• 28 Aug
    • 首都圏でも至る所が❝買い物砂漠❞化

      首都圏でも至る所が“買い物砂漠”化http://79516147.at.webry.info/201608/article_187.html 2016/08/26 22:33 半歩前へⅡ    セブン&アイはイトーヨーカ堂の店舗を今後5年で計40店閉鎖する。「収益改善が見込めない」というのが理由だ。こんな身勝手なことはない。ヨーカ堂に限らず、イオンにしても、以前のダイエーにしても大型スーパーはみんなそうだ。  鳴り物入りで進出しながら、売り上げが落ちると、途端に撤退する。おかげで地方ばかりか、首都圏でも至る所が“買い物砂漠”と化している。  肉、魚の食料品から薬、トイレットペーパーに至るまで日用品のほぼすべてをそろえた大型店舗の進出で、付近の魚屋や八百屋、薬局など小売店は客を奪われ、軒並み廃業に追い込まれた。  ところが大型スーパーは「儲からないから」と言って、突然店を閉め、姿を消す。困るのは地域の住民だ。肉を買うにも肉屋はない。ネギ1本ほしいが肝心の八百屋はとっくに店を閉めた。  こうして大型スーパーが逃げ出したところは全国いたるところに“買い物砂漠”を生んだ。商店街はどこもシャッター通りに様変わり。かつての賑わいは見る影もない有様だ。  日用品が手に入らないと生活ができない。地域からは櫛の歯が抜けるように住民が転出し、地域それ自体が崩壊していった。  私が数年前まで住んでいた場所でも地域の中核だったスーパーが撤退し、「買い物に不便だ」と言って、持ち家をそのままにして、近くにスーパーがある場所に高齢者が相次いで引っ越していった。おかげで周辺は空き家だらけだ。  竹中平蔵の口車に乗った当時の首相、小泉純一郎が規制緩和だ、何だ、と言いながら大店舗法を改め、全国に大型スーパーが進出した。そして地域を破壊しつくした。小泉は「自民党をぶち壊す」と怪気炎を上げたが、ぶち壊したのは日本だった。  その生活破壊路線に乗っているのが安倍政権である。国民年金に大穴をあけ、庶民の預貯金金利を限りなくゼロに近づけた。社会福祉の向上を名目に導入した消費税は一体、何に使われているのか? どこに消えたのか?   日本にはモノがあふれている、と言いながら、朝晩の食事の材料もままならない無店舗の“買い物砂漠”が広がる一方だ。地域を崩壊させてなおかつ資本の論理が優先する社会。企業って何なんだ? 誰のために存在するのか?  大資本にばかり目を向ける自民党が生んだ欠陥だ。

      テーマ:
  • 26 Aug
    • 日本がこれ程の無法国家

      ■日本がこれ程の無法国家・ファシスト国家となった最大の責任者は、歴代自民  党政権の憲法違反、憲法無視、憲法破壊を黙認・容認してきた歴代最高裁長官と  最高裁判事だ!  日本の最高裁判所には、1957年の砂川米軍基地拡張反対闘争で不当逮捕・起訴さ  れた学生と労働者の一審裁判で、在日米軍基地は憲法9条違反であるとの違憲判  決を出して学生・労働者を無罪にした東京地裁伊達裁判長の判決を、当時の田中  耕太郎最高裁長官が米国と共謀して1959年にひっくり返し『駐留米軍基地は合  憲』『学生・労働者有罪』の、とんでもない判決をだした暗い過去がある。  これ以降日本の最高裁判所は、『高度の政治性を帯びた訴訟は裁判所の範囲を超  える』という、憲法第81条が最高裁に唯一与えた【立法審査権】を【統治行為  論】という屁理屈で全面放棄して全ての違憲訴訟を門前払いにしてきたのだ。  【立法審査権】を全面放棄した日本の最高裁判所の職務放棄、無作為に対して、  日本の憲法学者も、野党の政治家も、メディアも、評論家も誰も批判しないでき  たのだ。  【立法審査権】を全面放棄した最高裁判所の代わりに、あたかも【憲法の番人】  のような顔をして登場したのが、元々法律の起案と国会への提出の職務権限のな  い内閣に歴代自民党が憲法違反で設置した内閣法制局なのである。  憲法第41条『国会は唯一の立法機関である』と憲法第73条『内閣の職務』の規定  に従えば、内閣には法律の起案も議会に提出する権限も職務もないのだ。  従って、法律の起案も議会に提出する権限も職務もない内閣に法制局が設置され  ているのは憲法違反であり、衆議院と参議院に設置されている議会法制局が合憲  機関である。  もしも歴代最高裁長官と最高裁判事が、『内閣法制局はい件であり即時にから解  体せよ』との判決を出していたならば、安倍自公政権が内閣法制局長官の交代さ  せてそれまでの『集団的自衛権行使は違憲』『個別的自衛権行使のみ合憲』の解  釈変更して米国の戦争に日本が参戦できる【戦争法案】を起案し国会に提案し強  行成さることは不可能だったのだ。  日本がこれ程の無法国家・ファシスト国家となった最大の責任者は、どうしよう  もない偽野党政治家や、どうしようもない御用憲法学者や、どうしようもない御  用マスコミや御用評論家にも当然あるが、最大の責任者はタブーとなっている最  高裁長官と最高裁判事なのだ!  憲法第15条第1項【公務員の選定罷免権】によって我々国民に与えられている罷  免権を行使して、寺田最高裁長官と14名の最高裁判事を、『職務怠慢』と【無作  為】の国家犯罪の罪で罷免し、これまでの報酬を全額没収したうえで、彼ら全員  を裁判にかけて刑務所にぶち込まなければならないのだ。

      1
      テーマ:
  • 21 Aug
    • アヘン王子の格差拡大政治のせいで、不満分子の無差別犯罪が止まらない

      アヘン王子の格差拡大政治のせいで、不満分子の無差別犯罪が止まらない・・・・ ブラジル人の無差別殺人も、研修生の格安労働が問題の根源 今日も、東京サマーランドで、19~23歳の女性8人が切りつけられた。 ======= 笑ってしまう?? 強い国を取り戻す・・・ こんな事件が毎月の様に起きていて、外国人労働者が毎年20万人も来れば、 毎週でも事件塗れ、テロ塗れになるし、 日本人でも、おかしいのが、どんどん出てるので、 今後は、修羅場が加速される・・・ ====== ◆:54.4mSvの被ばくをした50代の男性作業員が白血病を発症。 全電源喪失はありえない・・・!! というアヘン王子は、 福島で年間50mSv(外部のみ)の被爆をしても、絶対発病しない、風評というだろう 甘利君が受け取った数千万円も、風評だったし、自分が朝鮮人なのも風評なのだろう ~~~~~~~ 地方の殆どが30年以内に壊滅して消える・・・のも、風評なんだし、 2年間で、内部留保を90兆円増額させたのも、風評なんだろう。 現時点でさえ、じきに1,000人の子供が甲状腺がんの手術を受ける予定なのも、 風評なんだろう。 ~~~~~~~~ アヘン王子になって、 ロシアの航空侵犯を 年間で 225回 中国の海域侵犯は 年間で 450回 も風評だぞ・・・ 竹島も魚釣島も、奪われて手も足も出せないのも、風評だぞ・・・ ~~~~~~ 爺さんが、慰安婦をアヘン中毒にさせてたのも、風評だぞ・・・ <敗戦>記念日を、<終戦>記念日と勘違いするのも、風評だぞ・・・ 福島の復興なくして日本の将来はない・・・も風評だぞ・・・ 放射能を完全にコントロールし、五輪とリニア建設で、 資材高騰&人手を奪われた、福島や熊本は、復興が進まないのも、風評だぞ・・・ ~~~~~~ 長州藩帝国陸軍と薩摩藩帝国海軍と三菱・三井が慰安婦レイプ魔だったのも風評だぞ・・・ ======= ★:30年以内に、地方の市町村の半分が壊滅する超高齢社会の日本と、 100万人都市が、150個以上もある世界の巨人の中国と、潰れる日本とを、 認識できないのは、放射<脳>、それとも、アヘン中毒・・・の末期・

      2
      テーマ:
  • 16 Aug
    • TPPと緊急事態条項成立ならこの国は終わる

      TPPと緊急事態条項成立ならこの国は終わる8月2日に閣議決定された経済対策は見かけ倒しである。 「総額28兆円」 と伝えられると、大型景気対策のように思われるかも知れないが、上げ底満載で正味量がとても小さい。 経済対策の規模は財政資金の直接投入量で測られる。 この直接投入量のことを「真水」という。 「真水」も国の分と地方の分に分かれるが、地方の「真水」は確定するものではない。 この「真水」が今回の対策では7.5兆円とされているが、そのうち3.5兆円は2017年度分なのだ。 2017年度というのは来年4月に始まる年度のことで、来年度分の景気対策が混入しているというのだから驚きというか、ほとんど詐欺のようなものだ。 今年度分の真水は、地方を含めて4兆円。 極めて小規模な景気対策なのだ。 そして、この景気対策。 具体化されるのは秋の臨時国会に提出される補正予算である。 臨時国会が召集されるのは9月26日が有力で、補正予算が成立するのは10月にずれ込むだろう。 実施されるのは年末以降ということになる。 安倍首相は今年の6月1日の衆院解散を断念した。 衆院任期は2018年12月まであるが、追い込まれ解散を防ぐために、ベストなタイミングで解散を打ってくると思われている。 その時期が今年の年末、あるいは来年初という見立てがあるのだが、景気対策を見るとその可能性は低い。景気対策には低所得者に1人15000円の現金給付というのが含まれている。 選挙との関連を考えれば、露骨な買収工作とも言える施策だが、この現金バラマキが来年秋になると見られている。 つまり、衆院解散は来年秋から年末というシナリオが描かれている可能性がある。 前置きが長くなった。 仮に解散が来年末までないとすると、これからの1年間のメインテーマは何になるのかという問題だ。 想定されるメインテーマが三つある。 第一は、自民党総裁任期延長の規約改定。 第二は、TPP批准。 第三は、憲法改定推進だ。 安倍氏は2020年の東京五輪の際に首相でいることを最優先課題に位置付けていると思われる。 「政治私物化」の象徴ともいえることがらだが、十分にあり得る想定だ。 安倍政権を支配しているのはハゲタカ資本であると見られるが、このハゲタカ資本が安倍首相に命令している最優先課題がTPP批准であると見られる。 TPPは日本の国民の利益にはまったくならないが、ハゲタカ資本にとっては垂涎の的だ。 米国でのTPP批准の雲行きが怪しくなっているため、事態を打開するために日本の批准を先行させる。 これがハゲタカ資本の判断で、ハゲタカ資本は安倍首相にTPP批准を必ず実行しろと命令していると判断される。 そして、安倍首相自身が狙っている最重要事項が憲法改定だ。 そして、その標的は「緊急事態条項」の加憲である。5月13日付のメルマガ記事に記述したが、これまで憲法改定に慎重姿勢を示してきた公明党がついに本性を表わしたと見える。 次の事実が伝えられている。 「公明党の北側一雄憲法調査会長(副代表)は(8月)13日までに共同通信のインタビューに応じ、憲法改正を巡り、大規模災害が国政選挙と重なった場合などに国会議員の任期延長を認める規定の新設が優先課題になるとの考えを明らかにした。」 何を意味しているのかと言うと、公明党が、憲法改定について、 「緊急事態条項の加憲が最優先であり、これに賛成する」 との意向を示したということだ。 極めて重大な情報である。 7月10日の参院選結果で、改憲勢力が衆参両院で3分の2以上の議席を占有した。 憲法改正発議が可能な状況が生まれた。 しかし、公明党がイエスと言わなければ憲法改定は実現しない。 この公明党が「緊急事態条項の加憲」で憲法改定にゴーサインを出したのだ。 安倍首相の狙いは9条改定ではなく、緊急事態条項加憲である。 極端な言い方をすれば、安倍氏は「緊急事態条項加憲」が実現すれば、それで「満貫」だと判断していると私は判断する。 「緊急事態条項」は「悪魔条項」と言ってよい。 この「悪魔条項」が加憲される危険が急激に高まっている。

      1
      1
      テーマ:
  • 13 Aug
    • 二種類の原爆による実験だった広島長崎大虐殺

      二種類の原爆による実験だった広島長崎大虐殺71年前の1945年8月9日午11時2分、米国は長崎にプルトニウム原子爆弾ファットマンを投下した。 原爆投下により長崎市の人口24万人(推定)のうち約7万4千人が殺害された。 負傷者も7万人超に達した。 8月6日の広島へのウラン型原爆の投下により、この年の年末までに14万人の人命が奪われた。 米国による民間人大量虐殺である。 2015年8月25日の、参議院安保法制審議特別委員会で山本太郎参院議員は米国の戦争犯罪問題を取り上げた。 山本太郎議員は、 「広島、長崎、それだけじゃない、東京大空襲、そして日本中が空爆、爆撃をされた。 それによって50万人以上の方々が亡くなっていますよ。 この50万人の中に、そのほとんどを占めるのが一般市民じゃないですか。 子供、女性、民間人への無差別攻撃、アメリカによる広島、長崎の原爆投下、それだけじゃなく、東京大空襲を含む日本全国の空爆、民間人の大虐殺、これは戦争犯罪ですよね、国際法違反ですよね、いかがですか。」 この質問に対して岸田文雄外務大臣は、戦争犯罪、国際法違反にあたるかどうかには触れず、アメリカの行為が 「国際法の思想的基盤にあります人道主義の精神に合致しない、このように我が国は理解をしております。 国際司法裁判所等におきましてもそうした議論が行われていると承知をしております」 と答弁し、質問に対して正面から答えなかった。 中国に対しては何から何まで批判一色に染め抜く安倍政権だが、米国のことになると明らかな戦争犯罪であるにも関わらず、何も言わない。8月9日の長崎での平和祈念式典。 被爆者代表として「平和への誓い」を述べたのは長崎県被爆者手帳友の会会長の井原東洋一氏である。 井原氏は「平和への誓い」で次のように発言した。 「幼い頃、神の国日本、欲しがりません勝つまでは,などと教えられて過ごした私は、相次ぐ空襲に逃げまわり、防空壕で息を潜め、日本の敗戦は近い、と思っていました。」 「原子雲の下は、想像を絶する修羅場となり、日本人だけでなく、強制連行された中国人や動員された朝鮮人、戦時捕虜のアメリカ人や諸国の人々を含むおよそ7万4千人が無差別に殺され、虫や 鳥や植物などのすべての生き物も死滅しました。」 「翌日から救護活動に参加した母や姉兄などの体験で、惨劇の大きさを知りました。その母も姉も兄も、歯茎から血を出し、髪が抜けるなど長い間の苦しみに耐えながらも、次々に原爆症で亡くなりました。」 「広島に歓迎されたオバマ大統領は、空から死が降ってきた、と叙情的に表現されましたが、広島のウラン型原爆に対して、長崎にはプルトニューム型原爆が投下されたことから、私には、二種類の原爆による実験ではなかったのか、との思いがあります。」 「政府には、原爆症や被曝体験者の救済について、司法判断にゆだねず政治による解決を望みます。」 「しかし私たちは、絶対悪の核兵器による被害を訴える時にも、日中戦争やアジア太平洋戦争などで、日本が引き起こした過去の加害の歴史を忘れてはいません。」 「わが国は過去を深く反省し、世界平和の規範たる日本国憲法をつくり、これを守ってきました。」 「国会および政府に対しては、日本国憲法に反する、安全保障関連法制を廃止し、アメリカの核の傘に頼らず、アメリカとロシア及びその他の核保有国に核兵器の「先制不使用宣言」を働きかけるなど、核兵器禁止の為に名誉ある地位を確立されることを願っています。」 「地球市民とともに、核兵器廃絶の実現を!」木村朗氏と高橋博子氏による 『核の戦後史』(創元社) http://goo.gl/MiQ6BH において、木村氏は広島と長崎への2発の原爆投下について、緻密な歴史事実の検証を通じて次の判断を示している。 終戦期において、日本の降伏は時間の問題であった。 しかし、米国政府は日本を最速で降伏させて戦争を終結させることより、別の目的で行動した。 それは、 ソ連の影響を最小限に抑制する。 しかし、日本が降伏する前に原爆を投下する。 この二つの事項を両立させる方策として、8月6日と8月9日の原爆投下が実行された。 他方で、高橋氏は次の衝撃的な事実を明らかにする。 原爆投下には「人体実験」の側面があり、人体被害は詳細に調査しながら一切の治療を行わず、また原爆による残留放射能を認めなかったことや内部被ばくの存在を認めなかったことなどである。 米国が設置したABCC(原爆傷害調査委員会)は被曝者の治療、救済を目的としたものではなく、原爆の影響調査を目的とする非人道的な機関であったのだ。 平和祈念式典で「平和への誓い」を述べた井原氏は、広島と長崎への原爆投下を 「二種類の原爆による実験ではなかったのか」 と糾弾し、オバマ大統領が広島で発言した 「空から死が降ってきた」 という言い回しを痛烈に批判した。 メディアは安倍首相の朗読原稿などではなく、被曝者代表の的確、痛烈な指摘を広く人々に伝える責務を負っている。

      2
      テーマ:
  • 09 Aug
    • 現代選挙の実態

      選挙結果を見ると、市区町村毎の得票率もほぼ同じ。 人工的な開票結果だ。 市民団体の調査との乖離も無視出来ない。   「不正選挙を訴えない選挙の無意味」(リンク)からの引用です。   市民団体が都内5箇所で街頭調査をしたらしい。その結果に目を見張る。  (回答者は4300人) ①鳥越氏73%②増田氏13%③小池氏10%・・・投票日前  鳥越候補196人(70%)、小池候補33人(12%)、増田候補23人(8%)、その他候補28人(10%)」・・・出口調査  小池の偽圧勝を完全否定する結果である。違うにも程がある。不正選挙の繰り返しで国民は怒りのエネルギーが蓄積している。従ってこのエネルギーの受け手が現れた時、そこに一気にエネルギーが集中する。鳥越の圧勝振りは納得が行く。国民の不満のエネルギーが偽淫行報道くらいで小池に向きを変えるなどと言う事はあり得ない。小池の不人気ぶりは実感と一致している。今時小池などに何を期待するのだ。政治屋小池の経歴は既にかなりの長さだ。国民が小池に新鮮さなど感じる事は全く無い。政治的能力にも何も期待していない。政治屋の評価など一定時間が過ぎれば、国民は本能的に分かる。今回は新顔の鳥越に国民は新鮮感を感じた。鳥越に改革の本気を感じた。市民団体の街頭調査は国民の実感に一致している。こういう調査をもっと大規模に行うべきなのだ。その時、黒マスコミの調査は信用できないという事を国民にはっきり言うべきである。その事で国民は強く反応する筈である。  世界最悪供託金を課した日本の選挙は初めから真っ黒選挙である。欧米では供託金は0か極めて少額である。0が当たり前である。0だからこそ普通の市民の立候補者が現れ、それを支持する集団が形成され政党ができる。世界最悪供託金完全撤廃で日本の政党の風景は全く変わる。必ず国民全国政党が現れる。こういう政党は不正選挙の監視も徹底するから、もうムサシ選挙など不可能になる。今回のような都知事選は必ず不正選挙だと声が上がる。この事だけで黒マスコミはお手上げになる。これだけ明々白々たる不正選挙が繰り返されてもどの政党からも声が上がらないのは、そもそも世界最悪供託金真っ黒選挙だからである。選挙の根本から誤っていて、そこを放置していては真っ白にできる訳が無い。根本の誤りに目を向ける事で、真っ白選挙を求めるエネルギーが湧き上がる。黒い舞台の上で不正選挙追及ができる筈がない。まず舞台そのものを真っ白にしなくてはいけない。創価だ幸福だと維新だと妙な政党が出てきたのも、舞台が黒いからである。普通の国民が上がれない舞台にしているからである。  仮に鳥越が勝っていたところで、この舞台自体の問題を直さなければダメなのである。鳥越は真っ黒舞台に上がって勝つ訳がないのである。今後は真っ黒選挙、不正選挙を訴えながら選挙をする必要がある。余りにも無知過ぎる。不正選挙の為に50億円を使った馬鹿馬鹿しさを考えるべきである。国政選挙となれば何百億円である。ほんといい加減にするべきである。

      2
      テーマ:
  • 04 Aug
    • トランプ・ヒラリーは悪魔だ。

      BBC・トランプ・ヒラリーは悪魔、本選は仕組まれている。ドル詐欺は日本の選挙は上手くやりましたが、本国でグズグズです。http://www.asyura2.com/16/cult16/msg/530.html 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2016 年 8 月 03 日 10:28:08: 4sIKljvd9SgGs j6yR8pPginSR0pZdmF8             お尻隠して頭隠さずというか、もぐら叩きゲームで参院選と都知事選はハンマーで叩けたものの、トランプもぐらがすばしっこく、911はばらすわ、アルカイダはばらすわ、偽イスラム国はばらすわで八面六臂の大活躍で、必ずしも日本に温かい政策ばかりではありませんが、ドル詐欺のしょーもない部分をガンガン切りまくっている訳で、人類として大歓迎すべきです。 以前だったら、とっくにケネデイにように消されていると思いますが、中露のシークレットサービスに守られて、ワルになる前のたけしや爆笑のように毒舌を連発しており、こういうおっさんが実写のウルトラマンという訳です。 だから、不正選挙をやられまくって日本はもうおしまいだなどと落ち込んでいる場合ではなく、全然面白くない安倍劇場や小池劇場などすっぽかして、ガチのトランプ劇場を楽しむのと、安倍や小池に対する怒りをヒラリ婆にぶつけてスキッとする事で、三流劇場に本気で腹を立てたり、ビビったり落ち込んだりするのは馬鹿で、とりあえずはトランプ劇場に賭ける事です。

      1
      テーマ:
  • 29 Jul
    • 安倍の不人気と出鱈目世論調査

      ロイ・サンダ支持者、ヒラリーにそっぽ。安倍や小池の飼い主が本国でピンチで、トランプに不正で勝てる状況にありません。http://www.asyura2.com/16/cult16/msg/495.html 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2016 年 7 月 28 日 18:52:33: 4sIKljvd9SgGs j6yR8pPginSR0pZdmF8             安倍の不人気と出鱈目世論調査も酷いものですが、ヒラリ婆の不人気はそれ以上で、アホブッシュ以降酷くなった不正選挙も過渡期にあるようです。 自公以降、小泉以降酷くなった偏向報道と不正開票は今が花盛りで、都知事選挙でもヤル気満々のようですが、文春詐欺はやり過ぎだったようで、鳥越も傷つけましたが文春にネットの批判が向かって面白いというか健全な展開です。 奇しくも角栄の逮捕の日が数日前だったようですが、文春記者の立花がドル詐欺から田中金脈研究の発表を指示されて、論功で竹中と同じように東大教授の座をゲットした訳ですが、あのぬか味噌みたいな顔はその後ろめたさからできた人相だったという事で、その後輩たちも同じで、くずの後輩はくずだったという事です。 角栄を不当起訴した堀田の後輩も小沢事件でくずを演じましたが、既に選挙を終えている地方では参院選おかしくねという声が当たり前に聞こえる中で、東京では真っ黒百合子劇場をやっていて、地方の人は馬鹿じゃねと白けている訳ですが、日米共に選挙後は激動が待っている感じがします。ヒラリー婆のベンガジ事件以降アルカイダの復讐に怯える引き攣った顔に悪魔が宿る様に見えるのはサンダース軍曹の支持者達だけでは無く、恐らく全米の良心を持ち合わせた民衆が、その様に見えるのであろう2012年リビア ベンガジ アメリカ在外公館襲撃事件 - Wikipediahttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/2012%E5%B9%B4%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%9C%A8%E5%A4%96%E5%85%AC%E9%A4%A8%E8%A5%B2%E6%92%83%E4%BA%8B%E4%BB%B6 それはそれはヒラリー婆の悪魔の所業を彷彿とさせるエゲツナイ大量殺人事件をヒラリー婆はスティーブンス外交官に指示したのであった。まずスティーブンス外交官はヒラリー婆の子飼いのエージェントである。リビアの金塊と石油利権を米国ハザール族偽ユダヤ勢力に献上する為にブレジンスキー謹製の殺人部隊アルカイダをリビアに投入して、瞬く間にカダフィを殺害してカダフィの金塊全てと石油利権を奪い、このアルカイダ部隊をカダフィ殺害の成功した後に彼らアルカイダの基地に帰る為にアルカイダ部隊全員が、1機の航空機に乗り込み、この航空機をミサイルで撃墜して搭乗していたアルカイダ部隊全員を抹殺したのであった。後日、スティーブンス外交官はベンガジの米国大使館で一連のカダフィ殺害作戦成功の打ち上げとアルカイダ部隊全員殲滅処分の安心から喜び勇んでパーティーを催しておりましたが、残念ながらアルカイダ部隊の全員殲滅処分が、実行された筈が、幾人かの生き残りが、このヒラリー婆の航空機で全員殲滅処分を悪魔の所業として必殺仕事人にこのヒラリー婆の子飼いのスティーブンス外交官を裸にして車で引き摺り回して殺害した画像をヒラリー婆に送り付け、YouTubeで世界中に配信してヒラリー婆は国防長官を辞任せざるを得ない状況になり、更に意識混濁で階段から落ちてボロボロになりました。世界中の皆様等テロリスト集団と戦うプー様の支持者達はヒラリー婆の米国大統領候補なんぞ絶対に許さず、必ずや精神錯乱状態で大統領候補なんぞから外れて、自己崩壊して最後に自身の手で拳銃を口に咥えて銃弾を脳天にブチカマして後頭部や、脳天破裂で完全殲滅処分になるべく自滅して参ります。そしてこのヒラリー婆の拳銃自殺が世界中に配信されてハザール族偽ユダヤ勢力殲滅処分が、更に進んで参ります。11月08日の大統領選挙のその日カモ知れません。もっと早いカモ知れません。当然日本のハザール族偽ユダヤ勢力の下僕達は助かる筈も無く、全員殲滅処分になり公家の谷垣さんみたいな温いパターンでは無く、神の杖が、安倍の頭に直撃とか最高裁判所事務総局直撃とか桜田門直撃とか赤レンガ直撃とか東京電力直撃とか自民党本部直撃とか創価学会本部支部直撃とか皇居直撃とか、まあありとあらゆる悪魔の所業を遂行してきた皆様は首を洗って怯えてお待ち頂く時代になった様です。必ずや殲滅処分される事を肝に銘じてこの後は悪行から一切手を切り全ての財産を日本国民に返却して大人しく朝鮮人背乗りを告白して朝鮮半島に帰って行く事です。既に朝鮮人背乗りスパイの皆様は完全に詰んでおりますので、諦めて朝鮮人背乗りスパイを辞めて朝鮮半島にお帰りください。それが身の為人の為の行いですね。

      テーマ:
    • やまゆり園事件は偽旗

      ベルベ・やまゆり園事件は偽旗、小泉時代に米軍管轄の相模原市に編入。宮本武蔵でも19人斬りは無理です。http://www.asyura2.com/16/cult16/msg/489.html 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2016 年 7 月 28 日 07:43:24: 4sIKljvd9SgGs j6yR8pPginSR0pZdmF8             全く、やまゆりは一人ではなくて米軍に手伝って貰ったか、事件自体がそもそもでっち上げであるようで、一人で戦っておりますがゲーツ監督の元で電通の演出に助けられながら、党本部と共に都連のドンに悪役商会をやってもらってジャンヌダルクを気取っておりますがバレた百合子といい、ゆり詐欺がブームですが、トルコクーデターがバレたばかりのドル詐欺も波状オウンゴールが怒濤のように続いて、こちらもお腹一杯という感じです。 昨日も茨城震度5がありましたが、金さんの小泉アシストテポドンと同じで、鳥越票をなかなか切り崩せない真っ黒百合子をアシストするような地震です。 街中に百合子嫌いはいても百合子支持者などおらず、創価と幸福と在特の動員でホコテン限定のフィーバーを演出しても都民も国民も中露も白けるだけで、こんなしょーもない選挙をしていて、よくも貿易世界一と戦争したいとか言えるもので、二位に転落したドル詐欺と強化合宿してから出直しヌードをしたらどうよと言いたくなる体たらくです。 馬鹿じゃねという感じです。

      1
      テーマ:
  • 24 Jul
    • ゲンダイ・小池は自民の身体検査でクロ

      ゲンダイ・小池は自民の身体検査でクロ、号泣県議と同じ。桝添の事も都連のドンの事も言う資格はなく、出馬辞退が筋です。http://www.asyura2.com/16/cult16/msg/463.html 投稿者 小沢内閣待望論 日時 2016 年 7 月 23 日 14:01:56: 4sIKljvd9SgGs j6yR8pPginSR0pZdmF8             全く、自分自身が伏魔殿だった訳で、よくも一人で戦っておりますとかいじめられておりますとか言えたもので、さすが政界回転寿司ですが、防衛大臣を三日坊主で辞めた時から全く成長していないようです。 そんな真っ黒婆さんが立候補だ新党だと騒げるのも、自分の意思ではなく、小泉や安倍と同じように、御輿は軽くてクルクルパーで脛に傷がある馬鹿が使いやすいとドル詐欺に選ばれたからで、マダム日本会議そのものだからです。 だから、デジャブの小泉劇場と筋立てが全く同じで、小泉の時も致命的な醜聞がいくつも出ましたが、郵政を乗っ取りたいドル詐欺が電通を通じてダマスゴミによる追求を封じてしまった訳ですが、小泉劇場の刺客第一号の小池がクリーンな訳がなく、ダイヤルアップ時代に通用した茶番劇の焼き直しがライン時代にどこまで通用するか疑問で、都内の喫煙所で小池を嫌う者はいても小池支持などおらず、これは小泉の時も同じで、馬鹿そうなのは一部かぶれていました、殆どが山門芝居に呆れており、あの圧勝も今思えば偏向報道だけではなく、不正開票もセットだったように思われ、小泉フィーバーも創価の動員だった訳で、創価だ幸福だ在特だを動員してフィーバーを演出している小池と全く同じだった訳です。 だから千葉七区で小沢に負けて逃げるように引退した訳ですが、今や飼い主のブッシュは不正開票裁判の被告で、トランプに91Ⅰの主犯と名指しされ、トリオだったブレアもイラク戦争の責任を追及され、小泉の今後を暗示している訳ですが、その相棒の小池が都知事選でジャンヌダルクを気取るとか、ヒラリー並みに冗談きついぜくそばばあという感じです。 恐らく、ダマスゴミに小池優勢を報道させたものの、実態は基礎票に勝る鳥越が圧倒的に優位で、それで鳥越の女性スキャンダルをでっち上げたのだと思いますが、小泉の時にマスゴミだったマスコミも今やダマスゴミと言われ、チームセコーもすっかりネットに知れわたり、小池よいしょの書き込みなどいくら大量にあっても見向きもされず、キムチ臭とドル詐欺臭を放つだけで、ネット世論を動かしているとは言えず、カンカンに怒った鳥越はガンサバイバーで高齢で死ぬことなど怖くはなく、怒ったじいさんほど強いものはなく、来週はパンチの応酬という最高のボクシング選挙が見られる筈です。

      1
      テーマ:
  • 17 Jul
    • 宮内庁が否定しているのに

      宮内庁が否定しているのに、この奇妙な報道が続けられていることの 一番の理由は「不正選挙隠し」なんだろうね。 やっぱり、今回の参院選は不自然なことが多すぎた。 もう、多くの国民が気が付きはじめている。 もう、この流れを止めることはできない。 【高松不正選挙事件(NHK報道)】https://www.youtube.com/watch?v=Zlo-vMzlAAM【市民による出口調査】https://www.youtube.com/watch?v=YHGiqRpYgrU【消えた8万枚の投票用紙 大阪府泉大津市】http://www.asahi.com/articles/ASJ795KNMJ79PPTB004.html【大量に似た筆跡の投票用紙でトラブル(宮城)】http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/388.html【「票が消える…」新宿区の謎(東京新聞】http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201607/CK2016070602000273.html【投票したはずが得票ゼロ(函館市)】http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/politics/2016sanin/1-0292623.html【高松市選管の票数操作】http://www.saga-s.co.jp/column/ronsetsu/84982【「自民党」の票、大量に似た筆跡】https://www.youtube.com/watch?v=hyb8H1FgGb0【やはり不正投票の可能性がある(東京新聞)】http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2016071102000188.html

      3
      テーマ:
  • 16 Jul
    • 三宅がムサシに言及して落選

      駅前閑古鳥のネット候補山田が29万票得票、駅前もネットも賑わせた三宅より得票が多いのは不可解、検証が必要である。http://www.asyura2.com/16/cult16/msg/428.html 投稿者 ポスト米英時代 日時 2016 年 7 月 15 日 12:26:54: /puxjEq49qRk6 g3yDWINnlcSJcI6ekeM           三宅は山本と小沢の票も乗っかってトップ当選もあり得た筈で、ビーチバレーよりもネット候補よりも低い得票は不自然である。 与党側が、橋下や小泉の息子より人気のある三宅を恐れるという不正の動機があり、三宅がムサシに言及していたのも気に障り、不正を働いた可能性もあり、検証が必要である。 もっとも、そんな事よりも小選挙区で実証実験する方が手っ取り早く、前にも書いたが早速補欠選挙に立候補して再度駅前を満杯にして圧勝することである。       拍手はせず、拍手一覧を見る     コメント   1.   2016年7月15日 18:19:02 : 8q3qeXT2cg  : LR5ucA3lcb8[467]  ▲△▽▼  いやあ、めでたい めでたい お目出度い。日本人はお目出度い。 どんなにデモを繰り返しても、当選するのは自公議員。どうして? 開票0%で自公議員が当選する。文句も言わずに信じる有権者。 いやあ、めでたい めでたい お目出度い。日本人はお目出度い。 マスコミ・選管・ムサシを押さえれば、総務省が全てを決める。 どんなに悪政続いても、どんなにデモをくり返しても、当選するのは自公議員。 票など数えなくとも 当選が決まる。いつも自公議員が当選する。 文句も言わず国民は、それを信じて受け入れる。何とお目出度いことか。 売国・貧困・棄民政策の次は戦争の道。国民の意思とは無関係。 CSIS・米国資本・財界・日米合同委員会そして官僚機構も高笑い。  >開票0%で’当確’がでる?【不正選挙・メキシコと日本】http://enzai.9-11.jp/?p=13470 ~『票を投じる者が決定するのではない。票を数える者【集計ソフト?】が決定するのだ』メキシコの民主主義は、葬られた。今年のメキシコ大統領選では投票数と開票数が異なる不正、裁判では白。日本でも同じ結果になるだろう。 >続・不正選挙は今や常識となった ~イラクの不正選挙について、元米軍人、ブラッドリー・マニング氏が述べている。米国は各国で不正選挙を実施している。日本もその一つである。 http://blogs.yahoo.co.jp/leben0773/26847379.html  2.   2016年7月15日 20:16:40 : 5syXLWFQTg  : 1gUYFpcztug[255]  ▲△▽▼ 安倍が、争点隠し・選挙隠ししながら、期日前投票を呼びかけたあたりから怪しいと思っていた。選挙終了後の不正選挙報告続出は当然だった。 今回の都知事選ではそれを封じるためにも、選挙システムの厳格化は今後も要求していかなければならないと思う。  

      1
      テーマ:
  • 15 Jul
    • 池袋を満杯にして落選した三宅

      池袋を満杯にして落選した三宅は、10区の補欠選挙に出馬し、圧勝することで、野党は統一候補に指名する事である。http://www.asyura2.com/16/cult16/msg/427.html 投稿者 ポスト米英時代 日時 2016 年 7 月 15 日 10:37:00: /puxjEq49qRk6 g3yDWINnlcSJcI6ekeM       これは天の配剤で、据え膳食はねば駄目である。 不正の有無を検証するより手っ取り早く議員になることが最高のリベンジで、不正がなければ圧勝確実である。 早速、都知事選を活用して自分の選挙区の駅前を満杯にして鳥越を押し上げることで、これからは団地の前も満杯にして閑古鳥候補を黙らせることである。 それが横綱相撲というものである。 小池百合子が議員辞職したので東京10区で補欠選挙。10月23日投開票。故・鳩山邦夫の福岡6区も同時に行われる。  北海道新聞、当選の共産候補が函館市で得票ゼロ。大苦戦の筈の公明が躍進で、駅前を満杯にした共産の伸び悩みは不可解てある。http://www.asyura2.com/16/cult16/msg/425.html 投稿者 ポスト米英時代 日時 2016 年 7 月 14 日 18:49:03: /puxjEq49qRk6 g3yDWINnlcSJcI6ekeM            創価の三割が野党に投票したようで、農家の自公離れを考えれば、一人区で自民が二十勝は不自然で、公明の躍進も不可解である。 共産も三宅のように駅前を満杯にしており、得票で公明を上回るのは確実だった筈である。 三宅も山本の基礎票の半分も得票しておらず、東京新聞のコラムが不正投票の可能性を指摘したように、改憲を焦る米国とその命令に逆らえない霞ヶ関と自公が不正を働いた可能性がありそうである。     

      1
      テーマ:
    • 続 狼狽する安倍一族

         ポータルサイトを運営する大手情報通信業者が政治権力側に位置しているから、ニュースを伝える際に徹底した作為的調整を施している。  偏向しているのはマスメディアだけでなく、インターネット上の情報も強く操作されている。  マスメディアが偏向しているから、ネットから情報を入手すれば良いのではない。  ネットのなかから、良質な情報を選別し、そのパイプから情報を得ることを意識して実行することが重要である。     オールジャパン平和と共生の顧問をされている弁護士の伊藤真氏と共著  『泥沼ニッポンの再生 -国難に打ち克つ10の対話-』  <>https://goo.gl/7CYc2X  を上梓した。  7月12日付日本経済新聞、  7月14日付朝日新聞  に広告が掲載された。  アマゾンにも良質なレビューが掲載された。  日本の舵取りを安倍政権に任せていいのか? NO!!「憲法改正」「原発再稼働」「TPP批准」「辺野古基地」「格差拡大」私たちの未来は、私たちが決める! !   「誰かが変えてくれる」から「自分たちで変える」へ  第1史上最大の危機第2三権分立が機能していない日本第3緊急事態条項と本当の民主主義第4主権の喪失を意味するTPPへの加入第5国家なのか、国民なのか?第6亡国の道をひた走る安倍政権第7メルトダウンするアベノミクス第8すべてを解決する「一人一票」の実現第9教育とメディアリテラシー第10ゆっくりと急げ!  の内容である。  第9章で、こちら側のポータルサイトの創設を提唱した。  「安倍政治を許さない!」側のインターネット情報の入口になるサイトの創設が必要であると思う。  NPJ<>http://www.news-pj.net/  レイバーネット日本<>http://www.labornetjp.org/  るいネット<>http://www.rui.jp/  など優れたサイトが存在するが、優良なネット情報の総合入口になるサイトの創設を連帯の力で実現する必要がある。

      テーマ:
    • 狼狽する安倍一族

      狼狽する安倍一族の野党統一候補攻撃に御用心    7月31日に投票日を迎える東京都知事選で主権者が判断するべきことは、  「安倍自公政治の是非」  である。  石原慎太郎、猪瀬直樹、舛添要一  の3名による都政の混乱に終止符を打ち、都政に新しい風を吹かせること。  これが今回都知事選の意義である。  猪瀬、舛添の両氏は、  「政治とカネ」  の問題で辞任に追い込まれた。  舛添氏が海外視察に多額の費用をかけたことが問題視されたが、この点でさらに重大な問題を有していたのは石原慎太郎氏である。  これらの都政を全面的に支えてきたのが  自公勢力  であり、  この  「自公が支える都政の刷新」  「都政における利権構造の打破」  こそ、今回の都知事選の意義である。  安倍自公政権の暴走を止める。  その是非を問う、首都での決戦が今回の都知事選である。    この都知事選で安倍自公勢力は致命的な失敗を犯した。  自公勢力から2名の候補者が出馬してしまった。  対する反・安倍自公勢力は、ぎりぎりまで候補者の一本化が実現するか、不透明だったが、ぎりぎりのところで、宇都宮健児氏が大英断を下し、見事に候補者一本化に成功した。  NHKが天皇の生前退位報道を行ったのは、反・安倍自公陣営が候補者一本化を決定した直後である。  このニュースのインパクトを弱めるために、このタイミングで表に出したのだと推察される。  NHKの堕落、権力迎合は目に余る。  放送受信契約の任意制への移行が急務である。  それほどまでに、野党の候補者一本化の衝撃は大きいはずである。  インターネットの有力ポータルサイトでは都知事選報道の伝え方が偏っている。

      テーマ:
    • 法務大臣落選は憲法変えるな

      法務大臣落選は憲法変えるな、沖縄大臣落選は日中戦争するな、福島と鹿児島の結果は原発止めろ、東北の結果は農業を守れ、であるhttp://www.asyura2.com/16/cult16/msg/415.html 投稿者 ポスト米英時代 日時 2016 年 7 月 13 日 07:48:08: /puxjEq49qRk6 g3yDWINnlcSJcI6ekeM            世界中で不正選挙が叫ばれる中、また情報の遠隔操作が可能な時代に、穴だらけの古くさい選挙制度を維持している日本で、不正があったかどうかは脇に置き、有権者も見事な民意を示したものである。 マスコミは数ばかりを強調して、内容がどうであったかは報じないが、近隣諸国の関心は内容であり、中国とロシアは安倍政権と国民の間に温度差というか溝のようなものがあると分析した筈である。 今回、自民党は、不正の有無は脇に置き、数に拘り、落としてはいけない選挙区を落としてしまい、今回の選挙戦術が誤りであった後悔する筈である。     6.   2016年7月13日 14:38:00 : 8q3qeXT2cg  : LR5ucA3lcb8[460]  ▲△▽▼ >>3 御意! 東京、神奈川の選挙結果は見え見えのインチキで、本当にウンザリします。恐らく「開票作業は報道するな」との指示が官邸や総務省や電通や日本記者クラブや日米合同委員会や経団連から出ているのだと思いますが、開票作業の様子はまったく報道されず、ムサシの機械が動いているのかいないのか、ムサシの職員がどんなソフトでどんなインチキをやっているのかいないのかが見えないため、予定通りの結果を出すことが至上命題とされ、密室の中ではインチキ・デタラメがやり放題なのでしょう。 レンホウ議員の112万票は良いとしても、おでこの広い中川、ナンミョウ竹谷、身長2m弱の閑古鳥候補・朝日などが、どうしてそんなに得票し、当選するのか理解できません。おまけに神奈川の子宮頸がん毒物ワクチン三原某が100万票越えとはこれいかに。 思えば2012衆院選の出口調査の結果を受け、「自民党・厳しいです!」と不正選挙を暴露した三原某でした。また、2013参院選では、「ウソの丸川100万票」として有名になった閑古鳥候補の丸川某が当選とされ、その後なんにも知らないまま環境大臣となり、大恥をかきました。その2代目(後継ぎ)として今度は自分がウソの三原100万票とされたようです。昔は美人だったかもしれませんが、現在は人気が急降下した単なる古びた芸能人の三原某に100万越えがあるはずもなく、「ウソの丸川100万票」とともに「ウソの三原100万票」として日本の政治史、特に不正選挙の歴史にその汚名を残すことになるでしょう。  >三原じゅん子氏「出口調査の結果があちこちから流れてきます。自民党、、、厳しいです。」http://www.asyura2.com/12/senkyo141/msg/484.html>丸川珠代が不正選挙を証明した! http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-11734761776.html           

      テーマ:
  • 14 Jul
    • 宇都宮氏の哀れは国民の姿

      宇都宮氏の哀れは国民の姿(高橋清隆の文書館)http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/474.html 投稿者 ますらお 日時 2016 年 7 月 14 日 02:31:28: tlXAsMLYVhTKo gtyCt4Lngqg           元記事http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/1906465.html  東京都知事選に立候補を表明していた宇都宮健児氏が13日、出馬を取りやめた。野党4党が支持する鳥越俊太郎氏の出馬を受けてのことだが、宇都宮氏にとっても、都民にとってもやりきれないことである。  鳥越氏の突然の出馬表明に、既視感を覚えた人が多いのではないだろうか。2014年都知事選の細川護煕元首相の土壇場での参上である。脱原発を掲げ、20年東京五輪返上を口にした。両者は宇都宮氏を都知事にさせないために送り込まれたと確信する。推薦人は加藤寛ゼミ出身で廃炉利権に邁進する小泉純一郎元首相だった。  イエズス会の大学を出た細川氏は、首相になる前、ビルダーバーグの会議に参加している。海外から莫大な資金を提供され、日本新党を結成したと推察する。細川内閣がやった政策として真っ先に浮かぶのは、小選挙区制の導入とコメの自由化(食管法廃止)である。小泉氏と同様、マスコミが好印象しか伝えないのは、権力の手先である推測を補強する。  細川氏の参戦により、反自民票は2分され、舛添要一氏が当選した。宇都宮氏は公示前、反自民候補の一本化を模索するため、細川氏に再三接触を試みたが、面談を拒否されたと講演会で吐露している。  「鳥越さんは工作員ではないでしょう」。そうおっしゃる人がいるかもしれない。確かに、穏健な顔つきに見えるが、それはテレビを通しての情報ではないか。彼の不審な行動はネット上に散乱するが、私が不可解に思ったことが1つある。以前、小林よしのりが責任編集する月刊誌の対談で『年次改革要望書』が主題になった。鳥越氏は小林氏に促され、キャスターを務める民放報道番組で「この問題を取り上げる」と誓約したが、ついにしなかった。  極めて単純だが、私は郵政民営化に反対しなかった政治家を基本的に認めていないし、『年次改革要望書』に言及できないジャーナリストを信用していない。「テレビではできない」と言い訳するなら、肩書きを外してほしい(もっとも、これができたジャーナリストを知らないから、私は「反ジャーナリスト」を名乗っている)。  今回の鳥越氏の立候補表明も、権力筋の誰かにそそのかされたのだろう。宇都宮氏は一本化を模索するため、鳥越氏と13日面会した。前回、細川氏と面談しなかったかどで散々たたかれたのは自身のせいでないが、再度の批判をかわしたいのも当然である。「まだ具体的な政策は決めていない」と言われたが、「憲法を守る」の一言で身を引いた。渡された「政策集は全部生かす」と応じたというが、小林氏との過去のやりとりから見て方便だろう。  権力に担がれた鳥越氏にできることは知れている。「東京は憲法改正を許さない」と言っているが、国が決めたことを地方自治体が変えることはできない。それを知ってての発言と解す。もし支配権力の意向を超えようとすれば、桝添氏や猪瀬氏のようにされるだろう。  マスメディアが特定の人物や団体を攻撃してきたら、支配権力に嫌われた証しだと思っている。桝添氏がたたかれ始めたとき、「どうせ権力が別の人に都知事をやらせたくなったのだろう。『東京五輪はおまえにやさせないぞ』と」と友達に告げた。すると、「じゃあ、小池百合子がなるんだ」と返された。ろくにテレビも見ていない私は、それだと直感した。  もちろん、小池氏が当選する保証はない。しかし、メディアをも牛耳る権力が支援しているのは間違いない。「『ひるおび!』で自民党東京都連の通達に非難相次ぐ『自民党は北朝鮮か』」の記事もその1つ。小池氏に入れたら除名との「通達」が「北朝鮮か!」なら、郵政民営化反対議員を除名した自民党本部はとっくに北朝鮮である。小池氏はその代表的刺客ではなかったか。  小池氏の背後に強大な権力が控えているのは、彼女の特異な経緯から分かる。日本新党で参院議員となり、細川氏と共に衆院にくら替えした。以来、政党を流転しながら、必ず受かる所から出馬している。小泉純一郎氏の愛人であることは公然の秘密である。  宇都宮氏は国家戦略特区構想に猛反対していた。その「東京圏」は、わが国のGDPの4割を占める地域を租界化する内容である。猪瀬直樹元知事は徳洲会との関係で辞職に追い込まれたが、特区に「外国人向け医療の提供」「保険外併用療養の特例」などが含まれていたことが大きいと見る。  政策があいまいで、言行一致に欠ける候補者のために立候補を降りる宇都宮氏は、やりきりないはずだ。後で名乗りを上げた得体の知れない人物を野党4党が推すところに、この国の闇を感じる。それでも自民系2候補に東京を任せないために鳥越氏に譲る潔さに、宇都宮氏の誠実な人柄が表れている。  政策観、人格とも上で初めに名乗りを上げながら辞退を強いられた宇都宮氏は哀れである。それ以上に、報道を見せられて怒ったり、喜んだり、権力にもてあそばれているだけの都民、いや国民の姿は哀れである。 ■参考記事 「おもてなし」は奴隷国家の宣言http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/1874221.html

      1
      テーマ:
    • 宇都宮健児です。

      宇都宮健児です。本日、私は、明日告示される東京都知事選への出馬を取り下げる判断をいたしました。私は過去2回にわたり、首都東京のあり方を大胆に刷新することをめざし、「希望のまち東京」を掲げて、若い仲間たちや多くの支援者とともに、東京都知事選に挑戦してまいりました。 いまも残念に思うことは、自分が次点に終わったということより、都民の生活を一番に考えるべき都知事が、カネの問題で短期間で辞任する、そんなことが二度も繰り返されたという異常な事態でした。 今回、私は、今こそクリーンな東京を、無駄遣いをやめて、都民のために、東京に希望を取り戻すために税金を使う、そんな「当たり前」を実現したいという思いから、先日、3度目の都知事選に挑もうと決意し、皆様にも政策をお示しし、走り始めたところでした。 私はこの選挙を、これまでの都知事選挙においてもそうでしたが、さまざまな社会問題の存在を知らせ、その解決をともに考え、討論する場所であると考えております。それを通じて政策をともに考え、新しい自治をつくっていく場であると思います。 決して知名度優先の人気投票であってはいけないと思っていました。しかしながら、昨日になって野党の方々が他の候補者を立てられたことにより、その社会運動を担っている方々の間にも、非常に悩ましい、対立的な状況が生まれかねないこととなりました。 一方で、今回の都知事選挙は、保守の候補者が分裂しているという状況にあり、都政をより都民の生活にやさしいものへと転換していく、千載一遇の機会でもあります。 鳥越さんと昨日と本日、二度お会いして、その立候補へのお考えなどをうかがい、政策的にも私たちの政策を参考にされていくとのこともうかがいました。三度目の選挙を市民の力でたたかうという、私たちの選対への敬意の念も感じられました。 そこで私は、大局的な観点から考え、今回の選挙戦からは撤退という判断をすることといたしました。今回の選挙に向けて、私を支援してくださり、支持を寄せてくださっていた多くの都民の方々に、心よりお礼とお詫びを申し上げます。 もとより、この東京を、より人にやさしい、希望の持てるまちへと変革していく、そのための運動をあきらめるわけではありません。むしろ逆です。さらに運動を前進させるための苦渋の決断です。どうぞご理解をお願い致します。 今回、わたしは立候補を取り下げることにいたしましたが、今後も、私はこれまでどおり、多くの市民・都民の「困った」という声に現場から向き合い、仲間たちとともに都政を監視し、都政を変えていく取り組みを進めてまいります。宇都宮健児

      テーマ:
  • 13 Jul
    • 三宅洋平氏が改憲阻止へ意欲

      三宅洋平氏が「早急な再出発」で改憲阻止へ意欲!不死身の洋平と山本太郎と聡明な仲間たちが、休息の間もなくたたかいの路上に踏み出して行く。腐敗を極める軍事財閥と軍部が醜悪な正体を露骨に現して来た、決戦のときは近付きつつある。http://esashib.com/716.htm 防衛省・防衛装備庁が、イスラエルと無人偵察機(ドローン)を共同研究するとんでもない憲法違反準備を進めていると、共同通信や朝日新聞などが先月30日、報じた。ダッカテロ・日本人殺害の原因。 http://blogs.yahoo.co.jp/pongisayoku/28008219.htmlhttp://bylines.news.yahoo.co.jp/shivarei/20160702-00059530/ ↓ http://tamutamu2011.kuronowish.com/yumikotyannjikenn.htm ↓ http://vn-hochiminh.seesaa.net/article/166055185.html 安倍極右内閣が、中東で武器輸出、防衛装備庁がイスラエルと兵器の共同研究、原発販売、自衛隊のアフリカ・ジブチ侵攻=日本ゼネコンが巨大軍事基地建設、平和経済破壊援助などを次々に打ち出したことで、 多くの日本人が標的にされ殺され続けている。 安倍極右日本会議内閣の憲法改悪・軍事経済体制が世界にテロを拡大させている事実を日本マスコミは報じない。  http://blogs.yahoo.co.jp/pongisayoku/27741616.htmlhttp://www.jca.apc.org/~yyoffice/Son%20My/Part2.htm憲法9条を破壊して利潤のためなら財閥と軍は自国民なんか平気で殺すよ。 1932年1月18日関東軍高級参謀の板垣征四郎大佐が上海駐在陸軍武官補佐官の田中隆吉少佐に命じて、中国人に金を渡して日本人を襲撃死傷させた。 上海で戦端を開くために日本軍が日本人を殺したのである。 その謀略資金10万円(現在の数千万から億円に匹敵)を出したのは三井財閥(中国鐘紡)であった。 中国・上海で戦争を起こし軍部と財閥の利益を拡大するために、関東軍が財閥と組んで日本人殺傷事件を意図的に引き起こしたのだ。 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.htmlhttp://tamutamu2011.kuronowish.com/yumikotyannjikenn.htm2012-2月24日の閣議決定答弁書で、 「西部航空方面隊司令官」「呉地方総監」「陸上幕僚長」「航空集団司令官」「第一師団長」などそうそうたる自衛隊幹部が三菱(軍事・原子力)財閥の「顧問」として天下りしていることが分かった。 若者の生活が破壊される恐るべき癒着構造である。 ひとりアタマ数百億円の国民の血税(防衛予算)を軍事財閥に持参して天下る、信じられないような腐敗構造なのである。 国民や貧乏若者をコケにした他では有り得ない腐敗の極みの税金泥棒構造なのだ。 改憲とか集団的自衛権とか尖閣竹島問題とはつまり、国民に対する税金泥棒犯罪のことだ、 「中国や朝鮮の脅威」とか「尖閣・竹島問題」だとかは憎悪を煽る軍事財閥と自衛隊のインチキ防衛予算実質毎月毎月5000億円の拡大のためのフザけた寝言に過ぎない。 http://blogs.yahoo.co.jp/pongisayoku/26900150.htmlhttp://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/ec5fecbd148c1826d6b0f1238787c8d0

      1
      テーマ:
    • 民進保守系 募る不満

      「民進保守系 募る不満」というが、不満な「民進保守系」に私は不満だ。(日々雑感)http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/377.html 投稿者 笑坊 日時 2016 年 7 月 12 日 09:07:24: EaaOcpw/cGfrA j86WVg           http://okitahidehito.blog.fc2.com/blog-entry-5562.html 2016/07/12 07:52  今朝の読売新聞4面に「民進保守系 募る不満」と大見出しを掲げた記事があった。共産と共闘しても改選議席割れしたのが不満だという。バカも休み休み言うものだ。  野党共闘が実現していなかったら、どれほどの惨状になっていたか、シュミレートしてみれば簡単に分かる話だ。そもそも民進党の前身の民主党は突如として改革政党から第二自民党に激変した。現在の民進党はかつて政権を獲得した当時の民主党とは似ても似つかないものになり果てている。  なぜ民主党は政権を失い、さらに民進党と名前を変えても勢力を削ぎ続けているのか。それは第二自民党なら自民党で十分だからだ。隷米政党は自民党とその腰巾着の公明党だけで十分だ。  そこに自民党の分身のような大阪維新だのこころの党だの「改革」といいつつ何も改革しないバカな政党までが自民党の補完政党だ。当初マスメディアが「第三極」だと持ち上げたものだから、何も分からない国民は喧嘩論法の橋下氏に大喝采を浴びせたが、彼の掲げる「大阪都構想」に中身が何もないと今もって分からないようだ。  民進党の保守系と称する連中は潔く党を出て自民党に入党伺いを立ててはどうだろう。その方が国民に分かり良いだけでなく、民進党の論理矛盾が解消するだろう。  そして小沢一郎氏とその仲間を迎え入れて、民進党は党改革をまず行うべきだ。消費増税などと口走ったバカな連中は民進党から出て行ってもらいたい。私たちが支持したのは「国民の生活が第一」の政治を行う民主党だった。「財務官僚の生活が第一」の政治を行う民進党保守系や、「米国の1%の生活が第一」の安倍自公政権なぞ決して支持しない。  対立軸がない、というのは当たり前だ。野党第一党が第二自民党議員に乗っ取られているから、民進党は「似非野党」の様相を呈している。そんな野党に存在意義があるだろうか。  かくして憲法を改正して安倍自公政権は世界のどこへでも自衛隊を派遣して米国の戦争に日本国民の命を捧げることになる。それでも国民の多くは安倍自公政権を支持するのだろうか。 

      1
      2
      テーマ:
AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
202841 位
総合月間
292475 位
奮闘記
1958 位
政治・経済
479 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。