歩いて行こう

テーマ:



「理不尽な世の中だな」~と思うことがある。



≪正直者がバカをみる≫とは、昔から言われてきたことでもあるけれど、ほんと、そういうことはある。




純粋に懸命につくり上げたものが、あっさりと持っていかれたり……でも、何故か、本当のことを言えない環境をつくられてしまう。

言った方が悪者になったり。




とことん非常識なことが、何故か正当化されていたり。




客観的に見て、かなりの自己中心的な者が強い者としてあがめたてられ、人を真剣に思いやる気持ちを持つ者が弱い者として卑下されたり。




本当に強い者とは、人の下に立つことを知り、自己顕示をしなくとも“強い”とみなされ、弱気を助け、芯が曲がらない人のことを言う。




集団心理により、様々な環境がつくられている昨今も存在するけれど、いいの。



例え、陰になろうと表になろうと、自分は、可能な限りピュアに正直に、人やものを心から思いやり、自分の意思はそのままに審美眼を養いながら行くから。





なんて思った朝方。




今日も歩いて行こう。
AD