ひどい手あれに長年悩んできました。

 

特に子どもが生まれてからは、手を洗う回数も多くなり、

 

あわただしくて きちんとケアもできなかったので、

 

ひび割れて血がにじんだり湿疹になってかいてしまい、

 

汁が出たりしていました。

 

1年中そのような状態で人目も気になるし水仕事がとても嫌でした。

 

ゴム手袋をしても、ハンドクリームを塗ってもダメで…

 

昨年の夏、たまたま家にあったカレンデュラチンキを

 

 

殺菌作用もあるし傷にいいかと思い、

 

無添加ハンドソープの中にキャップ1~2杯ほど入れてみました。

 

 

(オムツ替えや台所仕事の度にこのハンドソープで手を洗っていました)

 

 

それから2週間ほどして、手あれがよくなったことに気がつきました。

 

何も塗らなくても手がつるつるになってきたのです。

 

本当にびっくりしました。

 

主人からも最近手がきれいになったねと喜んでもらえました。

 

冬になっても前みたいに、ひどくあれることもなく

 

少しあれてもビーワックスクリームを寝る前に

 

塗ればすぐよくなります。

 

手を洗うたびにケアできて、いちいちハンドクリームを

 

塗る手間もいらないので、忙しい方には本当におすすめです。

 

いいものに出会えて助かりました。

 

感謝しています。

 

 

AD

9月出産のクライアントは、前置胎盤の症状で、子宮口と胎盤の距離が、2cm必要であったが、結局4㎜から 16.1cmの変化でもう一歩でした。

 

今回は、ブログでその件を知った千葉県の小川様よりの依頼でした。

 

 

体験談にも、書いていただいたように、レメディー チンキの処方以外にも、すりこみ油を使ってのカラダへのケア、爪もみ・婦人科系への労り等 私の知る範囲のアドバイスを、行いました。小川様も、それら真剣に、取り組んでいただきました。

 

ですが、なかなか胎盤と子宮口の距離が、開いていかないのです。わたしは、最後の最後までまで、あきらめるつもりは、なかったのですが、小川様のすごかったところは、 ダメならダメですべてを、受け入れて、そこから、前向きに、行くんだという姿勢が力強かったのです。

 

何があっても、受け入れると決めてからは、奇跡的なことが、連続です。

 

結果 ぎりぎりで帝王切開 促進剤も回避 出血すくなく大安産です。

とはいうものの、ホメオパシーは、小川様を少し後押ししたにすぎません。

 

心を切り替えて、緩んだ時、いろんなものが、コヒーレント化(エネルギーを同じ方向で共振共鳴)して自分自身のDNAが、最大限にONになったのでしょう。

 

そこで体験談を紹介いたします。

 

 

 

 

第二子を妊娠し、元々ホメオパシーは実践していたので、薬か人工的な処置は極力ない ホメオパシーを使っての自然分娩というバースプランがありました。

 

妊娠中期に「低置胎盤」と診断を受け、自分で調べてErig., Med. などレメディをとっていました。

 

しかし、中々胎盤が上がらずブログから森(博康)先生を見つけ電話相談(通信相談)を受けました。

 

レメディ・チンキの処方だけでなく、すりこみ油を使ってのカラダへのケア、爪もみ・婦人科系への労り・・・etc。様々な実践を教えて頂きました。

 

途中で胎児が小さいかも、第一子との入院で離れる事など様々な不安がありましたが、その都度森(博康)先生のアドバイスを頂けました。

 

「気になさらず不安なことがあれば連絡して下さいね」というお言葉がとても心強く、大丈夫!という勇気にもなりました。

 

しかし、最後まで中々胎盤が上がらず、帝王切開がほぼ決定してしまいました。

 

とても悔しかったですが、私自身も切り換えて覚悟しておりました。

 

入院当日・・・奇跡的に4cmまで胎盤が下がっており、帝王切開の回避。産科の先生も驚かれていました。

 

 

出血のリスクも考えて日程を決めての計画分娩、バルーン→促進剤という日程を組まれてしまいました。

 

私自身、促進剤を使いたくなかったので再度アドバイスを頂きました。その甲斐もあり、入院当日既に子宮口は2cm開いており、

 

バルーンを入れ数時間後には陣痛が来て3時間半で2694g、一番心配されていた出血もだいぶ少量の超安産で

 

出産する事ができました。(陣痛中もレメディをとってました。)産後も順調に回復しております。

 

ホメオパシーの効果を改めて感じ、奇跡が起きた事に感謝です。

 

森(博康)先生、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD


▼追悼 安保徹先生 YOUTUBE とらこ先生鼎談



安保徹先生+ 由井寅子先生 + 白川太郎先生「統合医学を結ぶ!プレミアム3者鼎談」 ワールドフォーラム「統合医学を結ぶ!」2014年8月公開講演会

今回は「統合医学」に関わる日本の5人の「巨人」が招聘され、とらこ先生はホメオパシー統合医学の代表として登壇いたしました。
とらこ先生以外には、免疫学の世界的権威の安保徹先生、末期がんでも6割以上の治癒有効性を確立した白川太郎先生、和合医療の陰山康成先生、食育の第一人者山本敏幸先生などの錚々たる方々。各先生方の発表もとても素晴らしい内容になりました。
その中でもとらこ先生は、午前、午後とも講演を行い、その全てが感動的なものとなりました。
ホメオパシーだけでなく食と農業、そしてインナーチャイルド癒しを含めた、とらこ先生の統合医学「ZENメソッド」によって、アトピーや発達障害、鬱などの心の問題、子宮頚癌ワクチンの副作用までもが劇的に改善していく様子に、会場の方々は時に身を乗り出し、食い入るように画面を見つめ、時にクライアントさんの変容に涙を流して共感していらっしゃいました。
とらこ先生の発表を観た安保先生より感動のメッセージをいただきました。
「ホメオパシーで治癒したケースやインナーチャイルドを癒したケースを観て、思わず涙が出そうになりました...とても感動しました!」
安保先生は今回とらこ先生の講演をぜひ聞きたい!と、午前より急きょ駆け付けていただくほどでしたが、実際に聞いてみて想像以上の感銘を受けたようでした。また、安保先生はお昼に召し上がられた豊受自然農の野菜を使ったお弁当についても「豊受自然農の野菜はとてもおいしい!」感動のコメントをいただきました。




AD