住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:
ペラのサッシ交換


先日外壁等の塗り替え工事を行った愛知県春日井市の輸入住宅
K邸ですが、年末にアメリカに発注していたPella社製4連
ボウウィンドウの新しいFIX窓が入荷しました。

あのマクドナルドやケンタッキーでもアメリカの港湾ストの
影響でフライド・ポテトが届かないというニュースが
ありましたが、それと全く同じ状況でサッシュ(建具)の
入荷が遅れておりました。

国産と違ってこういうことはよくありますから、輸入資材の
調達には忍耐と多少の心の余裕が必要です。

今回の問題は、窓の外側を覆っているアルミ材のつなぎ目
から雨が侵入して、中の木部が変色・腐食を起してきた為、
不具合のあるサッシュを外して、新しいものに交換しなければ
ならないというものでした。


Pellaサッシの防水処理


でも、ペラのボウウィンドウに付いているハメ殺しの窓って、
しっかりとガチガチに取り付けられているので、窓を壊す
ように外さないといけません。

ですから、ペラの窓の交換って結構大変なんですよ。

サッシュを新しいものに交換した後、また雨や湿気が入り込まない
ように、コーキング等で窓周りへの防水作業を行います。

更に室内側は無塗装の木製ですから、パラペイントの屋外用
木部防水塗料 ティンバー・ケアのナチュラル・クリアを丁寧に
塗って完了です。これでもう、雨漏り対策は完璧です!

どのメーカーの輸入サッシでも、アルミクラッドはつなぎ目や
パッキン材の劣化による雨の侵入がありますから、こうならない
為にも常に注意をして下さいね。

輸入サッシのメンテナンスでお困りの方は、お問い合わせ下さい。

<関連記事>: 窓からの漏水

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
Schlage社製玄関ハンドル部品


古い玄関ドア・ハンドルを交換して欲しいというご依頼を
頂きました。

輸入ドアノブのメーカーは、Schlage(シュラーゲ)。輸入住宅
ブームの時にはよく使われた製品ですが、日本の代理店も撤退
しまい取扱いしているところはありません。

私たちは、このハンドルの取付け寸法を綿密に確認し、別の
ドアノブ・メーカーのものに付け替えました。

でも、こうしたことがいつも可能とは限りません。今回は、
何とか奇跡的に交換出来ましたが、取付け穴がいい加減に
彫られていたり、穴の位置が少しずれていたりしたら、
他のメーカーの新しいものが付かないかも知れません。

(最悪、ドア本体の交換が必要という場合もあり得ます)

また、ドア・ハンドル自体に問題がなくても、ラッチが壊れて
しまうなんてこともあるでしょうが、このラッチを他のメーカー
のものと交換することは不可能です。

それは、ハンドルやロック・シリンダーから延びるロッドの
形状が他社のものとは違う為、ラッチに明いた穴に違うメーカー
のロッドが差さらないからです。

こういう場合、古いラッチと同じ形状のものを輸入するか、
今回のようにドア・ハンドル等を全く違うメーカーのものに
交換してしまうかの選択になりますが、その判断は
取付け穴やドア・ハンドルの状態、輸入した場合の納期や金額を
みてご検討頂くことになると思います。

何れにしても、ドアノブやロック部品は消耗品です。10~20年で
新しい部品に交換することが必要ですから、防犯上の観点からも
壊れる前に早めに手配をするよう心掛けましょう。

それが、長く輸入住宅を愛する秘訣です。

輸入住宅のメンテナンスでお困りの方は、お問い合わせ下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
外壁を塗り替えたK邸


2014年11月11日に外壁の塗り替えをするとお伝えした
愛知県春日井市の輸入住宅 K邸。

外装の塗り替えが完了し、足場も外れましたので、
その姿をご紹介しましょう。

夕暮れ時でしかも逆光でしたので、色の映りが実際とは
若干違いますが、ブルーグレーの外壁と白い枠のコントラストが
美しい外観に仕上がりました。

勿論、塗装に使ったのは、カナダの輸入塗料 パラペイント

やっぱり、パラはいい色ですねぇ。

こうしたデザインの外装塗替えをご希望の方は、ご相談下さい。

<関連記事>: どう仕上がるか、ご期待下さい (2014年11月11日)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
外装カラーデザイン


もうすぐ外装の塗り替え工事が始まる愛知県春日井市の輸入住宅
K邸で、ペイントの色の打合せをしてきました。

写真にあるタグが付けられた色が、今回コーディネートした色ですが、
携帯のカメラではちゃんとした色がなかなか出ていないですねぇ。

まあ、実際の塗料は、色見本通りの色が出ますからいいですけどね。

まず屋根は、国産のカラーベストですから、塗装を塗り直します。
北米では屋根を塗装するという文化はありませんから、屋根用の
塗料は存在しません。

ですから、ここは国産の塗料ということになりますが、カナダの
パラペイントの色に比べて、バリエーションも少なく、色も
工業色といった感じですね。

それでも選ばなければいけませんから、ダークグリーンという
黒っぽい緑を選んで頂きました。屋根は、下から見上げますから
日射が反射してグレーっぽく見えるものですから、濃い目の色を
選んでおくのが基本です。

そして、外壁や玄関ドアの色は、美しいパラペイントで選んだのですが、
外壁はブルーグレーに少し緑の顔料を混ぜた感じの色にしましたから、
屋根との相性がよくなるように思います。

また、玄関ドアは、現在白の塗装ですから、楽しさを演出する為に
赤のパラペイントをアクセントとして使おうと思います。写真では、
少しくすんで見えますが、結構ビビッドな赤茶なんですよ。

こうした色決めでは、たくさんの色を見てしまうと迷って
しまいますが、事前に近隣の家やNETで家の外観をチェックして
おくとイメージがつかめますから、コーディネートもスムースです。

あとは、色のメリハリとアクセントの付け方をお教えすれば、
楽しく色を選べるはずです。

そう、家づくりは、ワクワクするエンターテイメントなんです。

こうしたデザインの建築をご希望の方は、ご相談下さい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
塗り替え前 K邸


愛知県春日井市の輸入住宅 K邸にて外装の塗り替え工事
及び結露対応工事等をさせて頂くこととなりました。

このおうちは、今から16年前に他社ビルダーによって施工された
建物ですが、新築以来外装のメンテナンスを殆どやってこなかった
らしく、サイディングのジョイント目地などの防水コーキングが
割れたり、カラーベストの屋根塗装にコケが生えてきたりと
いった状況になっています。

写真を見る限りでは、きれいな状態に見えると思いますが、
塗装のピンクの色が薄かったので褪色があまり感じられない
ということなんです。

外壁に濃い色を使わず、薄い色の塗装にするというのは、
実は理に適っていると言えるかも知れませんが、塗料の
有効性からすれば、色に関係なく10年前後の耐久期間で
あると思って下さい。

今回も外装には美しいパラペイントを塗る予定です。

まだ、色は最終決定していませんが、きっと見違えるように
素敵になると思いますよ。

あと、このおうちは室内に湿気がこもりがちになるようです。

それだけ気密性能がいいとも言えるんですが、冬場の湿気は
窓の結露の原因にもなります。

窓は、アルミクラッドの輸入サッシ Pellaを使っているんですが、
結露の影響で室内側の木部に変色が見られます。

交換が必要な場所は新しくしたり、黒ずみが落ちる場所は、
パラペイントのティンバー・ケアを使って防水塗装を実施します。

屋根に換気棟を追加したり、ガス暖房から電気を使った暖房へと
生活スタイルを変えて頂いたりして、結露の発生源を抑え込む
という提案もさせて頂きました。

家の性能は、細かな気遣いと長年培った技術で必ず蘇ります。
外装の色も、デザインという性能であることを忘れずに。

こうした私たちの考えや建築に共感され、施工を希望される方は、
ご相談下さい。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。