すー太郎、日々くふう

お金をかけずに少しの工夫で毎日を楽しく...子育て、手作り、インテリア、DIY


テーマ:
いじめはなぜ起きるのか…

いじめの原因は人間の被害者意識、
つきつめて行くと、たいていの場合
ただそれだけだと思うのです。

いじめに限らず、たいていの喧嘩、暴力、紛争は
誰かに自分の心が傷つけられたとか
バカにしたとか
裏切ったとか…

人間の根底には、赤ん坊がそうであるように
根本は快と不快があり、
不快をどのように処理するかというと
被害者意識として処理するわけです。

つまり転んで痛かったり
オムツが濡れていて不快な事と同じですね...

例え表面上はいろんな理由があるように見えても
根底には被害者意識がある。

何が言いたいかと言うと、
理由は関係ないという意味です。

それはただの不快にすぎなく、
そして被害者的な感情を持っている
ただそれだけなのですから...


そしてそれはやっかいな事に
自覚がない場合も多く、例えば風邪をひいたり
頭痛がしたりした時
たいていはこの被害者意識が関係しているように
無意識に肉体的反応や
別の違う感情を生んでいるのです。

例えば自分とは全然関係のない場面で
その相手が勉強でいい成績を取った事を
先生に褒められたとしましょう。

その時彼は、俺には関係ねえや...
と思ったとします。
でも気が付かない部分で嫉妬して
それが潜在的に残ります。

すると今まで別に気にならなかったのに
急にその相手が気になり出し...
あいつの言葉使いが勘に触るみたいな...

何で気に入らないのかも解らず
攻撃したくなってしまったりします。



よくあるイジメパターン

幼少期に親が離婚をして寂しい思いをした子や、
親に体罰や言葉の暴力を受けて育った子。

その子がちょい悪でリーダー的な存在になると…

例えばすごくまじめで
親の愛情をいっぱいもらって育った
おりこうさんタイプの大人しい子を見ると
なぜか無償に腹が立ったりしてしまいます。

そのムカつく相手に直接何かされているわけでもないから
余計に腹が立ったりします。

自分がなぜムカつくのか解らないし、
たとえ愛情に飢えている自分に気がついても
だからムカつくなんて思いたくもない…
余計腹立たしくてイヤがらせしたくなる。

同じような環境で育った子が数人集まったら最悪ですね。
おりこうさんタイプの大人しい子はすぐにやられてしまう。
今のいじめの本当の実態は知りませんが...

たぶんこんな感じなのでしょうか。

これはよくあるパターンだと思いますが…


いじめてる側の子供を見ると

例えば毎日幼稚園の頃からお母さんに
『テッメ~~何やってんだ!早くしろ!』って言われて
いっつもひっぱたかれて、
離婚したお父さんにも会わせてもらえず、
『男はな!メソメソすんな!強くなれ』って
空手かなんか習ったらどうなりますか?

寂しい思いなんてした事なくって
親にひどく叱られた事もない
弱っちー奴がいて、暴力は良くないよなんて
言いやがったら、マジむかつくと思って
思春期の子供だったらイジメてやりたくなるの
少しだけわかる気がしませんか?

そんな風に両者の立場を見ると
イジメは良くないとか
みんな仲良くしようなんて
ただのきれいごとで
何の解決にもならないですね

社会が悪い
大人が悪い
そんな言い方も何にもなりません

もしそのいじめを無くす
または違う事に興味を向かせるとしたら、

やれる事は…

何かに熱中する事ですかね...

何かに熱中できていれば
周りの同級生にどんな奴がいたって
いじめたりはしないですね

だから何かに熱中できる
そういう選択肢を
なるべくたくさん用意してあげて
我が道をいけるようにしてあげるのが
一番大切だと思います。
(簡単な事ではありませんが)

そして...人間の感情なんてものは
はじめに話したように、
元は快か不快かの単純なものなので
赤ん坊が泣いていたのに、すぐ笑うように...

何で怒っているか話しだすと
あれ、何で怒っているのかって
説明できないくらいに、感情は一瞬で消えたりもします。

そんなシンプルな一面も持ったものです。

ここには大きな可能性があり
もしかしたら、解り合える大きな可能性も
秘めているのかもしれません。



そしてもっと大切なのが
この2つのどちらかができているかだと思います。

1.親や教師自身がちゃんと夢を持っていて、何かに熱中して生きている。

2.親や教師自身が上手にユルく生きていて、その人生観に充分満足している。

どちらも自分の生き方に納得している事。

それを自らが見せられないで夢を持たせたり
今の自分に満足できるはずがありません。


自分に満足していれば、誰かの愚痴を言ったり
子供にやつあたりする事はないのですから…

また親や教師が自分の人生観を押しつけないのも
これからの子育てや教育に大切な事だと思います。

法律を守る限り、
人間は本当にどんな風に生きたって自由なんです。

例え学校に行かないとしても
そんな自由だってあるのかもしれません。

行きたくても行けない事情があるのなら
その事こそ力になってあげるべきです。

もしただ行かなくちゃいけないから行っている
そんな状況で子供達が学校に行っていたら
そんな被害者達が集まっていたらどうでしょう
いじめが起きないわけがないですね。

いじめは良くない事
いじめを無くそうと取り組む事
もちろん大切な事です。

でもそれよりもっと大切なのは
学校が楽しい場所である事
明るい雰囲気である事
それが一番大事なのだとボクは思います。

いじめが無くなる世の中...その1.
いじめが無くなる世の中...その2.
いじめが無くなる世の中...その3.
(その3まで書く予定です。)

________________________


ブログランキングに参加しています
記事が気に入ったらポチっと押してくださいニコニコ


にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


ブログランキング

________________________


料理ブログはこちらに移動しました
毎日1~2回更新しています→→→☆☆☆

料理ブログは今年から別ブログにしました。
こちらからどうぞ↓↓↓
すー太郎、日々くふう

ぜひぜひこちらも読者登録してください。
しばらくは料理のINDEXページがクロスしていて、
どっちにいるか解りにくくてややこしいですが
徐々にわかりやすくするつもりです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。