2005-04-11 07:31:15

Magic Spell / 上等な猫使いのかけた魔法 #2

テーマ:Thoughts of me /アメ女考

Magic Spell /上等な猫使いのかけた魔法#1』は、私が書きたいことの前置きなんですぅ。。。えと、さそり座EXくんとであった頃の自分と、その背景などの理解がないと、先週末の金曜日に私の心境に何が起こったのかが、この先ちょっと解らないかな?と思ったので、2003年当時の事を書かせていただきました。 だから今の私は、ひとしきり乗り越えて、Power Upして、ご存知の通り、全開バリバリで、ずっどぉぉぉーーーんっ!ってな感じで生きてますんで、大丈夫ですよぉーん。。。ふふふ


そんでもって、今回は前置きの説明の方が長いですゎ(笑)。今日も、まだまだ、Honey Bunアメ女考がふんだんに盛り込まれた前置きですぜ☆ 今日は『二人が一緒に居るようになった頃の経緯@2003年Thanksgiving(サンクスギビング。感謝祭)』ですよん♪





さぁーて、今日は月曜日だぁっ!続き、いきますかぁっ!?ヨッシャァーーー コイッ!









★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ゚★".゜:*・。"★




彼がGuamから電話してきたと姉さんから電話を貰ったが、私は躊躇していた。一番最初に彼が私が望まない一つの事柄を持っていたからだ。ここではそれが何だか今は、Mentionしたくないが、それは私の我侭かもしれないし、彼が悪いのでもないが、私と私の子供の将来設計の中では感情的に、受け入れられないものだった。それが、この時私が躊躇した理由の一つ。加えて、この頃自分の子供の心情を知りつつ、姉さんの子供や顔見知りならまだ良いのだが、急だったのでBaby Sitter(ベビーシッター)をムリして探して子供に心細い思いをさせたくなかったから、そんな風にしてまで二人の時間を作る価値に値するかもわからない男の為には、もう二度と子供を犠牲にはしないというのも私を躊躇させた理由の一つだった。だから、私は姉さんに、こんな2-3日前に言われても無理だと言ってくれと頼んだ。



出張から戻った彼が、すぐに私に電話をしてきた。姉さんが、自分で話せと彼に私の電話番号を渡したのだ。彼にSalsa(サルサ)の約束を断った経緯を説明して、彼は彼も彼のEX-WIFEの元に自分の子供が居る身として快く納得してくれた。私達はお互いに子供が居る離婚経験がある身として、一般的なことを話した。当時の一回の電話は平均5時間くらいだった。私は肩と頬に電話を挟みながら、家事をして、インフルエンザの予防接種を生まれて初めて受けたせいで、そのまま発病してしまった子供の世話をして、「まぁ、なんと良く話す男だろう」と思った。話の出来ない頭の空っぽな男よりは、それだけ話せるだけ自分の考えがあるという事は良いことなのだが。。。ソレニシテモネ



かつての私ならここまで話す間に、男の誘いたい気持ちを上手く引き出して、誘わせていただろうが、でももうこの頃の私は自分の意思で男を動かすのが嫌になっていた。自然の法則に全てを任せて、なるものはなる、ならないものはならない、それでいいと。だから、彼が話したいままに話させて数日が経ち、彼が申し出るまで、私はほとんど、今までの私がして居たような気の利いた駆け引きも、色っぽい話も、男のやる気を引き出すような言葉も、口にしなかった。それでも彼が、「明日、子供がもしもFlu(インフルエンザ)が良くなってて、学校へ行けたらLunchをしようよ」と切り出した。



過去記事でも話したが、彼は今までの私が持った関係の他の男達や、職場での上司の事の代わりに十字架に掛けられていたので、私は当初余り彼にNiceではなかったし、彼との関係が進んでも、私はもう二度と男にToo Nice(優しくいい人をし過ぎる)にはしないと心に決めていたし、彼にそう告げてあった。男は、女が精一杯で愛すると、またはそれを見せると、すぐに「この女はどこにも行かない」と安心して、調子に乗って、手を抜き始めるか、他の獲物で力試しをしようとするからだ。だから、まず初めに言ってあったのは、私は実になるかならないか分からない男の為に子供を犠牲にはしないという事。Partnerになれば、まず二人(夫婦)の関係を中心に置く方が子供の教育上も、夫婦として家族として理にかなって居る事は重々承知だが、そういう関係の手前で子供を簡単には巻き込まないし、ましてや寂しい思いなどもう二度とさせないと決めてあるので、相手が実になる可能性があるかを探る間には、男を絶対に優先させたりしないと言ってあったからだ。だから二人は、慎重に、子供を二人の間から守りながら関係を模索し始める事になった。



彼が出張から戻った頃彼は夜勤で、私達は彼が仕事に出る前にLunchを一緒に摂る事にした。ここで私にはアメリカ人男を選ぶ過程で連れて行く店がいくつかあったので、その一つの創作日本料理の店を指定して彼とLunchをした。後から出てくる話の為に是非この日本料理の店に行った事を覚えていて欲しい。私達は、ランチコースをそれぞれ選んで頂いた。私は脂っこいサカナの刺身が好きなので、サーモンや、はまちの入った刺身のコースを頼んだ。アメ女として、私が姉さん達や親友から口を酸っぱくして言われてて、それでも、Randyと居る事は彼がかなり年下だった事から私が時々躊躇したこともあったが、長い事、数々の関係を通り抜けてきた事で、今は当然の事のように身に付いた事がある。それは、相手が年下であろうと女は絶対にこういう場所でお金を払わないという事。Randyの時も、例え私が出すときでも、テーブルでまず彼に渡してから、彼が必ずレジに立つ様にして居た。それは男の器を表すからだ。この年頃になれば、相手だってそれ相応の女を誘うだけの様々な経済的な体力を必要とする。それがない男には、女を誘う器量がないという事だ。特にアメリカ男の場合はそういう教育をされて育っていて然りなので、そんな事で男を甘やかすと、その男をPimp(ヒモ)みたいにしかねないから、ろくな事は無い。ましてやそんな安い男は、中身も無いので要らない。 そうした、見解の元、私は年下である彼の様子を見ていた。年上なら、こんな駆け引きすらも必要ない。当たり前に男が払うものだからだ。そして、彼は私が口紅を塗りなおしに席を外した間に、会計を済ませていた。そこで私は「Girl Friend(彼女)でも何でもないからGo Dutch(割り勘)でいいわよ」とわざと申し出るが、彼はそんな事は女性にさせないと言い、例えCommitment(約束した関係)のない女にでもそうする事は、誘った男の礼儀であるので、彼はそこをクリアした。



その頃、数日後にThanksgiving(感謝祭)も控えていたので、仕事はFamily Dayというその前後の何日かを含めて自動的に休みだった。彼と私は、数日、数時間、太陽の日のある時間だけをゆっくり外で共に過ごした。これも、私が男に疲れ果てていた頃だったからこその事だ。ところが彼の行動に変化が出てきた。彼は同性の悪友の多い男であった。姉さん達と顔見知りであったのも、彼がよくClubに悪友達と顔を出していたからだ。私達が、時間を過ごしている間もひっきりなしに男友達から電話が入る。その度に、彼は嬉しそうに私と居るんだと言って、だからお前達の誘いには乗らないぜ、と笑った。



夕方まで一緒に過ごし、私が子供を迎えに行く時間に私を送り届け、私が「これから彼らとGo Out(主に夜の外出)するんでしょ?」と聞くと、「そんな気になれないから行かない」と言った。私はと言えば、彼の思いやりに対しては、敬意を表した。当時の彼は、離婚して家族も居ないし、数ヶ月前にEX-Girlfriend(私の前に一緒に居た彼女)とも別れてて、友達とも私と居るようになってから出かけない。。。それはまるで私が時間の都合さえつけばいつでも私の為に出動できるようにしてあるようであった。



だから、実は子供がFluから生還したのは、私にそのFluを移したからだったのだが、私はアメリカの強いクスリで無理やり症状を抑え、アメリカ人にとってこのThanksgivingからChristmasまでのHoliday Season(ホリデーシーズン)は家族の温もりを感じる期間で、どのアメリカ人でも故郷や家族や人肌を恋しがり、しかしそういう温もりの無いアメリカ人(海外遠征のため故郷を離れている、もしくは更に独身である)にとっては日本人には想像のつかないくらいの感傷的な時期であり、当時は彼もその一人であり、私の為に友達の誘いも断っているせいで寂しい思いをさせるのは忍びないと、彼との時間を作っていたのだ。彼と別れて子供を迎えに行って自宅へ帰ると高熱が噴き出す日々だった。そしてThanksgiving(サンクスギヴィング)の日、私が自宅で高熱によりぶっ倒れている所へ、彼からメールが来た。「もし迷惑じゃなかったら、明日アナタの子供と3人でSega(セガ)に行こう」。子供を巻き込む事に慎重になっていた二人だが、それを巻き込むような発言に出たという事は、彼が私の子供の領域へ踏み込もうとした一瞬だった。つまり、私の人生に入ってこようと腹を括った一瞬であったのだ。



To be Continued...続き



★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ゚★".゜:*・。"★






$☆アメ女 BY NATURE☆ - アメリカ男トノ イロイロエロエロ デスガ。。。何カ?-For Real 2
For Real?





ここクリックしてねん♪Blog Ranking - ブログランキング






★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ゚★".゜:*・。"★












さぁて、今日は新しい週の、一番最初ですよぉっ!

次の事も、書きあがって居る事だし、久しぶりに全開バリバリで、

イロイロな所へ、巡回行きますよぉーっ!待っててねぇん♪(´ε`*)











★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ゚★".゜:*・。"★










Honey Bun通信:

今、スッゴク興奮してますゎっ!

実は、この記事を昨日のアメブロの絶不調によってテキストエディターで

書いてまして、それを昨晩ここに移している最中に、新しい曲を発見っ☆

Ludacris の "Number One Spot"って言う曲ですが、

過去記事で紹介したように、Austin Powers2がツボの私としては

この曲は、かなりのツボですゎぁっ!!!ヒィィィッ!

この曲は、まだリリースされてない模様ですが

すぐに出ると思うから、出たら聞いてね♪ オモシロイヨォーーーッ!









★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ゚★".゜:*・。"★





ねぇ、アメブロ最近TB出来ないけど、これってどういうの?


しかも、タイトルは48文字までって過去記事で怒られたけど(怒)






★".゜:*・。"★*:・。*゜ ★・゜:*:*・。"★*:・。* ゚★".゜:*・。"★






Honeybunさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。