お知らせ


本年から水曜日、木曜日は休診となります。どうぞご了承ください。


初診をご希望の方へ。


お陰様で7月までの初診受付が満員になりましたビックリマーク

ありがとうございました。

次回の初診受付は6月頃を予定しておりますので、もうしばらくお待ちください。


5月から診療費が一部改訂になります。

詳しくはこちら


ご注意

初診とは初めて当院を受診される方のことです。

一度診察(初診)を受けた方は間があいても再診となります。


講演会・ミニ相談会のお知らせ


6月11日(日)12日(月) 名古屋にてミニ相談会の予定。

詳細はこちら

残りわずかです!

コハマヒーリングデンタル院長 小泉嘉津海


















1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-20 23:49:00

元気です。

テーマ:ブログ
ヨコハマヒーリングデンタル院長の小泉です。

気が付かないうちにブログの更新が2週間止まっていました

「大丈夫ですか?」とご心配いただきありがとうございます。

ちょっとパソコンに向かうのがきつくなったようです。

今後は思いついた時に更新をしたいと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-05 19:37:16

井村和男先生の新刊!

テーマ:代替医療
ヨコハマヒーリングデンタル院長の小泉です。

癒道整体の創始者である井村和男先生の新刊本「顔面、頭蓋骨」が出版されました

CA3G0696.jpg 
今までになく?大きく見やすい本となっております。
内容はちょっと専門家向けですが、歯と身体の関連もたくさん盛り込まれており大変為になる内容です。
後半に私の寄稿を掲載していただきました。
170405_1908~01.jpg 
自費出版なので書店では購入できません。
ご購入希望の方は
癒道整体本部(BaO Medical)
tel/fax 03-3942-5865までご連絡お願いいたします。

今後も引き続き癒道整体の研鑽に励みたいと思います 
 

コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-03 22:31:11

症状は全体を把握して初めて意味を持つ

テーマ:ブログ
あっという間に4月になりましたね。
ヨコハマヒーリングデンタル院長の小泉です。

3月は様々な出来事があり、体調の変化も激しく濃厚な一か月でした
そして4月に入り体調もすっきり回復してきました。

症状というものは心身のあちこちに様々な形態で出現します。
歯の痛みでも千差万別、人により原因も対処法も違うのが当然なのですが、現実の世界はそうではありません。
まず病名ありきで、その病名に対して治療が行われます。
病名が一緒なら治療法も一緒、至極単純です。
ですが、結果はまちまち、治る人もいれば全然治らないどころか悪化の一途をたどる方も珍しくありません。
それはこのアプローチが根本的に間違っているからです。
病名はあくまで仮の名、本当に何が起こっているのかその全体像をつかまない限り対処はできません。
病気を治すのでなく病気の人を治す医学でなければならないのです。
私も両親も病弱な方でしたので、たくさんの病院にお世話になってきました。
その中で診察に対して、薬の処方に対して、説明に対して疑問をもつことも多かったです。
今考えてみればその原因は、症状や病気というものに対して大局的にとらえることができていないということにつきると思います。

現代医学は細分化しすぎてしまい、全体が見えなくなっています。
歯科もそうですが、画像に頼りすぎです。
画像はあくまで参考程度、画像に現れない真実を見抜けないといけません。
これはなかなか難しいことですが日々悪戦苦闘しながら一歩づつ真実に近づいていきたいと思っています。



コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-29 00:26:25

原因不明の歯の痛みへの対処

テーマ:代替医療
ヨコハマヒーリングデンタル院長の小泉です。

先週より体調変動が激しくブログをお休みしておりました
敏感な患者さんにも同様の症状があったようで新月明けの今日あたりから回復するのではと思っております。

特にこれといった原因の見当たらない歯の痛みに対して、従来は癒道整体を応用した関連部位の調整、並びに歯のヒーリングおよび歯にTL(セラピーローカリゼイション)してキネシオロジーで検査しCBSでポーズロックし歯の調整で対応しておりました。
現在ではそれに加えてアレルセラピーを応用し、上顎神経、下歯槽神経、三叉神経にさらに上位の三叉神経主知覚核、中脳路核、脊髄路核にウイルスなどのゼノバイオティクスの感染がないかを検査し、反応があればそれを解除するセラピーを行うようにしています。
この手法で今までなかなか歯が立たなかった原因不明の歯の痛みが和らぐケースが数例でてきました。
現在の世の中には本当に多くの方が原因不明の歯の痛みを抱えていると感じます。
そして一般歯科でもこのような患者さんの対応に苦慮しているとお聞きします。
目に見えない原因には目に見えない上記のような方法で立ち向かうしかないのではと痛感する今日この頃です。
2017-03-21 20:19:30

David先生の金言

テーマ:ホメオパシー
ヨコハマヒーリングデンタル院長の小泉です。

それでは今回のセミナーからDavid先生の金言をピックアップします

「ホメオパシーはエネルギー医学である。物質をポーテンタイズして本来の形に戻す=純粋なエネルギーに変換している。」
これは現代医学が人間の物質的側面に作用するのに対し、ホメオパシーは人間の非物質的側面に作用するという事だと思います。

非物質ということはまさに一分子もない状態でありアボガドロ限界を超えた世界なので、現代医学、科学では解明できていないと理解できます。
現在の科学でもまだ解明できていないということであり、科学で否定されているという表現は「非科学的」な表現といえるでしょう。

「真の治癒はすべてホメオパシー的である」
「すべての治癒は自己治癒である」
治癒というものは人間の自然治癒力(バイタルフォース)でしか起こせないので、これは当然のことです。
現代医学で治ったとしても薬や手術が身体を治すのではありません。
自然治癒力が治すのです。

「自然は直線を嫌う」
これは老子の道徳経にある「曲なればすなわち全し」と同義だと思います。
曲がっているからこそ伸びしろがある。
尺取り虫のように曲がるからこそ前に進むことができるのです。
川も曲がりくねりながら流れていきます。
人工的に真っ直ぐにしてしまうことは水害のリスクを増やし、風水的にも禁忌とされています。

「ホメオパシーは原則はシンプル。しかし応用、知識は難しい」

「現代のほとんどの人間がアロパシー的なものの見方をする。だからアロパシー医学が支持されるのも無理はない」

以上思いつくまま整理してみました。
ホメオパシーの勉強は単なる知識の吸収でなく、人生全般の根幹にかかわる意識の改革といえることがわかっていただけると思います。

David先生 ありがとうございました



コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
>