住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:

 

こちらは、ボールドウィン(Baldwin)社製のドアラッチ。

ドアレバーは、ブロンズを油で磨き上げたようなアンティークな
美しいデザインのものになっています。

お客様からラッチが壊れたので部品の取り寄せが出来ないか
相談を頂いたのですが、新築時にオーダーした思い入れのある
ドアレバーなので、これを何とか使い続けたいと伺いました。

ボールドウィンは、ドアノブ・メーカーでも高級な部類の製品を
作っている処なんですが、国内には販売代理店もなく部品の
供給も海外からの取り寄せとなります。

このドアレバーだけでなく、家にある他のものも順次壊れてくる
恐れがありますから、その都度輸入していては経費だけでも
結構な金額になってしまいます。

ですから、今回調達するのであれば、少し多めに購入して
将来の交換に備えることをお勧めしました。

勿論、国内でも部品調達が比較的簡単な輸入メーカーのものに
取り換えることもご提案しましたが、この場合はお客様の
お気持ちを優先すべきと思います。

世の中には、手軽さや安さだけでは計れないものがありますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ドアノブやドアレバーは、バネの反動を利用して作動するので、
長く使っているとどうしても悪くなってきます。

それは、国産だけでなく輸入のドアノブでも同じこと。

写真のものは、シュラーゲ(Schlage)社の美しいドアレバーですが、
不具合の為かレバーが下がり気味になっています。

20年近く経ってくれば、恐らくこのように家のどこかのドアで
不具合が起きてくるように思います。

そんな時、予備を用意している人はいないでしょうから、輸入の
ドアノブをどうしたら早く手に入れることが出来るか不安に思うお客様も
いらっしゃるかも知れません。

でも、安心して下さい。同じメーカーのものは手に入らなくても
当社のように北米製のドアノブを国内在庫している処は存在します。

ドアノブの構造やデザインは、各社で違っているのですが、取付け穴の
大きさや位置という基本的な点はどのメーカーでも同じで作って
いますから、こだわりや好みが合えば違うメーカーの新しいドアノブに
交換することが可能です。

輸入住宅は、意外とメンテナンスや交換が簡単に出来ますが、そういう
ことを相談出来るビルダーの確保が大切なんですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

RC(コンクリート)造の建物の外装と基礎との接点を写した写真ですが、
外壁に伝った雨だれが基礎にも流れて雨染みが付いています。

そのくらいだったら特に問題はありませんが、基礎と接している部分に
割れが入っているのが分かります。

実は、この建物の室内側から基礎部分を覗いてみると、雨水が入ってきた
跡が見受けられました。

通常、サイディングなどの外壁の下端には水切りと呼ばれる鈑金材が
入れられて、基礎の上端をカバーする施工が行われます。

水切りには、通気水切りというものもあり、サイディングの内側に
通気層を設けて外壁に雨が入り込んでもそこから雨が下へ抜けるように
する機能が存在します。

20年以上経っている住宅ですから、そうした材料がなかったかも
知れませんが、単なる水切り材はあったはずです。

ほんのちょっとした気遣いや工夫ですが、水切りを入れるのと入れない
のとでは大きな違いが生じます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

家族構成や生活スタイルの変化によって、家の規模を大きくする
増築や改築が行われた住宅が、世の中にはたくさん存在します。

増改築に於いて注意すべきことは、元々の家の構造バランスを
保ちながら新しい部分を付加していくことです。

開口部を大きくしたり、柱材や壁を撤去したりすれば、それだけ
構造を支える力は減衰します。

そういった意味でも、建物の四方にバランスよく壁や柱を配置する
ことが重要となります。

次に増改築で大切なことは、如何に増築部分と既存の部分とのつなぎ目
をきれいに納めるかということです。

新旧で構造が違ったりすれば、建物の動き方が変わってきますし、
地震などでの揺れも違ってきますから、出来るだけ構造を近づけた
方がいいかも知れません。

そして、つなぎ目は常に防水・防雨の心配が付きまといます。

何らかの連続性が確保されれば、そのリスクも少なくなるのですが、
通常はそこから全く違った仕上げとなったり、施工が行われたり
するものです。

将来のメンテナンスをしやすくする為には、増改築によって手に
入れられるメリットとデメリットの双方を理解した上で、専門家と
率直に意見交換して計画を進めることが大切です。

自分自身の希望を伝えることは必要ですが、そこで無理強いをする
ことをすれば、そこで発生した問題を自分自身で受け止めなければ
なりません。

皆さんと専門家との心のつなぎ目をなくし、気持ちを一つにする
ことこそ素敵な家づくりと実現出来る秘訣だと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

これは、カルチャード・ブリックと呼ばれるコンクリートに着色
して作られたレンガ・タイルの外壁です。

その外壁コーナーの部分に、垂直に割れが入っているのが見て取れます。

上からの荷重が掛かった際に、それぞれの壁の縮み(圧縮)具合が
違った為に割れが入ったものと思われます。

割れがタイルの表面だけのことであれば、然程問題にはなりませんが、
モルタル目地を含めて全てに割れが生じているという状況からすると
防水下地や構造部分にも何らかのクラックが入っている可能性も
あります。

雨や湿気の影響がないところであればいいのでしょうが、外壁
ですから、雨水等の侵入を疑わない訳にはいきませんね。

それに外壁内に通気層を取っている施工であれば、中に水が侵入しても
それが通気層を通って下に落ちて排出されるのでいいのですが、
そうなっていない場合は水分や湿気が中に滞留することもあります。

こういう場合、割れを防水コーキングなどで埋めて、その上から
クリア(透明)の防水塗装を施す人が多いですが、そのやり方は
建物がある程度古くなって動かなくなった場合にはいいですが、
まだ動く可能性のある建物ではまた割れる危険が残ってしまいます。

本当にしっかりした施工業者なら、一旦カルチャード・ブリックを
取り除いて、下地を直してから再度仕上げ施工をするはずです。

それにしても、このレンガ目地は酷いですねぇ。

わざとラフに仕上げたのでしょうが、これでは雨の侵入を助長する
ようなものです。しっかりコテで押えて美しくしてこそ、目地の
モルタルが雨の侵入やタイルの脱落を防ぐ役割を果たすのです。

流行りや格好ばかりの施工がダメなことが、ご理解頂けますか。

そういう点でも、本物のレンガ積みの外壁はいいですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こちらは、半畳四方の縁(ヘリ)なし畳。

昔、琉球畳と称してヘリがない正方形の畳が流行しましたが、最近でも
シンプル・モダン系の和室にはこうした畳が用いられます。

ただ、琉球畳は単にヘリがないものを言うのではありません。

ヘリをなくす為に、畳表が折れる部分の編み込みを細かく丈夫にして
ヘリがなくてもイグサが悪くならないようにしてある畳を琉球畳と
呼ぶのです。

ですから、写真のように単にヘリでカバーをしていない畳は、
ヘリなし畳と呼ばれています。

でも、畳表の折れ目(コーナー)の部分は、一番消耗する場所に
他なりません。

ですから、写真のようにすぐに畳表が破れて下地が見えてきて
しまいます。

畳の縁(ヘリ)は、人間の足で擦れてしまうような弱い部分を補強
する為のカバーです。

そうすることで、自然素材の畳が劣化することを遅らせているのです。
それを考えないで、格好ばかりで作ってしまう人も昔は多かったです。

自然素材は、人間の生活環境をよくしてくれますが、日頃の手入れや
メンテナンスなくして長持ちはしません。

それは、木製サッシや無垢板のフローリングしかりです。

自然素材の特性をよく理解して、それに合った生活をするように
心掛けたいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

輸入住宅のキッチンで有名どころと言えば、デウィルス(DeWils)
かも知れません。

特に90年代の輸入住宅ブームの際にはよく施工されました。

そんな北米のキッチン・メーカーのサイトでは、今のアメリカの
トレンドをいくつか紹介しています。

その一つが、このネイビー・トーン。

そう、アイビー・スタイルの紺ブレを思い浮かべれば、
分かりやすいと思います。

深いブルーのキャビネット・ドアに金色のキャビネット・ノブ。

窓やドアには、ブラウン・カラーのウォルナットの飾り枠を
配して、キッチン・カウンターにはベージュの石板を用いる
というのが、今の流行なんだそうです。

ネイビーですから、白を基調としたマリン・カラーでキッチンを
コーディネートするのもOKなんですが、クラシックな色調に
ドラマティックなアイデアを加えるのが新しいんでしょうね。

モノトーンが、過去5年続いたトレンドだったと思いますが、
こうした若々しい色遣いが、今後5年のトレンドになるかも
知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

パラペイントの屋外用木部塗料、ティンバー・ケアは、ナチュラル・クリア
の他に白い色のタイプもあるのですが、今回アンダーセン(Andersen)の
建具(障子)を白で塗装してみました。

木製サッシの多くは、木目を活かす為に透明色やブラウン色のステインで
塗装するケースが多いのですが、アメリカでは半数程度のおうちで窓を
白く塗ってしまいます。

白は汚れても塗り重ねが容易ですし、部屋を明るくしてくれます。

また、何度も重ね塗りをしていくと、塗料が表面に何重にも層を作り
ますから、塗装強度のアップと時代が付いてくるのです。

そういった点で、白く塗られた木製サッシは、エレガントでありながら
クラシックなデザインを演出してくれるはずです。

今回交換するサッシは、たまたま白い木製サッシだったので、私共で
白く防水塗装をしましたが、木目のある既存の輸入サッシでも白く塗る
ことは可能です。(ただ、最初はちょっと勇気が要りますが・・・)

まずは、トイレや洗面の小さな部屋の窓やドアで試しに塗ってみては、
如何でしょうか。きっと、世界が変わりますよ。

特にカナダのパラペイントは、素人の方でも簡単に塗れるように
作られた塗料ですから、塗りやすさや仕上がりは抜群です。

新築やリフォームで、是非一度お試しあれ!

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

最近、全館空調システムについて、お客様からご質問を頂きました。

そのお客様は、結構勉強されていらっしゃるようで、細かなこと
までいろいろお聞きになられました。

以前、私が書かせて頂いた記事で、熱交換型の換気装置について
詳しくご説明したものがありますが、書いた時の当時の記憶が
蘇って参りました。

そういった意味では、こうして時々お問い合わせ頂けると、
私も勉強になる気がします。

熱交換の種類については、以前の記事をお読み頂くこととして、
空調システムというものは機器そのものの性能が一番大切なのではなく、
システム全体のバランスや施工方法、アフター・メンテナンスの方が
重要な気がします。

機器については、製造各社それぞれが十分に頑張って作っておられ
ますから、極端な性能差というものはないように思います。

ただ、その機器の性能を十分に引き出す為には、家の大きさに
合った機器の選定や空気の循環を考えたダクトの配置が重要と
なります。

また、そうした設計がいくら上手でも、変にダクトが折れ曲がって
いたり、接続部分の気密が保たれていなかったりすれば、余分な
電力を使うこととなります。

つまり、機器自体の性能よりも設計デザインや施工の精度(気遣い)
が重要視される訳ですから、如何にいい施工会社に依頼するかで
勝負は決まります。

そして、最も大切なのは、施工後のメンテナンス。

いくら施工が上手でも、人間が作るものには限界があります。
接続の際の気密テープの劣化や給排気口のホコリなどは、
生活していれば避けられない問題です。

定期点検などでそういったことに対処していける体制は、
お客様と私たちがガッチリ手を組んでいける関係がなければ
構築出来ないことなんです。

どこに建築を依頼するか、どこが信頼を置けるビルダーなのか、
それを確認する方法はHPでどれだけ情報公開しているかを
確認したり、直接会って話をする以外ないと思います。

結局、人が大事ということなんでしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<関連記事>: 熱交換型換気装置は、どっちがいいの?(2)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

アメリカにある積みレンガのメーカー、Mutual Brick。

ここのレンガは、20年近く前に名古屋市緑区白土にあるS邸で
外壁に使わせて頂きました。

当時は、お客様ご家族と一緒にシアトルへインテリアの買い付けにも
行きましたね。

このメーカーのレンガは、カナダのメーカーのものと品質的には
同じですから、外壁用としては非常に優れていると思います。

ただ、カナダ製より30%程度価格が高いところが気になりますが、
このデザインがお好きという方にとっては、どうしても使いたい
ということになるかも知れませんね。

こうしたレンガは、おおよそ10cm程度の奥行きがありますから、
サッシやドアに沿ってレンガを積むと、このようにレンガが
出っ張ってきます。

ここが、薄いスライス・ブリックと外壁デザインが異なる処ですが、
皆さんはどちらがお好きでしょうか。

高温で焼き上げられたレンガは、非常に硬く100年以上の耐久性も
備えています。更に、面倒な塗り替えも必要ありませんから、
永遠という言葉がピッタリくる素材だと思います。

新築だけでなく外壁のリフォームに、本物のレンガは如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<作品紹介>: 緑とレンガの店舗併用住宅 ~S邸~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。