今年の遅い桜の時期が終わったと思いきや、急に真夏日到来。みなさん、体調崩されておりませんでしょうか。

 

私は、先週日曜日、相模原の米軍キャンプにて行われた「東日本国際マラソン大会」に、ランニングメンバー6人で参加してきましたニコニコ お天気は、1週間前の予報では、曇りのち雨の予報。が、予報は、1日ずれて、大変暑い真夏日に。(前回参加したマラソン大会も、その時期、最高の真夏日でしたゲッソリ

 

申込みをしたのは、確か、冬の頃。世界情勢が、こんな事になってるとは予測もつかず滝汗

「お母さん、テポドン、飛んでくるかもよ。」 息子の笑えない冗談をエールと受け取り、お店は主人に託し(ありがとう!)、当日朝7時に本牧を出発しました。「みんなで楽しめるように!」と

なんと、後藤コーチcarにての送迎付き。ありがとうありがとうありがとうえーん

 

今回、参加したのは、5キロコース。当初、挑戦したかった10キロコースは、制限時間内に走れそうにないえーん、ということで、女性陣3人は、無難な5キロに。そして、後藤コーチの「みんなでゴールするのが楽しい」という、平和的理念から、男性陣も、5キロコースに合わせてくれました。

 

し、か、し。。。実は、参加できたのは、メンバー6人中5人。場所が場所だけに、身分証チェックが厳しく、あるメンバー1人は、米軍キャンプ内に入れませんでしたえーん(結局、その人は、キャンプ周辺を走って、大会が終わるのを待ってくれましたえーん

 

身分証チェックが終わった後、軍人さん達による、セキュリテイチェック。集合後は、あちらの

インストラクターによる、準備体操ならぬ、準備エアロビに参加。ラテンのリズムが早くて早くて、あまりのダンスのついていけなさに、参加者全員苦笑状態でした。

 

そして、何十分かの待ち時間後、いよいよスタート。「よーい、ドン!」。  きゃ~ラブ

スタートした少し先では、何故か、地元の和太鼓軍団による応援演奏が。和洋折衷な感じがなんだか、とても不思議で面白かったですニコニコ

 

キャンプ内は、広々としていて、周囲に高い建物もなく、空は高く感じられ、、、。そして、何故か、桜の木があちこちに。散り際の満開の桜が、本当~に綺麗ラブ 桜吹雪の中を走り抜ける気持ち良さが伝わったのか、コーナーに立ってる監視のおじさんが「桜吹雪の中を走るのは、気持いいだろうね~。」と声をかけてくれ、思わず、笑顔に。

 

終始、程よい向かい風が吹いていて、少し、息を吸っただけで、全身に酸素が充分送り込まれる感じ。今まで、普通に無意識にしていた呼吸が、こんなに楽に気持ち良く感じたことがなく、これも初の体験ラブ

 

「完走」を目標にしていたため、ペースは、「気持ちよく走れる」、本当にゆっくりな速度。足を痛めたのか、前方を歩いている人を抜くのも、なかなか出来ない程度のペース。トントントントン。全然、苦しくない。そうか、これが、後藤さんとの「苦しくないマラソン」2年間の成果なのか!もう、身体がリズムを覚えてる!すごい!

 

気持ちいい向かい風を受けながら、自然あふれる中を走れる気持ち良さで、私は、何度も両手を大きく広げたくなりました。(恥ずかしいから、その欲求、何度も抑えましたが滝汗

 

一緒に参加した、30代ママは、他の全員より数分前にゴール。スタート時に、「自分のペースで走っていいからね。」とみんなでゆっていました。私は、後藤コーチが、伴走してくれ、制限時間5分オーバーでゴール。

 

後で聞いたことですが、実は、私、仕事が忙しくて、3週間ほど練習が出来ず。マラソン大会前日に、やっと練習が再開できたのですが「もしかしたら、吉岡さん、途中、歩いてしまうかも。」と、みんな心配してくれていたのだとか。いやー、ご心配おかけして、すみませんでした滝汗

 

そして、大変残念な事に、大会前に膝を痛めた先輩ママさんは「途中棄権」覚悟で臨んだものの、ご主人の愛ある伴走で、私達より、少し後に、無事、完走しました。素晴らしいラブ(本当は、最後、ご主人によるお姫さま抱っこゴールを期待していたんですが。)

 

参加賞のお水とタオルをもらい(あ、一緒に走れなかった人の分も)、芝生の広場に出ている屋台の食べ物を買って帰途につき、本牧に着いたのは13時半ころ。

 

お店に戻ると、ポツポツその頃からお客様が来られ始めた感じで、なんとか仕事に間に合いました。ほっ。日焼けによる「赤鼻のトナカイ」状態で働きました滝汗

 

翌日も、翌々日も、心配していた筋肉痛にもならず、「あ~、これが2年間、毎週走り続けた成果か~」と。(いえ、仕事で、本当は、毎週は厳しいのですが。)

 

一緒に走ってくれる人がいてくれたからこその2年間。ほんとに、有難いキラキラこれからも、無理せず、楽しく走り続けたいと思いますおねがい。南無。

 

キャンプ内は、ほぼ撮影禁止状態で、この周辺のみOKでした。走る前に、女性陣みんなでパチリ。