道をひらく

テーマ:
著者: 松下 幸之助
タイトル: 道をひらく

昭和43年の発刊以来、累計400万部を超え、いまなお読み継がれる驚異のロングセラー『道をひらく』。本書は、松下幸之助が自分の体験と人生に対する深い洞察をもとに綴った短編随想集である。これまで、どれほど多くの人が本書に勇気づけられ、また成功への指針としてきたことか。この本には、時代を超えて生き続ける不変の真理があるからである。                                                                                                                            

9歳からでっち奉公に出て、1代で松下グループを築き上げた立志伝中の人物であり、「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助は、経営者としては稀有といえるほど多くの著作を残している。本書は、PHP研究所の機関紙「PHP」に連載したエッセイをまとめたもので、見開き2ページの短編が120あまり載せられている。         

                                                                                                                                    

見開き2ページの短編となっていてどこから読んでも吟味でき、サイズ的にもコンパクトになっているからいつでもどこでも楽しめるないようになっている。               

                                                                                                                                   

松下幸之助さんは多数の著書を出されていてどれもスバラシイと思いますが、そのなかでもこの「道をひらく」は特別な存在だ。                                                       

                                                                                                                                   

本書の初版が出たのは1968年なので、すでに「古典」といってもよいが、その内容は決して色あせていない。

読んでいてなるほどと思わされることが随所にあるのだ。                                      

                                                                                                                                  

志を立てよう。本気になって、真剣に志を立てよう。命をかけるほどの思いで志を立てよう。志を立てれば、事はもはや半ばは達せられたといってよい。           

                                                                                                                                  

この言葉は私がとくに好きなことばなのだが、本書には勇気付けられたり、元気付けられたりすることばが随所に散りばめられています。                                      

                                                                                                                                     

本書は一気に読んでしまって、一時的にやる気を起こさせるようなものではない。                                                                                                                            

じっくりじっくりひとつひとつ味わい、繰り返し読んで自分のもにしていくべきものだと思う。

AD