テーマ:Observation /アメリカ男考察
2005-05-30 16:11:53

Four Leaf Clover / 四葉のクローバー #10 - 最終話

それでも、私が心配する前に、彼が先に子供を心配して、ああして居所を確認しに来る事を、私自身が意識する前に既に知っていて、私は無意識の中で安心していたのだ。。。彼も子供を見ている。。。私だけじゃない。。。 穏やかに、子供を育てるという事は、こういう事なのか。。。と、初めて知ったような気がした。そして、子ども自身がそれを感じていた。。。 私はこれを手に入れるために離婚したのだと言う事を、思い出した。



ココまでが、前回までのお話。。。





*★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。*



先に帰る上司を車で送っていったりして、最後にBuzzingを通り越してDrunkになったNateを車に格納して家路に着く。 Okinawa沖縄には未だに暴走族が居る。インドネシアでも思ったが、少し田舎の、そしてまだ子沢山な地域では、いい子が育つ。こんな風に、悪ぶって爆音を鳴らしている彼らでさえ、Grocery store(食料品店)の前にしゃがんで居ても、小さい子が目の前を通ると 『あぃ!この子可愛いんじゃない?』と無邪気に言うほどに、心は綺麗で子供好きである。 まぁ、しかし迷惑行為をして居る事には変わりないので、Sの家のあるYomitan読谷)からChatan北谷)へKadena嘉手納)を通り戻る途中、もう眠りに落ちていた子供が爆音で目を覚まし『怖い。。。』と言った時、Nateが酔っ払った意識の中で目を覚まし、それを聞いて私につぶやいた『 You want me to beat them all up? (あいつら全員ぶっ飛ばして欲しい?)』。 私は、これを聞いて私の父を思い出していた。私の父は、私の中で『絶対に何があっても家族を守れる男』であった。 彼が若い頃は、これと同じような事が私達家族の行く先々でよく起こった。 アホで下手糞な運転をしている車と遭遇したとき、自分がヒヤッとさせられて、家族を危険に晒されたと思った途端に、相手構わず父は車から降りて行った。 父に、怖いものは無かったように見えた。。。Lion King(ライオンキング)のMufasa(ムファサ)のように。。。年頃になってからは「恥ずかしいから止めてくれないかな」と思っていたが、それでも、彼の家族を守る姿はいつでも、私に大きな価値観の方向性を与えていた。子供の頃から父を見てきた私は、方法はどうあれ、男は家族を体を張ってでも守るものだと信じてきた。だから、私の中で、それが出来ない男は、男ではないのだ。 ただ、暴力は好きではない。。。



Nateの騒ぐの血を抑えながら、なんとか家に着き車を停めた。NateTipsy(千鳥足)ではあったが、眠る子供を車から抱えて運び子供のBedに寝かしつけた。 そこで責任を果たしたと、気が抜けたのか、ちょっとした事件が起こる。。。Nateがフラフラしているので、私がアナタも早く寝なさいと、彼をBed Roomへ送るとき、Nateが「ねぇ、Honey Bun。。。僕たちもう4日もMake Love(メイクラブ)してないけど?」と言うので、「それは、この所こういう行事が続いて、アナタがBeing a Drunk(酔っ払い)だから仕方がないのよ」と笑いながら彼をBedまで連れて行き、彼を横たえ、着ている物を脱がして楽にさせようと思っていた。 うぅーーーと唸るNateを見ながら、苦しいのかな?。。。と思っていたら突然、私の手を叩き払って、私に向かって『Fuck You!』と、言ったのだ。それを聞いて、男にFuck You!などとののしられた事のない私は、一気に頭に血が上って、思いっきり、彼の背中をぶっ飛ばし、寝室を出てSlam the door(バーン!と閉める)した。 この男が、今までにどんな関係を、どんな女と持ってきたかはほとんど知らないが、私は何があっても、男にFuck YouなどとののしられるようなGhettoな関係に身を落としたくは無い。 この翌日、かなりの間眠っていた彼が起きたときに、この話をしたが、当然記憶に無い。。。 しかし、彼のFuck You事件は、私と離れ離れになった状態で、彼が酔っ払って居たときではあるが、この後、再び起こった。。。_| ̄|○…イチドスルヤツハ ズットスル



そして、彼の身近な人間と、最後の会食が最後の夜に行われた。Nateの望んだ結婚の手続きはにぶつかったまま、私達にとっても最後の夜を迎えた。食事を終えた後、遅めに帰宅して、子供を寝かしつけて、私達はいつものようにお酒を飲むことにした。彼の顔は浮かなかった。残された時間は数時間。彼は、離れてこれからどうするかを必死で話した。ヨーロッパへ向かう前に、彼は3年ぶりに故郷のHawaiiハワイ)に一ヶ月の休暇で帰ることになっていた。彼は、その時にそこで結婚をしようと言った。それでも、その後、私達がヨーロッパの彼の任地へ引っ越すとなると、かなりの問題が起こる。明らかに無理に近い、問題山積の話であった。。。



朝まで、話し合った私達は、答えも出ぬままNate出発の時間を迎える。彼は、心配そうな顔で私を見つめて、『僕が居ない間、何かあったらSが助けてくれるからSに電話するように』と、Sの連絡先、それから、HawaiiでのOahu(オアフ)とMaui(マウイ)の両方のイトコやら、おばあちゃまやらのおうちの連絡先を紙に書き残した。 朝早く、彼の友達が私の家の前まで迎えに来て、彼は出張かなんかに行ってまた帰ってくるかのように、家を出た。『I'm gonna make this happen(僕はコレを実現させて見せるから)』という言葉を残して。。。




彼が去った後の玄関には、彼の大きなサンダルが残っていた。まるで本当に数日したら彼が戻ってくるかのように。。。





★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。*



まぁ、この後、Nateと結婚の話を進める中で、Randyとではない他の男と私が一緒に居るという形をイメージしきれないRandyのイトコのJに、Nateの事をぐちゃぐちゃ言われたりイロイロあったりとイロイロあったですがね、余りにこの話が長くなったので、はしょってまとめますと。。。



★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。*




この後、彼がHawaii(ハワイ)滞在中に急に、彼にとっては初めての結婚を不安に思って毎晩のように荒れるようになる。Pre - Nuptial Doubts(マリッジブルー)は男にもあるのだろうと思いつつ、それでも心配からついArgue(言い争い)もしてしまいながらも、遠くから彼を見守ったが、その怒涛の一ヶ月が過ぎ、Nateがヨーロッパに向かう途中、再び落ち着きを取り戻し、ボルチモアから電話をしてきた時に、『Will you marry me?(僕と結婚してくれる?)』と正式に、プロポーズをしてくる。それは、離婚経験のある私にとっても、初めての正式なプロポーズであった。 それからNateは、新しい任地の上司と、この強引な結婚話の手続きを進めるものの、壁が多すぎて私達は立ち止まってしまう。そこに、私にとっては大きな仕事のチャンスが訪れて、私は仕事を選んだ。子供との現実を選んだのだ。お互いに、「もう結婚の話をするのは止めよう」と話した。



それでも、それから数ヵ月後の、あの911のテロからちょうど一年後の事。。。その職場が実は一年前にターゲットの一つだったという話はかなり前から聞いていて、そしてちょうど一年後、職場ではちょっとした緊張感がある話が良く上がっていた。私は、9月の初めのある日、時差のため、地球の反対側で夜勤をして居た彼と仕事場のコンピューターで繋がった。Nateが、「U there?(そこにいるの?)」と話しかけてきたのだ。私は、家も職場から近いので昼でも夜でも何が起こるか分からないという気の抜けない状態にあって、今の不安を正直にNateに話した。「結婚もしていないのに、こんな事を頼むのはおかしいと思うけど、もしそれで私に何かあったら、子供を私の代わりに育ててくれる?」私の親も年だし、あの時の私にはNateの私の子供に対する思い入れの印象が強くて、Nate以外に適任は居ないような気がして居た。Nateは即答しなかった。そこが、むしろ誠実で真実味があった。

二日後、Nateは「良く考えたんだけど」と前置きをした後、『You know that I'd love to...(僕が喜んでそうすると言う事を、アナタは知っているでしょ)』と言った。




Nateと私はその後も何度か復縁の話をしたが、一度ずれ始めてしまった歯車の回転は、このまま、もう一度かみ合う事は無かった。子供の事以外では、二人の事を話せば話すほど私達の溝は深まるばかりだった。 ただ、いつまでも、私の子供をあれほどまでに愛してくれる人と言うのは、現れなかった。を愛してくれる人と、子供を愛してくれる人は、私の中で長い事、RandyNateに象徴され、私はその後、その両方を望むのは再婚では無理なのか?と妥協した頃もあった。 しかし、この話の一番初めのほうに出てきた同僚が、私があの『悪夢の時期』から抜け出す頃、ある日私に『どんな形をしていても、いつか必ず、そこにピタッと来る人はいる。』と、自分の経験から言ってくれた。実体験に基づく言葉は私に、もう一度踏ん張る力を与えてくれた。



Nateは実は、今日本に居る。私がOkinawa沖縄でさそり座EXと暮らし始めた頃に、私が結婚をしようとしている相手が居ると知らずにNateSを装って私に「Nateが、Sに会いにOkinawa沖縄に来ているぜ」とメールをしてきた時に、私はNateがもうすぐJapan(日本)に帰ってくる事を知った。しかもOkinawa沖縄ではなくKanto (関東)に。。。 Nateの得意な"不思議な偶然"はこの時も私を驚かせたのだが、当時私とさそり座EXも沖縄からそちらへ転勤する準備をしていた最中だった。実は、いつまでも、Nateの子供に対する姿勢は一番であったために、そこだけが私の中でずっと引っかかっていた。。。その後、私とさそり座EXOkinawa沖縄からKanto(関東)のBase(基地)に移ってきて、暫く暮らした後に別れることになり、それから数ヶ月したある日、Nateと話した。 以前の記事でも書いたが彼は、こうして私と離れて3年、結婚はしたいのに、私の上を行く人に出会うことはなく、結婚したいとまで思える人に出会えないと嘆いた。。。でも、皮肉な事に、数回彼と話す中で私はやっと。。。引きずり続けた小さなギモンに対する答えを手に入れた。 あれから3年の時を経て、かつて、一時期、Sphere(球体)の片割れに一番近かった二人は、気づかないうちに時間の中でお互いの形を変えてしまって、子供も成長と言う名の下に形を変えて、私達3人はもう一緒に一つの形を作ることは無理なのだという事に、気付いた。。。Nateはそれから数回、連絡をくれたが 『アナタモ ワタシモ カワッテシマッタ。。。』 と言う代わりに、私は電話に応えるのを止めた。。。正直、なんと言っていいのか分らなかったのだ。。。 風の噂に、今彼が、あの頃よりも昇進して激務に耐えながら、喧嘩の生活の中に居ると聞く。。。 それでも、



あの頃、あんなにも私の子供を愛してくれたNateに、今でも心から最大の感謝をする。。。コンドコソ サヨウナラ。。。(チョット涙)





$☆アメ女 BY NATURE☆ - アメリカ男トノ イロイロエロエロ デスガ。。。何カ?-Amejo - Be Good
Be Good



【追記】
これを書いた後の更なるNateのその後はこちら→「Honey Bun的 ☆ 国際結婚」
最後まで良い男だったわ(゚ーÅ) ホロリ







ここクリックしてねん♪Blog Ranking - ブログランキング





★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。*

いいね!した人  |  コメント(27)  |  リブログ(0)

Honeybunさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

27 ■無題

ネェサマ
人と人との関係って
本当に 難しくてすごくもろくて
でも 強い時は強い。。。
あ~むずかしぃ。めんどくさい。
  
それから 
大変ななか 来てくれて
ありがとう。
この気持ちはすごくうれしぃ。
ネェサマ ゆっくり
自分達の時間使ってくださいね。
ちゃぁんと まってますから♪

26 ■みなさま、今日もコメント有難うございますっ♪今日も良い一日を!

みなさま、長い事お付き合い
下さって、本当に有難う
ございました。

この話はね、Randyの次に自分の
中で大きな話でしたので
みなさんに、長い事つき合わせて
申し訳ないなぁと思いながら
書き続けさせていただきましたゎ(;´Д`;)

RandyとNateは、申し訳ないけど
多分、私の中で中々消えない人
だと、思います。
この消えない話は、またいつか
落ち着いたら書きたいと思います。

消えたつもりで消えない。。。

まぁ、こんな人も人生の中で
何人か居るものですなぁ(;´Д`;)

えと、お礼参りできてなくて
本当にごめんなさい。。。_| ̄|○

ちょっと実家で、埋め合わせを
しております。
夜中にでも、みなさまの所へ
回れるときに時間を必ずとって
回らせて頂きますので
それまで、少し時間を下さい。


本当に、すみません(;´Д`;)

25 ■恋愛事情 (究極のSEX ポリネシアン セックス)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

恋愛事情 (究極のSEX ポリネシアン セックス)

はじめまして恋愛事情 管理人です。勝手ながらリンクさせて頂きました。

サイトの内容は恋愛、性、不倫、女性向けの話が中心100種類以上の無料占・恋愛シュミレーション。

未熟なサイトですが今後とも宜しくお願い致します。

リンク先    http://rena-i.jp/adaruto/a_renai.htm

サイトアドレス http://rena-i.jp/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

24 ■酔ってたとしても

その言葉は傷つくなぁ。
しかもそれが愛する人だったらなおさら。

タイミングって難しいですねぇ。。。

最後の文を読んでしんみりしちゃいましたよ。

あぁ、わたし頭が回ってないわ。

ゴメンナサイ~・・・

23 ■お疲れ様です。

考えさせられる、でも素敵なお話をありがとうございます。勢いって大切だけれど、その流れの中で見失ってしまうものもあると思います。だから、Honey Bunさんの様にきちんと時間を取って、お互いがきちんとフィットするかどうかを確かめるのって大切だと思います。妥協なんてしなくても、Honey Bunさんは良い女なんだから、絶対パーフェクトな人が見つかると信じてます!

22 ■怪盗いなかもんヨリ

バナーいただきに参上しました

ω_(゜∀゜ )≡ モヒョヒョヒョヒョ

21 ■いくら酒の勢いだとしても

言っていけない言葉はあるょね。
本当そういう思いもしなかった
言葉って後々ずーっと頭に残る。あたしもこないだ別れた男に「ヤリマン」といわれた。冗談でもいっていいことと悪いコトがある。

男と女って本当にタイミングだね。
(゚ー゚)(。_。)ウンウン
女ってのは本当後ろを振り向かない
生き物だからさ。後から言われてももう遅いょ…ってなるょね。。。

20 ■歯車・・・

こんにちは。
程度の差こそあれ、私も狂ってしまった歯車をどうにもできなかった経験はあります・・・

でも、タイミングってあると思うんですよね。
うまくいくときは何をしていてもうまくいくし、ダメなときはどう頑張ってもダメだったり・・・

でも、子供さんのことを本当に愛してくださった方に出会えたなんて、本当にステキなことですよね。
読みながら涙してしまいましたよ。。。

いつか「ぴたっ」とくる方に出会えるはずです。
応援していますね☆

19 ■無題

終わったね・・・
最後鳥肌立った。
結局「not meant to be」だったんだね・・・
歯車が狂ったにも関わらず一緒になって命をも落としてしまった友達がいるから・・
歯車が狂った時点で気づけたのは良かったと思うよ。
でも子供の事を本当に愛してくれた彼のその愛情はHoneyちゃんの中で
消える事ないね。

18 ■うん・・・

すっごい子供さんのことを想うてくれるえぇ人やったけども・・・・やっぱアメ女っちとの間にある溝が埋まらないならば、それは無理やんなぁ・・・そして、久しぶりに話せたみたいやけど・・・その電話から、お互いに変わってもぉたのんを感じるのんってちょぉっと寂しくない?まぁ、しょうがないことやねんけど、やっぱり人って、時間とともに変わっていくもんなんかもしれんなぁ・・・えぇ人と出会えて、こうしてまた、近くで話せた。それだけでも縁あると思うし、アメ女っちの言う「最大の感謝」ってのに感動しましたわぁ・゚・(ノД`)・゚・

17 ■やっぱり

言葉って大事なんですね~。
同じようなコメント何回もしてる気がするけどw
でも、何度も感じてしまう事。。。
大切にしないとね。

16 ■またきちゃった!

やっぱり何回読んでも、涙&神の導きを感じてしまう。
アメ女姉様は神様に愛されてます^^
アメ女姉様が色々なエロエロ(笑)な経験を真剣に向き合って生きてきた事を
これからの人生の中で必ずだれか支えになってくれる人があらわれると思います!
そしていつかHoneyBunが猫のように
ゴロニャンって甘えられる大きい人が必ず現れます!!
無限の力と愛がHoneybunと子供を引っ張っていってくれるよ。
私はHoneybunの体当たりでいつも傷をつけて、だけど前に立ち向かっていく姿を想像しながらHappyになる事を祈るからね!←ご都合主義のクリスチャンだったりして!!

15 ■もし・・。

もしも旦那がいなくなって
ユウタゴンと二人になったとき
私は迷わずユウタゴンを大切にしてくれる人を
選ぶでしょう。
神様って意地悪ですね。

14 ■せつない・・・・・・せつない。

現実って厳しい。。。
でも
だから、キラメク瞬間ってとってもきらきらしているのよねえ。

ぴったりかんかんのベターハーフに
必ず出会えるはず。

求めているものは得られるものだから。

13 ■結婚って

ホンマにタイミングなんですよね・・・。
今日↓の記事もまとめて読ませてもらいましたが、
切ない結末ですね。はぅ・・・。
Nateさんのことは心配するなって言っても
無理やと思いますが、今はご自身&子供ちゃんの幸せ考えて下さいね。

12 ■元気だぞえ~

時間、タイミング…

怖いね…
でも、こういう流れがアメ女へとっての流れだったのかな…
それが自然な流れだったのかな??

って思ってる。

11 ■そうだったんですね

なんだか・・・本当にタイミングって難しいですね。
友達は離れていてもずっと友達だけど、やはりパートナーとなる人や家族は一緒にいないとお互いのリズムにズレが出てきてしまうような気がします。
Nateさんがまさか今日本にいるとは。。。しかも荒れているようなのでHoney Bunさんの事なのでどうしようもないとは知りつつ心配されているんでしょうね。
私の元彼も荒れてしまって中退してしまった人がいましたが、私が一番何もできない立場だと思い同じように連絡を絶ちました。
でも、いつか両方(Honey Bunさんとお子様)にとってぴったりはまる人がいると私も思います。
それがさそり座EXさんだったら良いのになぁ。と今までの記事で感情移入してしまっている私・・・(笑)

10 ■切ないですね

アメ姉さんの体験としてではなく 1つの小説としていつの間にか読んでいました。お酒が入った時に出る言葉や態度って日頃どこかで鬱積して理性で必死にこらえていたことだとかって聞いたことありましたっけ。抑えがきかなる時って満タンになった時なのかもしれませんね。怖いし辛いけど その事で気づく学びもあるのかもしれないのかなと又頭でっかちに考える年齢不詳なのでした

9 ■うん

時間って
ある意味
救いで
ある意味
残酷で。。

それでも
気付かされる
何かが
honeyしゃんと
ジュニア
2人の
幸せの
為に過ぎた
なら

それも
アリだものネ

でも
やっぱり
切ないネ

8 ■お互いの本能が・・・

この結果を生んだのかもしれませんね・・・

Nateさんの強さと弱さ・・・
コントロールできる相手が現れるといいですねぇ・・・

7 ■歯車かぁ・・・

ちょっとした歯車の違いってあるよね~わかるわぁ~。一旦狂いだすとどうやって埋めようにももうあかんって思ってしまう。

結婚してる時なら、なんとか頑張って、踏ん張ってみようとか思ったりするんやけど、結婚しようと思っている矢先にそゆことがあったり、色々な問題が目の前にあったりすると、私もつい、運命の赤い糸はこの先には繋がっていない・・・・なんて勝手に思ったり、自分からひいてしまったりしてたわぁ~

だから、ワタシもいまだに1人( ̄w ̄)ぷ もう~諦めちゃっているワタシ(*‘ω‘ *) オネエタマはワタシも分まで頑張ってほしいのだ

6 ■最終回(>_<)

そっか~
最後は歯車が違っちゃったんだね。
残念です。
彼も幸せになっててくれればいいのに激務と女と酒と喧嘩か~
でも今は
アメ女ちんとJr.が幸せになる事が大事☆

5 ■あのねぇ・・・・

アメちゃんだけにこそっとお話なんだけど・・・・

Noteじゃないけど家の旦那ね、
昔1回だけ物凄く酔っ払って凄い罵声というか侮辱されるような事とか言って大暴れしたことがあったの・・・・
翌日には憶えていないんだけどね。
それまでは凄く尊敬してたし好きだったけどあれからは・・・・・(-_-;ウーン

お酒飲むたびにあの時の恐怖が思い出されて・・・・それが頭の中に未だにこびりついてるんだよね。
それから結構キツク当たったりもシテテ・・・・

あれからは反省してもうそんな事はないんだけど・・・・コワイノ。・゚・(ノД`)・゚・。

カウンセリングかなんかでそこだけ記憶消して欲しいんだけど・・・・無理な話かなぁ。

4 ■うわぁぁぁんん!。゚(゚つД`゚)゚。

今日から復活しましたっ!
と言っても、コメント自粛を終わりにしただけなんだけど・・・。゚(゚つД`゚)゚。

毎日読んでたよ!
アメっち・・・いっつもいっつも、こんなモネっちのために暖かい言葉をたくさんありがとう・・・!!
ほんとに、嬉しくて泣きそうだった・・・。゚(゚つД`゚)゚。(←泣いてるし!!)

『Fuck You!』はショックだね。゚(゚つД`゚)゚。
なんかさ、そこにたとえ愛があったとしても、その言葉はグサっとくる・・・。
それまでどんなに愛しあえたとしても・・・、愛があったとしても、どんなに酔っ払っていたとしても・・・。
やっぱ、アメっちが言う『Make Love』であってほしいなぁ~って思う☆
アメっちの言う『Make Love』は、モネっちの理想に近い気がするんだぁ☆(ノ´∀`*)アヘアヘ☆

3 ■一気に読んだのよ~(TT)

まさかあのシェクシーJelloの話から
ここまでたどり着くとは思いませんでした。
Nateは酒に飲まれちゃうタイプなのかな?!
酔ってない時は頼れるけど、
酔うと暴力に走ってしまう人。
もしかしたら、アメ女姉さんは本能で
避けてたのかもしれない!!危険だって。
子供の事を理解し、そしてアメ女姉さんの事を愛してくれる人は絶対出てくるよ!!!!!
諦めないで^^v諦めたらそこで終わるから!!!!!!

四葉のクローバーをTBしとくね♪

2 ■泥酔状態で発した言葉

私もそれを聞いた段階でアウト。
夫も同じ事をやらかしました。
本人は覚えてないらしく、酒が言わせた言葉とはいえやっぱり許されない。
sexこそないものの、子ども達を育てる同士ではあるので私はこの家にとどまっている状態です。

はは・・湿っぽい話ではありますが
子ども達の前では笑っていたいなー

1 ■なんとも・・・

別れた相手には幸せになって欲しいものだけど…酒と女と喧嘩ですかぁ^^;
やっぱある程度勢いのあるうちに決めないとうまく行かんもんですなぁ…
子供や絡んでるから慎重になるもんね^^
一緒になって酒と喧嘩じゃ疲れるし…
姉さん、前を向いて行きましょかね^^,

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。