよな~。」と主人。

この会話は、小田原あたり。大河ドラマの記憶を一生懸命手繰り寄せる私。

「あ~、そうだね。」(←ほんとか滝汗。)

 

それにしても、息子の私に対する、揚げ足取り&突っ込みがうるさい。ってか、私が、言葉を発しようものなら、それに対する応酬がひどい。主人には、全く、そんな事をしないのに。

 

とにかく、私が、喋ろうものなら、「お母さん、うるさい真顔。」

 

え~ん笑い泣きひ、ひ、ひどい。

 

「そんなにうるさい?」と聞くと「うるさいよー。だから、いつも、音楽聴いてるんだよ。」と息子。

 

そ、そ、そうでしたかえーん

 

久~し振りの家族全員での遠出に、踊り出したいくらいの、はしゃぐ私。コンビニに、飲み物やお菓子を買いに寄るのでさえ、超嬉しい爆  笑ドキドキドキドキドキドキ

 

「ほら、茅ヶ崎のローソンだよ。やっぱりコンビニも場所が違えば、売ってるものも違うね~っ!ビーサンも、浮輪も、こんなにいっぱい爆  笑!」

 

ケツメイシのBGMの心地よさが加わって、気分よく話しかけても、「お母さん、うるさい真顔。」

 

ひどい笑い泣き

 

仕事明けの疲れもあって、のんびり出発し、途中、「道が違うね~。カーナビの設定、間違っちゃたね~」と、これまた、のんびり言いながら行ったお蔭で、ホテルに到着したのが18時。

 

「えっ?お寿司って、流れてくるもんじゃないの爆  笑?」

 

この息子の一言により、ホテル内の混んだレストランを避け、晩ご飯は、「ここ、美味しそうだね!」と、行く途中、目をつけていた、湯河原の回転寿司に行くことになりました。

 

そして「まだ足りない!」と、息子の分だけ、マックを買って、ホテルに戻ることに。そういう時だけ、大人しく、かいがいしく、付いてくる。まったく。

 

(その後、楽しみにしていたドラマ「コード・ブルー」を観れることに。こんなにゆったりした気分で、しかも、他の家事に気をとられず、集中して観れるなんて、なんて、幸せなんでしょドキドキありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます笑い泣き

 

翌朝、「飛ぶ鳥、後を汚さず、だよ。」と、散らかった部屋を片付けていると、「お母さん、それを言うなら、”発つ鳥、後を濁さず”じゃないの?」と、突っ込んでくる息子。主人は、何も言わず、爆笑しています。

 

ど、ど、どーも、すみません滝汗

 

こうやって、ますます、私の間違いは多くなり、ひどくなり、ますます、息子に馬鹿にされていく事になるんだろうな~っ笑い泣き

 

翌朝、仕事に向かう、帰りの車中、時間短縮のため、朝食も、コンビニに。

主人と息子は、貝汁を買って、「旨いね!」と2人で、美味しそう~に食べており。

諸々のゴミだけを、私に渡し。 南無笑い泣き

 

ホテルのラウンジです。ピアノの自動演奏のBGMに、相模湾が見渡せる、とても気持ち良い場所でしたが、息子は「落ち着かない!」と、早々に部屋に引き上げておりました笑い泣き

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD