住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:
$住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-GE電気オーブンレンジ



こちらは、先日愛知県豊田市のM邸に設置したカナダ
GE社製ラジエントヒーター式電気オーブンレンジ。

コンロ部分をアップで撮影したのですが、背面に立ち上がった
操作部の感じがなんともクラシックでいいでしょ。

あと、丸い4つのコンロは、IHヒーターではありません。
ガラストップに内蔵された熱線コイルのようなもので
温める形式ですから、IHのように電磁波を多く出すことは
ないと言われています。

それにしてもこのレンジ、でかいんですよ。

国産のレンジなら、60cm幅のものが主流ですが、何と76cmも
あるんですねぇ。

こんなのが1台キッチンにあったら、どんなにか楽しい
ことでしょう。

でも、価格は国産のコンロと同程度ですから、
一度使ってみたいですよね。

但し、国内では修理は出来ませんし、マニュアルは
全て英語かフランス語です。

まあ、そういう面倒なところも何か楽しいですね。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-Small Bowl



こちらは、先日引き渡しをさせて頂いた豊田市のM邸の
1階トイレ内に設置した手洗いボウル。


水栓金具(蛇口)もブロンズ色でアンティークな感じが
するものを選びました。


ボウルは、青磁のように薄く青みのある白色をしていて
そこにインディゴブルーのような濃い青で模様が
描かれています。


また、排水口のまわりにも小さく3つ模様が描いて
あるんですよ。


それから、排水口にはフタが付いていて、
更にアンティークさを演出してくれています。


ボウルのヘリの部分に厚みがあって、そういうところも
私は好きです。


ボウルの直径は、30㎝。これだけコンパクトで
お洒落な磁器製のものは、なかなかないんですよねぇ。


だって、日本のトイレってそんなに広くないですから
大きな手洗い器は設置出来ないし、大手メーカーの
小さな手洗いは味気ないんです。


でも、気を付けて下さいね。ボウルが小さいですから
お子さんだと水跳ねして汚してしまうかも知れません。


皆さんの家づくりでも是非こういうものを使って下さいね。
ディテイルに気遣いされたおうちには、愛着が湧くものです。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-Whirlpool_M



大人の雰囲気でインテリアを作ってきた豊田市 M邸。


でも、ところどころで全く違う顔を見せてくれています。


その一つが、この浴室。2階にあるこの浴室は、
ユニットバスではありません。


普通であれば、防水性が弱点になるこのような浴室は
今の日本では珍しい存在です。


でも、お客様から敢えてチャレンジしたいという
意気込みを伺って、私たちホームメイドは如何に
防水性や耐久性、メンテナンス性を上げるかを考え、
全て現場で一つ一つ組み上げました。


それにしても薄いピンクと少し濃い目のピンクを
あしらった市松模様のタイル張りは、ちょっと
ファンタジックな感じを受けますよね。


こんな主張の強いお風呂もなかなかないです(笑)


2つのウェーブの部分に頭を載せて、大人2人が
寝転ぶように一緒に入れるデザインのこのバスタブ。


ジェットの泡でリラックスしながら、何をお話し
しながら入るのでしょうか。


小さな子供さんたちと一緒に入るのは、きっと
楽しいに違いありませんね。


お客様の好み次第でファンタジーにもエレガントにも
デザイン出来る現場施工の浴室は、ユニットバスにはない
面白みがありますが、果たして皆さんはどのような
浴室にされますでしょうか。


こんなバスタブは、カナダにはいろいろあります。


価格も日本の半分以下。


タイルの目地にクラックが入ったりするといったことが
将来発生すると思いますが、楽しさと現実性を天秤に
掛けるとどっちが重いでしょうか?


それは、皆さんの価値観次第ですね。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

11月20日(土)・21日(日)・23日(祝)にオープンハウス
開催予定の豊田市 M邸の施工状況をレポートします。


施工途中ですから、未完成な点は差し引いてご覧下さいね。


まずは、ビルトインの木製ガレージドア。




住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-Garage Doors in M



白いお城に重厚な門が付いているようなイメージでしょうか。


少し黄なびたブラウンの木製シャッター。右側のドアの
一番上はまだ付いていない状態の写真ですね。


輸入のガレージドアは、このように下から組み上げていくんですねぇ。


これって、結構な重量がありますから、人間の力では
持ち上がりません。勿論、モーターだけでも上がらないんです。


内側に大きなコイルスプリングがあって、それを予め
巻き上げておくんです。それが戻ろうとする大きな力を
利用してこのガレージドアが開閉するんです。


話をし出すと長くなりますので、細かな話はまたお話ししますね(笑)


次に、バーカウンター形式のダイニング&キッチン。




住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-Counter Dining in M



輸入のキャビネットは、オークのフロストカラー。


ナチュラルなオークに薄っすら霜が降りたような
日本では珍しいデザインです。


手前にはL字に長いカウンターが見えますね。


そう、ここがダイニングテーブルになるんです。


限られたスペースを有効活用する為に、ダイニングテーブルを
置かないで対面カウンターで全員横並びで食事をする
生活スタイルにしました。


相当広いですから、家族8人全員が座れるんです。


カウンターの奥にGE製のサイドバイサイドというタイプの
大型冷蔵庫が見えますね。左のドアには、氷や冷水が出る
ディスペンサーも付いているのが分かりますか?


その右側には、60年代のリカちゃん人形のままごとセットの
ようなデザインのオーブンレンジを設置しました。


勿論、これもカナダGE社製。ガラストップになっていて
ラジエントヒーターで料理が作れますし、大きな電気オーブンは
ターキー丸ごとでも焼くことが可能です。


白くて丸いレンジフードは、ドイツ製。


油汚れには、要注意ですよ(笑)


ほんと、ホームメイドの建物は、楽しいですよね。


でも、完成したら、もっとカッコイイですからね。


オープンハウス をお楽しみに!



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-レンガ積み外観_M



11月20日(土)・21日(日)・23日(祝)にオープンハウスをするM邸。


今回は、もう少し外壁に近づいて撮影してみました。


どうです、この外観。ピンクがかった薄いグレーのレンガは、
まさに石積みのような雰囲気でしょ。


玄関のアーチ梁は、レンガ同士がお互いに支え合っているので
何の受けもありません。長崎のめがね橋やローマの水道橋と
同じ構造ですね。


玄関の両脇の壁の出隅には、コインコーナーというアクセントを
加えました。


コインコーナーとは、レンガを少しだけずらしてサイコロのような
四角いデザインを連続させるコーナー仕上げを言うのです。


こうすると、更にお城っぽくなると思いませんか?


まさに、永遠というテーマがピッタリです。


厚みのあるレンガは、窓に奥行を持たせますし、断熱性や
防音性も薄いサイディングの比ではありません。


薪ストーブのステンレスの煙突も存在感がありますねぇ。


そうそう、雨樋も白い焼付け塗装を施したアルミ製ですから
国産の塩ビの樋のように割れたり、塗装をし直したりする必要は
ありませんよ。


オープンハウス前でバタバタした状況ですが、また
仕上がりのレポートを順次していきたいと思いますので
乞うご期待!



現場地図は、こちらを!
    ↓
http://kokomail.mapfan.com/receivew.cgi?MAP=E137.4.12.9N35.1.51.2&ZM=12&CI=R


お問い合わせ:
http://www.homemade-co.com/otoiawase/index.html




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド-お祓い



少し時間が経ってしまいましたが、2月20日(土)に今まで
住んで頂いていた家の解体のお祓いをして頂きました。


その日は、今と違って少し肌寒い日でしたが、よく
晴れたいい一日でした。


こうしたお祓いや地鎮祭をやらないという方も
いらっしゃいますが、今までお世話になったおうちへの
感謝、これからお世話になる場所へのご挨拶、
こういったことは信教に因らず大切なことと思います。


勿論、さあこれから始まるぞ、という新たな気持ちを
確認するという意味でも意義深いことなんでしょうねぇ。


解体のお祓いの際は、荷物も全部移動してあるので
少しいらないものが散乱しているといった状況に
なっているのですが、今まで過ごしてきた思い出が
ちゃんと残っているのです。


そういう家を最後にするのは、感慨ひとしおのような
気がします。


ご一家総出で部屋のあちこちを清めて回って頂きましたが
皆さん全員でやるっていいことですね。


図面が完成したらいよいよ着工ですが、こちらの家も
全力で造らせて頂きます。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。