住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。


テーマ:

 

こちらの部品は、玄関ドア下に取り付けるボトム・ウェザーストリップ
と呼ばれるプラスチック製のパーツです。

ドアの敷居とドアとの間に空いた隙間を埋めるのと同時に、これらの
ヒダ状になったスイーパーで雨水の侵入を防ぎます。

ただ、このヒダ状のものの長さが結構長い為、ある程度の隙間の大きさが
ないと、ドアの開閉が重くなったり、ドア自体が閉まらなくなったりする
ことも多いのです。

特に長く使っている輸入住宅の玄関ドアの場合、ドアが少しずつ下がって
きていて、ドアが敷居に当たってきているなんてこともありますから、
そこにボトム・ウェザーストリップを付け替えると、ドア自体が機能
しなくなることもしばしばです。

ボトム・ウェザーストリップを交換する場合は、玄関ドアの状況を見ながら
ドアの建て起こしやヒンジの交換・調整などをしながら、その可否を
検討すべきだと思います。

勿論、あったに越したことはありませんが、万一なくてもドア枠側や
敷居にウェザーストリップが付いていますから、気密や防水・防雨には
問題ありません。(敷居のウェザーストリップが劣化していれば、
その交換は必要です)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

輸入の木製サッシは、雨漏れが原因で木部の腐れを生じてしまう
ことがよくあります。

基本としては、雨が降った翌日には窓を開けて十分に乾燥させる
ことで問題にならないように出来るのですが、一概に全てそれで
解決するという訳でもありません。

輸入の木製サッシに限らず、ペアガラスが使われている窓は、
窓枠の隙間から雨が侵入すると稀にペアガラスの中の空気層に
水分や湿気が入り込むことがあるのです。

そうなると、ガラス内に結露を起し最悪ガラスが脱落する恐れが
生じますから、樹脂サッシやアルミサッシでも注意が必要です。

また、写真のようなアルミクラッドの輸入サッシの場合は、
外装のアルミのつなぎ目などから雨が侵入することもあります。

そういった状況から、私たちは窓の外装に防水処理をすることを
お勧めしています。(交換用の建具を取り付ける前には、私たちは
必ずこうした防水処理を念入りに行います)

勿論、輸入サッシ・メーカーでコーキング処理をしてありますから
そこまでやる必要はないという意見もあるでしょう。

窓の施工を行う住宅メーカーや工務店さんでも、サッシの取付けや
サッシの周囲の防水処理は行いますが、サッシ自体の防水施工を
行う人は殆どいません。

ですから、お客様ご自身でもDIYで防水コーキング等を打たれる
ことをされては如何でしょうか。そういうことをやってあった
にしても、10年もすればコーキングも劣化しますからね。

コーキングもいろいろ種類がありますし、色も数種類存在します。

適材適所を心掛けて、悪くなる前に是非トライしてみて下さい。

マスキングなど面倒な準備作業もありますが、慣れれば誰でも
簡単に施工出来るのがコーキングです。

ただ、やり過ぎて万一の水抜きの場所まで塞がないように!

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今日は、山形県米沢市のお客様からのご注文で、ラッチの先が
丸い形をしたドライブイン・ラッチを出荷しました。

フェースプレートのないクラシックなデザインのラッチですが、
古い輸入住宅のドアノブではまだまだ多く使われている部品です。

ただ、国内で供給している会社が殆どなく、私共のような小さな
会社にNETを通じてお問い合わせ頂くようです。

さて、そんなドア・ラッチですが、フェースプレート付きでも
頭の丸いドライブイン・ラッチでも、北米のラッチの多くは
ラッチ全体の長さを変えることが出来るように作られています。

ドアの一番端からドアノブ(ドアレバー)の中心までの距離を
60mmか70mmのどちらかに変えられるのですが、それを
称して調整ラッチと呼ばれています。

その切り換え方法は、ドアノブ・メーカーによって異なるのですが、
クイックセット(Kwikset、Titan)社の場合小さなレバーを
前後に動かすことで可能となります。

どうしてこうした調整ラッチが出来たかは不明ですが、幅の大きな
ドアと狭いドアとでノブの位置が同じだとデザイン・バランスが
悪いと考えたのかも知れませんね。

何れにしても、北米のドアの場合は、ドアノブの穴の位置は
この2種類しかありませんから、もし壊れて交換が必要になっても
すぐに新しいものが手に入るという点で合理的と言えますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

日本で最もメジャーな輸入サッシの一つ、アンダーセン社の木製窓。

屋外も防水塗装を施していますが、200シリーズ「ナローライン 
ダブルハング」は木製です。

アルミが被覆されたアルミクラッド・サッシに比べて、耐久性が劣り
そうな気もしますが、実際には然程違いは少なそうです。

(これは、何もケアしなくてもどちらも大丈夫ということではありません。
どちらもメンテナンスさえすれば長く使って頂けるという意味ですよ)

そんなAndersenのダブルハングですが、サッシの開閉を楽にする
バランサー(カウンター・バランス)と呼ばれる部品は糸で建具(障子)を
吊っている為、糸切れに備えて10年くらいで定期交換が必要となります。

そのバランサーの実物がこちらです。

窓の左右に1つずつ装着しますから、これで窓2ヶ所分となります。

また、窓の大きさ・重さでバランサーは異なってきますから、それぞれの
窓に合った強度のバランサーが必要です。

でも、このバランサーの交換には、結構時間も掛かるし、技術も必要なん
ですよ。

まずは、上下2本の建具を外さないといけないのですが、それをする為には
窓のサイドに付いているプラスチックのジャム・ライナーを外すことを
しなければいけません。

それを外すのが非常に厄介で、力もいるしプラスチックを割らないように
という心遣いも必要です。(ライナーはまた後で付け直しますからね)

そして、2つの建具を外した後に、窓の上枠も取らなければいけません。

そうしてやっと、バランサーが目の前に出てくるのですが、これだけでは
終わりません。

強いバネで引っ張られた糸を建具に付ける作業が、これまた大変。

まあ、どんなに詳しく書いた処で、やってみなければ全然伝わらないと
思いますが、やるにはそれ相当の準備と覚悟が必要です。

もし機会があれば、皆さんも一度挑戦してみて下さいね。
勿論、出来ないようなら、私たちが交換に伺いますよ(笑)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

アメリカにある積みレンガのメーカー、Mutual Brick。

ここのレンガは、20年近く前に名古屋市緑区白土にあるS邸で
外壁に使わせて頂きました。

当時は、お客様ご家族と一緒にシアトルへインテリアの買い付けにも
行きましたね。

このメーカーのレンガは、カナダのメーカーのものと品質的には
同じですから、外壁用としては非常に優れていると思います。

ただ、カナダ製より30%程度価格が高いところが気になりますが、
このデザインがお好きという方にとっては、どうしても使いたい
ということになるかも知れませんね。

こうしたレンガは、おおよそ10cm程度の奥行きがありますから、
サッシやドアに沿ってレンガを積むと、このようにレンガが
出っ張ってきます。

ここが、薄いスライス・ブリックと外壁デザインが異なる処ですが、
皆さんはどちらがお好きでしょうか。

高温で焼き上げられたレンガは、非常に硬く100年以上の耐久性も
備えています。更に、面倒な塗り替えも必要ありませんから、
永遠という言葉がピッタリくる素材だと思います。

新築だけでなく外壁のリフォームに、本物のレンガは如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<作品紹介>: 緑とレンガの店舗併用住宅 ~S邸~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ここの処、急に寒くなってきて暖房が恋しくなってきましたね。

日本では、ファンヒーターかエアコンをお使いの方が多いですが、
北米では全館暖房のセントラル・ヒーティングや薪式の暖炉を
使うご家庭が一般的。

でも、暖炉って聞くと、ログハウスとか古いクラシックな
インテリアを思い浮かべるのでしょうが、アメリカやカナダでも
モダン・リビングがトレンドなんです。

そうした中、ウッドストーブ・メーカーのPacific Energy社では、
NEO 1.6 Insertという埋め込み式の暖炉を使ったインテリアを
紹介しています。

如何でしょうか。クラシックなインテリアではなく、明るく
モダンなイメージのリビングでもよく合っているでしょ。

これからは、日本でも暖房器具自体が部屋のオブジェになる時代が
来ます。そうした時に化石燃料を使わず、自然に近い暖かさを
感じる暖炉や薪ストーブは、どんどん流行っていくかも
知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

人工大理石カウンターではメジャーなStaron社。

この会社が、イタリアのデザイナーとコラボしてデザインした
キッチン・カウンターが、こちら。

色遣いといい、曲線を多用したデザインといい、70年代のサイケな
雰囲気を感じさせるミニ・キッチンですよね。

子供心ながら、大阪万博にもこんな感じの展示物が多かったように
思います。

日本のキッチンや洗面は、まだまだ保守的なデザインのカウンターが
多いように思いますが、トレンドは徐々に日本にも入ってきますから、
そのうちこんな宇宙的なキッチンが売り出されるかも知れませんね。

このキッチンは、キャビネット状になっていますから、開きの扉を
閉めてしまえば、部屋の片隅にある家具という位置づけになりますから、
リビングや個室の一角に設置していても違和感がないと思います。

ワンルーム・マンションやアパートなんかにあると、お洒落で
人気も出そうですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

外装リフォームが完了した大府市 T邸。

窓周りのモールを追加したり、美しいパラペイントで外壁を塗替えたり、
今までとは全く違うと言ってもいいデザインに生まれ変わりました。

あと残すは、玄関ドアの調整を兼ねた金物メンテナンスとマーヴィン
(Marvin)のサッシの交換工事だけ。

さて、この写真は昨日アメリカから弊社に到着した交換用の建具です。

上げ下げ窓のダブルハングの上側の建具なんですが、何年か前にペアガラス
が割れてしまったらしいのです。

割れた理由は分かりませんが、このままでは建具の木部も腐ってきますし、
窓の断熱性も問題です。

それ以上に、ちゃんと家を手入れしていないと思われることによって、
泥棒や空き巣からも狙われる恐れが生じるのです。

ですから、このリフォームの機会に窓もきれいにすることになりました。

これから窓の木部にパラペイントのティンバーケアを使って防水塗装を
施した上に、外部のガラスやアルミの周囲にも防水コーキングを施工する
予定です。

現場で窓を施工した後にこうしたことをすることも出来ますが、取付け前なら
隠れて見えなくなる部分まで防水処理をすることが可能です。

弊社の倉庫でせっせと作業をする予定ですが、こうした気遣いが家づくりには
大切なんですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

今日千葉県の建築業者さんから、ドライウォール用のジョイント・
テープと専用の石膏パテが欲しいんだけど、在庫があるかとの
問い合わせを頂きました。

聞けばそれ程の面積を施工する訳ではないということでしたので、
それくらいなら在庫はありますとお伝えしました。

そして、いきなり写真のような形で、パテとテープを出荷する
こととなりました。

テープは1巻500フィートですから、153m程の長さがあります。

石膏パテ(オールパーパス・ジョイント・コンパウンド)は、
1箱約20㎏の重さがあります。

輸入住宅の建築資材って、国産材に比べて重厚長大なんですよね。

ですから、国産材に慣れた職人さんにとっては、やりにくい
材料ばかりです。

でも、面倒で時間の掛かる材料だからこそ、しっかりした施工や
美しい仕上がりになるのですから、お客様視点で物事を考えれば
こうした材料を使うべきだと思います。

ドライウォールの材料調達や施工を依頼したいという方は、
いつでも歓迎しますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

以前輸入住宅のメンテナンスでご依頼を頂いた静岡のお客様から、
玄関ドアのリノベーションでクイックセット(Kwikset)社の
KEVOを購入したいという相談を頂きました。

KEVOは、従来のデッドロックに比べて、セキュリティ対策が
更にアップした商品ですし、iPhoneなどのスマホやタブレットを
持っている方なら、KEVOにタッチするだけで鍵の開閉が出来る
スグレモノです。

早速見積をお出しして、お客様からは玄関ドアの現況写真を
お送り頂きました。

ただ、デッドロックの取付け穴の位置が、現況の場所(ドアの端
からデッドロックの中心までが70mm)だと、KEVOの外径が
従来よりも少し大きい為、ステンドグラスの周囲にある飾り枠に
少し当たりそうな感じでした。

そこをご案内すると、お客様からは飾り枠を少し削るか、ドアの
端からデッドロックの中心までを60mmにして穴を明け直すから
大丈夫というお返事がありました。

実は、クイックセットのラッチは、調整ラッチと言って穴の位置が
60mmでも70mmでも切り換え出来るというタイプのものなんです。

私からお客様に事前にそれをお伝えしていた訳ではないのですが、
よくそんなことを知っていらしたと驚きました。

昨日、お客様から無事取付けが完了して、気持ちよくお使い頂いて
いるとメールを頂き、安心しております。

そうそう追加でFOBキー(スマホを持たないご家族向けの開閉
タグ部品)のご注文も頂きました。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

<関連記事>: 鍵を差さないスマート・玄関ロック 「Kevo」 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。