ズルいと言われるくらい幸せになる方法

自分責め、ヒステリー、落ち込みやすい性格の改善、感情の麻痺、自信がない、パートナーシップ、子育て、不登校、ビジネス収入アップ、自分らしい生き方、フラクタル心理学と心理セラピーを融合し心のバランスを素早く整えます。

NEW !
テーマ:
こんにちは
佐藤優樹です。





先日、カウンセリングを受けられた方から
このようなお悩みを伺いました。


================

子どもが公共施設とかで騒ぐと
イラッとするんです。


はじめは我慢して穏やかに対応するんですが、
言うことを聞かないとぶち切れてしまって
怒りに我を忘れることもあります。


子どもがビクッとして静かになると
『あちゃー怒りすぎた』と思います。

恥ずかしくて無かったことにしたいし
周りの人達の視線を感じて
その場を離れたくなります💦


その罪悪感で、何日間かは心がソワソワするんです。
正直、人と関わりたくなくなります。


子どもは毎日絡んでくるので、優しくなんてなれないしぞんざいに扱ってしまって

そんな自分が長年嫌で、もういい加減変わりたいって思っています。





こういうお気持ち、すごく、よく分かります。


私も、現在
小学6年生の娘がいますが、


娘が幼いときは図書館やスーパーで大きな声を出したり、何度も言っても聞かないときは


(穏やかにゆとりを持って関わりたい…)
と思いつつついイラッとして


「静かにしてよ、もう!」
「まったく、どうして分からないのー(>_<)」
と思っていました。


周囲からは、ウルサイなぁ、みっともない
どんな躾をしとるんじゃ!と
責められているような気がして、

その場から立ち去りたくてたまらなかったです。


もちろん誰も何も
言ってはこないんですけれどね^^;





その場から立ち去っても心はモヤモヤしていました。
何日かすると「ま、いっか」なんて
気にならなくなって忘れていくんですが、


根本解決にはなっていなくてまた似たようなことを繰り返す…そんな日々でした。

だから、とてもよく分かります。


今でこそ、感情の仕組みを理解して
湧き上がる心に対処することができるよになりましたが、


過去は

「もっと穏やかな優しいお母さんになりたいなぁ!」


「笑顔で過ごしたいなぁ
ホッとしたいなぁ
幸せになりたいなぁ…」

そんな風に思っていました。





私がどんな風に湧き上がる感情に
振り回されなくなっていったかというと
何段階かあるのですが

はじめのステップは以下の3つです。


これを続けていくと、きっと自然と
感情に振り回されなくなっていきますよ^^


その① 怒りの気持ちを、嫌わないで書き出す

その② 怒りの下にある、弱い気持ちを知る

その③ 弱い気持ちを抱き締め、理解していく



人は鏡、と言いますが


「怒りを嫌う自分」が心の中にいると
自分の居場所がなくなります。。。


だから、怒りの感情は気付いたときに
嫌わないで、無視しないで
向き合ってあげると良いんです^^





我が家でも
怒りを嫌わずに心と向き合ったことで
変化が現れはじめました。


まず、私自身が子どもに振り回されず
落ち着いて対応できるようになったんですね。


また、悪いことは悪いと毅然と伝えることも
できるようにもなりました。


すると、
子どもが子どもらしく
好奇心を持って
自分のやりたいことに取り組んだり、


周りとも仲良く
協力しあいながら
過ごすようになっていったんですね^^


いつの間にか、良いサイクルができ
怒ること自体が減っていきました。


そうなったら
良いですよね!


それは誰でも出来るんです。


歯車を1つ変えてあげることで
良いサイクルが生まれます。


「イライラをぶつけてしまうときの対処法」については、
今週水曜のメルマガでもう少し詳しく書いていきますね^^










《講座の予定》

◆3月
【感情コントロール講座】

【負けられない性格を手放して誰からも愛される心のつくり方講座】

◆7月~12月
【心理セラピスト養成講座】

メールレッスン  
 
講座一覧  
 
個人セッション  
 
・お客様の声  
 
佐藤優樹のFacebookグループ  
 
お問い合わせはこちら  
 
メール: honey55koubou@yahoo.co.jp  
 
癒しと成長のサロン&スクール  
 Salon Terrace 佐藤優樹
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)