住まいと環境~手づくり輸入住宅のホームメイド

名古屋で自然志向の本物の輸入住宅を造りたいと思って、カナダから外壁用レンガ、ドライウォール用資材、バスタブ、キッチン・洗面キャビネット、水栓金具、自然素材等を輸入しているビルダーです。環境・アレルギー・アトピーの症状に配慮した家づくりを目指しています。

タイトル


          ホームメイド 作品集 ダイジェスト

        (どんな家づくりをしているか、上の文字をクリックしてご覧下さい)


大幅な円高・デフレ・超低金利! 輸入住宅での家づくりはチャンス  

ご契約頂いたお客様をレンガ積み建築の本場、トロントに無料でお連れします!


                ~建築相談はここから~

NEW !
テーマ:

 

先日、輸入サッシからの雨漏りで構造用合板等が腐っていた様子を 
ご覧に入れましたが、腐った部分を新しいものに入れ替えて、 
そこをどのように防水施工したのかをお見せします。 

ここは、非常にノウハウが詰まった部分ですから、普通のビルダー 
さんなら秘密にしたいところだと思いますが、広く対処方法を 
お知らせする為に、敢えて公開しています。 

一番先に特殊で高機能な防水シート、ウェザーメイト・プラスを 
窓及び外壁面に張ります。 

窓に張るというのは、窓の周囲にも室内側へ巻き込んで張るという 
意味で、壁と窓とが接する内側部分にまでシートを張っていますから、 
万一窓から漏水しても構造体に雨が掛からず、防水シートの外側へと 
流れていきます。 

こうすることで、サッシの万一の漏水でも構造体にダメージを 
与えないように出来るのです。 

また、このウェザーメイト・プラスは、構造体側からの湿気は 
外側に放出しますが、外壁側からの湿気(空気)や雨(水分)は 
通さないという不思議な機能を持っています。 

だから、構造体に水分が入り込んで、それが湿気となった時には 
外へと放出されます。また、外からの湿気は入り込めませんから、 
防水シート内で湿気が水分に変化して内部結露を起こす危険性も 
ありません。 

また、窓下にはブチル・テープといった防水テープを張って 
いませんから、窓下が雨水で膿んでしまう(滞留してしまう) 
ことも防げます。 

今回外壁はモルタルを20mm厚で塗り固めた塗り壁でした。 

それも通気層を取らずに構造用合板に直貼りする形でしたから、 
窓を交換する為に切り取った窓周囲のモルタルと新しく防水 
処理をした部分との境い目が一番のウィーク・ポイントと 
なります。 

そこで、境い目ギリギリまで防水シートやブチル・テープを 
張り込んで、そこに防水コーキングをしっかりと打ちました。 

(本当は、塗り壁を全部剥がして、通気層を施工した上で 
サイディング+塗り壁を施工したいところですが、費用対効果 
を考えて一番ベターな方法を取りました) 

ここまでやれば、来週やってくる猛烈な台風でも、雨漏りは 
絶対しませんよ。(と言いながら、人智には限りがありますから 
絶対などということは、本当はあり得ません) 

まだまだお見せしたい部分や書きたいノウハウはたくさんある 
のですが、そこまで紙面を割けませんので、おおよそ肝になる 
部分をご紹介させて頂きました。 

(やり方は、既存の建物の状態によって千差万別。これなら 
どこの業者さんでも出来るなんて、安易に思わないで下さいね。 
失敗したら、また費用が掛かりますから・・・) 

次は、この壁をどう仕上げたのか(ここも重要です)になって 
きますが、それはまたの機会に・・・。 

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを 
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。 
全国どこでもご相談を受け付けます。 

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を 
いくつかご覧の上適否をご判断願います。 

<関連記事>:アルミクラッド・サッシからの雨漏り

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先日、フレンチ・デザインのマンテル(マントルピース)の
デザイン図をお見せしましたが、同じメーカーのもので、
こんなデザインのものも見つけました。

何と名前は、「ヘラクレス、グレコ・ローマン」。

グレコ・ローマンと言っても、レスリングではありません。

グレコとはギリシャを、ローマンはローマを表しています。

つまり、ギリシャ・ローマ時代の様子でヘラクレスをデザインした
暖炉飾りという意味です。

大理石を砕いたものを固めて作ったものを、ヘラクレスの形に
彫り込んでいますから、重厚感や彫りの深みは素晴らしいものが
ありますね。

でも、このマンテルは、先日紹介したフレンチ・デザインのマンテル
の3倍くらいの値段がします。

彫りもすごいが、値段もすごいですね。まさに、家宝です(笑)

ただ、北米でなくこれを日本で作ったら、それこそ何百万円に
なってしまうでしょうから、お値打ちと言えばお値打ちかも
知れません。

やっぱり、こうしたものを作る文化、買える文化、使う文化が
あるというのは素晴らしいことです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

先日、便器が結露を起こして床材が黒ずんでしまったという 
記事を書きましたが、今回便器を外した様子を写真に撮りました。 

ご覧のように洋便器の周囲に沿う形で染みが付いています。 
また、その内側も全体的に染みが広がっているのが分かります。 

左隣に丸く染みがあるのは、シャワー便座の給水フレキ・ホースが 
水漏れしたことによるものです。 

長い間、染みになった状態のまま使っていらしたようですが、 
その割には劣化による損傷は少ないようですが、合板フローリング 
自体の剥離が所々に見受けられ、きれいに剥がして平らにしてから 
新しいクッション・フロアを張りました。 

やはり、水回りにはフローリングは不向きな気がしますね。 

 

 

あと、便器の周囲に沿って出来た染みと全体的に広がった染みは、 
原因が違います。 

周囲の染みは、おしっこを便器の外に飛ばして出来たものであり、 
広がった染みは給水配管からの漏れや便器自体の結露による 
ものだと考えられます。 

その両方の問題を解決する為には、まず床を防水性のあるもの 
(クッション・フロアや大判のタイル)で施工して、その上で 
水漏れしにくい樹脂系の給水ホースが付いた防露便器に交換 
することをお勧めします。 

家づくりでは、ちょっとした気遣いをすれば気持ちよく使える 
ものにすることが可能なんです。 

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを 
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。 
全国どこでもご相談を受け付けます。 

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を 
いくつかご覧の上適否をご判断願います。 

<関連記事>: 水漏れやお漏らしだと思っていませんか? 
<関連記事>: 座ってトイレは、当たり前? 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

どんなに外壁の塗装や防水をやり直しても、どんなに屋根の 
塗装や防水をやり直しても、雨漏りが止まらない輸入住宅が 
どれ程あるのでしょうか。 

こうしたトラブルの多くは、輸入資材への知識不足だったり、 
英語の施工マニュアルを読まずに間違った施工をした為に起こる 
ケースが後を絶ちません。 

住宅メーカーの中には、施工した責任を放棄して補修工事をも 
投げ出してしまう処もあるようですから、お客様は自力で試行錯誤を 
繰り返すだけで、最後は泣き寝入りという状況です。 

でも、雨漏りには必ず原因があり、その原因となるところを解決 
さえすれば、何事もなかったかのように問題は解消されますから、 
諦めないで下さいね。 

ただ、その原因は一つではないかも知れません。資材そのものの 
問題の他に、施工不良が重なっていることもありますから、過信 
せずに慎重に調査をすべきだと思います。 

この写真は、先日雨漏りの補修工事を開始した日進市の現場です。 

20年近く前に大手ゼネコンが手掛けた珍しい輸入住宅なんですが、 
アルミクラッド・サッシの選定に誤りがありました。 

また、輸入サッシの木部やアルミのつなぎ目に対して、適切な 
塗装や十分な防水処理を施していなかったのが原因です。 

アルミクラッド・サッシのアルミの隙間や木部が劣化したことに 
よって発生した割れから雨水が侵入して、それが防水紙(シート) 
と構造用合板との間を通って下の階に落ちていったようです。 

ですから、いくら外側の外壁や屋根をコーキングしても、いくら防水 
シートをきれいに施工しても、その内側を雨水が流れていったのですから、 
雨漏りが直るはずはありません。 

(防水紙は、透湿性のないアスファルト・ルーフィングが使われて 
いますから、本当なら外壁を全部剥がしてやり直ししたい処です) 

ご覧のように、雨が伝った処の合板は黒ずんで腐っていました。 
ただ、合板の表面を流れていたようですから、その内側のグラス 
ウールの断熱材は乾いた状態で無事でした。 
(尚、内部を確認する為に、合板の黒ずんだ部分は撤去しています) 

多少2x4の柱材(スタッド)に損傷がありますので、その部分は 
取り外して交換します。 

雨水がどこから来たのか、どこを通ったのかで損傷する箇所も違って 
きます。当然、その復旧方法も変わります。 
(直し方は、都度状況によって異なるのです) 

想像や思い込みだけで全く違う場所を補修しても雨漏りが直らない 
ということを施工者も自覚しなければいけません。 

設計士やリフォーム業者をプロとして信用するのは、ある意味当然 
ですが、間違った施工をしてしまう業者が少なくありませんから、 
ご注意下さい。(大手ゼネコンは、そもそも畑違いですから、 
直せないのは至極当たり前ですが・・・) 

この現場の工事の様子は、また順次記事にアップしていきますね。 

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを 
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。 
全国どこでもご相談を受け付けます。 

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を 
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

以前マンテルをご購入頂いたお客様から、来春開業のフレンチ 
レストラン兼結婚式場にW1,500mmくらいの大理石調の 
マントルピースを探しているというお問い合わせを頂きました。 

以前お渡ししたものも素敵なデザインで、お客様のHPにも 
施工後の写真が載っていますが、それはそれは豪華です。 

今回私共が提案させて頂いたものは、それより一回り大きめで 
幅が1,570mmと結構大きめのマンテルです。 

デザインもなかなかエレガントで美しいでしょ。 

北米で作られている石のマンテルは、本物の大理石を細かな粉 
にして、それを再度固めて模様を削り出すという手法を取ります。 

恐らくそうした方が、石の中にあるかも知れない空洞を避ける 
ことが出来ることと、材質が均一化して割れや欠損のリスクが 
軽減されるからだと思います。 

勿論、見た目や手触りは大理石そのものですから、結婚式場に 
設置頂いても全く遜色はないと思います。 

普段輸入住宅の新築やリフォーム、メンテナンスを手掛ける 
私たちですが、こうやっていろいろな方面から資材の調達の 
相談を頂けるのは嬉しい限りです。 

勿論、新築等でこんなマンテルを採用したいという方でしたら、 
おうちのプランニング・施工をやりますよ。 

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを 
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。 
全国どこでもご相談を受け付けます。 

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を 
いくつかご覧の上適否をご判断願います。 

<関連記事>: まさに大理石のマントルピース Mondavi (2008年5月9日)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

アルミクラッドにしろ、樹脂サッシにしろ、輸入の窓の金物類は、 
何れ交換が必要になります。 

ダブルハングやシングルハングの上げ下げ窓であれば、窓の両側に 
装着してあるバランサーが経年劣化で破損します。 

下側が開くタイプのオーニングと呼ばれるサッシや横開きの窓の 
ケースメントであれば、写真のヒンジやオペレーターと呼ばれる 
アーム・ギアが錆びて劣化したり、強い風を受けて傷んだり 
するものです。 

また、ペアガラスは内部結露を起こして曇ったりもします。 

サッシ周辺の部品やガラスは、常に雨風や湿気、大きな温度変化に 
曝されていますから、その過酷な環境からすれば当然のことかも 
知れません。 

勿論、雨の翌日には窓を開けて乾かしたり、強い風の日には 
窓を開けっぱなしにしたりしないようにするのも窓の寿命を延ばす 
秘訣です。 

そうは言っても、全く問題が起こらないようにすることは出来ません。 

窓の開閉やロックが固かったり、ペアガラスが少しぼんやりして 
見えてきたら、それは交換の合図かも知れません。 

防犯上の問題になる前に、早めに輸入住宅の専門家に相談して、 
代替の部品の調達やメンテナンスの施工をご依頼下さい。 

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを 
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。 
全国どこでもご相談を受け付けます。 

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を 
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

数年前にベルックス(Velux)のトップライトの交換・修理を

させて頂いた輸入住宅で、今回キー・ロック機能が付いたドアノブを

交換させて頂きました。

 

このおうちは、20年近く前に建てられた建物ですが、大切に使われて

きたようで、アンティークな感じがよく出ています。

 

古いクイックセット社のドアノブは、周囲に装飾の模様が付いていて

なかなかお洒落な感じだったのですが、さすがに少しガタが来ている

ようで、もし壊れでもしたら防犯上大変なことになるからと、新しい

ものに交換することとなりました。

 

こういう防犯に関係するものについては、まだ大丈夫だと過信せずに

少し様子が変に感じたら、交換時期と考えて対処をした方がいい

かも知れません。

 

 

隙間から見えるロック・ラッチを金色のガードプレートで隠す対策も 
取りましたから、これで随分安心ですね。 

こうしてドアノブ等が新しくなると、また家に愛着が湧いてくるはず 
ですから、リニューアルする意義はあるのではないでしょうか。 

それから、天窓を修理した際に玄関ドアのハンドル・セットも交換 
したのですが、Kwiksetのものでしたから今回の勝手口の鍵を 
玄関の鍵と同じになるようにリセットしました。 

鍵を同一キーにするシステムを「スマート・キー」と呼ぶのですが、 
キーを2種類持つ必要がなくなりますから便利ですよね。 
(3つ以上の鍵でも全て同じキーで開閉するように出来ます) 

勿論、こうしたキー操作については、無償サービスでやって 
差し上げました。 

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを 
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。 
全国どこでもご相談を受け付けます。 

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を 
いくつかご覧の上適否をご判断願います。 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

輸入の木製サッシで有名なアンダーセン(Andersen)。 

こちらのダブルハング窓は、20年近く前に施工されたものですが、 
古くなった感じが逆にアンティークさを醸し出して美しいですね。 

また、この頃の飾り格子は、白い樹脂製のものでしたから、 
フレームの木目の雰囲気と白い格子とが相まって、更にお洒落感を 
感じさせてくれるものになっています。 

勿論、フレームの木部も白く塗装してしまうと、より統一感が出る 
のですが、こうして色違いのデザインにするのもなかなか素敵です。 

今回、お客様から窓に付いていた飾り格子が破損してしまったので、 
新しいものに交換したいというお問い合わせ頂きました。 

格子自体はメーカーに言えば取り寄せは可能なんですが、実は 
今生産されている格子は全て木製のものになっています。 

ですから、ほんの少しだけ質感が違ってきます。 

まあ、然程違いはないと言えばそうですし、木製の方がより高級感が 
あって好きという方もいらっしゃるでしょう。 

ただ、オリジナルに拘るという人には残念ですが、破損した場合は 
我慢して頂く必要が生じます。 

輸入住宅をこよなく愛するという人には、こうした拘りのある人は 
少なくありませんが、臨機応変で対応していくことも大切ですね。 

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを 
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。 
全国どこでもご相談を受け付けます。 

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を 
いくつかご覧の上適否をご判断願います。 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

北海道のお客様からスウェドア(スウェーデン・ドア)の 
塗り直しについて相談を頂きました。 

美しいチーク材の木目が健在ですが、ドアの下部の塗装が 
剥がれてきています。 

塗装の剥がれくらいならまだ大丈夫ですが、表面のチーク材が 
めくれてきたり、表面に割れが見受けられるようになってくると 
修理するのが難しくなってきますから、注意が必要です。 

ただ、このドアの状態からすると、玄関上の庇(ひさし)に 
ある程度深さがあって、雨に当たりにくい場所なのでしょうから、 
メンテナンスの頻度もそれ程多く必要はないと感じます。 

とは言いつつ、玄関ポーチの土間がドア下すれすれという状況は、 
ドアの下端を腐らせるリスクがあるかも知れません。 

こういう場合、パラペイントのティンバーケアのような木部用防水塗料を 
塗る際に、ドアを一旦外して下端や上端も丹念に塗装してあげることを 
お勧めします。 

もし可能なら、ドアを取り付ける時にドアの建て起こしや位置調整を 
してあげると、更にいいですね。 

そうすると、ドア・ラッチの掛かりがよくなったり、ロックの固さが 
軽減されたりするので、開閉もスムースになりますよ。 

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを 
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。 
全国どこでもご相談を受け付けます。 

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を 
いくつかご覧の上適否をご判断願います。 
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

既に会社がなくなってしまったカナダ アルメトコ社の輸入サッシ。 

断熱性が高い樹脂(PVC)でフレームが作られていて、価格も 
お値打ちだったことから、ローコストを狙う輸入住宅ビルダーに 
数多く採用されました。 

新築時にはいろいろメリットがあったサッシでしたが、製造した 
メーカーがなくなり、施工した工務店や住宅メーカーもアフター 
サービスをしない方針に転換した今となっては、お客様は路頭に 
迷う状況となっていると思います。 

そんな中、お客様から修理を相談された岐阜の工務店さんから 
掃出しサッシのガラス交換についてお問い合わせを頂きました。 

北米の窓メーカーは、大きなガラスの掃出しサッシには強化ガラスを 
二重(ペア)で使います。 

人間が衝突した場合の割れによる怪我を防ぐという意味と、防犯性を 
高めるという意味の2つの目的を果たすように考えられています。 

ただ、強化ガラスは歪みに弱いので、先が尖ったもので一点を 
集中して叩くとこのように粉々に割れてしまいます。 
(野球のバットのように丸くなったものでは、絶対割れません) 

当然、くちばしが尖った鳥や鋭利な形の石が当たっても、同様に 
割れてしまいます。 

こういう場合、窓メーカーに依頼してペアガラスを作ってもらう 
ことは出来ませんから、ガラスの周囲の押し縁を外して実際の 
ガラスの大きさや厚さを測ります。 

それを元に国内でガラスを製作してもらい、再度現場でガラスの 
交換作業を行います。 

ただ、その際気を付けなければならないのは、押し縁を傷めないこと。 

窓メーカーはありませんから、窓に付いていた押し縁を破損して 
しまうと、新しいガラスを入れた後に再利用が難しくなります。 

もしそうなってしまったら、サッシ全体の交換をする以外に 
手段はなくなってしまうのです。 

窓の構造を注意深く確認して、ガラス寸法の計測や交換作業を 
慎重に行って下さい。 

また、ガラスを交換した後の防水処理も考えなければいけません。 
ですから、結構時間や手間の掛かる仕事です。 

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを 
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。 
全国どこでもご相談を受け付けます。 

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を 
いくつかご覧の上適否をご判断願います。 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。