[蠍座の新月] 真実はひとつ。

テーマ:
ALOHA ニコニコ


昨日の夜に蠍座の新月でしたが
すぐにボイドタイムだったため、
今日の朝に
新月のお願いをするのが良いタイミング。


お願いをする前に、

今一度

自分にとって
一番大事なもの
一番大事なひと
一番大好きなこと

思い描いてから
お願いをしましょう。

かなり、実力のある新月。
有効に使いましょう!

加藤由迦さんの
ブログをシェアしたので
こちらを読んでみてくださいね乙女のトキメキ


sudha さんの
1と2があるので
こちらも合わせてお読みください!

それから
新月のお願いを
書くのが良いです流れ星キラキラ



私は
宇宙の計らいで
蠍座新月というタイミングで京都に呼ばれて来ました。


花屋時代の同僚に
紅葉見ようと誘われて、
このタイミングしかなかったのでしたが
かなり自分に向き合える時間を持てて、
しかも
素晴らしい紅葉も見れて感動。


私は
ほんとにいろんな人に恵まれているなぁと
しみじみ。


だけど、
蠍座の新月に
想い浮かぶのは一人しかいなくて
それは 私のツインレイ。

 
想いの深さに
愛の深さに

全然関係ないところで
じんわり涙ぐんだ。


私があちこち余所見するのは
どんなに頑張ってもなかなか届かないという
絶望感。
どんなに頑張っても気づかない。
声が届かない。
全てを諦めた。
という繰り返されてきた膨大な過去。
それが根底にあるから
もっと軽く近くにある愛に目を向ける。
だってその方が
簡単に満たされるから。


そのことに
新月の光は
深く届く。

いま
何も失ってはおらず、
絶望する必要は何もない。


愛しているひとは、何人もいる。


だけど
何を差し置いても
誰よりも大切で
ずっと変わらず愛しつづけるのは
あなたしかいない。
私のツインレイ。

Love you ~乙女のトキメキ

AD

蠍座の新月★

テーマ:

ALOHAチョコがけハート

 

 

今日は蠍座新月ゆめみる宝石

 

蠍座シーズンもあと数日で終わります。

この季節に見えて来た

自分にとって

一番大切なことは?

真実の愛とは?

本当にやりたいことは?

問いかけ、

嘘や誤摩化しのきかないところまで深く降りていったところにある、

 

誰にも曲げる事の出来ない

唯一の宝物。

真実。

 

その願い。

 

そこのフォーカスして

新月のお願いをしてみるのが良いでしょう。

 

願い事は
ボイドタイムが終わる、
11月19日のAM3時59分

以降が良いそうです。

 

 

カギ月よみSmile Lifeさんの

蠍座新月へ向井深い闇の中へ。そして命の根源へ。

 

 

時に、

あまりに真実である場合

人は耳を塞ぐ事がある。

 

だからこそ、

全く反対の状況や

全く反対の現象に向き合うことで

反発する。

 

違う。

それは私の真実ではない。

違う。

それは私が本当にやりたこととではない。

違う。

それは真実の愛ではない。

 

 

そうやって

何が真実なのかが見えてくる。

 

全ての現象、

どんなに辛い事でも

それは宇宙からの愛。

魂がよりよい人生、

真実の愛へと続くための

宇宙の計らい。

 

 

カギ小泉マーリさんの

【新月】2017蠍座新月★遊びにきたことを思い出す

 

 

生きるって

楽しいこと。

 

なんのために生きているのか。

それぞれが楽しいと思うことを

とことんやっていく。

 

地球はそういう実験現場。

 

そう思ったら

ワクワクしますね。

 

 

素敵な新月をお過ごし下さい!

 

 

 

 

みなさまにALOHAな宇宙ラブが届く一日となりますように本命チョコ

ナマステおすましペガサスふんわりウイング

Mitsubchi Flower*(Tink&Wendyのサイトをそのままミツバチにしました!)

 

ミツバチフラワー*Creemaさんサイト

MALANGEL:HPからでもお問い合わせ出来ます。

 

AD

’ohana

テーマ:

ALOHAりんご

 

 

去年の秋にも

’ohana」というタイトルで

ブログを書きました。

 

インドから友人3人が

猪苗代にやってきた話。

 

同じ釜の飯を食べるって

家族みたいなもの。

 

田舎だと、あちこちで

’ohanaを感じる。

 

つまり、血縁関係がなくとも広意義のfamily

 

私の好きな映画

Fast&Furiousシリーズ。

車の映画だけど、やっぱり’ohana=familyの話が続いていく。

この感じがすごく好き。

 

 

田舎に行くと、

ほとんどが 'ohanaである。

暮らしている集落の人はもうすでに

他の集落の人に比べると'ohana。

 

 

私の家の親戚のおうちが

道を挟んだ下にあって、

猫が居るおうち。

 

私が来たときにはおじさんもおばさんも居たんだけど、

おばさんはすぐに認知症のため、施設に入り、

おじさんは夏過ぎから肺癌が発覚してちょっと遠くの病院に

抗がん剤治療しに行っている。

ずっとは入院出来ないみたいで

たまーに数日だけ帰宅出来る。

 

それを、猫達は心待ちにしていて

 

今週はおじさんが帰ってきているので

猫達はうちには来ない。

 

それでいい。

 

忙しくしていると、おじさんが帰ってきたこととかも

気付かなかったりするのだけど、

最近は時間を少し余裕をもたせて

暮らすようにしているので

 

今回は、おじさんに会いに行った。

 

 

シイタケを取ってきてくれたり、

ちょっと話を聞いたり、笑い合ったり、

ほんとにそれだけで良い。

 

ほんとは、坂を登るだけでも、肺が辛いはずなんだけど、

シイタケ持ってきてくれたのが嬉しくて、

 

 

昨日は朝からお弁当を作って

病院食ばかりのおじさんに地元の食材のご飯を届けた。

ほんと、たいしたものじゃないんだけど、

せっかくおうちに帰ってきて

たまには人の作ったご飯食べたいかなーと思って

持っていったんだけど、

すごく喜んでくれたみたいで

 

仕事から帰ってきて、

ご飯を炊こうとしていたら

 

おじさんがやってきて、

 

自分とこで作ったお米を

かなり沢山、分けてくれた。

 

「お米」

 

お米をわけてもらうって

 

ものすごく’ohanaなこと。

 

この米は特別美味しいからって

重たいお米を持って、坂を上ってきてくれた。

 

 

お米を買わせてもらったりは、ある。

だっておいしいから、知り合いの作ったお米の方が

断然良い。

 

こんなに沢山分けて頂いたのは

はじめてなので

ほんとに、

じわっときた。

 

 

またいつでもなんかあったら言いなさいと

まるで家族のように

赤の他人である私に

お米をわけてくれる。

 

なんだかなあ。

うるっときた。

 

引っ越ししてきてから

「お米」が

 

ただの食べ物以上の何かに思えてくることが多くて

 

稲作と共に季節が移り変わることや

お米に対する人々の意識なのかな、

ほんとに美味しいので

他のお米食べれんくなる。

 

顔の見えるお米を頂く。

 

’ohanaのつくったお米を頂く。

 

 

おじさんは週末からまた

病院に戻る。

 

 

 

猫達と一緒に

私も

下のおうちの電気が点くのを

毎日待つのだろう。

 

きっとおじさん達は

長い事

上のおうち、今私が住んでいるところの

電気が点くのを

こうやって待っていたのかもしれないとも思う。

 

 

すごく派手なことは出来ないけれども

 

地道な積み重ね。

IMG_20171029_003357033.jpg

 

 

 

 

 

 

みなさまにALOHAな宇宙ラブが届く一日となりますように本命チョコ

ナマステおすましペガサスふんわりウイング

Mitsubchi Flower*(Tink&Wendyのサイトをそのままミツバチにしました!)

 

ミツバチフラワー*Creemaさんサイト

MALANGEL:HPからでもお問い合わせ出来ます。

 

AD