住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:
$住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-濡れたレンガ積みの外壁



最近、突然の雨が降ることが多くなってきましたね。

ここ、名古屋でも30分程度スコールのように凄い雨が
降るなんてことが普通になってきています。

これも地球温暖化の表れなんでしょうかねぇ。

そんな雨が未明に降った日、夏のご挨拶(年に2回の
定期訪問)の為に豊田市のMさんのレンガ積みの家に
伺ってきました。

ここは、木製のガレージ・ドアが3つもある輸入住宅
なんです。

アンティーク・グレー(正式な色名称は、ヘリテージ・グレー)の
白っぽいグレーのレンガも雨に濡れて少し濃い色になっていますね。

特にモルタルの目地のグレーが際立って見えるので
レンガのデザインもはっきり見えます。

カナダの焼きレンガは吸水性が低いので、表面が濡れても
レンガの中まで水分が侵入することはありません。

まあ、厚さも9mm程度ありますから、侵入したとしても
構造部分まで届くことはまずありません。

乾きが早いのは、建物の下の方だけしか濡れた感じが
残っていないことからも分かりますね。

コンクリートで出来たサイディングの外壁は、表面を
塗装すれば水分が外壁材にまで染み込むことはありませんが、
塗装が劣化した時は水が外壁をも劣化させます。

だから、厚さが15mmしかないコンクリートのサイディングは
10年毎に塗り直す必要があるのです。

レンガ積みの輸入住宅が、100年もの耐久性があるのは
こんなところからも分かります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-Over Sliding Garage Door



車好きが憧れるビルトイン・ガレージ。

さて、どうやってガレージドアが開くのか?

実は、リモコンで作動する電動モーターだけでガレージが
開く訳ではありません。

何せ、幅2.4m x 高さ2.4mの木製ガレージシャッターは
人間の力では上がらないくらいに重いのです。

それを0.5馬力しかない非力なモーターで上げられる訳は
ないですよね。普通自動車だって、100馬力程度あるのです。
因みに、本物の馬は4馬力だそうです。

だから、トーション・スプリングという大きなバネを巻き上げて
おいて、それが戻ろうとする力を利用して木製ドアを上げ下げ
させるのです。

一番いい感じなのは、バネの力とガレージドアの重さが拮抗
して、片手で軽く動かせるくらいです。

そういった意味で、モーターはドアの重さを意識せずに
上下させるだけのパワーがあればいいという訳です。

でも、ガレージドアが上に巻き上げられて、ドア・トラックの
レールを動くのを見ると、強力なモーターが引っ張りあげて
いるように見えますよね。

北米から輸入したオーバースライダーのガレージドアは、
自然の摂理や原理を上手に使っているのがよく分かります。

輸入住宅を建てるなら、こうしたインナー・ガレージが
欲しいですよね。男の夢ってやつでしょうか・・・。

名古屋の近郊で建てたいなら、No.1ビルダーのホームメイド
に依頼しましょう(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-Kitchen_M



日本では大きなワンシンクというパターンがほぼ100%
を占めていますが、北米ではシンクが1つしかないキッチンは
見かけません。


彼らは、野菜や果物を水につけておいたり、汚れた食器を
お湯にさらしておいたりする為に、洗い場用のシンク以外に
もう1つ必要と考えているのです。


日本でも郡上のような水のきれいな場所では、果物を
湧き水に浸している光景が見られますし、汚れ物を
浸けおき洗いすれば、水道を過剰に使わなくても
早くきれいになりますよね。


そういう合理的な考え方が、何故か今の家庭にはなくなって
しまいました。もしかすると、キッチンメーカーが
そういったものを作らないからかも知れませんが・・・。


省エネやエコという観点から、こうした考えが増えてくると
いいと思います。


このシンクは、Kohler社製の白いホーロー。北米でも
こういったクラシックな素材でシンクを製造している
ところは、徐々に少なくなってきています。


キッチンの水栓金具は、Aquadis社製。クロスのツーハンドルと
鶴首の吐水口が一体型というデザインは、まさにオールドスタイル。


ほんと、最近はこんなデザインが少なくなりましたねぇ。


お掃除は比較的やりやすいんですけどね。


でも、カラーは、流行のつや消しニッケル。


そう、北米では、この色が今一番のトレンドかも知れません。


ただ、これもどちらかと言うと懐古的な色遣いと言えなくは
ないですよね。亜鉛のようないぶし銀は、どことなく懐かしさを
感じさせてくれる気がします。


白いカウンターに白いシンクもいいですが、黒いカウンターに
白いシンクだと、カチッとした輪郭が出ていいですねぇ。


こうやって、いろいろなパーツを組み合わせて、自分だけの
キッチンに仕上げられるというのも輸入住宅の魅力です。


というか、こんなことをいちいちやっているのは、自社で輸入
しているホームメイドだけかも知れないですが・・・・。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、一昨日とオープンハウスを行いましたが、結構大勢
の皆さんにお出で頂き、有難うございました。


明日、23日も同様に名古屋市近郊 豊田市M邸にて開催しますが
またこの家の設備を少し紹介させて頂きます。


まずは、この輸入のオーバースライド ガレージドア。




住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-トリプルガレージドア



ここには、何と3つも付いているんですねぇ。


大府のN邸でも3つ横並びのガレージドアを取り付け
ましたので、このところガレージづいている気がします。


さて、写真をご覧頂くとお分かり頂けますが
大きくて重い木製ドアをこの小さなモーターひとつで
開閉させます。


そんなに強いパワーのあるモーターかと思いきや
実はこのモーターだけで持ち上げているんじゃないんですねぇ。


写真では見えませんが、開口部の少し上に大きな
スプリングが付いているんですが、それを予め巻き上げて
おきます。そうすると、それが戻ろうとする力が生じますから
そのスプリングとドアとを連動させておけば、その力を
利用して軽く開閉が出来るようになるのです。


アメリカ人は、面白い仕掛けを考えますねぇ。


そして、次の写真は、カナダGE社製電気オーブンレンジ。




住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-GEオーブンレンジ



まるで、リカちゃん人形のママゴトセットのような
デザインですよね。


コンロ部分は、ガラストップになっていて中に組み込まれた
ラジエントヒーターによって料理を温めます。


日本では一般に電磁波の振動で温めるIHヒーターが主流ですが
北米では電気を熱に変える仕組みのラジエントヒーターが一般的。


電磁波による健康問題が未だ解明されていない現状では、
ラジエントヒーターを選ぶのは賢明かも知れないですね。


オーブンの幅は30インチですから、762mmもあるんです。
国産のものが600mmしかありませんので、その大きさが
お分かり頂けると思います。


感謝祭で七面鳥をまるごとオーブンで焼く習慣のある
北米ですから、これくらいの大きさは必修なんですね。


オーブンの下は、引き出しになっていて、お鍋や
フライパンのようなものを収納しておくことも可能です。


輸入のキッチンキャビネットのドアは、少し白っぽい
ナチュラルな塗装を施したオークの無垢材。


白いレンジフードもドイツ製。


白いレンガ積み外壁のおうちには、ピッタリでしょ。


実物をご覧になりたい方は、下記広告に地図が付いて
いますので、どうぞお越し下さいませ。


Open House の広告
http://www.homemade-co.com/ie/img/img/87.pdf




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-Sidelite Glass



今週末にオープンハウス開催を控えた豊田市M邸。


工事もいよいよ佳境に入り、我社の工務もバタバタ
しております。


さてさて、オープンハウスでどこまでの完成度を
お見せ出来るか、楽しみですねぇ。


そんな中、撮った1枚の写真。


玄関ドアの両側に子扉が付いたダブルサイドライト
というタイプの輸入ドアに入っているステンドグラス。


お客様に選んで頂いたのですが、今までにないタイプ
のデザインでしょ。


ブルーグレーの蔓にオレンジ色のつぼみが咲いた
様子は、可愛らしさの中に少しシックな大人の印象を
与えています。


ガラスの雰囲気も手づくりっぽさがあって、いい感じ。


ヨーロッパの中世を思わせる感じは、薄いピンクグレー
の外壁レンガとの相性もピッタリです。


どうぞ、ご覧になりたいという方は、週末にいらして
下さいね。


豊田市 M邸 オープンハウス チラシ:
http://www.homemade-co.com/ie/img/img/87.pdf



M邸 オープンハウスの告知:
http://www.homemade-co.com/kengaku/img.cgi



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-Wood Stove in M



11月20日(土)からオープンハウスを開催する豊田市 M邸。


今回は、2Fリビングに設置した薪ストーブ 周りを
ご覧頂きましょう。


ストーブは、オーソドックスなフリースタンディングタイプ。


フラットな天板ですから、ケトルを載せて室内乾燥を
防ぐことも出来ますね。


また、本体や煙突は二重構造になっていますから、
誤って触ってしまってもちょっとだけなら大丈夫。


安全性にも配慮しているのは、やはりカナダ製です。


あと、この本体の中は結構広いんです。


だから、薪の火の中にホイルでくるんださつまいもを
入れることも出来るんです。入れるとすぐに焼きいもに
なっちゃいますから、皆さんご注意を(笑)


4つの猫足の内側の本体下には、灰受けが付いていますので
お掃除も簡単。隣に置いてあるファイアーセットはただの
オブジェというだけではありません。こまめに炉の中を
手入れして頂けます。


薪ストーブの周りには、レンガ外壁 に積んだものと同じ

フルブリックを用いました。


スライスレンガでは出し得ない厚みが分かりますでしょうか。
当然、保温効果も抜群です。


こういうナチュラルなインテリアですが、壁や天井は
当然ドライウォールパラペイント 独特のエレガントな壁の
色が、床や天井の廻り子のダークブラウンにも映えますね。


Kichler社製のアイアン照明 は、少し小ぶりに見えますが、
間接照明としてはこのくらいの方が影の美しさを感じさせて
くれるのです。


中世のお城をイメージした外観にこうしたアイアンの
アイテムを持ってきたり、ダークな床などを使ったりすると
更にそういったイメージを植え付ける効果を発揮します。


家づくりには、狙いやテーマが大切ですね。


M邸 オープンハウスの告知:
http://ameblo.jp/homemade-co/entry-10687083195.html


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-Refrigerator



豊田市M邸の為にカナダから輸入した住設機器が、
会社に今日搬入されました。


電気オーブンレンジ、食洗機、そして冷蔵庫だ。
これら全て、GE社製。


とにかくでかいです。


日本のものなら、レンジは60cm、食洗機は45cm、
冷蔵庫は70cmくらいの幅が普通サイズ。


でも、北米のものは、レンジは76cm、食洗機は60cm、
冷蔵庫は80cmの幅が普通サイズ。特に冷蔵庫は、
奥行も85cmもあるので、キッチンキャビネットの奥行
よりも飛び出してしまうというでかさです。


冷蔵庫は、サイドバイサイドというタイプで
左側が冷凍庫、右側が冷蔵庫。そして、冷凍庫側には
冷水と角氷、クラッシュドアイスを出してくれる
アイスディスペンサーまで付いている。




住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-Range



レンジは、トップのコンロ部分がラジエントヒーター
タイプになっており、電熱で調理する。IHよりは
有害な電磁波が出にくいが火力は少し落ちる。


一体型の電気オーブンは、ターキーが焼ける程
内部の広さが確保されている。


形がすごいかわいいんだけど、それは次回据付けが
終わった時に紹介します。




住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-Dish Washer



そして、食洗機。機能はきっと国産のものの方が
いろいろ付いているんだけど、シンプルな分頑丈で
コストも安い。


こうした家電は、カナダの製品保証を受けられないので
壊れた時は、修理でなく買い替えなければいけない
のだけれど、安くて丈夫でデザインがかっこいい
ことを考えて、こうして輸入家電を採用するお客様も
いらっしゃいます。


代替のものが輸入されるまで時間が掛かることや
国内では直せないというリスクを受容出来るおおらかさを
お持ちの方にはお勧めです。


そういうことに不安を感じる人は、ご遠慮下さいませ。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-White Castle M



以前、名古屋市八事でアニメに登場するような

お城をイメージした住宅 を建てたことがあるのですが、
今回、豊田市の現場でその外壁と同じレンガ
「Heritage Gray」でレンガ積みをしました。


このレンガは、元々赤レンガの素地に白い砂を
表面にまぶして焼かれていますので、薄っすら
ピンク色をしたグレーの色をしています。


ごつごつした感じを出した表面は、まるで石の
ような感じがするから不思議です。


レンガの名前はグレーですが、日本にはこんな色をした
レンガやブリックタイルはありませんから、まさに
白亜のお城といった感じです。


もう少しすると足場が外れて、その全容が見られる
ようになると思います。


お近くの方は、是非見にいらして下さいね。


勿論、問い合わせ よりご連絡を頂ければ、室内も
ご案内させて頂きます。


室内は、ホームメイドお得意のドライウォールです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-M's Framing




梅雨の走りにしては、ちょっと早い気がしますが
降ったり止んだりの不順な天候が続いています。


そんな中でも晴れ間を狙って、建方工事を進めているのが
豊田市のM邸。


2x4の建方工事は、工場の壁や床のパネルを予め製作してから
現場で組み上げる工法と、全てを現場で造っていく
On Site Framing(略して「現フレ」)という工法が
あるのですが、パネル式の工法だと1~1週間半程度で
構造体が出来上がってきます。


こういう季節には、もってこいかも知れませんね。


ただ、いずれにしても多少雨に当たるのは想定済み。


しっかり乾燥させた木材は、表面が濡れても
中まで染み込むことはありません。


とは言え、こういうことに慣れていない日本の人たちには
雨に濡れるのは心配の種。


ですから、ブルーシートなどで構造体にカバーをして
ある程度濡れないように養生します。


必要ない作業と言えば、そうなんですがまずは気持ちが
大切ですね。


さて、この家は、外壁に真っ白なレンガを積んで仕上げます。


白亜の殿堂、White Castle、そんなイメージになりますでしょうか。


乞う、ご期待!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。