ナショナル・エンクワイアラー誌によると、マンハッタンで新作映画を撮影中のリンジーが出演者やスタッフとハドソン・ホテルのバーへ飲みに行ったところ、彼女だけがバーに入れなかったようだ。
リンジーが19歳と知っていたバーのマネージャーは、「あなたはこの場に相応しい年齢ではない。あなたは未成年です。私はヴァニティ・フェア を読みました。」と彼女の入店を断ったという。
リンジーはバーのマネージャーに大目に見てもらおうとしたが、彼は営業ライセンスを失いかねないと彼女に説明。結局彼女1人で滞在先のホテルに戻ったという。


未成年の飲酒が問題になるのは日米共通のようで...

AD