住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。

NEW !
テーマ:

 

昨日記事に書かせて頂いたファイバーグラス製玄関ドアの塗り直し
ですが、その際に一緒に直すモール材の写真。

ステンドグラスをドアに固定する為の飾りのモールディングが、
いくつか割れている状況です。

こうした枠材は、ファイバーグラスのドアの場合はプラスチック製。
木製ドアの場合は木で出来ています。

写真のものはプラスチック製ですから、陽に当たって固くなって
くると、温度変化などによる伸縮に耐えられなくなります。

紫外線対策として早めに塗り直しをしていれば、その劣化も少なくて
済むのですが、ドア自体の塗装がこんなに劣化してくる状況まで
塗装をしなければ、樹脂のモールも自ずと脆くなっているはずです。

このステンドグラスの大きさに合うモール材が見つかればいいのですが、
なければパテや樹脂などを埋め込んで補修する必要が生じます。

ドアの塗装をうまくやって、出来るだけ元の状態に近づけることが
職人技ですが、ファイバーグラス・ドアの木目塗装をしたことのない
塗装業者では難しいかも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こちらは、愛知県豊田市のお客様からご相談を頂いた輸入の玄関ドア。 

ステンドグラスをドアに固定する為のモールディングの色とドアの表面の 
色に違いがあるのがお分かり頂けると思いますが、ドアの塗装が白化して 
きているのです。 

この輸入ドアは、グラスファイバーの表面に木目の凹凸を加工してあって、 
そこに専用塗料を塗ることで本物の木製ドアと見間違えるようなクオリティ 
を実現するという製品です。 

本物の木と違って、太陽光や風雨によって素材そのものが劣化することは 
ありませんが、表面の塗装は定期的に塗り直ししてやる必要があります。 

そういうメンテナンスをしてあげれば、いつまでも美しい玄関ドアとして 
お使い頂くことが可能です。 

今回は、ドアの塗装だけでなくステンドグラスのモール材も、劣化の為か 
所々ヒビが入っているようですから、補修をしなければいけません。 

また、気密パッキンのウェザーストリップやドア・ヒンジの交換、 
錆びたドア・ハンドルやドア自体の調整などもやっておいた方がいいと 
思われます。 

こうした玄関ドアのメンテナンスは、10年に一度くらいの割合で 
やって頂ければ、美しい輸入住宅を保つことが可能ですから、 
そういう時期にきたおうちはそろそろお考え下さいね。 

特に風雨や陽の当たる南向きなどの玄関は、劣化が進みますから 
お早めに。さて、今回の玄関ドアがどう蘇るのか、乞うご期待! 

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを 
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。 
全国どこでもご相談を受け付けます。 

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を 
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
昨日書かせて頂いたペラ(Pella)社製輸入サッシの不具合ですが、
こちらは浴室に取り付けられたオーニング(Awning)窓。

ブリティッシュ・グリーンのサッシは、輸入窓独特の美しさがあります。

オーニングとは、建具(障子)の下部分が外に開いていくタイプの
窓を言いますが、ご覧のようにその下部分のアルミカバーがなくなって
いるのが分かります。

お湯・水・湿気が多い浴室のような場所に、アルミクラッドの木製サッシを
取り付けること自体もっての外。
(ただ、そういう施工の輸入住宅は、実際にはたくさんあるようです)

まだ実物の窓を検証した訳ではありませんが、外側から雨が建具枠内に
入り込んだことと、浴室側の水分による木部の劣化の両方の原因に
よってこの不具合が発生したような気がします。

この状況で木部の腐れがもう少し進めば、窓ガラス自体が建具から
脱落する恐れが生じるでしょう。

そうなれば、浴室の断熱性が全く失われるという以外に、セキュリティ
も緊急を要することとなるはずです。

輸入サッシの交換部材については、消耗品以外は全て受注生産ですから、
納期が発注後3~4ヶ月近く掛かることもしばしばです。

緊急事態になってから至急入手して欲しいと言われても、海の向こうの
手配ですから思うようにはなりません。

早め早めの相談や修理手配こそ、安心安全につながることをお忘れなく。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
岐阜県のお客様からペラ(Pella)社の輸入サッシのいくつかに
不具合があるので修理をして欲しいという相談を頂きました。

ペラの窓は、防火規制のある都市部で施工されていることが多いのですが、
輸入住宅ブームの際は防火に関係のない地域でも取付けされたんですね。

いくつか不具合のあるサッシのうち、今回はスライディング・パティオ
ドアと呼ばれる掃き出しサッシの不具合を見てみましょう。

ドア(建具)の下枠の木部が、このように黒く変色しています。
また、既に木自体が腐ってきているのか、穴が明いているようにも見えます。

ペアガラスに沿って変色している処もありますから、恐らく雨水が
ガラスと外装のアルミとが接する部分から入り込んで、ペアガラスの
下端やアルミ板の内側に滞留してしまったのでしょうね。

ここまでいくと、アルミの外装板も本体から浮いてきているかも
知れません。

もう少し早めに雨漏れが分かっていれば、サッシの外装に防水処理を
施して補修出来たかも知れませんが、ここまでになってしまうと
ドアを交換する以外にないように思います。

でも、ここまでになるにはある程度の年月が経っているでしょうから、
新築を請け負った住宅メーカーは何をしていたのでしょうか。

アフター・メンテナンスで、あまりにも無責任な対応しかしない
工務店が多いのは嘆かわしいことです。

また、お客様側も家に異常を感知したら、放置してはいけません。

家づくりは、建てたら終わりではありません。新築した後如何に
丁寧に修理・メンテナンスをしていくかが、何十年も住む為には
最も大切なことであることを忘れないで下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
千葉県のお客様からテイモア(Taymor)社の玄関ドア・ハンドルに
付いているラッチを交換したいというご相談を頂きました。

デッドボルトのロック・ラッチの方はあまり壊れないようですが、
開け閉めする頻度の高い開閉ラッチはどんな有名メーカーのものでも
いつか交換が必要となります。

ただ、ラッチ部品は、輸入ドアノブ・メーカーによって形状が異なって
いますから、そのメーカーに合ったものを選ばなければなりません。

また、写真のようにラッチの爪が付いている部分が丸くなっている
ドライブイン・ラッチというデザインのものと、ここに四角い金属板が
付いているフェースプレート付きラッチの2種類が、どこのメーカー
でも存在します。

そういった点で、ちゃんと調べた上で部品の調達をしなければ、
買っても取付け出来なかったということになりかねません。

ただ、北米のドアノブ(ドアハンドル)のいいところは、ドアに
明けられたドアノブの取付け穴は一定の大きさ、一定の場所に設定
されているので、ドアノブごと全て交換する場合はどこのメーカーの
ものでもピッタリとはまります。

メーカーやデザインが多少違っても問題ないという方なら、私たちの
在庫しているものですぐに交換出来ますから、セキュリティ上も
不安や心配はありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
滋賀県にお住まいのお客様から、オーバースライダー式のガレージドア
のトーションスプリングが切れたので、修理が可能かとの相談を頂きました。

このガレージドアは、電動モーターのオープナーが取り付けられておらず、
ドアを手動で開閉させるものでした。

国内で施工されるビルトイン・ガレージの殆どは、電動で開閉されるタイプ
でしょうから、珍しいですよね。

今回、トーションスプリングという大きなバネが破断していますから、
そのドアの大きさや重さに合った新しいバネを取り付ける訳ですが、
バネだけが古くなって経年劣化を起しているのではありません。

ご覧の通り、バネが反動する力を重いドアに伝えるドラム・ワイヤーも
外れています。

20年近く経っているということですから、金属のワイヤー・ケーブルが
伸びてしまっていることは間違いないですね。

また、ドアの左右のバランスや金物の緩みなど複合的な要素によって、
トーションスプリングに掛かる負荷が大きくなり、劣化を助長した
のかも知れません。

それにしても、バネが切れた時はドアが一気に落ちてきますから、
下に人などがいなくてよかったですよね。

因みに、電動オープナーが付いていると、機械自体がストッパーの役目を
果たします。

ですから、絶対ではありませんが、ある程度事故を防ぐことが可能です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
1年くらい前に愛知県刈谷市で施工したファイポン(Fypon)のデッキ手摺。

屋根を受けるポスト(柱材)を後付けで施工したり、強度的に不安定な
ウッドデッキの上に載せたりと、なかなか手間の掛かる仕事をした
のですが、今日1年点検後のメンテナンスに行ってきました。

実は、デッキ手摺をざら板の上に固定する為の親柱があるのですが、
これが左右に4cmくらい揺れるというので、見てもらえないかという
ご依頼を頂きました。

通常、ガッチリとざら板にボルトで固定されていますから、柱が揺れると
いうことは考えられないのですが、現場を確認すると確かにグラグラと
しています。

親柱をパーツに分解して床の固定金具を露出させた処、ボルトが緩んで
金具が少し浮いた感じになっていました。

恐らく子供たちが手摺の上に乗ったり、手摺を揺らしたりしたことで、
デッキからボルトが少しずつ抜けてきたんでしょうね。

デッキのざら板の厚さが薄いですから、ボルトのスクリューの掛かりが
少ないので仕方ありません。

標準の短いボルトを外して、もっと長いビスを使ってざら板だけでなく
大引きの材木にもビスが利くように施工を改善しました。

また、親柱とざら板、固定金具とざら板を強力な接着剤を使って
更に強く固定をしました。

これでまたグラグラするようなら、メーカーの施工マニュアルや
施工手順を変えて頂く以外方法はありません。

それにしても、しっかり施工しても1年くらいで柱が揺れる不具合が
起きるなら、同様のトラブルになっているおうちは全国にたくさん
あるんでしょうね。

<関連記事>: なかなかきれいでしょ

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
ピンホールというのは、針で刺したような目に見えないくらいの
小さな穴のことを言うのですが、愛知県豊川市の輸入住宅で施工した
キッチン水栓の鶴首(吐水口)にこのピンホールが明いてしまいました。

写真の赤い丸で囲ったところに、黒っぽい点が付いているのが
見えますが、ここに小さな穴が開いていてそこから水が漏れてきます。

当然2年前に施工した時には何ら問題がない状態でしたし、今まで
無事にお使い頂いていた訳ですから、どうしてこんな穴が明いたのか
全く分かりません。

材質はステンレスですから、酸化して腐食することは考えにくいのですが、
黒ずんでいるところを見ると何等かの腐食があったと考えるべきでしょうね。

先日別のお客様のところに付けた国産のキッチン水栓でも、製品の不具合
によって1年余りで水漏れが発生しましたから、国産・輸入に関係なく
個体差によるトラブルがあるとは思いますが、もう少しメーカーは
品質向上を図って欲しい気がします。

だって、保証期間は過ぎているとは言え、付けてたった2年ですからね。
まるで使い捨ての消費財みたいじゃないですか・・・。

価格競争やグローバル化といった昨今の社会情勢では、出来るだけ安く
出来るだけ利益の上がるものを作らなければ生き残れないというのは
分かりますが、価格よりも信頼性や職人気質を大切にしたいものです。

スマホにしても自動車にしても数年で買い換えるような文化は、
豊かな社会とは言えませんよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
愛知県豊田市にある輸入住宅にお住まいのお客様から、洗面化粧台に
付いている水栓金具が水漏れするので困っているというご相談を
頂きました。

建てた住宅会社は既になく、相談先がないというので私たちにお問い合わせ
を頂いたようです。

お話を伺うと、水栓メーカーはカナダのモエン(Moen)社。品番も
新築当時の資料に記載されたものがあるということでした。

実際にそれを基に調べてみたのですが、番号からしてモエンのものでは
なさそうです。

形状やデザインについては、北米の水栓金具としては当時よくある
スタンダードなものですから、そこから製品を特定することは出来ません。

今回は、建てた住宅会社にいた方が状況を見に来てくれるらしく、
一旦この件は保留ということになりましたが、水漏れの原因の多くは
止水パッキンのカートリッジ・バルブの破損です。

これは、メーカーや製品、製造時期によって様々ですから、そこが
分からない限り輸入水栓ごと交換が必要ということをご理解下さいね。

勿論、適合するバルブさえ分かれば、新品のように気持ちよく使えます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
ウェザーシールド社製ベイ・ウィンドウ(台形出窓)の両脇に取付けられた
辷り出しサッシ(横方向に開いていく窓)。

今回、東京のお客様から窓を開けると閉められなくなるので修理したい
という相談を頂きました。

Weather Shieldと言えば、フレームが繊細なアルミクラッドの木製窓
という印象ですが、20年くらい前には結構メジャーなサッシでした。

今では、アメリカのメーカーに直接メンテナンスの相談をしなければ
なりませんから、普通のアルミサッシ屋さんや工務店さんでは歯が立ち
ません。

お話を伺った処では、サッシの木部に何らかの不具合があって
金物を留めているビスやヒンジ類が抜けてきているのかも知れません。

ただ、窓を開けられないという状況では、どこが実際に悪いのかを
確認する手段がありません。

足場を組んで外からも窓を支えられるようにしない限り、サッシを
開けて不具合を調査することは出来ませんから、さてどうしたもの
でしょうか。

確かにメーカーに聞いて推測で事を進めることも可能ですが、もし
原因が違っていたらお金も手間も無駄になりかねません。

特にこの輸入住宅では、窓の周囲の外壁にも雨漏れの疑いがある
形跡があるようですから、十分慎重に調べる必要がありそうです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。