• 09 Dec
    • 野党共闘なら政権交代である

        日経・野党共闘なら60逆転33拮抗。共自社統一名簿なら、民進・連合抜きでも政権交代である。    asyura2.com      日本も早くプーチン、習、トランプと互角に渡りあえるまともな首相とまともな与党を作らなければ駄目である。 そして、十分にチャンスを与えて、それでもまともになれなかった民進は自公と共に終わりである。 日本のトランプは志位なのか太郎なのか誰なのかは分からないが、駄目男の安倍を使い回して世界の激変にお手軽に対応するのはやめるべきである。    コメントどうして人類は、選挙!選挙!!選挙!! という、間接民主制の頚木を捨てないのでしょうか?もう間接民主制なんて、時代遅れのレガシーシステムであり、こんな前近代的なものを維持温存延命するより、庶民本位の、カネの掛からない、超シンプルな直接民主制を、余計な屁理屈やいちゃもんは、もはやドーデモEので、何年も十年もウン十年も待てないので、今すぐ無条件にて、一気呵成・一夜で実現して欲しいのです。複雑でゴチャゴチャと、メチャ難しいことをするより、トーシロでもよくわかる、簡素な直接民主制のほうが、イッチバーンイイに決まってます!!!!!選挙の供託金なんて、選挙管理委員会によるノミ屋行為そのものだ!!!!!!供託金をゼロ円にしやがれってんだ、この野郎、選挙管理委員会の大クソバカヤロー!!!!!!!!!!!!野党共闘加速で一致=共由社/時事通信安倍政権の行く末(2)野党共闘のキーマンは「好々爺になった」小沢一郎氏/毎日新聞野党共闘「さらに発展」 共産・志位委員長に聞く/日本経済新聞共同通信 ; 小沢代表に衆院選の野党共闘について。今,連合が基本方針の策定の作業をしている。 その中で,民進党と共産党の連携はあり得ないなどといった,強く牽制する内容を検討しているようだが,野党共闘に関する連合の姿勢についての受けとめを。  小沢 一郎 代表 それは,今,連合内でやってるの? そういうふうな表現で作ろうとしているの? 共同通信 ; 草案を今まとめたと。 小沢 一郎 代表 草案を見たの,君? 共同通信 ; 取材ベースで。 小沢 一郎 代表 ああ,取材ベースでね。  連合はね,政党のことをどうだこうだって言う立場じゃない。 ただ,自分たちは共産党と一緒にやれと言われてもなかなかできませんと言うのはいいけどね。 あの党とこの党がどうしちゃいけない,こうしちゃいけない,なんてことを言う立場じゃない。  連合は,応援団なんだから。政党じゃないだろ,連合は。  そこはもし,君の言うことが,その表現がそのとおりだとすれば,それはちょっと行き過ぎじゃないかな。  自分の意見と自分の立場を表明することはいいけれども,この党とこの党が連携しちゃいかんとか,この党とこの党と話し合っちゃいかんとか,そういうことを言うのは,ちょっと則(のり)を超えてるんじゃないかな。  だけど,君の取材が必ずしも正しいかどうかは,分からんよ。<笑>  それは,連合だって,それぐらいのことは皆分かってるはずだよ。 それで,どうしたらいいかと,少なくても建前は,働く者の味方と言っているんだから。 そうしたら,どうしたらいいかっちゅうことは,理屈として結論は分かりきってることだから。 そこは連合自身がよく考えて,きちんとした筋のとおった判断をするんじゃないかなというふうに,私は,現時点では思ってます。  昨日連合が詫びを入れて来ましたので民進党も自公別働隊を押さえて共由社連合軍に合流致しますので宜しくお願い致します。 トランプは世界に平和と幸福をもたらすために降臨した天使ではなくアメリカファースト、アメリカの国益のために働く人物である偽湯田と組んでjapを絞ることがアメリカの国益になるなら、それをするであろうNoと言える日本は今では石もて追われるペテン詐欺ジジイでしたが、本物の自主独立、ユーラシア平和を希求する、お隣近所にみだりに喧嘩を売らない日本第一主義の政治家と官僚であるべきだ 総入れ替えが必要です>>1さん直接民主制は、いかん!「不正選挙は必要悪である」との意見もあります!!!その結果が、自公と応援団の圧勝→ 原発再稼働・消費増税・TPP参加・・・です。 >不正選挙、開票不正は「必要悪」である。http://open.mixi.jp/user/8712738/diary/1943969682不正選挙、開票不正は「必要悪」である。すべて公正に選挙民の投票に任せることは危険な側面を持つ。早いはなし、「消費税ゼロ、医療費ゼロ、年金倍増」と公約する候補者に簡単に票が集まってしまうだろう。知名度があれば演歌歌手やAKBやサッカー選手やお笑い芸人ばかり当選してしまうだろう。国民はバカ、有権者はバカといわれるが専門知識がないのは当たり前でその意味では確かにバカであり、国家、社会の利益より自分の利益を第一に考えるエゴイストだ。このエゴイストの投票に国家社会の将来を任せることは危険すぎてできない。民主主義、公正選挙というのは耳障りのよい子守歌であり、政治も選挙も適正適度な「操作、コントロール、管理」が必要であり、実際に陰で行われてきた。適正適度が担保されるかぎり選挙不正も管理選挙も「必要悪」であることを選挙民は認めなくてはいけないし寛容な精神で一票を投じることだ。 ・・・ > まずは、不正選挙を撲滅することが先決・必須の大前提です。数多く提訴されている不正選挙裁判は、審理もなく却下され、マスゴミは報道規制を敷いています。米国でも2004年には選挙監視団を要請し、選挙の正常化に努力してきました。国連も日本のインチキ選挙と審理もされない裁判を知り、不正選挙のアベ政権に「選挙見守り隊の派遣」を申し入れてきましたが、アベが拒絶したようです。 元国家公安委員長の白川勝彦氏も「選挙監視団を組織せよ」と訴えています。もはやプーチンやトランプを通じ、武装国連軍による国際選挙監視団の派遣を要請すべきで段階です。そして開票作業は、銃口を背に1票の間違いもないよう10000円札を数えるように真剣に数えるべきです。少なくともマスゴミが垂れ流す捏造支持率と、やってもいない出口調査を理由に、票も数えずに「自公と応援団が当確ですよー」というインチキはやめるべきです。http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/417.html#c6さん、必要悪なんて、拒否すればいいのです、「お上」のいらない、直接民主制のほうが、選挙管理委員会のボッタクリの供託金もなくすことができ、選挙なんかよりも、庶民本位の直接民主制のほうがより簡単で簡素であり、古臭い間接民主制なんて必要ありません!!!!!必要悪なんて、拒絶・キャンセルでOK!!!!!どうしても間接民主制を維持したいのなら、選挙で国家や国民の運命を決めるなよ!!!!!この選挙管理委員会のバカタレ共!!!!!!!!!!

      NEW!

      テーマ:
    • 安倍の本末転倒外交

        安倍の本末転倒追悼外交<本澤二郎の「日本の風景」(2457) <真珠湾の前を忘れたか> <安倍よ、歴史の真実を学べ>    asyura2.com      投稿者 笑坊 日時 2016 年 12 月 07 日 12:52:28:  <真珠湾の前を忘れたか>  安倍外交は失墜・死滅してしまった。韓国の朴政権と変わらない。新聞テレビを死滅させて、かろうじて存在しているレベルである。まともな世論調査をすれば、内閣支持率は5%か10%であろう。まともな日本人は、みなそう認識している。あろうことか、安倍がハワイ時間12月27日に、真珠湾で亡くなった米軍犠牲者を追悼するのだという。待ちなさい、真珠湾に行く前に、行くところがあろう。近代史を勉強しなかったために、忘れてしまったのか。アジアの人々は決して忘れてはいない。本末転倒である。   <南京・731のハルビンがある>  日本の中国侵略の悲劇の象徴は、南京大虐殺である。幻ではない。筆者は戦後50年の95年夏に、50人の仲間を引率して南京と盧溝橋へと平和行脚を敢行した。  その中に大虐殺3か月後に南京入りした元日本兵がいた。彼は、その時点でも、揚子江沿いで次々と、人々が虐殺されている現場を見ていた。街中でレイプした女性を、銃剣でもって、性器を突き刺している日本兵を目撃していた。  筆者は政治記者時代、現地を視察した国会議員・赤城宗徳(岸内閣防衛庁長官)にインタビューして、彼の口からも「事実だ」との証言を得ている。  731部隊の中国人やロシア人の捕虜たちを、生きたまま切り刻むという残虐な生体実験をしたことは、既に国際的に証明されている。彼らの悪魔資料は、免罪条件に取引され、今はアメリカで眠っている。ベトナム戦争の枯葉剤作戦も、731部隊がもたらしたものである。  戦後の日本医学もまた、731部隊の悪魔軍医によってもたらされたこともわかっている。医療事故死の多くが隠蔽されていることも、731部隊医学が遠因である。わが息子もその犠牲者(2010年4月7日)である。東芝病院は、今も反省も謝罪もしない悪魔病院である。  日本政府の侵略戦争による犠牲者追悼は、真っ先に南京とハルビンである。 <中国侵略が日米戦争の原因>  歴史に無知な安倍は、日米戦争の原因を知らない大馬鹿ものである。史実は、日本軍の中国侵略にある。日米開戦直前の日米交渉の焦点は、日本軍の撤退を要求するワシントンと、これに抵抗する東京の激突であった。  欧米諸国は、大日本帝国が中国を支配下に置く大東亜共栄圏構想に真っ向から反対していた。祭政一致・神の国という原始的な国家・国粋主義の日本帝国を、ナチスのアジア版と認識していたためでもあった。  ナチスを退治した欧米列強は、一斉に日本帝国に襲い掛かって当然だった。安倍の祖父・岸信介は、東條英樹の日米開戦時の、武器弾薬を提供する財閥の代表としての商工大臣だった。万死に値する責任者の一人だった。  侵略の元凶は、資源略奪を目的とする財閥である。戦後、財閥は解体されるが、朝鮮戦争で復活すると、ふたたび岸を擁立、いま安倍を強力に擁立・支援している。この構造的腐敗を理解しない、研究者ばかりの日本である。  日本人が日本を見えないありさまなのだ。いわんや外国の研究者は、何もわからない? <中国から撤退してれば戦争回避、北方領土問題もなし>  歴史に「もしも」はないのだが、もしもワシントンの要求に応じていれば、日本のアジア侵略戦争も止まり、アジアに平和と安定がもたらされたかもしれない。  原爆の投下もなかった。いち早く降伏を受け入れていれば、むろん、広島や長崎の悲劇はなかった。当然のことながら、中国・東北地方の日本人の惨劇もなかった。シベリアの抑留もなかった。いわんや、北方領土問題も起きなかった。  昭和天皇をはじめとする財閥・軍閥・政府・官僚の無能・無責任が、300万人の日本人と数千万人のアジア諸国民の命を奪い去ったものである。  なぜ、賢明な判断ができなかったのか。元凶は、国家神道・教育勅語・大日本帝国憲法に拘束され、自由と民主主義を奪われていたせいである。研究者は、この史実から目をそらせてはならない。 <安倍よ、歴史の真実を学べ>  いままた安倍・日本会議は、国家神道復活に向けて、靖国参拝、既に民主的な教育基本法に教育勅語の理念を挿入した。残るは、平和憲法を解体して、大日本帝国憲法に衣替えさせようとしている。  明治の日本・戦前の日本に衣替えさせようとしている。賢明な日本人であれば、こうした分析を理解できるだろう。賢明な議会人・賢明なジャーナリストであれば、いまの日本の危機を認識できるであろう。  安倍の自公内閣の不条理は、極め付きといっていい。悪魔の政権である。歴史の真実を学ぼうとしないというのであれば、韓国のように退陣を求めるしか道はない。日本人の誇りである日本国憲法が、強く命じている! 2016年12月7日記(政治評論家・日本記者クラブ会員) 

      NEW!

      テーマ:
  • 05 Dec
    • 検察捜査を潰して甘利明を不起訴にしたあの法務官僚が事務次官に大出世!安倍政権と裏取引か

      検察捜査を潰して甘利明を不起訴にしたあの法務官僚が事務次官に大出世! 安倍政権と裏取引かhttp://lite-ra.com/2016/08/post-2507.html2016.08.19. 甘利明事件潰しの法務官僚が事務次官に リテラ やっぱりか。8月15日、法務省の事務方トップである法務省事務次官に、あの黒川弘務官房長が昇格することが発表された。「あの」といったのは、黒川官房長が甘利明前経済再生担当相の口利きワイロ事件を潰した人物だからだ。「甘利の容疑は、建設会社の依頼で、都市再生機構(UR)へ移転補償金の値上げを“口利き”した見返りに賄賂を受け取っていたというもので、最低でもあっせん利得処罰法違反、場合によっては刑法のあっせん収賄罪も成立する案件でした。ところが、黒川官房長が捜査現場に圧力をかけ、秘書の立件すら潰してしまったのです」(全国紙司法担当記者) この黒川官房長はもともと“法務省の自民党代理人”と言われるほど政界とべったりの人物で、直前には、菅義偉官房長官や佐藤勉自民党国対委員長(当時)らと会っているところも目撃されている。 本サイトは、甘利大臣の不起訴が決まった直後、この黒川官房長がいかなる手口で捜査を潰し、その背後には政界とのどのような癒着、裏取引があったかを暴いている。また、その際には、論功行賞で次の人事で法務省事務次官に就任することも確実だろうと指摘していた。 このときの記事を再録するので、現在の法務・検察がいかに安倍政権に牛耳られてしまっているか、法の下の平等などないに等しいか、ということを認識してほしい。(編集部)……………………………………………………………………………………… 6月1日、あの甘利明前経済再生担当相について、東京地検特捜部が不起訴処分にするというニュースが、一斉に流れた。しかも、甘利本人だけではなく、同じく告発を受けていた公設秘書2人も立件見送りになるという。 いっておくが、犯罪が軽微だったわけではない。甘利がやったことは、今、マスコミが大騒ぎしている舛添要一都知事の政治資金問題などとは比べ物にならない、政治家としては最も悪質な賄賂事件だった。しかも、特捜部は最近、政界捜査に弱腰になっていたとはいえ、小渕優子元経産相や小沢一郎のケースのように、秘書の立件まではやるのが普通だった。それが、今回は一切なんのおとがめもなし。これはいくらなんでも異常すぎるだろう。 取材してみると、今回の不起訴決定の裏には、法務省幹部の露骨な捜査潰しの動きがあったことがわかった。しかも、この幹部は明らかに官邸と深いつながりのある人物だった。 捜査潰しの詳細に踏みこむ前に、まず、事件のおさらいをしよう。甘利の容疑は、2013年5月に千葉県の建設会社・薩摩興業の依頼で、都市再生機構(UR)へ移転補償金の値上げを「口利き」した見返りに、賄賂を受け取っていたというものだ。 周知のように、薩摩の元総務担当者、一色武氏が「週刊文春」に公設秘書ら2人に現金500万円、さらに甘利本人に100万円を手渡していたことを告発した。実際、甘利事務所が現金を受け取ったことを証明する領収証や、甘利の公設秘書らがUR側に補償金アップの働きかけをして交渉を録音したテープなどの物証もあった。 しかも、URは甘利事務所からのアプローチ後、薩摩側への補償金額を約1億8千万円から2億円に、さらに2億2千万円にと、2回にわたって増額しているのだ。公共事業の補償額が途中で2回も増額されるなんてことは、通常、ありえない。 そういう意味では、甘利の口利き、賄賂疑惑はあっせん利得処罰法違反どころか刑法のあっせん収賄罪も成立する可能性のある真っ黒な案件だったのだ。 当の東京地検特捜部も4月にURを家宅捜索し、甘利氏の元秘書らを事情聴取。明らかに立件を視野に動いていた。当初の計画では、参院選前にまずURの職員だけを摘発し、参院選後に、甘利の公設秘書ら2人を立件。その後、甘利本人にいくかどうかを判断する予定だったという。それが、参院選前に一転して、全員「不起訴」の判断が下ってしまったというわけだ。 検察の説明によると、現金授受や口利きの事実はあったものの、告発を受けていたあっせん利得処罰法違反の要件である「国会議員としての権限に基づく影響力の行使」が認められなかったため、起訴を見送ることになったという。「議会で追及する」「予算をつけない」「人事を動かす」といった強い脅しがなければ「権限に基づく影響力の行使」とはいえず、甘利たちの口利きはそのレベルになかったと、地検幹部はブリーフィングで説明したらしい。新聞はこれを受けて、一斉に「法律の限界」「あっせん利得処罰法はもともと立件が難しい」などといったわけ知りの解説記事を垂れ流した。 まったく冗談もほどほどにしてほしい。たしかに、このあっせん利得処罰法は、中尾栄一元建設相の収賄事件を機に、職務権限のない議員やその秘書が公共事業で不正を働くことを防止するために制定された法律なのだが、現実には刑法のあっせん収賄罪よりも適用が難しいと言われ、これまで国会議員がこの法律で摘発されたことはない。 しかし、甘利のケースは、要件をすべて満たしており、法律の専門家も「適用は可能」と口をそろえていた。元東京地検特捜部検事の郷原信郎氏は「あっせん利得処罰法のど真ん中のストライクの事案」とまで言っていた。 検察が要件を満たしてなかったとする「権限に基づく影響力の行使」についても、「議会で追及する」といった強い脅しが必要というのは検察の勝手な後付けの解釈であり、事件発覚当初は「甘利氏は有力閣僚であり、国土交通省を通じ、URの予算や人事について影響力を行使することが可能だから要件は満たしている」(郷原氏)という見方が一般的だった。 そして何より、特捜部じたいが国会議員秘書初のあっせん利得法違反を立件すると意気込んで捜査を行い、4月の段階では、東京地検内部でも立件することでコンセンサスがとれていたのだ。 しかも、仮にあっせん利得法違反での立件が難しいという判断なら、刑法のあっせん収賄罪で摘発するという方法もあったはずだ。 また、それもダメなら、少なくとも、小沢一郎のケースのように秘書を政治資金規正法違反で起訴することはできた。甘利の元公設秘書は13年8月に一色氏から500万円を受領したが、関連団体の政治資金収支報告書には200万円しか記載がなかった。これは明らかに「規正法の虚偽記載」にあたる。 ところが、これも、甘利事務所が提出した会計帳簿に残りの300万円について「返却予定」「返済」と記していたという理由だけで、不問に付してしまったのである。泣く子も黙る、と恐れられた東京地検特捜部とは思えない大甘な対応ではないか。 実は、不起訴の方針が決まった後、現場の検事の間ではこんなセリフが飛び交ったという。「黒川にやられた」 黒川というのは、法務省のナンバー2官僚である黒川弘務官房長のこと。官房長を5年という異例の長い期間つとめ、次期事務次官が確実といわれている人物だ。そんな人物に「やられた」というのはどういうことか。司法担当記者が解説する。「東京地検特捜部が政界捜査に着手するときは『三長官報告』をやらなければなりません。これは、法務大臣、検事総長、東京高検検事長の3人の最高幹部に捜査の方針を報告するのですが、その前に必ず、本省(法務省)の官房長、つまり黒川さんに捜査の詳細をあげて根回しをするんです。ところが、今回、地検がURの職員の立件を決めておうかがいをたてたところ、黒川官房長から今、検察が説明しているのと同じ『権限に基づく影響力の行使がない』という理屈で突っ返されてしまった。それで、現場は、『あっせん収賄罪』に切り替えて捜査しようとしたんですが、『あっせん利得法違反で告発されているんだから、勝手に容疑を変えるのは恣意的と映る』などと、これも拒否されてしまったらしい」 しかも、この後、地検幹部は捜査現場に対して「参院選に影響が出ないように、投票日の1カ月前までには白黒をつけろ」とプレッシャーをかけてきたという。「当初は、選挙に影響がないよう秘書は参院選後に本格捜査する方針で、地検の検事正や次席検事も了承していた。ところが、突然、参院選の前にすべて決着をつけろ、となって、政治資金規正法違反も立件できなくなってしまったようです。この地検幹部の豹変も、黒川官房長が命じた結果だといわれています。官房長は人事権を全部握っていますから、さからうと出世に響きかねない。今の八木宏幸検事正や落合義和次席検事は特捜部出身ではありますが、主に経済事件担当で、上の顔色をうかがうタイプですから、あっという間に陥落してしまったんですよ」(前出・司法担当記者) では、黒川官房長はなぜ、ここまで露骨に捜査潰しの圧力を加えてきたのか。実は、この黒川官房長は、法務省内でも「自民党の代理人」といわれているほど、政界とべったりの法務官僚なのだ。「官房長という役職自体が、予算や人事の折衝をする役割で、政界とつながりが深いのですが、とくに黒川氏は小泉政権下で法務大臣官房参事官をつとめて以降、官房畑を歩んでおり、自民党、清和会にと非常に太いパイプをもっている。官房長になったのは民主党政権下の2011年なんですが、このときも民主党政権には非協力的で、自民党と通じているといわれていました。そして、第二次安倍政権ができると、露骨に官邸との距離を縮め、一体化といっていいくらいの関係を築くようになった。とくに菅官房長官、自民党の佐藤勉国対委員長とは非常に親しく、頻繁に会っているところを目撃されています」(前出・司法担当記者) そして、安倍政権以降、黒川官房長は政界捜査に対して、ことごとく妨害するようになったという。「小渕優子経産相の事件が秘書の立件だけで終わったのも、日歯連事件がしりすぼみに終わったのも、やはり黒川官房長の段階ではねつけられた結果だったようですね」(前出・司法担当記者) さらに、黒川官房長が今回、甘利捜査を潰した背景としてささやかれていることがもうひとつある。それは、先の国会で成立した刑事訴訟法の改正とのからみだ。 この刑事訴訟法改正は、民主党政権下で進んでいた検察改革や取り調べ可視化などを骨抜きにする一方、司法取引を導入し、盗聴の範囲を拡大する、むしろ冤罪の可能性を高めるもの。明らかに検察・警察を一方的に利する改革なのだが、これを官邸と自民党に熱心に働きかけていたのが、黒川官房長だった。今度は、全国紙政治部記者が語る。「この改正には批判が強く、昨年の国会では継続審議になっていた。それが、先の国会で一気に進み、成立したわけです。甘利の捜査潰しはこの刑事訴訟法改革の進展とシンクロしている。ようするに、黒川官房長は、刑事訴訟法改革をやってくれた官邸、自民党へのお礼に、甘利捜査を潰したのではないかといわれているんです」 実際、甘利捜査の捜査潰しの経緯を見ると、裏があるとしか思えない。検察内部では、今、「黒川官房長がいるかぎり、政界捜査はできない」という声が広がっているという。 自民党の政治家はどんな悪質な事件を起こしても摘発されない。そして安倍政権の政敵は些細な事件でバッシングを浴び、摘発される。そんな独裁国家まがいの体制がすでにできあがっているということらしい。(田部祥太)

      1
      テーマ:
  • 04 Dec
    • なぜドイツやフランスが【法治国家】でアメリカと日本が【無法国家】なのか?

      ■なぜドイツやフランスが【法治国家】でアメリカと日本が【無法国家】なのか?なぜならば、ドイツやフランスやイタリアやオーストリアやスペインや韓国のようにいわゆる民主国家と一般的に呼ばれる国々は独立した憲法裁判所を持っているので、国の最高法規である憲法が規定する基本価値が尊重される国だからである。他方、アメリカと日本は独立した憲法裁判所を持たないために憲法に基づく基本的な価値が守られずに憲法違反が常態化しているのだ。ドイツやフランスなどの【民主国家】にある憲法裁判所は、国会や内閣や裁判所や民間企業や民間組織・団体が決定した法律や命令や処分などが憲法に違反しているか否かを専門に審査するのである。憲法裁判所が憲法違反の判決を出せば、その法律や命令や処分は取り消しあるいは禁止されるのである。ドイツ連邦憲法裁判所は戦後今までに500件以上の憲法違反判決を出している。ドイツやフランスなどの【民主国家】では、通常の裁判所の判決に納得しない人々は、憲法裁判所に上告し憲法裁判所はすべてを再審査して判決を出すのだ。他方、独立した憲法裁判所を持たない【無法国家】米国と日本の最高裁判所は、一応立法審査権を持っているが全国から寄せられる年間数千件の上告事件を内容を審査もせずにほとんどすべてを却下あるいは不受理にするのだ。これが、なぜドイツやフランスが【法治国家】で、アメリカと日本が【無法国家】なのかの答えである。(終り)*************************【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】情報発信者 山崎康彦メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp************************* 

      テーマ:
  • 03 Dec
    • 翁長沖縄知事が高江ヘリパッド建設容認の順当性

      翁長沖縄知事が高江ヘリパッド建設容認の順当性沖縄の真相が、ようやく誰の目にも明らかになり始めている。「沖縄の真相」とは何か。それは、沖縄県知事の翁長雄志氏が、「辺野古米軍基地建設を容認している」ということだ。2014年の沖縄県知事選で私が執拗に求めたことは、辺野古基地建設の基礎になる埋立承認の取消、撤回を知事公約に明記することだった。県知事が埋立承認の撤回、取消に動かない限り、辺野古基地建設を止めることはできない。したがって、知事選公約にこれを明記することが絶対に必要であると主張した。当時、有力候補とされていた翁長雄志氏は、この点を明確にしなかった。私は沖縄を訪問し、シンポジウムで問題提起をした。翁長雄志氏は知事選への出馬会見で、記者からこの点を追及されると気色ばんだ。翁長氏は撤回、取消を明示できない理由として、「腹八分の合意」を挙げた。その意味は定かではないが、次のように推察された。翁長氏を支持する勢力には従来の革新勢力だけでなく、翁長氏が所属してきた自民党支持者が含まれる。この支持者は辺野古基地建設に反対ではなく、むしろ容認する勢力である。これらの広範な支持を獲得するには、辺野古基地建設を本当に止めてしまうような実効性の高い公約を明示できない。こんなことになるのだと思われた。沖縄県の翁長雄志知事が、高江ヘリパッド建設を事実上容認する行動を示した。沖縄タイムズは次のように伝えている。「東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設に反対すると明言して2014年の知事選で当選した翁長雄志知事が28日、工事を事実上容認する立場を明らかにした。知事は「オスプレイ配備撤回で物事は収れんされるのではないか」とするが、地元住民からは「既にオスプレイは飛んでいる。知事は一度も現場を見に来ていない」「公約違反だ。高江を切り捨てるのか」など批判の声が上がった。識者からは「辺野古新基地建設反対の立場は明確にした」と評価する意見があった一方で、「住民が工事差し止めの仮処分を申し立てている中で、残念な選択だ」との声もあった。」記事は、「「辺野古新基地建設反対の立場は明確にした」と評価する意見があった」とするが、これも事実誤認の評価である。翁長雄志氏はすでに辺野古基地の陸上工事を容認している。また、本ブログ、メルマガで再三指摘し続けてきたように、翁長氏による「埋立承認取消」措置は、沖縄県が辺野古基地建設本体工事に関する事前協議書を受理した後であった。辺野古米軍基地建設の本体工事を着手できる段取りが整うまで、「埋立承認取消」を先送りしたものだった。つまり、翁長氏の行動は「辺野古に基地を作らせない」「ポーズ」を取りながら、実態上は、「辺野古に基地を作らせる」「結果」を生み出すものになっているのである本ブログ、メルマガでは、本年8月8日付記事「高江ヘリパッド阻止にはオール沖縄対応不可欠」「札束で米軍基地強要安倍政権にNO!」で、高江ヘリパッド建設に対する翁長氏の曖昧な姿勢を指摘した。「高江での安倍政権による暴走を阻止するためには、翁長知事のリーダーシップ発揮が不可欠である。高江で県道70号を封鎖し、不必要な検問をしているのは沖縄県警であり、県道は沖縄県に管理責任があり、県道上における沖縄防衛局による不法行為に対しては沖縄県が毅然とした姿勢を示す必要があるからだ。」とも記述した。この沖縄で、さらに高江ヘリパッド建設反対運動に対する弾圧が激しさを増している。「県警 8カ所一斉捜索 辺野古抗議の4人逮捕 1月の搬入妨害容疑」(沖縄タイムス)「県警、平和センター捜索 辺野古抗議拠点も 山城議長ら4人逮捕」(琉球新報)沖縄県警が11月29日、辺野古、高江両新基地反対の拠点となっている沖縄平和センターはじめ8カ所を突然家宅捜索し、山城博治同センター議長らを逮捕した。沖縄県と安倍政権が連携して高江ヘリパッド建設反対運動に対する弾圧を強化しているのである。沖縄で辺野古基地建設反対、高江ヘリパッド建設反対の思いを持つ県民は、そろそろ翁長氏の真実の姿を冷静に見つめる必要があるだろう。仲井真弘多元知事も、辺野古基地建設反対を唱えて沖縄県民を結局は裏切った。翁長氏が同じ流れにあることは、ほぼ間違いのない状況が鮮明化している。真実を見つめるべきときが来ている。

      1
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 日本には「抵抗」文化がない、とノーベル賞作家

      日本には「抵抗」文化がない、とノーベル賞作家 http://79516147.at.webry.info/201611/article_255.html  2016/11/30 21:09 半歩前へⅡ      ▼「抵抗」文化がない日本   日本には「抵抗」という文化がないー。日本を訪れているノーベル賞作家のスベトラーナ・アレクシエービッチさんは、フクイチ(東電福島第一原発)の被災地である福島県を視察した後の11月28日、感想を述べた。    この中で「国というものは、人の命に全責任を負うことはしない」と強調。また、被災地を訪れて感じたことは、「日本社会には、人々が団結する形での『抵抗』という文化がないことだ」と言った。    続けて「祖母を亡くし、国を提訴した女性はその例外。同じ訴えが何千件もあれば、人々に対する国の態度も変わったかも知れない。全体主義が長く続いた私の国(旧ソ連)では、人々が社会に対する抵抗の文化を持っていない。日本はなぜなのか」と疑問を呈した。    「日本社会に人々が団結しての『抵抗』がない」はいい指摘だ。日本は伝統的に「オカミ」に逆らうのをよしとしない風潮がある。右翼も、左翼も、最後は長いものに巻かれる。そうすることが「無難」と判断するのである。    なぜ、そうなるか?闘う前から「あきらめる」のだ。「オカミに歯向かったところで敵うわけがない」と何もせず、何も言わず、早々と白旗を掲げる。    為政者にとってこれほどやりやすい国はないのではないか。時々、欲求不満の“ガス抜き”をしてやれば、後は好きに操れる実に便利な国だ。安倍政権下の状況がそれを示している。    日本人は憲法で学んだ本当の「主権在民」「民主主義」を知らないのだ。「主権在民」とは国民が主人公なのだ。政治家ではない。私たち一人ひとりが日本の主役なのだ。    その主役が一言も発せず、動きもしないというのでは情けない。「誰かがやってくれるだろう」、と棚からぼた餅が落ちてくるのを待っていても、何も落ちてこない。他力本願でなく、自分の足で進むしかないのだ。    怒るべき時に怒らないようでは人間ではない。沈黙は金ではなく罪悪だ。ただし怒りは、バスが遅れたからと言って運転手を怒鳴りつけるのではなく、私たちの生活資金である年金に手を付け、巨額の損失を出しておきながら、平気で年金を削る輩に対してである。    些細なことへの怒りでなく、惰眠をむさぼり、民の生活をないがしろにする巨悪に対しての怒りを忘れてはならない。      

      1
      テーマ:
  • 29 Nov
    • 日本で抗がん剤を使う理由

       日本で抗がん剤を使う理由     2016年06月11日(土) 22時12分56テーマ:■ アトピー性皮膚炎対策  日本で抗がん剤を使う理由 元のブログはこちらです。→新・春子の今日のお話 ぜひ読んでみてください。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日本の医療は最先端だと思っていましたが、10年は立ち遅れています。 これは日本を出ないと気付かなかった事です。向うの末期がんの患者さんは明るいです。日本の末期の癌患者さんと、アメリカの違いは明るいんです。 なぜなら、治ると思っているから。特に医療のシステムとガンの治療法が違いますね。 【癌は治らない病気だと教わるのが常識の医師】 日本では癌は治らない病気ということになっている。日本プラズマ療法研究会の研究員で、元国立がんセンターの初代総長を務めていた島村医師が自分の患者さん6000人について、術後10年後どうなっていたか調べたそうです。 すると、驚いたことに、100%全員亡くなっていた。 そこから、島村先生は限界を感じ、療法を工夫されたそうです。 【日本で抗がん剤が使われる理由】 アメリカ食品医薬品(FDA)は、抗がん剤を禁止しています。なぜなら、ガンを逆に多発化させるからです。 抗がん剤の正式名称は、「遺伝子合成阻害剤」。海外ではそう呼ばれているけど、日本では呼ばれていません。 抗がん剤は、癌を多発化させるので使用を禁ずるとあるんです。15年ほど前からです。WHOも抗がん剤使用を自粛するように通達しています。 ところが日本では厚生労働省が通知をしていない。役所にどうして通知しないかと問うと。「市場在庫があるから」という答えでした。 患者は在庫を処理させられているんです。その在庫は、日本の在庫ではなく、アメリカの在庫です。 抗がん剤の特許はアメリカ企業で、アメリカで売れなくなったので日本に流しています。 日本のガンビジネスは、世界的に見ても最凶最悪の醜悪なビジネスです。ガン患者に、絶望と不安と激痛と死を与えるビジネスなのです。 回転式本部やアメリカのガン患者は、皆明るい。なぜなら、治ると思っているから。 ガンは、乳酸アシドーシスを改善していけば治る!ガンは、身体の酸化を還元する、つまり電子を失った身体に電子を与えていけば治る病気です。 だから陶板浴や水素療法やプラズマパルサーやAWGや重曹などで治ってしまうのです。 ハッキリ言えば、ガンはその程度の病気なのです。(←これを言うと嫌われる!) 日本のガンビジネスは、抗がん剤(マスタードガス)などでガン患者を殺し続け、ガンで死んだと信じ込ませるビジネスです。 日本は欧米で毒薬だとバレた薬やワクチンの最終在庫処分場です。人を殺したり、人に障害を与えるとバレてしまった毒薬を捨てずに、家畜扱いしている日本人に押し付けているのです。 子宮頸がんワクチンや血液製剤、抗がん剤などが、その代表です。エイズやギランバレー症候群、乳酸アシドーシスになろうが、死のうが、別に日本人ならいいか!という感じです。 日本の医者はバカで無慈悲だから、同胞を殺しまくっても何も感じないし、日本人はおとなしいから文句も言わないだろう!とナメているのです。 日本の医者は自分や身内のガンには抗がん剤を使用しませんが、他人であるガン患者にはバンバン使いまくります。 マスタードガスで患者を殺しまくっても法で罰せられませんし、むしろ国から推奨されています。最終的に悪事がバレても、「自分たちは知らなかった!」で通すつもりです。 日本では、毎日千人くらいが、病院で殺されています。 日本では、ゴミを路上に捨てたり、浮気したり、飲酒運転したりすれば、極悪人の様に批判されます。それだけ日本人は潔癖です。製薬会社や医者のやっている事は、そんな事とはレベルが違います。 医者や薬が病気を治してくれる!と信じている人たちを、騙して殺しているのです!何百人も、何千人も、何万人も、何十万人も、何百万人も、殺しているのです。 なぜこんな極悪な行為を許しているのか、理解に苦しみます。これ以上の悪行は思いつきません。 日本の医者の多くは、連続殺人犯など足元にも及ばないほど、ケタ違いに人を殺しています。 洗脳と無知の恐ろしさを、本当に思い知っています。ガン宣告されても、絶望しないでください。ガン宣告されても、医者の脅しに屈しないでください。ガン宣告されても、手術・抗がん剤・放射線被曝をしないでください。 自分は死にたいのだ!という人ならいいですが・・・。ガンは乳酸アシドーシスなどで、身体が酸化していく病気です。酸化を止めなければ具合が悪くなり、いずれ死にます。 酸化を止める、酸化を還元するのは、特に難しいわけではありません。陶板浴・水素・プラズマ・電子治療器・アーシング・食事療法・温熱・光線・テラヘルツ波などを駆使すれば、改善していく可能性が高いのです。 メディカルカッピングで、原始的に乳酸を取り除く方法もあります。 日本のガン患者の多くは、抗がん剤などで殺されています。ガン治療で殺されているのを、多くの人はガンで死んだ!と信じ込まされているのです。 欧米で有害と暴露された毒薬を、日本人は強制的に投与されて亡くなっているのです。その最悪な治療を避ければ、かなりの高確率でガンは治ります。 ガンを治す方法は幾つもあるし、それらを組み合わせる事も可能です。それを知っている治療家やガン患者は、笑いながらガン治療をしています。 人類がガンを克服できないのは、支配者・製薬会社・医者が殺人的なニセのガン治療を強制しているからです。 ガンが怖いのではなく、支配者・製薬会社・医者と正規のガン治療が怖いのです。 すべては、詐欺・イカサマ・八百長だったのです。人類はガンを克服できるのに、克服できないと信じ込まされているだけなのです。金儲けと人口削減のために・・・。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・↑↑↑以上ここまで。

      3
      1
      テーマ:
    • 言論統制を強化しようというキャンペーンが展開されている米国でマッカーシー的なサイトが誕生

      言論統制を強化しようというキャンペーンが展開されている米国でマッカーシー的なサイトが誕生     2016.11.28 櫻井ジャーナル http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201611280000/  欧米でヒラリー・クリントンを次期アメリカ大統領にしようと目論んでいた勢力が言論統制を強化しようとキャンペーンを展開している。その一環として自分たちのプロパガンダを台無しにしてきたインターネット上の情報源をロシアの手先だと攻撃する匿名性の高いサイトPropOrNotがワシントン・ポスト紙の中から生まれた。こうした動きをマッカーシズム的と表現する人もいるが、その通りだろう。  昔から情報機関は3種類のプロパガンダを使い分けると言われている。つまり、第1(白色)は発信源を明示したもの、第2(灰色)は発信源を明示しないもの、第3(黒色)は事実に反する発信源を示すもので、偽映像の制作も含まれている。人びとに信じさせるためには本当の情報の中に信じさせたい話を混ぜるのだが、ソ連消滅後、特に21世紀に入ってからはそうしたことすらしなくなった。それでもプロパガンダに操られている人がいるとするならば、それはカルトの信者と同じ思考回路ができあがっているのだろう。  言うまでもなくマッカーシズムとは1947年から57年まで上院議員を務めたジョセフ・マッカーシーが始めた「赤狩り」。その背後にはFBIのJ・エドガー・フーバー長官だったと言われている。  その矛先はFBIのライバルだったCIAにも向けられたが、本ブログでは何度も指摘してきたように、CIAに君臨していたアレン・ダレス、その側近だったフランク・ウィズナー、リチャード・ヘルムズ、そしてワシントン・ポスト紙の社主だったフィリップ・グラハムが中心になり、一般にモッキンバードと呼ばれている情報操作プロジェクトが実行されていた。(Deborah   Davis, “Katharine The Great”, Sheridan Square Press, 1979)  1953年にドワイト・アイゼンハワーが大統領になるとジョン・フォスター・ダレスが国務長官に、その弟のアレン・ダレスがCIA長官に就任、マッカーシー上院議員は54年12月の上院における非難決議で影響力を失った。この時期、すでにアレン・ダレスたちはソ連に対する先制核攻撃を計画中で、その勢力に「赤」というタグをつけるのは滑稽なのだが、支配層にとって実態は関係ない。  現在、トランプを中傷、ロシアを悪魔化し、有力メディアの発信する偽情報を暴いている独立した情報発信源を攻撃している勢力を支えているのは金融資本、戦争ビジネス、ロシアから亡命してきた一族、ネオコン、ペルシャ湾岸産油国など。象徴的な人物は投機家のジョージ・ソロスだ。  トランプには軍や情報機関でロシアとの核戦争は回避すべきだと考えている人びとやイスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相に近いユダヤ系の富豪たち。象徴的な人物はカジノを経営しているシェルダン・アデルソン。  要するに権力抗争。有力メディアを動かしている勢力はソ連が消滅した直後に作成された世界制覇プロジェクトに執着、ロシアと中国を核戦争で脅し、屈服させようとしているのだが、その脅しは通用しない。つまり、ヒラリー・クリントンが大統領になればロシアとアメリカが核戦争を始める可能性が高まっていた。  勿論、トランプを批判することは容易い。フランクリン・ルーズベルトやジョン・F・ケネディと全く違うことは明らかで、大統領に就任してから問題を起こすことも想像できる。が、アル・カイダ系武装勢力やそこから派生したダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)は危険であり、ロシアとの戦争は回避すべきだと考えているマイケル・フリン元DIA局長を安全保障担当補佐官に指名したことは重要だ。自分たちは何もせず、議員や大統領に丸投げする人びとが民主主義を享受できるはずはない。   

      テーマ:
  • 23 Nov
    • TPP公約破棄安倍首相讒言一蹴したトランプ氏

      TPP公約破棄安倍首相讒言一蹴したトランプ氏 安倍首相が代表を務める自民党は2012年12月の総選挙に際して、 ウソつかない!TPP断固反対!ブレない!日本を耕す!!自民党 と大書きしたポスターを貼り巡らせた。 TPP断固反対! を掲げて総選挙を戦った。 ところが、安倍首相は2013年3月15日にTPP交渉に参加することを表明した。 四の五の屁理屈をつけたが、主権者を欺く行動であった。 主権者を侮辱する行為である。 主権者など、選挙の時だけだまくらかして、調子のいいことをいっておけばいい。 選挙が終わってしまえば、公約もへちまもない。 これが安倍首相の基本姿勢なのだと推察できる。 米国大統領選で勝利したトランプ氏はマスメディアの総攻撃、集中砲火を浴び続けてきた。 しかし、その総攻撃を撥ね退けて大統領選に勝利した。 大変な実力の持ち主であると言える。 このトランプ氏が、トランプ氏は大統領選挙投票日の直前である10月22日に、エイブラハム・リンカーンの演説で有名なペンシルベニア州ゲティスバーグで演説して「100日間行動計画」を発表した。 “Donald Trump’s Contract with the American Voter” 「ドナルド・トランプのアメリカ有権者との契約」 このなかに   Seven Actions to protect American workers アメリカの労働者を守るための7つの行動 として、 2番目に次の事項を掲げてた。   SECOND, I will announce our withdrawal from the Trance-Pacific Partnership. 第二に、私はTPPからの離脱を宣言する。 この「ドナルド・トランプのアメリカ有権者との契約」 “Donald Trump’s Contract with the American Voter” は冒頭で次のように記している。   What follows is my 100-day action plan to Make America Great Again. It is a contract between myself and the American voter — and begins with restoring honesty, accountability and bringing change to Washington.   On the first day of my term of office, my administration will immediately pursue the following. 以下は、アメリカを再び偉大な国にするための私の100日行動計画である。 これは、アメリカ有権者と私の間の契約であり、正直さを取り戻し、説明責任を伴い、ワシントンに変化をもたらしつつ始動するものである。 私の任期初日に、私の政府は直ちに以下の事項を追求する。 書面はトランプ氏と米国の有権者との契約書の形態を採っており、トランプ氏の署名が記されている。 米国の有権者がこの書面に署名することにより、契約書が発効する形態になっている。 安倍首相は米国大統領選でクリントン氏を支持する大失態を演じた。 トランプ氏が勝利して顔色を失った安倍首相は、慌てふためいて、11月17日にニューヨークにあるトランプ氏の私邸であるトランプタワー詣でを行った。 田中角栄元首相の全盛期に、臣下の者が競って元日に目白詣でにいそしんだ姿と重なる行動だった。 安倍首相は国民の税金で購入したと推察される50万円もするゴルフクラブをトランプ氏に進貢した。 その際、公約破棄について、トランプ氏に進言したと推察される。 一説によると、安倍首相は2012年12月総選挙用の「TPP断固反対!」と大書きしたポスターを土産に持参したという。 主権者との公約を記したポスターなど、単なる紙くずに過ぎないことを安倍首相はトランプ氏に熱弁したのだと推察される。 トランプ氏は安倍氏の熱弁を冷ややかに聴いたのだと思われる。 そして、安倍首相が11月21日午後にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、TPPについて、 「米国抜きでは意味がない」 と発言した直後に、トランプ氏は、大統領就任後100日間の優先事項を説明する動画メッセージを全世界に向けて発表した。 そのなかで、大統領就任初日にやることとして、冒頭で、 と述べた。 「公約など破棄してしまえ」という安倍首相による「悪魔のささやき」=選挙公約に対する讒言(ざんげん)を全面的に一蹴する行動を示した。 メディアはトランプ氏のTPP離脱方針明言を相変わらず猛攻撃しているが、選挙の際に主権者に明示した公約遵守の方針を明確にするトランプ氏の発言は、賞賛こそされても、批判されるいわれはない。 メディアの歪んだ行動こそ攻撃されるべきものである。

      2
      テーマ:
    • 北方領土返還は絶望的

      北方領土返還は絶望的…日ロ交渉が“破談”に終わった理由  2016年11月21日 日刊ゲンダイ http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/194299  事前のシナリオが完全に狂ったのだろう。ペルーの首都リマで19日午後(日本時間20日午前)に行われた安倍首相とロシアのプーチン大統領の首脳会談。70分に及ぶ会談を終えた安倍首相の表情は、落胆した様子がアリアリ。北方領土問題を含む平和条約締結交渉の進展状況を記者団から問われると、「解決に向けて道筋が見えてはきているが、簡単ではない」と答えるのが精いっぱいだった。  恐らく安倍首相は会談で、日本側が示した医療や都市整備、エネルギーなど8項目に上る「経済協力」と引き換えに、プーチンから北方領土返還に向けた何らかの“言質”を引き出したかったに違いない。  ところがプーチンは、日ロ両国の貿易高が半年間で4割近くも減ったことを示して、「第三国による政治的な措置の結果」と指摘。ウクライナ問題で経済制裁を強める欧米に、足並みを揃える日本を批判したという。  平和条約締結どころか、北方領土の2島返還すら絶望的な雰囲気だが、すでに“伏線”はあった。「経済協力」でロシア側の窓口だったウリュカエフ経済発展相が今月、巨額収賄の容疑で刑事訴追、解任されたからだ。  「訴追ということは、ずっと捜査が進んでいたわけで、プーチン大統領も知っていたはず。通常は外交交渉の窓口を突然パクることはしません。相手国に対して失礼に当たるからです。何の情報も掴んでいなかったロシアの日本大使館の“無能ぶり”にも呆れますが、外務省内では『これで日ロ平和条約は終わった』と囁かれていました」(外務省担当記者)  “破談”の理由はまだある。安倍首相と米国のトランプ次期大統領の会談を「失敗」とみたプーチンが、もはや日米関係など恐れるに足らず――と判断した可能性だ。  「(約50万円の)ゴルフクラブを贈ったことがトランプ会談を台無しにした」とみる国際弁護士の湯浅卓氏はこう言う。  「米国のビジネスマンや政治家が金品などの贈り物を受け取らないのは(贈収賄容疑を避けるための)“常識”です。トランプ氏はビジネスマンである上、(公職の)次期大統領です。会談に家族など第三者を立ち会わせたのは恐らく、安倍首相からゴルフクラブを贈られても、『私自身は受け取っていない』との立場を明確にするためでしょう。それぐらい神経を使うことなのです。そもそも、モノで相手の気を引こうなんて外交相手に失礼でしょう。ドイツのメルケル首相がトランプ氏と会う時、ベンツのキーを贈ると思いますか? 絶対にしません。英国と並ぶ外交大国のロシアのプーチン大統領が、安倍首相を冷ややかな目で見るわけです」  ちなみに米国には「海外腐敗行為防止規制」があり、贈賄行為には特に厳しい。禁止の「利益供与」には、金品だけでなく接待や贈答も含まれる。トランプにとってゴルフクラブの贈り物は大迷惑だっただろう。そんな安倍首相の「朝貢外交」を見たプーチンが強硬姿勢に出るのは当然。結局、プーチンに「いいとこ取り」されてオシマイだ。     ③トランプ次期大統領「就任初日にTPP離脱通告」 2国間協定交渉へ  2016年11月22日     AFP日本語版 http://www.afpbb.com/articles/-/3108794?act=all  【11月22日 AFP】(更新)米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)次期大統領は21日、日米など12か国が署名した環太平洋連携協定(TPP)について、選挙戦の公約通り「就任初日に」離脱を通告する考えを明らかにした。  トランプ氏は就任後100日間の優先事項の概略を述べた動画メッセージで「われわれの法を回復し、雇用を取り戻すため、就任初日に大統領令で実行できる行動のリストを作成するよう、私の政権移行チームに指示した」と説明。  その上で「貿易に関しては、わが国に災難をもたらす恐れがある環太平洋連携協定からの離脱の意思を通告する。その代わりに、雇用と産業を米国に取り戻す公平な2国間貿易協定の交渉を進めていく」と言明した。  トランプ氏は議会承認を必要としない大統領令で迅速に取り組む優先課題として、TPP離脱を含む6項目を列挙。「米国人労働者を損なっている」とする就労ビザ(査証)の乱用に対する調査を労働省に指示することや、「シェールエネルギーやクリーンな石炭を含む米エネルギー生産に対して設けられ、多数の雇用を奪っている規制」を撤廃することなども表明した。  安全保障面では「米国の重要インフラをサイバー攻撃などあらゆる攻撃から守る包括的な計画の作成」を国防総省と統合参謀本部議長に求めるとした。 「私の政策課題は単純な根本原則に基づくことになる。それは米国を第一にすることだ」。トランプ氏はそう強調した。

      テーマ:
  • 22 Nov
    • 続「左翼雑誌」と攻撃を受けても怯まなかった「通販生活」に感動!

        まさにジャーナリズムとしての“正論”だ。「政治は日々の暮らしに影響する」。同社の姿勢は、何度も表紙に記される“反原発”のメッセージにも込められている。  「一日も早く原発国民投票を」(2011年冬号) 「放射能汚染に苦しむ福島の母子なおざりで 原発再稼働に熱心なこの国のおかしさ。」(2012年夏号) 「どう考えても原発ゼロしかないよ。」(2013年秋冬号) 「原発が一基も動いていない二〇一五年のお正月」(2015年春号)  また2013年春号ではドイツの映画『みえない雲』のDVDを付録としてつけたことも。  その姿勢は誌面だけでなく「通販生活」のテレビCMにも表れている。原発国民投票を呼びかけた2011年冬号の30秒CMはこんなものだった。  黒い画面に流れる白い字幕メッセージ。それを俳優・大滝秀治氏が重厚な声で読み上げていく。  「原発、いつ、やめるのか、それとも いつ、再開するのか」。  そして冒頭特集が「原発国民投票」だと伝えるものだった。しかしこのCMはテレビ朝日から放映を拒否されてしまう。そのためカタログハウスは自社のホームページでこれを公開し、逆に大きな話題ともなった。また、2015年秋冬号、「戦争を知らない子どもたち」のテレビCMでも“反戦姿勢”を貫き話題にもなっている。  そのほか同誌では、沖縄、基地問題や環境問題など毎号のように“政治的話題”に積極的に取り組んでいる。まさに“反骨”の雑誌「通販生活」なのだが、その源流はなにか。現在はカタログハウス相談役である斎藤氏の著書『なぜ通販で買うのですか』(集英社新書)には、斎藤氏の商品、そしてジャーナリズムへの思いが描かれている。   そもそも斎藤氏が政治的問題を直視したのも、“商品”との関係からだ。それが創刊から4年目の1986年、当時世界最大の原発事故チェルノブイリ事故が起こったことだった。斎藤氏はこの事故に大きなショックを受けた。それは自身が電化製品を販売し、今後も売り続けなければならない人間だったからだ。  〈初めて私たちの目の前に現れたチェルノブイリの小さな被ばく者たちは、現代の私たちが享受している電気万能生活の行きつく果ての姿をその肉体で証明してくれていた。(略)ショックを受けた。わるいのは原発ではなくて、電気製品を売るまくることによって原発をつくらせてしまった私だった。批判されるべきは私であり、したがってチェルノブイリの子どもたちに責任をとらなくてはいけないのだった〉  その後斎藤氏は「チェルノブイリの母子支援金」を作り、読者にカンパを呼びかけ、集まった3692万円で医療器具などを送り、その使途明細を誌面で公表した。そして“反原発の騎手”広瀬隆氏を誌面に登場させ、原発批判を展開していった。  また商品販売を通して、様々な社会問題を訴えてもいる。   たとえば沖縄の雇用問題に対しては「沖縄ビーグ敷き」を販売することで、中国に押されていたビーグ(い草)農家を蘇らせ、憲法9条に関しては戦争放棄を憲法で宣言している「コスタリカ」のコーヒー豆を販売することで「憲法9条を守りたい人は、コスタリカさんの豆でコーヒーを飲まないといけない」とブチあげる。それは〈商品に託して小売の主張を伝える〉ためだ。  そして構築されたのが“商品を媒介にして小売の主張を展開する” “商品から社会を変える”という斎藤氏の“商売哲学”と“ジャーナリズム”の関係だった。  〈カタログという「小売店」がジャーナリズム化していけば、消費者への問題提起はとても大きい。商品を是々非々で批評・批判していくのが「商品ジャーナリズム」(たとえば『暮しの手帖』)なら、おのれが是とした商品の是とした理由を解説しながら販売していく方法を「小売ジャーナリズム」とよんでもかまわないのではないか。「販売する」は「報道する」に重なるのではないか。〉  〈私が小売ジャーナリズムに憧れるのは、それが小売の自己表現だからだ。それぞれの小売がそれぞれの自己表現(人間表現と言ってもいい)で競い合う。それぞれの自己表現が消費者における商品選択の標識になってく。そうなるといいなあ、と思う。〉  「小売ジャーナリズム」。それが斎藤氏が導き出した「通販生活」の基礎理念だった。  〈小売が憲法9条を考えて、なにがわるい〉  こうした斎藤氏の考えや姿勢が、「通販生活」という雑誌の方針を決定付けている。政治を、社会を考え、平和や差別なき社会の実現こそが“暮し”をそして“消費者”を守ることになるのだ、と。  本サイトはそんな「通販生活」の編集方針に大いに賛同し、今後も応援していきたいと思う。 (編集部)

      1
      テーマ:
    • 「左翼雑誌」と攻撃を受けても怯まなかった「通販生活」に感動!

      ①「左翼雑誌」と攻撃を受けても怯まなかった「通販生活」に感動! その反骨の歴史を改めて振り返る 編集部  2016.11.21 Litera http://lite-ra.com/2016/11/post-2715.html   〈戦争、まっぴら御免。  原発、まっぴら御免。  言論圧力、まっぴら御免。  沖縄差別、まっぴら御免。〉  〈こんな「まっぴら」を左翼だとおっしゃるのなら、左翼でけっこうです。〉  こんな文字が踊ったのは、11月15日発売の通販販売カタログ雑誌「通販生活」(カタログハウス)2016年冬号だ。これは読者に向けた強烈なメッセージだった。  これには少し説明が必要だろう。  その前号(2016年夏号)では同誌は直前に控えた参院選の特集を組み、安倍首相の写真と、安保法制に関する発言を掲載した上で、こう呼びかけている。  〈自民党支持の読者の皆さん、今回ばかりは野党に一票、考えていただけませんか。〉  しかし、このメッセージに対し172人の読者から批判や質問が相次いだという。その内容は、かなり強烈なものもあった。  〈今回届いた貴殿誌をみて驚きました。共産党や社民党の機関紙あるいは反日でしょうか。〉  〈通販生活は良い商品を売るための雑誌であって、特定の思想をスリ込むための雑誌ではないはずですが。〉  〈今回ばかりは貴社から何も購入したくありません。不愉快です。〉  〈今後、通販生活の送付、お断りします。〉  つまり、通販雑誌は政治的主張をするな、もしするなら両論併記せよ、お前は左翼雑誌か!? という読者からの批判だった。  同誌ではこれら読者の批判に答え、翌号となる冬号で一部の批判意見を掲載した上で、その答えをこう記している。  〈たとえば福島第一原発のメルトダウンがいい例ですが、日々の暮らしは政治に直接、影響を受けます。したがって、「お金儲けだけ考えて、政治の話には口をつぐむ企業」にはなりたくないと小社は考えています〉  また、両論併記しなかった理由についても〈憲法学者の約9割が違憲としたほどの「安倍内閣の集団的自衛権の行使容認に関する決め方」は両論併記以前の問題と考えた次第です〉と明確に答えた。  そして「通販生活」の考えとして、冒頭の“まっぴら御免”“左翼でけっこう”と啖呵をきったうえ、こう結んだのだ。  〈今後の購買を中止された方には、心からおわびいたします。永年のお買い物、本当にありがとうございました〉  編集方針に不満なら仕方がないという読者への決別宣言ともとれる衝撃の言葉だが、第二次安倍政権発足以来、萎縮しきっているメディア界で、ここまで毅然とした態度をとった雑誌はおそらくないだろう。  だが「通販生活」がこうした姿勢を取るのは今回が初めてではない。「通販生活」は通常のカタログ雑誌とは少し趣が違う。単に商品を売るのではなく、様々なルポやインタビューなど企画が掲載される“読み物ページ”が半分以上を占める。そしてその歴史を振り返ると、数々の政治的主張を繰り広げてきた“反骨”の雑誌なのだ。  たとえば、問題になった夏号の表紙は「私たちは怒っている。」という田原総一朗らジャーナリストたちの会見写真だった。これは高市早苗総務相の“電波停止発言”を受けての抗議会見だが、表紙には写真と共に会見で語られたメッセージも掲載されている。  また憲法に関しても以前から一貫して平和、護憲の立場を表明、それを具体的に誌面化するだけでなく、“付録”という形で読者への“メッセージ”としてきた。たとえば2000年春号では日本国憲法(全文)をとじ込み付録として掲載、また2005年秋号岩波ではブックレット『憲法を変えて戦争へ行こう  という世の中にしないための18人の発言』を付録として配布するなどの試みを行ってきた。特に『憲法を変えて戦争へ行こう』付録に際しては、今回と同様「両論併記ではない一方的な押し付けは不愉快」といった読者からの批判も巻き起こったが、翌06年春号では創業者であり同社社長(当時)の斎藤駿氏自らが「通販生活」の編集方針、そしてジャーナリズムに対する信念を読者に対してこう表明したほどだ。  〈国論を二分するような重要なテーマについては、おのれの立場を鮮明にするのが媒体の使命で、読者はそれぞれの媒体を読み比べて読者自身の主張をつくっていく際の参考にする……これが媒体(ジャーリズム)と読者のあるべき関係ではないでしょうか。〉 〈私たちはカタログ雑誌がジャーナリズムとして機能してもいいのではないかと考えています。政治的なテーマは日々の暮しに影響を与えるものですから、避けずにとりあげるべきだと考えています。〉  〈「九条を変えないほうがいい」という主張は、まず通販生活発行人である私の信念です。〉  

      テーマ:
  • 20 Nov
    • 米と露で新自由主義派が力を失いつつある兆候が見えるだけに

      米と露で新自由主義派が力を失いつつある兆候が見えるだけに、形勢逆転を狙って暴走の可能性2016.11.18  櫻井ジャーナルhttp://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201611180000/アメリカの次期政権の閣僚人事をめぐり、共和党内で「内紛」が勃発していると伝えられている。これが事実なら、ビル・クリントン政権の終盤から始まった軍事侵略、ジョージ・W・ブッシュ政権から始まったファシズム化という「2本柱」の政策が何らかの形で変化する可能性があるだろう。 勿論、ドナルド・トランプ次期大統領は支配層の一員であり、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と緊密な関係にあるカジノの経営者シェルドン・アデルソンを最大のスポンサーにしているわけで、フランクリン・ルーズベルトやジョン・F・ケネディのような政策を推進するはずはない。が、ヒラリー・クリントンならやりかねなかったロシアとの核戦争を避けることは期待できる。1991年12月にソ連が消滅して以来、ネオコン/シオニストをはじめとするアメリカの好戦派は脅して屈服させるという戦術を続けてきた。かつてのライバルだったソ連の残映であるロシアの大統領はアメリカ巨大資本の傀儡であるボリス・エリツィンが君臨、アメリカは唯一の超大国になったという判断だったようだ。そうした判断に基づき、1992年2月には国防総省のDPGという形で世界制覇プランを描き上げ、潜在的なライバルが実際のライバルに成長しないように手を打つことにする。そして1992年2月、国防総省のDPGという形で世界制覇プランが描かれた。潜在的なライバルが実際のライバルに成長しないように手を打つということで、潜在的ライバルと想定されたのは旧ソ連、西ヨーロッパ、東アジアの国々。エネルギー資源が存在する南西アジアも注目地域だと考えられている。旧ソ連から西ヨーロッパにかけての地域ではカラー革命で傀儡政権を樹立、ユーゴスラビアを先制攻撃で破壊したNATOは東へ向かって支配地域を広げ、ロシアとの国境は目と鼻の先。ミサイルを配備し、軍事的に圧力を加えている。欧州連合軍(現在のNATO作戦連合軍)の最高司令官だったウェズリー・クラークによると、1991年にポール・ウォルフォウィッツ国防次官(当時)は、シリア、イラン、イラクを5年から10年で殲滅すると口にしたという。実際、2003年にイラクを先制攻撃、サダム・フセイン体制を倒した。今でも破壊と殺戮は続いている。イラクを攻撃する際、アメリカ政府は「大量破壊兵器」を口実にしたが、これは嘘だった。2001年9月11日にアメリカで世界貿易センターや国防総省本部庁舎(ペンタゴン)が攻撃されたてから10日後、ドナルド・ラムズフェルド国防長官の周辺では攻撃予定国のリストが作成されている。いずれの国も9月11日の攻撃とは無関係。その国とは、イラク、シリア、レバノン、リビア、ソマリア、スーダン、そしてイランだ。イラクを攻撃する際にはアメリカ軍が乗り出しているが、その後、傭兵を使い始める。1970年代の終盤、ズビグネフ・ブレジンスキー国家安全保障担当補佐官が考えた作戦に基づいて編成されたサラフ主義者/ワッハーブ派やムスリム同胞団を中心とする武装勢力をソ連軍と戦う傭兵部隊として使い始める。イラクでの戦乱が続く中、2007年にシーモア・ハーシュはニューヨーカー誌で、アメリカ(ネオコン)、イスラエル、サウジアラビアは手を組み、シリアやイランをターゲットにした秘密工作を開始、ヒズボラが拠点にしているレバノンを攻撃すると書いている。さらに、イランにもアメリカの特殊部隊JSOCが潜入して活動中だとされている。その秘密工作が顕在化したのが2011年春。北アフリカで発火した「アラブの春」だ。おそらく「プラハの春」をイメージとして取り入れたのだろうが、リビアやシリアではサラフ主義者/ワッハーブ派やムスリム同胞団、つまりアル・カイダ系武装集団を使った軍事侵略にほかならなかった。侵略の主体はアメリカ、イスラエル、サウジアラビアだが、さらにフランス、イギリス、カタールといった国々が加わる。シリアではトルコやヨルダンも参加した。このシステムはリビアのムアンマル・アル・カダフィ政権が倒されるまでは機能したのだが、シリアで躓く。リビアでNATOとアル・カイダ系武装集団の連携が明白になり、シリアではロシアがNATOの軍事介入を止めたのである。本ブログでは何度も書いていうるように、2012年8月までにアメリカ軍の情報機関DIAはシリアの反政府軍がサラフ主義者、ムスリム同胞団、そしてアル・カイダ系武装集団のAQIを主力としているとホワイトハウスに報告、西側、ペルシャ湾岸諸国、そしてトルコの支援を受けているとも伝えた。その当時、バラク・オバマ政権はバシャール・アル・アサド政権の打倒を最優先、「穏健派」を助けるとしてアル・カイダ系武装集団を支援していた。自分たちが侵略に使っている傭兵なわけで当然だが。アル・カイダ系武装集団のAQIにしろ、アル・ヌスラにしろ、ファテー・アル・シャム(レバント征服戦線)にしろ、ダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)にしろ、アメリカをはじめとする侵略勢力の傭兵にすぎないのだが、そうした傭兵部隊を危険だと考える人物がアメリカ軍の幹部や情報機関の内部に存在しているようだ。例えば、2011年10月から15年9月まで統合参謀本部議長を務めたマーティン・デンプシー大将や12年7月から14年8月までDIA局長を務めたマイケル・フリン中将はそうした軍人であり、ヒラリー・クリントン関連の電子メールをリークしたのはNSAの人間ではないかとも言われている。こうした人びと以外にも、ロシアとの核戦争も辞さないという狂気について行けないと考える人は増えているようだ。デンプシーの後任議長であるジョセフ・ダンフォードは交代当時、好戦派と見られていたのだが、クリントンらが主張していたシリアでの飛行禁止空域設定には消極的。ロシアとの核戦争に発展する可能性が強いからだ。かつて、日本では「関東軍の暴走」で破壊と殺戮の泥沼から抜け出せなくなった。現在のアメリカにも関東軍と似た軍事組織が存在する。NATOだ。NATOの暴走はありえる。フランクリン・ルーズベルトが1932年の大統領選で勝利した直後、JPモルガンをはじめとする巨大金融資本は反ニューディール派のクーデターを計画した。これは海兵隊のスメドリー・バトラー少将らの議会における証言で明らかにされた。現在の巨大資本が似たようなことを考えても不思議ではない。このクーデター計画が失敗に終わった後、ルーズベルトは第2次世界大戦の終盤までウォール街にメスを入れることができなかった。ドイツの降伏が確定的になってからメスを入れようと動き始めたようだが、1945年4月にルーズベルトは急死、巨大資本がホワイトハウスで主導権を奪還している。似た構造が現在のロシアにもある。アメリカの巨大資本とつながる新自由主義派が今でもロシアの経済部門を支配しているのだ。政府でも首相、金融相、経済開発相というポストをおさえていたのだが、アレクセイ・ウルカエフ経済開発相が逮捕され、ウラジミル・プーチン大統領によって解任された。この動きも西側支配層は恐れているだろう。 

      1
      テーマ:
  • 15 Nov
    • 沖縄の歴史にあまりにも無知すぎるのは右翼評論家岡本行夫も同じである。。

      沖縄の歴史にあまりにも無知すぎるのは右翼評論家岡本行夫も同じである。http://www.jca.apc.org/~yyoffice/Son%20My/Part2.htmhttp://blogs.yahoo.co.jp/pongisayoku/27238451.html腐り切った米軍・自衛隊・軍事財界がどれだけ沖縄を苦しめ、どれだけ沖縄から命や資産や自由を奪って来たか右翼評論家岡本行夫が知らない筈はあるまい。https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=115046https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=115046http://tamutamu2011.kuronowish.com/yumikotyannjikenn.htmhttp://vn-hochiminh.seesaa.net/article/166055185.html日米安保・アメリカ軍第32高射砲隊B中隊アイザツク・J・ハート軍曹は、由美子ちゃんを車で拉致して、嘉手納基地に連れ込み、軍の施設内で何度も何度もレイプし、最後には殺し、その遺体を嘉手納の米軍部隊のゴミ捨て場に捨てたのである。 由美子ちゃんは、唇をかみしめて、右手に数本の雑草を握りしめているように死んでいた。 http://tamutamu2011.kuronowish.com/yumikotyannjikenn.htmhttp://blogs.yahoo.co.jp/snow_torajima/35898689.html 沖縄の基地問題に対する国民の総意は人間のクズである軍人と軍事施設の全てを沖縄から一掃しないとマトモな生活が出来ないというものだ。 沖縄の歴史がそれを求めている。戦後、基地・自衛隊・米軍が沖縄の資産・自然・人命を奪い続けて来た。 沖縄に血と硝煙の臭いを撒き散らす軍人と軍事施設が存在するということはゴキブリが飛び回る部屋で暮らすに等しい。 この基地をあの基地に入れ替えるとか、こっちの危険を取り除いてあっちに移すとかのインチキ策は根本の問題とは関係ない。 部屋からゴキブリとゴキブリの巣、即ち基地・自衛隊・米軍を取り除くことが沖縄問題の根幹なのだ。 http://blogs.yahoo.co.jp/pongisayoku/26811072.htmlhttp://tamutamu2011.kuronowish.com/yumikotyannjikenn.htm沖縄平和経済の発展を軍事経済が阻害している。 米軍も共犯の自衛隊も、中東やベトナムで無残に殺された市民殺しの血にまみれている。 米軍と同盟自衛隊の手は市民殺しの血で汚れているんだ。 国のために他国の市民に平気で銃口を向けるような人間のクズ犯罪軍人が沖縄の街を闊歩すれば沖縄経済は荒み沈む。 そういう血と硝煙の臭いがする人間が沖縄の町にいるだけで、平和な経済的発展は出来ない。沖縄社会が暗くヘコんで行くんだよ。 米軍と自衛隊の軍事施設のすべてと軍人を沖縄から一掃して平和経済の元で沖縄が発展するのが国民の悲願である。 朝鮮も中国もロシアも脅威などゼロである、 日米の軍事財界がありもしない脅威を煽り軍事挑発を繰り返して来た、そうして税金を盗み出しているだけだ。  http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.htmlhttp://blog.canpan.info/fukiura/archive/2046

      1
      テーマ:
  • 13 Nov
    • TPP本会議中継せずしょうがと紙飛行機放映NHK

      TPP本会議中継せずしょうがと紙飛行機放映NHK米国大統領選でのトランプ候補勝利に、メディアが動揺、狼狽を示した。クリントン候補を支持し、トランプ候補を非難しまくっていた識者は、トランプ選出の現実を目の当たりにして、弁解、変節、言い逃れに終始している。今回の大統領選で特筆されることは、米国の国民がメディアの誘導に流されなかったことである。メディアは徹底してトランプ潰しを実行した。いかなる手段を用いてでもトランプを落選させるという、卑劣で不正な行動を展開した。この情勢のなかで、米国の主権者はトランプを新大統領に選出した。日本で類似した情報操作が行われたなら、主権者の多数が、その情報操作に流されてしまっただろう。2012年12月の総選挙以降、日本の国政選挙では、安倍政権を誕生させる、あるいは支援する報道が展開され続けた。この情報誘導によって、日本の主権者の行動が大きく歪められたのである。トランプ候補は選挙戦のさなかに、メディアによる卑劣で不正な情報誘導に対する抗議の発言を示した。このことによって、多くの主権者がメディアの偏り、メディアの歪みを再確認した可能性も高い。私は、9月28日付ブログ記事「ヒラリーが大統領に就任できない可能性」http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-4928.htmlで、9月26日に実施された次のように記述した。「トランプ氏の切込みに対して、クリントン氏は笑顔を絶やさずに切り返した。このことから、評点はクリントン氏優位に傾いたが、今回大統領選で浮上しているのは、既存の権力層が市民の素朴な疑問に真摯に答えないことに対する市民のいら立ちなのである。クリントン陣営にはこの点に対する認識が不足していると見られる。「討論に買って勝負に負ける」結果がもたらされる可能性は低くないと思われる。」「クリントン氏がトランプ氏の指摘に対して、「上から目線」の「批判に正面から向き合わない」スタンスでの対応を維持する場合、上記の接戦州でのとりこぼしを重ねる可能性がある。トランプ氏選出の可能性は依然として低くないと見ておくべきだろう。」米国大統領選でのトランプ候補の勝利は、米国民が「米国の既得権益勢力による米国支配」に対して反旗を翻したものである。「米国の既得権益勢力」とは、いわゆる1%の勢力、強欲巨大資本、ハゲタカ勢力であり、金融資本・ワシントンのエスタブリッシュメント・マスメディアの連合体のことだ。1%勢力が国家と国民を支配し、その結果として主権者である国民の暮らしが破壊されている。この現実に対する痛切な実感と、1%勢力と結託するマスメディアの情報誘導に対して、米国の主権者がレジスタンスの意思をしめしたものなのである。トランプ氏がベストな大統領であるとは思わない。しかし、現実政治における主権者の選択は、常に、「ベターの選択」であって「ベストな選択」ではない。トランプ候補にさまざまな問題があることを認識した上で、それでも、クリントン政権が誕生する場合の、「1%勢力による支配の継続」よりは、これに対抗する姿勢を鮮明に示したトランプ政権が望ましいと米国の主権者が判断したのだと理解できる。トランプ氏の主張は「1%勢力による国家と国民の支配」に反対するものであると同時に、「1%勢力による世界市場制圧=グローバリズム」に反対するものであった。だからこそ、トランプ氏はTPPに対する断固反対の方針を明示したのである。このトランプ氏が当選を果たした翌日に、日本の国会が、TPP承認案を衆院本会議で強行採決することは正気の沙汰でない。しかも、この衆院本会議をNHKはテレビ中継せず、「うまいッ 抜群に辛くて香り高いしょうが!」「凄ワザ! 紙飛行機で飛距離対決」などの再放送を行った。このようなNHK=日本腐敗協会はいらない!とほとんどの主権者が判断するだろう。

      1
      テーマ:
  • 11 Nov
    • 電通と政府のプロレスが始まった!

      電通と政府のプロレスが始まった!http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12217832237.html 2016-11-09 14:58:55NEW ! simatyan2のブログ   11月7日、電通社員の過労自殺の件で、東京地検と厚労省が 強制捜査に入りました。http://www.sankei.com/life/news/161107/lif1611070048-n1.htmlhttp://www.sankei.com/affairs/news/161108/afr1611080019-n1.html  と、上のように政府と電通の犬「サンケイ」が報じています。  同じく飼い犬のネトウヨたちも、  「安倍ちゃん、本気で電通潰すつもりだな」  とか必要以上に煽っています。  こういう馬鹿げたプロレスは本当に止めてほしいですね。  電通にプロデュースしてもらわないと何もできない政権が潰す ことなど出来っこないじゃないですか。  電通は自民党の広報をきっちり契約してるんですよ。  塩崎厚労大臣が  「今後、書類送検を視野に入れつつ、まずはしっかりと捜査を 尽くしていく」  と言ってますが、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00000034-jij-soci  最悪でも書類送検ですから、電通は痛くも痒くもないわけで、 たぶん電通に先にお伺いを立ててるはずです。  それだけじゃなくテレビ局もお伺いを立てて、どこまで放送 しても良いかまで許可を得ているはずです。  例えば先日、テレビで御用評論家が電通の鬼十則を説明して ましたが、あんなものちょっと厳しい営業会社ならどこでもある ものです。  前にも紹介しましたが、問題なのは表の営業鬼十則じゃなく、 裏鬼十則や戦略十訓、それにサイレントテロ十訓なのです。  だから今回のストーリーそのものも電通が立てた可能性が高い と思います。  電通プロデュースのリオ五輪での安倍マリオ、あれも費用が 12億円かかってますが、その12億円の内の8億円が電通の 取り分なんですよ。  やらされた安倍晋三はお零れに預かっただけです。  ちなみに映画のシンゴジラは制作費が15億円です。  東京地検が踏み込む時、ダンボール箱を持ち出すときなど全て リハーサルしてますからね。  マスコミ関係者なら知ってることですが、地検特捜部なんかは カメラ映りを非常に気にするんです。  この角度から撮ってくれとか、あの角を曲がって歩いてくるところ から撮ってくれとか、カメラマンに注文つけるんですね。  今回は、その演出すら電通がやってる可能性があります。  今まで闇に隠れてやってたことが最近ネットでも五月蝿く言わ れだしたので、ここらで過労死でも表面化させて上辺だけでも 政府が乗り出したように見せたいのだと思います。  政府も東京五輪関係で、JOCの竹田恒和と電通の賄賂問題が 表ざたになるよりはマシだと思ってるはずです。  また元電通の安倍昭恵や世耕弘成や秋元康など痛くない腹 (本当は痛い)を探られるのも避けたいでしょう。  まあ形だけ、ポーズに間違いないです。  過労死や残業で企業が潰されるならワタミなど、とっくの昔に 潰れて当たり前ですが、会長が今や自民党議員ですからね。  105時間くらいの残業なら(ほんとは好ましくありませんが) 僕も広告代理店時代やってましたし、大企業中小企業問わず、 どこでもやってることです。  超過勤務で福知山脱線事故を起こした社員のJR西日本は どうなりました?  史上最悪の事故を起こした東電はどうなりました?  潰れもせず、どころか給料もボーナスも上がってるじゃない ですか?  押尾学事件の黒幕森喜朗に捜査の手が伸びましたか?  NHKの悪質さに安倍晋三が言及したことがありますか?  安倍ちゃんが正義の使者なら、とっくに手をつけてると思い ませんか?  強制捜査をするなら、子宮頸がんワクチンで多くの被害者を 出した厚労省、多くのブラック企業を野放しにする労働基準 監督署から入るべきです。

      2
      テーマ:
  • 10 Nov
    • 反グローバリズムがトランプ新大統領を誕生させた

      反グローバリズムがトランプ新大統領を誕生させた    米国大統領選でトランプ候補が勝利した。  本ブログ、メルマガでは、9月28日付記事  「ヒラリーが大統領に就任できない可能性」  http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-4928.html  「日本に良いのはトランプそれともクリントン?」  http://foomii.com/00050  にトランプが大統領に選出される可能性が低くないことを次のように記述した。  「トランプ氏選出の可能性は依然として低くないと見ておくべきだろう。」  「英国では主権者がEU離脱を決めた。  これもグローバリズムに対する明確な反旗であった。  巨大資本はうろたえたが、英国民は英断を下した。  米国民もハゲタカ強欲資本が推進するグローバリズムに反旗を翻す可能性がある。  それは、世界の新しい時代幕開けの宣言を意味することになる。」  と記述した。  米国を支配する巨大資本は、死に物狂いでクリントン当選を誘導したが、主権者はこうした巨大資本の誘導に抗(あらが)った。  主権者の勝利、レジスタンスの勝利である。  この選挙に際して、一貫してトランプ氏の当選見通しを提示し続けた副島隆彦氏の見事な洞察力が改めて輝きを放つ。  今回大統領選の最大の特徴は、マスメディアがクリントンへの投票誘導を全面的に展開したことである。  そして、もう一つの特徴は米国の主権者がこのメディア誘導を跳ねつけたことにある。 人気ブログランキングへ 2016年の三つの政治ミステリーがあった。  第一は、英国のEU離脱国民投票判断に対してメディアがヒステリックな猛攻撃を展開したこと。  第二は、国益を損なうTPPに日本政府が異様な入れ込みようを示していること。  そして第三が、米国大統領選で共和党候補のトランプ氏に対してメディアがヒステリックな猛攻撃を展開したこと。  三つのミステリーの背景は共通している。  世界を支配する巨大資本=ハゲタカ=多国籍企業が、グローバリズムに対する民衆の抵抗に直面し、狼狽していることの反映なのである。  英国民のEU離脱決定は、グローバリズムに対する英国民の抵抗を示す証左だった。  6月24日付本ブログ記事  「反グローバリズム起点になる英国民EU離脱決定」  http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2016/06/post-9c1b.html  メルマガ記事第1469号  「英国EU離脱決定で安倍政権経済環境急変」  http://foomii.com/00050  に次のように記述した。 人気ブログランキングへ 「英国のEU離脱は、  「グローバリズムの退潮の始まり」  を意味する。  「グローバリズム」  とは、  強欲巨大資本が世界市場から収奪し尽くすためのスローガン  である。  「グローバリズム」  によって利益を得るのは強欲巨大資本であって、  市民は被害者になる。」  「英国のEU離脱は、多国籍企業=強欲巨大資本による政界制覇戦略に対する、主権者の反攻の開始を意味する極めて意義深い決定である。  世界は大資本のために存在しているのではない。  世界は、世界に生きる、それぞれの地域の、それぞれの人々のために存在する。  それぞれの地域の人々が、それぞれの地域のことを、自分たちで決めようとするのは当然のことだ。  多国籍企業が世界を支配する正当性など、どこにも存在しない。」  米大統領選の結果にもっとも強い衝撃を受けているのが安倍政権官邸である。  安倍首相は150%のスタンスでクリントン支持を示してしまっている。  トランプ大統領誕生で安倍政権は行き詰まる。  リスク管理の基本の基本を誤った結果である。 

      テーマ:
  • 09 Nov
    • マスコミが報道しない小沢一郎の英雄的行為とは何だったのか?(独りファシズム)

        マスコミが報道しない小沢一郎の英雄的行為とは何だったのか?(独りファシズム)   小沢一郎の疑獄事件には、この国の利権構造が集約されている。壮絶なパッシングのモチベーションは小沢が掲げていた政策をみればあきらかなのであり、政界、財界、官僚、米国、報道これら全ての既得権益の解体を目指したことに他ならない。 マニフェストの骨子とは①特別会計の廃止、②独立行政法人など外郭団体の統廃合、③天下りによる官僚OBの不労所得の禁止、④米国による内政干渉の排除、⑤クロスオーナシップ(新聞社によるテレビ局経営)の禁止と電波オークション制度の導入、⑥企業団体献金の廃止(「政党評価表」による外資支配の排除)、⑦消費税引上げ禁止、⑧最低賃金法の導入と非正規労働の規制強化であり、つまり政策本質とは支配体制の破壊そのものであったわけだ。 あらためて説明するが、①‘特別会計’とはこの国の実効予算であり国家会計の本質だ。新規国債や年金、郵貯資金からの調達分(財政投融資)を合算し総額は400兆円規模、一般会計との重複を差し引き実効額は270兆円と推定されるが、国会の承認を得る必要がないことから、使途は実質の官庁裁量となる。つまり官吏によって私物化されているわけだ。 既述のとおり単式簿記という前近代的な会計方式により使途の遡及は極めて困難であり、財政のブラックボックス化がGDPの3倍超となる破滅的な国家債務をもたらしたと言えるだろう。 つぎに②‘独立行政法人’だが、繰り返し論述したとおり旧特殊法人である100余の外郭団体群が、財政投融資を通じ500兆円ちかい債務を累積してきたわけだ。大半の法人は一般事業と重複し民業を圧迫するか、もしくは何らの生産活動も行っていない。 つまり③‘天下りによる官吏OBの不労所得’の最大が目的化されているのであり、官僚利権の本質と言えるだろう。年間の補助金だけで消費税額とほぼ拮抗する12.7兆円に達し、天文学的な財政投融資も国債に置換され、国民からの租税によって償還されているのが実情だ。 「年次改革要望書」を通じ、政策は米国の意向に基づいて起草されていたのだが、小沢・鳩山政権は発足直後にこれを破棄に持ち込んでいる。④‘米国による内政干渉の排除’を実践し、つまり宗主国に対し反旗を翻したのだから、実働部隊である東京検察庁が国策捜査を発動し、反逆者を粛清するのも当然と言えるだろう。「年次改革要望書」は、その後に発足した管政権下において「日米経済調和対話」として刷新され、復活したことは周知のとおりだ。 この国の報道は主権侵害の排除という英雄的行為を評価するのではなく、むしろ愛国者を背徳者として葬ろうとしているのだが、執拗な攻撃は社会正義ではなく、私欲によるものであることは語るまでもない。テレビ各局が支払う電波利用料が総売り上げの0.2%に満たないことは公然であり、メディアが総務省の所轄事業として便宜供与を受け、報道と行政が癒着し共謀関係にあることは明らかだろう。 小沢一郎は国庫財源として電波の適正使用料を設定し、EUに倣い電波入札制度を導入、そのうえ資本による情報寡占を抑制するため⑤‘クロスオーナー・シップ(新聞社によるテレビ局経営)’の解体を目指していたのだから、メディアがパッシングに狂奔するのも当然だ。 この国の政治とは、日本経団連が策定する「政党評価表」に示された政策の達成度によって献金が増減されるというふざけたシステムなのだけれど、つまり小沢一郎は⑥‘企業団体献金の廃止’によって、資本が国政に関与する構造を解体しようとしたわけだ。経団連の過半数株式は外国人投資家によって制圧されているのだから、この構造において国政は民意ではなくJPモルガンチェースやゴールドマンサックスなどファンドによって運営されている。 何度でも繰り返すが、過去10年間に導入された会計制度、資本規制撤廃、規制緩和、あるいは外貨準備金の毀損によって、毎年国税収入を超える金が国外流出しているのだから反駁の余地は無い。キャッシュフローが明示していることは、この国が実質のプランテーションであるという現実に他ならない。 フラット税制(一律課税)と労働者の非正規化は多国籍企業の常套手段であり、いずれの進出地においても貧困の蔓延と労働者の没落をもたらしている。周知のとおり消費税率引上げによる13兆円の約50%は輸出還付金として経団連(多国籍企業)グループに付与されるのであり、2003年の派遣労働法改正によって労働者の38%が非正規就労となり、年間30兆円の給与所得が不当に搾取されていることは繰り返し叙述したとおりだ。 つまり小沢一郎が掲げた⑦‘消費税引上げ禁止’、⑧‘最低賃金法の導入と非正規労働の規制強化’とは、反グローバリズムの対立概念(アンチテーゼ)なのであり、2009年の衆院選において国民が望んだ修正資本主義への転換政策に他ならない。 錯乱するメディアは事件本質を収賄事件に矮小化しようと必死なのだけれども、小沢に関わる一連の擾乱は資本帝国と国民国家の相克であり、支配者と被支配者の闘争が構造化する歴史本質の顕現なのだろう。 民主的な政権が成立しても、新興勢力が台頭しても、あるいは旧勢力が復権しても市場原理主義が亢進されるのだから、我々が帰属する体系はゲーム理論のとおり、いずれのオプション(選択肢)においても不利益がもたらされる、「ナッシュ均衡」に陥っているのかもしれない。 (以上転載)

      1
      テーマ:
  • 04 Nov
    • 正義なき国家に転落する安倍政権下の日本

      正義なき国家に転落する安倍政権下の日本昨日、10月31日に東京都北区王子駅前にある北とぴあ・さくらホールにおいて、JR東労組主催「改憲絶対反対!安全保障法廃止!新基地建設反対!脱原発社会反対!美世志会と共に、あらゆる平和運動への弾圧を許さず、『平和政策』の実現を目指す大集会が開催された。2002年11月1日に、JR東労組組合員が強要罪をねつ造され、不当逮捕され、344日間も不当拘束された冤罪JR東浦和電車区事件に対して無実の真相を明らかにし、権力の横暴に抗議するための集会が毎年開かれてきた。事件から14年を迎えた今年も、この日に合わせて憲法改悪反対の大集会が開催されたものである。故後藤昌次郎弁護士は「国会にしかできない犯罪、それは戦争と冤罪である」の言葉を残されたが、国家による冤罪をねつ造され、不当な弾圧を受けてきたわが身にとって、こうした問題は人ごとではない。オランダの政治学者カレル・ヴァン・ウォルフレン教授が『誰が小沢一郎を殺したのか』(角川書店)で明らかにしたように、欧米では政治的な敵対者を社会的に抹殺しようとするCharacter Assassination人物破壊工作が政治工作、政治謀略の一環として広く認識、理解されている。第2次安倍政権が発足して、間もなく4年の時間が経過するが、安倍政権による暴政、強権政治が猖獗(しょうけつ)を極めている。戦争をしない国日本が、憲法改定の手続きも踏まずに、戦争をする国日本に改変されようとしている。ハゲタカによる日本収奪の最終兵器であるTPPも、安倍政権の手によって、拙速批准されようとしている。TPPは一部の関係者に影響を与える部分的、特殊な条約ではなく、日本国民のいのちと暮らしの根幹を根こそぎ改変してしまう、核爆弾の威力をもった危険な条約である。戦争、原発、TPPに共通することがらは、これらのすべてが、ひとにぎりの大資本の利益のための政策であることだ。戦争は必然によって生じるのではない。戦争は必要によって創作されるものである。戦争はひとにぎりの大資本=国際金融資本=ハゲタカの必要によって人為的に創作されている。そして、戦争を創作する者は、常に絶対安全な場所に身を置いてわが命を守る。戦争によって犠牲になるのは常に、最前線の名もなき兵士と市民、子供、女性たちである。テロとの戦いと言うが、アフガン戦争、イラク戦争で犠牲になった米軍兵士は1万に届かない。その一方で、イラク国内だけで25万人の罪のない市民、子供、女性が犠牲になっている。9.11のテロ、フランスのテロで欧米人が多数犠牲になったと大騒ぎするが、その100倍、千倍の犠牲者がイラク、中東で生み出されている。私たちは、事実をありのままに、中立公正の立場からよく見直す必要がある。JR東労組の集会では、フリーランスジャーナリストの志葉玲氏と共同通信社編集委員の山川永一郎氏による講演があった。お二人とも、ご自身が取材で撮影された写真や動画映像を紹介しながら、戦争の現実を語られた。私たちが得る情報の多くは、マスメディアというフィルターを通して伝えられるものだ。そのフィルターに特定の色が着いていれば、私たちが得る情報は、すべからく色の着いたものになる。真実とは程遠いことが多い。イスラム過激派のテロが犯罪視され、憎悪の対象に仕立て上げられるが、その前に米国がイスラムの地で何をしたのかはまったく伝えられない。参議院の予算委員会で山本太郎議員が、米国のイラク戦争での行為が国際法違反ではなかったのかと質したとき、安倍政権は質問にまともに答えようとしなかった。この質問は志葉氏の問題提起により山本議員によって行われたものだとのことだった。米国による戦争犯罪に対しては言うべきことも言わない。そして、イラクが大量破壊兵器を保持していることを理由に国連決議も経ずに実行されたイラク戦争を真っ先に肯定した日本政府の行動についても、事実に基づく検証さえ行わない。日本は「正義なき国家」に転落してしまっている

      1
      テーマ:
  • 02 Nov
    • 続 我々が今生活している世界はとんでもない悲劇に向かって驀進しているのではないのか?

         ▲秘密結社【イルミナティ】の【世界統一政府樹立】に向けた基本戦略は以下の  三つだ! ①戦争を誘発させ漁夫の利を得ること  「世界革命行動計画」No11  『自ら戦争を誘発しながら、敵対するどちらの側にも領土の獲得が生じない平和  会議を主導しなければならない。戦争は対立する双方の国家がさらに負債を抱え  込み、我々の代理人の手中に落ちるよう主導されなければならない。』  ②代理人を使って政府を陰で操ること  「世界革命行動計画 No12  『財を活用して、我々の要求に素直に従い、ゲームの駒となって、政府を陰で操  ることを我々から任じられた人物を選ばなければならない。』  ③決して姿を見せずメディアを支配すること  「世界革命行動計画 No13.  『誹謗、中傷、偽の情報を流したことでどのような波紋が広がろうと、自ずから  は姿を隠したまま、非難されることがないようにしなければならない。大衆への  情報の出口すべてを支配すべきである。』  【関連情報】  ①ドイツ・ロスチャイルド商会創設者マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの  言葉(1790年)  『私に一国の通貨の発行権と管理権を与えよ!そうすれば誰が法律を作ろうとそ  んなことはどうでも良い。』  ②マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの妻であり5人の息子と5人の娘の母親  でもあったグートレ・ロスチャイルドの言葉!  『私の息子たちが望まな ければ戦争が起きることはありません。』  ③ジョン・レノンの言葉 https://www.youtube.com/watch?v=pLw34wweMA4  「社会は全て、狂人によって動かされている。きちがいじみた目的を実現するた  めに。 僕は、このことに、16才とか12才とか、ずっと幼い頃に気づいたんだ。  でも、自分の人生を通じて、この事を違った方法で表現してきた。 僕が表現しているものは、いつも同じ事だった。 でも今は、この事を言葉にして示そう。  僕たちは、偏執狂者たちによって、偏執狂者たちの目的を成就するために支配さ  れている、とね。  イギリス政府やアメリカ政府、ロシア政府、中国政府が実際にやろうとしている事、 その方法や目的を紙の上に書く事ができるならば、彼らが何をやっているのか、  僕はぜひ知りたい。  彼らは、みんなきちがいなんだ。でも、それを表現すると、僕はきっと、きちが  い扱いされて、きっと消されてしまうだろう。これこそが、きちがいじみた現実  なのだ」  (終り)

      テーマ:
AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
419339 位
総合月間
355256 位
奮闘記
3838 位
政治・経済
1010 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。