住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。

タイトル


          ホームメイド 作品集 ダイジェスト

        (どんな家づくりをしているか、上の文字をクリックしてご覧下さい)


大幅な円高・デフレ・超低金利! 輸入住宅での家づくりはチャンス  

ご契約頂いたお客様をレンガ積み建築の本場、トロントに無料でお連れします!


                ~建築相談はここから~

NEW !
テーマ:

 

こちらは、以前ご相談頂いた輸入住宅の玄関ホールの天井です。

このおうちは2階建てですから、玄関の床から天井までは6m以上の
高さになります。

屋根勾配も結構急ですから、一番高い所では8mを越えてくるでしょう。

そんな空間ですから、ここは来客をお迎えするには絶好の見栄えのする
玄関となっていたはずですが、ご覧の通りビニールクロスに染みの
ような汚れが浮いてきています。

また、コーナーなどのつなぎ目などは、一部クロスが剥がれたり
よじれてきたりして、クロスの張り替えや塗装での塗り替えを
しなければならない状況となっています。

ただ、ここで単純にそういうリフォームを行っても同じような問題が
近い将来発生するリスクがあることを忘れてはいけません。

そう、これには何らかの原因がありますから、その原因を究明し
問題となっている材料や施工を適正にやり直す必要があるのです。

まず考えられるのは、屋根の施工不良による雨漏り(漏水)です。

このおうちは、屋根のメンテナンスを新築時以来殆どやってこなかった
ということで、カラーベスト・アーバニーの塗装は既に機能していない
状況ですし、屋根材自体も割れたり剥がれたりしています。

次に考えられるのは、室内の湿気による内部結露です。

通常は屋根裏空間が暖かくなった湿気を一時保管する緩衝スペースと
なるのですが、このように屋根天井にしてしまうと湿気が室内に
滞留することとなります。

屋根天井にもビニールクロスが張られていますから、湿気は外に
出ることも出来ず、屋根から伝わった冬の冷気によってクロスの
上で水分に変化して結露を起すこととなります。

こういう状況になることに備えて、天井や壁をドライウォールにしたり
木の板を張ったりして、その湿気をある程度吸収出来るように工夫する
ことが必要となります。

また、屋根垂木が走っている部分に湿気を通せる通気層を設けたり、
棟や軒に換気口を備えるなどして湿気を放出する仕掛けをすることも
大切です。

そこまでの工夫が出来る知識と経験を持ったビルダーがどれだけ
存在するかは分かりませんが、家づくりは自然の理に適ったもので
なくてはいけません。

<関連記事>: 屋根裏及び屋根裏部屋の結露対策(1) (2007年9月1日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

木目が美しいダグラスファー(米松)のフレームを持ったカナダ
ローウェン(Loewen)社のアルミクラッド・サッシ。

そのケースメント・サッシ(横方向に開いていく窓)に付けられた
サッシュ・ロックがこちらです。

鋳物で作られていて見た目も頑丈そのものなんですが、実は
これが結構壊れるようです。

勿論、この金属部分が壊れるのではなく、建具側に取り付けられた
ロックの受け金物(ロック・キーパー)に引っ掛けて固定する部分が
破損するのです。

そのパーツは、サッシュ・ロックの中に内蔵されていますから、
覗き込まないと見えないのですが、大部分がプラスチックで出来ています。

樹脂ですから紫外線などに当たらなければ劣化はしないのですが、
それでも外気に近い場所で長年使われていれば、そのうち悪くなるのは
致し方ありません。

ただ、このサッシュ・ロックは、他の窓メーカーでも使われている
汎用品ですから、北米からいつでも手に入れることは可能です。

防犯対策・安全対策においてサッシュ・ロックは大切な役目を
果たします。ですから、掛かりがおかしくなったら早めの交換を。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

九州の建築会社さんから、アルミクラッドの輸入木製サッシの
不具合で窓が開けられないので修理が出来ないかという相談を
頂きました。

写真を見る限り、建具(障子)のフレームが腐っているようですが、
その影響で開閉する為の金物が脱落しているのかも知れません。

そのサッシは、ボウ・ウィンドウと呼ばれる弓形に張り出した
5連窓の豪華なサッシですが、資料もなくてメーカーも特定する
のが難しいというものでした。

外側にアルミが被覆された木製サッシは、通常木部が腐ってきても
木部だけを新しい木に交換するということはありません。

それは、木部だけに不具合の原因があるとは限らないからです。

つまり、木部だけを交換しても他に原因があれば、すぐにまた
木が腐ってくる恐れがあるのです。

輸入サッシ・メーカーでも不具合の原因を調査し、それを日々
改善していますから、不具合のある建具(障子)を外して
新しい建具に交換することが一番いい修理方法だと言えるのです。

ただ、メーカーが分からないような状況であれば、最悪木部のみの
修理・交換をしなければなりません。

だからこそ新築時の図面や仕様書、記録が大切なんですね。

因みに、今回再度記録を探して頂いたら、マーヴィン(Marvin)
のものであるかも知れないという情報を本日頂きました。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

以前建具の木部の腐れがあったと記事に書かせて頂いた
20年前のハード(Hurd)社製ダブルハング・サッシ。

その窓を外から見た写真がこちらですが、どちらも何事もなく
きれいな状態に見えますよね。

でも、実際は上窓と下窓とが重なり合う場所などで腐食が進んで、
ロックも出来ないような状況に陥ってしまいます。

こういったケースでは、ハードの窓は建具を新しくするしか方法が
ありませんが、現在製造されている建具と若干形状が異なってきます。

そういう場合、普通のサッシ・メーカーであれば、窓の周囲の外壁や
内壁を一部撤去して窓枠を含めた窓全体を交換することとなりますが、
ハードのダブルハングは窓枠をそのままにして、枠に付属している
ジャム・ライナーを新しい建具に対応するタイプに交換します。

そう、ジャム・ライナーの厚みを調整して、防水性もよくなった
新しい建具に交換出来るのですから、交換費用もある程度に
抑えることが出来るし、工事も大掛かりにならずに済みます。

勿論、外からの見た目も以前のままになりますから、交換した
ということは外の誰にも分かりません。

でも、このアップグレード・キットがアメリカから入荷するまでは
3~4ヶ月程度掛かりますから、同じような問題を抱えている
皆さんは、セキュリティ対策を考えて早めに交換の手配をして
欲しいものですね。

<関連記事>: 下枠が腐ったダブルハングの建具

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

アメリカでもメジャーなデルタ(Delta)社の洗面水栓。
日本でも多くの輸入住宅に採用されました。

この写真の水栓金具は、10年近く前に施工されたもののようですが、
吐水口からポタポタ水が落ちる状況だそうです。

恐らく、レバー下に内蔵された止水バルブに不具合があるのだろうと
アドバイスを差し上げて、新築時の資料などを確認して頂きました。

幸運にも商品と一緒に箱に入っていた部品図が残されていて、
それをメールでお送り頂きました。

現在でも止水バルブは製造されているようで、何とかアメリカから
調達出来そうです。

このように少しの手掛かりがあれば、交換部品を探すことが可能
ですので、どうぞ新築時の資料を大切に保管しておいて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こちらは、ボールドウィン(Baldwin)社製のドアラッチ。

ドアレバーは、ブロンズを油で磨き上げたようなアンティークな
美しいデザインのものになっています。

お客様からラッチが壊れたので部品の取り寄せが出来ないか
相談を頂いたのですが、新築時にオーダーした思い入れのある
ドアレバーなので、これを何とか使い続けたいと伺いました。

ボールドウィンは、ドアノブ・メーカーでも高級な部類の製品を
作っている処なんですが、国内には販売代理店もなく部品の
供給も海外からの取り寄せとなります。

このドアレバーだけでなく、家にある他のものも順次壊れてくる
恐れがありますから、その都度輸入していては経費だけでも
結構な金額になってしまいます。

ですから、今回調達するのであれば、少し多めに購入して
将来の交換に備えることをお勧めしました。

勿論、国内でも部品調達が比較的簡単な輸入メーカーのものに
取り換えることもご提案しましたが、この場合はお客様の
お気持ちを優先すべきと思います。

世の中には、手軽さや安さだけでは計れないものがありますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

大阪府のお客様から、屋根に天然スレートを使いたいという
ご相談を頂きました。

一度葺いたら100年以上の耐久性がある本物ですが、それなりの
お値段になりますから、お客様にもそれなりの覚悟と資力が必要です。

写真は、お客様から頂いた屋根のイメージですが、ストレートな
一文字葺きの天然スレートになっていて、軒先の一列だけを銅板を
用いた鈑金屋根になっています。

腰葺きと呼ばれる手の込んだ施工ですが、平屋の贅沢なおうちには
よく合いますよね。

銅板ですから緑青が吹いてすぐに青く変色すると思われがちですが、
最初は黒く変色して50年以上掛かって徐々に青くなってくるので、
それまで私たちが生きていられれば見ることが出来るという代物です。

天然スレートの屋根も鉄分が染み出してきているようで、少し赤く
変色してきている処はなかなか風情がありますねぇ。

今回、建築自体は大手住宅メーカーさんが施工して、屋根だけを
お客様が直接発注されるという形のようですが、さてさてご契約は
どうなることでしょうか。

在庫や職人の状況を確認した上で見積をしますので、少々時間が
掛かってしまいますが、どうぞお待ち下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

昨日たくさん雪が降るという予報だったけど、昨日の夜遅くから
今日の未明に掛けての方がよく降りました。

お陰で夜中に車が通ることもなく、自宅の周辺はひっそりした静かな
住宅街となりました。

夜が明けて、窓越しに外を見ると轍以外は真っ白の銀世界。

車も殆ど通らない日曜日は、本当に落ち着いた感じでいいですねぇ。

でも、朝の9時過ぎにガス・ファンヒーターが突然暖房を止めてしまいました。
キッチンのコンロも火が着きません。

何らかの原因で、ガスのメーターに付いている安全装置が働いてガスが
シャットダウンしてしまったようです。

ほぼ同じ位置にお隣のガスメーターも付いているのですが、そちらは
特に問題がない様子。

まあ、安全装置を解除して復旧すればそれで終わりの話なんですが、
地震もないのにどうしてそうなったのか分かりません。

寒い冬にガスが止まると給湯器のトラブルが思い浮かびますが、
こういう時はガスの元の状況を確認すると共に、給湯器の電源を一度
抜いてリセットさせると復旧することが多いですから、慌てず冷静に
対処するようにして下さいね。

ただ、10年以上使っている給湯器は、寿命が来ている場合がありますから、
最近変だなと感じたら早めに修理・交換をお考え下さい。

でないと、この寒い冬にお風呂もお湯も使えないなんてことになりますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ドアノブやドアレバーは、バネの反動を利用して作動するので、
長く使っているとどうしても悪くなってきます。

それは、国産だけでなく輸入のドアノブでも同じこと。

写真のものは、シュラーゲ(Schlage)社の美しいドアレバーですが、
不具合の為かレバーが下がり気味になっています。

20年近く経ってくれば、恐らくこのように家のどこかのドアで
不具合が起きてくるように思います。

そんな時、予備を用意している人はいないでしょうから、輸入の
ドアノブをどうしたら早く手に入れることが出来るか不安に思うお客様も
いらっしゃるかも知れません。

でも、安心して下さい。同じメーカーのものは手に入らなくても
当社のように北米製のドアノブを国内在庫している処は存在します。

ドアノブの構造やデザインは、各社で違っているのですが、取付け穴の
大きさや位置という基本的な点はどのメーカーでも同じで作って
いますから、こだわりや好みが合えば違うメーカーの新しいドアノブに
交換することが可能です。

輸入住宅は、意外とメンテナンスや交換が簡単に出来ますが、そういう
ことを相談出来るビルダーの確保が大切なんですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

防火認定を受けている輸入木製サッシと言えば、ペラ社が有名ですが、
古くに施工された窓の中には雨漏れを起すものも存在します。

勿論、全部が全部そうなるというものではありませんし、現在輸入
されているサッシは改善がなされていると思います。

とは言え、14年近く前に施工されたこのペラのボウウィンドウでは、
はめ殺し(FIX)の建具(障子)の木枠が腐ってしまい、補修が必要
となっています。

恐らく、外装に張られたアルミ板のコーナー部分やガラスとの取り合い
付近の防水が切れて、建具の中に雨水が侵入したのでしょうね。

早めに発見して適切に対処すれば、大ごとにならずに済むのですが、
建具の奥側から徐々に腐食が進行するようなケースでは、なかなか
早く発見するのは難しいかも知れません。

今回のケースは、白い塗装がされていましたので、木の状態が
分かりにくく更に不具合の発見が遅れてしまったということと、
新築を担当した住宅メーカーが既に輸入住宅の扱いを止めてしまって
いたということも問題に拍車を掛けたかも知れません。

今の状況であれば、ボウウィンドウそのもののフレームにまで、
木部の腐食が進んでいないかも知れませんが、建具を外して
中を開けてみないとしっかりしたことは言えません。

病気と同じで、早めの発見、早めの対応こそが家の寿命を長く保つ
秘訣ですので、どうぞご注意下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。