住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:

 

今日は、名古屋市南区にお住まいのK様邸にお邪魔しました。

今お住まいの場所の近くに、二世帯の輸入住宅をご計画とのことで、
NETを通じてお問い合わせを頂きました。

今までいろいろなビルダーさんともお話し合いをされてきたという
ことですが、ここの会社にしようという最終決定がどうしても
出来なかったのか、最後に私共 ホームメイドを選択肢として
入れて頂いたようです。

外壁にレンガも積むし、それも四面全て二階まで全部積むなんて
バカなことをします。また、室内も全てドライウォールで仕上げる
なんて手間を掛けますから、当然費用も嵩みます。

予算も限られているというお話を伺っていますし、競合する他社も
たくさんいらっしゃるという状況ですから、うちは安く出来ますよ
とアピールしたいというのが人情です。

外壁のレンガも止めてサイディング張りに、ドライウォールも止めて
ビニールクロスにすれば、他社と同じ仕様で同じくらいの価格を
実現出来ますと言えば、商売としては正しいのでしょうが、
私が理想とするものとは違ってきます。

お客様がホームメイドでお願いしたいと考えた場合、本当にそれで
いいのでしょうか。

ホームメイドを選びたいという気持ちは、他のビルダーさんにない
ものがあるという処からしか生まれないような気がします。

勿論、素材や施工だけが独自の商品ではありません。私自身の
物事の考え方や価値観といったものも商品であるはずです。

私の思いから出てきたレンガ積み外壁やドライウォールであれば、
それを止めてしまえば私自身の商品価値も失われると思います。

であれば、価格以上の高い価値をちゃんと伝えて、堂々と予算を
提示していくことこそ、大切なのではないでしょうか。

「信なくして、建たず」、家づくりだけでなく、商売でも一番
必要なことかも知れません。

打合せの帰りに、建築予定の敷地チェックをしてきました。

まだうちでやるとなった訳ではありませんが、その準備を
少しでもすることが次へとつながる一歩となるはずです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

在大阪・神戸アメリカ総領事館からジャパンホームショーへの招待状が
届きました。

ジャパンホームショーは、国内最大規模の建築・建材の展示会で、
アメリカ総領事館が「U.S. Pavilion」という大きなブースを出して、
そこにアメリカのメーカーや国内でアメリカ建材を扱っている企業が
出展します。

毎年こうしたお誘いを頂くのですが、なかなか腰が重くて東京まで
行くだけの気力がありませんでした。

でも、今年はアメリカのサッシ・メーカーのアジア担当責任者が、
わざわざ海外からやってきてこのブースに参加するらしく、
その際私と会って将来計画について話をしたいらしいのです。

日本のマーケットの現状や輸入サッシの課題やメリット、将来的な
戦略や目標などについて、いろいろ進言させて頂くいい機会だと思い、
来週この展示会に出向くことを決めました。

勿論、行くからには日本やアメリカの新しい建材や設備など、幅広く
見てきたいと考えています。

私は、トレンドには波があると思っています。ですから、20年前に
起きた輸入住宅ブームがまたそのうちやってくるという気がします。

そういう時に備えて、輸入建材の地盤を固め、販売やアフター
サービス網を構築していってもらういいチャンスかも知れません。

もしかしたら、日本だけでなく、アジアへのマーケティングにも
つながっていく話ではないかと考えています。

そうしたことに私の微力が使えたら、それはそれで嬉しいことですよね。

因みに、このジャパンホームショーは、登録すれば一般の皆さんでも
入場可能ですから、興味のある方は行かれては如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こちらは、先日新しく交換したファーバークラッド木製サッシ、
マーヴィン(Marvin)社製インテグリティのケースメント窓。

写真は、下から建具(障子)を撮ったところ。

木製建具の下端にも、このように木部が露出しています。

特に注意したいのが、木の建具枠が組み合わさるコーナー部分。

ここには、木口(こぐち)と言って木の年輪が露出したところが
存在します。年輪がある部分は、樹木の水分が通る導管(道管)が
走っていますから、雨水が木の中へ侵入しやすい場所でもあります。

木製サッシの腐れが発生する場合、多くはこうした部分から
水分が入り込んでそれが抜けないで腐ってくるのです。

輸入住宅でアルミクラッド・サッシが施工されているところでは、
室内側の目に見える木部をニスで塗装しているケースが多く
見受けられます。(尚、ニスは室内用で屋外には向きません)

ただ、こうした木製建具の下端や上端、窓を閉めてしまうと
隠れてしまう部分で木が使われているような場所を塗装していない
という家は、実は結構存在しているようです。

塗装業者も目視出来る部分はきれいに塗らないとお金が頂けませんから
一生懸命やりますが、塗りにくくてやらなくても分からない場所は、
塗装しないで知らん顔してしまう人もいるようです。

そういう輸入住宅で、木製サッシの雨漏りや腐りの問題が大きく
なるのは必然です。

良心のある建築業者や塗装屋さんならばそんなことはないでしょうが、
皆さんのおうちも窓を開けて一度チェックしてみては如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

梅雨前に植えたゴーヤの苗がすくすくと育って、居間の掃き出し窓
全体をカバーするくらいになってきました。

ツルが這うように、縦2m 横3mくらいの目の粗い網が掛けて
あるのですが、ほぼその全面を覆うくらいになっています。

7月の半ばまでは然程実っていなかったのですが、この暑さと
突然の夕立で次々収穫出来るまでになりました。

日よけと野菜の収穫、一度に二度美味しいとはこのことです。

きっと、これからもどんどんなってくれることでしょう。

因みに、うちの家族は全員ゴーヤが大好きですから、毎日
収穫してもどんどん食べちゃいますよ~ぉ。

窓ガラスを断熱LOW-Eガラスにしたり、断熱材を厚くしたり、
気密性を上げたりするのもいいことですが、自然をうまく
利用して温暖化対策をするのも楽しいですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

熊本地震、新耐震基準でも80棟倒壊 益城の木造建物(2016年6月30日、朝日新聞社)

熊本地震で震度7を2回観測した熊本県益城町で、中心部に立つ
新耐震基準の木造建物のうち7.7%に当たる80棟が倒壊したとの
報道がありました。

また、同町内の別地区も含め倒壊した新耐震基準の99棟を調べたところ、
少なくとも90棟で柱の接合が現在の基準を満たさず、51棟で柱と柱の
間に斜めに入れて壁を補強する「筋交い」の固定が不十分だった。

国土交通省有識者委員会の調査書は「接合部仕様が不十分で、被害を大きく
した主な要因の一つと推測される」と指摘した。

これが意味する処は、強化されたはずの新耐震基準というものが、
複数回に及ぶ強い地震ではその強度認識が根底から覆されてしまった
ことと、設計上基準を満たしていると判断されても、適切な施工が
行われなければ耐震性は担保されないということです。

確かに耐震基準を更に上げれば、こうした地震にも耐えられるように
なるという設計判断もあるだろうが、それは新築時のことであって
経年劣化やシロアリ被害は加味されることはないし、その基準を
上回るような地震が発生しないとは誰も言えないのである。

当然、施工は最も難しい課題の一つだと思われる。

大手住宅メーカーであれば、施工は複数ある地場の協力店の工務店が
請け負うことになるから、どこに当たるかは運任せなのだ。

また、メーカーが現場監督を配置しているとは言え、現場に30分も
いない状況では殆ど管理は不可能と言っても過言ではない。

大手だから心配という訳ではないが、家づくりは信頼出来る人間に
任せることが大切だと感じる。

工場で画一的に生産されて、全く同じものが出来てくる工業製品
と家とは根本的に違うということを理解する必要がある。

地震という人智を超えた自然現象だからこそ、設計や施工に
気遣いが必要な時代、地域かも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

2016年6月15日、東京都の舛添知事が辞職を表明した。

自らの問題に対して、法律やルールに則ってやっているので何ら問題ではない
と自ら判断を下して、問題の収拾を図ろうとした訳だが、逆に都民・国民の
怒りに油を注いで最後は味方の自民党都連にも裏切られてしまった。

報道の通り、違法ではないが不適切な状況の中、違法なことをやっていない
のだから責任はないというのは、ある意味正しい。

しかしながら、国やそれに匹敵するような自治体のトップは、違法なことを
しなければ、それでOKという訳にはいかない。

例えば、育休問題で話題になった宮崎議員。彼は、同じ国会議員であった
産休中の奥さんに隠れて、若いタレントと不倫をしていた。

これは、特に法律に触れていることでないから、逮捕されることもなければ、
取り調べを受けることもなかったが、議員辞職にまで追い込まれた格好だ。

つまり、社会の未来を背負うであろうトップの人間は、一般市民のような感覚で
いてはいけないのであって、高い志と倫理観が要求されるのだと私は思う。

ただ、その倫理観というものは、人によって許容範囲が変わってくるというのも
事実ではないだろうか。

前の都知事の石原慎太郎氏がいくらお金を使おうが、ある意味黙認されていたし、
大臣や首相になった昔の大物議員たちも愛人を何人も抱えていたなんて話も
あったのに、誰も責めようとはしなかった。

それは、その人に与えられた役割以上の仕事をしていたからに他ならない。
それによって、多少羽目を外した行動があったとしても許された。それは、
人間性や魅力、能力がより大きかったからだろうと思うのです。

特段の仕事をしていなかった宇野首相が、芸者を囲っていたということで
すぐに辞職したというスキャンダルも、仕事と人間性の差し引きをした時に
首相の器ではないと世間に判断されたということだったのではないだろうか。

私は、ビルダーとして輸入住宅を皆さんの為に建てさせて頂いている訳ですが、
果たして通常の倫理観を越えられるだけの人間的な魅力や能力を持ち合わせ
ているのだろうか。

法律には引っ掛からないが、倫理には引っ掛かるものとして手抜き工事が
存在する。

建築確認申請には記載がなく、確認申請で許可が下りているという場合では、
規定のない細かな施工や材料までは誰も追究しないし、誰も分からない
なんてことがある。

そういう場合、舛添さんと同じ状況となる訳で、お客さんの利益になるより
自分の利益になるようにうまいことやれば儲かるなんて考えれば、
いくらでも手抜きをすることが出来る。

だから、建築屋のトップには、高い志と倫理観が大切なんだ。

国や自治体のトップのように、私生活にまで倫理観を持つ必要はないが、
与えられた仕事や目指すべき理想に於いては、一つもブレがあっては
いけないはずだ。

まあ、人間なので、会社の利益という甘い誘惑に負けそうなこともある
訳ですが、そこで何とか踏みとどまるかどうかを、神様に試されている
のだと感じます。

法律は最低限守るべきこと、倫理はより高い理想を実現する為に大切なこと。
これを分かっている建築屋は、どのくらいいるだろうか。

小さな子供に道徳を学ばせておいて、大人がこれを大切に出来ない社会は
変ですよね。建築に携わる私たちには、高い志(信念)と人間的な魅力を
備えることが求められます。勿論、聖人君子たれということじゃありません。

そんなこと言われたら、私なんか全然ダメですから・・・(笑)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ちょっと前になりますが、ゴールデンウィーク中に名駅に行きました。

義理の姉夫婦と一緒に名鉄屋上のビアガーデンで食事をする為に
行ったのですが、全くの遊びで名駅に行くのは何年ぶりでしょうか。

開店まで少々時間があったので、最近オープンした大名古屋ビルヂング
やミッドランド・スクエアといった高層ビルにも行きました。

でも、やっぱり田舎にいる私としては、場違いですねぇ。

きらびやかで美しいですが、特に欲しいものはないし、買い物を
楽しむというふうにはいきませんでした。

そして、ミッドランド・スクエアのエレベーターに乗ったのですが、
足元からガラス張りでどんどん高い処に上がっていきます。

高所恐怖症の私は、あんな高い処に急激に上がっていくのは、
ちょっと勘弁して下さいって感じでした。

あまり人間が造ったものを全面的に信用することが出来ない私は、
もし何か壊れたらと思うと乗っていられないですねぇ。

それに、今この瞬間大地震が起きたら、それも長周期地震動が
襲ってきたら、最新の高層ビルだって何らかの損傷を受けることは
間違いありません

勿論、低層の住宅が安全かと言えばそんなことはありませんが、
高層ビルのように自分では何ともならない他力本願という状態
にはならないはずです。

やっぱり、地面が手の届くところにあるというのは、安心
出来ますねぇ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年のサツキ


今日の名古屋は、雲一つない五月晴れ。

会社の近くの公園でもこんなに美しいサツキが咲いていました。

ゴールデンウィークが過ぎるといよいよ初夏へと季節も移り変わって
いく訳ですが、そんな時家のことで気になるのが、羽アリです。

この季節になると毎年記事に書かせて頂きますが、シロアリの巣から
羽アリが旅立っていくのが、このサツキの咲く季節なんですね。

サツキとシロアリとは何ら関係はないのですが、羽アリが羽化するのが
丁度この時期に重なるのです。

羽アリは新しい子孫を残す為に大量に巣から放たれるのですが、
家の近くに出たからといって一概に危険視する必要はありません。

その多くは、自然の土の中に巣があるものですから、家に巣がない限り
怖がらなくてもいいのです。

ただ、家のどこかから羽アリが大量に出てきたりしたら、シロアリが
住宅の構造の一部を食べている恐れがありますので、調査が必要です。

そういった意味では、羽アリは居場所を教えてくれるサインでも
ありますし、この時期は巣を除去する絶好の機会とも言えます。

シロアリが出たからと言って、すぐに家が倒れる程の被害がある訳では
ありませんから、恐れずしっかりと駆除するように心掛けましょう。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
一階部分が大きく崩れたマンション


住宅業者やユーザー向けに発行されている「日経ホームビルダー」に、
「リノベブーム再考」という表題の連載記事が掲載されている。

中古の戸建やマンションを安く購入して、自分の好みに合わせて
インテリアをリノベーションするのが、トレンドになりつつある
ようだが、今回の熊本・大分の大地震をニュースで見て、いろいろ
考えることが多くなった。

マンションや木造住宅などの建物は、1981年に新耐震基準に基づいた
施工が義務化され、更に木造住宅の耐震基準は2000年に大幅に改正
されたという経緯がある。

だが、熊本の地震では、築10年程度の木造住宅でも度重なる大きな
地震で建物強度が徐々に落ちて、2度目の本震で倒壊してしまった
という状況だった。

つまり、2000年以降に建てられた最も基準の厳しい木造住宅でも
何度も強い揺れに襲われれば、住宅としての機能が失われてしまう
状況だった訳なのだ。

いわんや、中古の安い木造住宅の多くは、2000年よりも前に
建てられたものであり、見た目をよくするインテリアのリフォーム
はやるが、地味で費用の掛かる構造強度を上げる耐震改修は、
予算の関係でやれないという人が多いのではないだろうか。

当然、住宅業者側も見た目をよくするリノベーションの方が
売りやすいから、耐震改修の話は二の次にしてしまう。

これじゃあ、知識レベルが、プロのリフォーム業者も一般の
消費者と何ら変わらないじゃないか。

また、マンションのようなRCや鉄骨の建物は、1981年の
耐震基準を今でも採用しているのだから、35年も耐震性が
放置されたままなのだ。

そういった建物は、他の家族が同じ建物に住んでいるので、
構造をやり直すには多額の費用や他の家族の同意が必要となる。

東海地方でも今後30年以内に震度6弱以上の地震が来るのが、
26~100%という地域が殆どという発表が平成21年にされて
いるが、平成28年の現在なら、あと23年のうちに大きな地震が
襲ってくるということなのだ。

そんなので、インテリアにだけお金を掛けて中古物件に住む
意味など本当にあるのだろうか。まずは、家族の安全が一番では
ないか。

そして、断熱材やサッシなどが関係する省エネ基準ですが、
1992年に新省エネ基準が制定され、1999年に次世代省エネ基準を
それぞれ設け、徐々に強化してきた経緯がある。

次世代省エネ基準と新省エネ基準とを比べた場合、年間で2万円
以上の光熱費に違いが生ずるらしい。それ以前の旧省エネ基準と
比べた場合は、4万円もの違いとなる。

省エネ性能は、光熱費だけでなく住み心地にも大いに関係してくる
要因だから、古くて安い中古物件にそれだけの魅力があるかには
疑問の余地を感じてしまう。

古いデザインが好きというなら未だしも、安いというだけで
住宅を購入するのは、それだけのリスクがあることを意識して
欲しい。

もしそういう住宅を購入するなら、耐震リフォームや省エネ改修を
まずやってから、インテリアにこだわりを持ってもらいたい。

地震が来てから改修しても何ら意味はないし、費用も新築以上と
なるはずです。安物買いの銭失いなんてことにならないように・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
東海地方の活断層マップ


熊本や大分で大きな被害を出している活断層地震。

私たちが住む東海地方では、どこに活断層が走っているか
皆さんご存知でしょうか。

せっかくですから、最新の状況を調べてみました。

ホームメイドがある愛知県日進市では、すぐ脇に大府市から
豊明市、東郷町、豊田市猿投へと続く一直線の活断層が走っています。

また、岐阜市の方から一直線に名古屋市中心部へと走る活断層も
見受けられますから、この2つの活断層がV字又はY字の形で
愛知県の活断層を大きく構成している感じです。

そして、鈴鹿山系や養老山系のふもとの周囲や桑名市から津市
へと連なる沿岸地域にも多く見受けられる状況です。

これは、現在確認されている活断層だけのマップですから、
未知の活断層が隠されていることも忘れてはいけません。

もし活断層の近くにお住まいの方がいらしたら、地震の際に
どう逃げるか、その前に何を準備するかを考えておいた方が
よさそうです。

いくら建物の耐震性を高くしても、何度も強い地震に襲われれば
どんな建物の強度も落ちてきますし、地盤が割れるようなことが
あれば、強い基礎でも壊れる可能性が生じます。

特に木曽川等の砂利が堆積して出来た濃尾平野は、地盤の流動化が
起りやすい場所ですから、免震システムが機能しなくなるリスクも
考えに入れておかなければなりません。

勿論、家が壊れないことが一番ですが、人間が造るものに
絶対安全などという神話はありません。

結局、私たちが地震に勝つなどという大それたことは出来ませんから、
いかに難をうまくかわすかが大切だと思います。

だからこれは、災害に備える為のハザードマップでもあります。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。