2005-01-21 00:26:34

結婚

テーマ:家族
姉が結婚する

昨日、一月二十日にめでたく入籍

式は来月行われる

そんな姉

悩み事が…

姉は以前から子供の名前にはすみれと付けたいと言っていた



結婚後の苗字は…



































梅木

梅木すみれ

しっくりこない…

苗字も名前も植物系

イジメの原因になる恐れがある

そんな姉が入籍した日、一月二十日

そして

仏滅…

娘の名前よりも入籍の日を考えた方が良かったようだ

blogランキングに登録中!!一票お願いします!!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004-12-24 12:13:05

いとこが泊まりに来た

テーマ:家族
いとこの姉ちゃんが遊びにきた

いとこの姉ちゃんは、fの姉とタメであるため姉と仲が良い

どうやら天神にクリスマスプレゼントを買いに来たようだ

その姉ちゃんだが、自称

矢田亜希子

昨日、fが夜家に帰るとちょうど二人が天神から帰ってきたところであった

そして、夜ご飯を食べながら芸能人の誰に似てるかの話題に・・・

いとこ:『ねえねえ、私誰に似とぉ?』

『誰って、矢田亜希子って言って欲しいっちゃろ。』

いとこ:『言って欲しいっちゃろって、誰に聞いたとぉ』

『姉ちゃんに聞いたよ。まぁ~似てると言えば似とぉかもね。』

いとこ:『やろ。お客さんに似とぉって言われるっちゃんね。』

等など、いとこの姉ちゃんを良い気分にさせご飯終了

ご飯後、風呂に入る、いとこの姉ちゃん

そして風呂から上がった、いとこの姉ちゃんに対して

『化粧落したら矢田亜希子じゃなくなっとぉよ。』

とfが笑いながら言う

『うるさいね~。矢田亜希子も化粧落したらあんなに綺麗じゃないとぉ。』

あ~そうですか。

そう言っていとこの姉ちゃんは眠りについた

ちなみに

fの姉は自称

小雪

困った二人だ

blogランキングに登録中!!一票お願いします!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-11-30 16:24:32

博多天神ラーメン

テーマ:家族
f が就職活動で東京に行った際に趣深いラーメン屋を発見した

本場とんこつラーメン博多天神

だ。

博多ラーメンなるものはあるが、天神ラーメンとは聞いたことがない。

また、博多と天神は地理的に違う。

福岡と言えば博多

若者が集まるのが天神

ごちゃまぜにさせられた感がある

さすが東京。

おそるべし東京。

サラリーマンの街 新橋での出来事であった。



人気blogランキングに登録中!!クリックお願いします!!
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2004-11-24 17:14:23

姉3

テーマ:家族
高校を卒業したころ、

自宅に勧誘の電話が頻繁にかかってくる時期があった

f 邸の電話に出るのは八割方が姉である

そんな姉は短気だ

そうとう勧誘の電話が頭にきていたのか

ある日

いつものように、夜中八時頃にf 邸の電話のベルが鳴る

電話を取る姉

電話はいつものように勧誘である

そこで姉の一言

f は死にました。。。ガチャーン・・・ツーツーツ

いくらなんでも、それは無いだろ。。。


人気blogランキングに登録中!!クリックお願いします!!
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2004-11-19 14:14:35

ボーダー

テーマ:家族
左の写真は姉である

姉のパジャマ姿だ

下はフリースのズボンで、上はグレーのロンティーだ

とても暖かそうである



良く見てもらうと分かると思う

感の良い読者の方ならもうお気づきだと思うが、

上下ともボーダーだ

この写真では若干見にくい感も否めないが、確かに上下ボーダーなのである。

これの姿は、写真で見るより、実物を見る方が良いのだが、

恐ろしくかっこわるい

上下ボーダーであるスタイルは囚人服以外見たこと無い。

どのくらいかっこ悪いかが気になる方は一度試着してみることをお勧めする。


人気blogランキングに登録中。fを応援して下さい


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-11-19 09:31:02

テーマ:家族
父親は数年前から庭に畑を作り野菜を栽培している

しかし素人が栽培してるため

異常に太いキュウリ
手のひらサイズの成長し過ぎたシソ

膨らみに欠けるブロッコリー

細すぎるネギ

プチトマトサイズの普通のトマト

など

楽しく食せるものばかりだ

そんな父が先日大根の苗を買って来た

とびきりに辛い大根を作ると息込んでいる

しかし今の畑では肥料が足りないからと

せっせと何かをまいていた


次の日…

大根の苗がすべて枯れている

肥料を与え過ぎたのがいけなかったのか…と型を落とす父

父がまいた肥料を見る f

肥料じゃなくて除草剤だ

父の畑から緑が消えた日であった



人気blogランキングに登録中!!クリックお願いします!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-11-10 12:12:43

テーマ:家族
fにはまだ誰にも言ってないが姉がいる。

その姉だが来年の2月に結婚する。

おめでとう。

姉は頭が弱い。

暗算が苦手だ。

結婚式の予算などを見積もるときに懸命に計算している。

なかなか計算が合わないそうだ。

もちろん電卓を使用しているのにも関わらずだ。

そんな姉はたまにびっくりする質問をする。

名古屋と神戸どっちが近いと?

f家族は西日本に住んでいる。

アホみたいな質問であったため、名古屋県の方が近いよと教えた。

姉はご丁寧にありがとうと言っていた。

お前の頭の中の日本地図を見てみたい。

そして五分後。

名古屋って県じゃないやん(`ε´)

気付くのが遅すぎる。

当たり前だ。

ちなみに姉は歯科衛生士だ。

しっかりと勉強をして国家試験を合格している。

面白い姉である。

面白いといえばfの最愛の彼女は姉と同じ高校である。

彼女に神戸と名古屋どっちが近いか聞いてみた。

神戸だという。

安心した。

彼女の日本地図は大丈夫である。

面白いと思ったらクリックを!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-11-10 12:11:23

母親

テーマ:家族
fの母親は子離れしてない気がする。

子離れと言えばfの女友達が先月子供を産んだ。

男の子だ

おめでとう。

で、その女友達だが産むなら女の子が良かったと言う。

なぜ?と聞く

女友達曰く

男なんて赤ちゃんの時は私のおっぱい吸うのに二十歳にもなったら他の女のおっぱい吸う
もん。

で、あるそうだ。

でもそれ、おっぱい吸う目的違ってますから。

残念。

二十歳の息子に自分のおっぱい吸われたいか?斬り

絶対にマザコンに育ててやると意気込んでいる女友達S

がんばれ。

面白いと思ったらクリックを!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2004-11-10 12:11:10

父親

テーマ:家族
昨夜も、いつもの通り夜の12時に家に着いた。

いつもは父親も母親も寝ているが昨日は父親が起きていた。

fは世の中で一番尊敬してる人は父親である。

父親とはよく話をする。

内容は人生のこと、結婚のこと子育てのこと就職のことなどである。

一度話し出すと時間の許す限り話まくる。

父親は自身の経験から様々な話をしてくれ、fは経験はないが今持ってる考えを父に正直に伝える。

お互いがきれいごとを並べるような、お互いの考えをさぐり合うような会話ではなく、
本音で話しているのが分かるから何時間も話し込んでしまうのであろう。

昨夜は四時まで話し込んでしまい七時に起床しなければならないのに、九時におきてしまった。

今日はもちろん遅刻である。

まぁ、そんなことはどうでもよい。

父親と一番話した時期は就職活動中である。

fが第一希望の会社に最終面接で落ちたとき、就職について色々と自分の考えを聞いても
らった。

父親が発した第一声は。

考えすぎじゃない?

であった。

父親は私が工学系の大学院に進学してることに対して、あくまでも、オプションだと言
う。

付けても付けなくても良いのだ。

技術者という職業が合ってないと感じたなら他の道に移ればいいだけのこと。

別に大学院出たから一生技術者である必要なんてない。

当たり前のことであるがなぜか就職活動中には心に余裕がなかったせいか、そんなことを
考えることもなかった。

父親は六回会社を変わっている。

これは多いであろう。

田舎から東京に出て最初は繊維業にいた。

それら数回会社を換え、今は不動産業で働いている。

しかも不動産業という全く畑違いの業界に入ったのはバブルが弾ける直前の15年前であ
る。

タイミングとしては最悪なのでは…と経済の知識を持ってないのに考えてみる。

しかし、父親は今までしてきた仕事で一番楽しいのは今の仕事だと言う。

収入は以前勤めていた会社では割りと役職が高かったため、給料はけっこう貰えたみたいだが、現在の収入は比較にならないほど少ない。

やはり仕事はお金だけじゃないらしい。

父親が言うので説得力がある。

しかし、そのためにfは大学には親の支援がなく奨学金をもらいながら通い、現在600万の借金があるのである。

57年間生きて来た父親が一番やりがいのある仕事が今している仕事だと言う。

自分に合ってる仕事なんて誰にも分からないものである。

ましてや社会に出たことのない24の若造にはなおさらである。

父親から色々話を聞かせてもらい就職に対して良い意味で楽観的になることができた。

とりあえずは決まった会社に行こうと。

その後何かあったらその時考えようと。

人によっては私の考えに対して甘いなど思う方もいると思うが、

人それぞれの考えがあると思うので一つの意見として聞き流して頂きたい。

冒頭でfは父親を世の中で一番尊敬していると書いた。

父親はfがそのように思ってるなんて夢にも思わないだろい。

私は父親になったとき、私の父親のように息子から尊敬される存在になりたいと思う。

そんな父親が今使ってる財布は、fが小学校五年生のときに買ってあげた五千円程度の安物
の財布だ。

かれこれ13年目か?

その財布はもちろんボロボロである。

ボロボロになりながらも13年もfが買ってあげた財布を大事に使ってくれる父親には、f
の初任給で財布を買ってあげようと思う。

父親だけに買ったら母親が怒るので母親にもお揃いの財布を。。。

面白いと思ったらクリックを!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。