営業の仕掛け

テーマ:

事務所経営を安定化させるためには、仕組みづくりが必要です。これは、一朝一夕(いっちょういっせき)にできあがるわけもなく、地盤も看板もなく開業した個人としては、地道に営業活動を行うしかありません。

 

この4年間で選択した営業活動は、どれもやめずに続けています。アナログ営業もデジタル営業もです。「いまだにチラシ配りもやっているんですかー!?」なんて驚かれますけど、はい、やっていますよー、だって、「チラシ見ました」と依頼される方が、たまにいらっしゃいますから。

 

 

 

そして今回、営業ツールとして加えたのがコレ。

 

 

さぬき市の広告掲載封筒です。

 

まだ1部送られてきただけで、実際の使用開始は6月ごろからのようなので、当事務所以外の部分は隠しておきますね。

 

上に2か所の事業所の広告が掲載されているのですが、どちらも大手です。そんな事業所と肩を並べて掲載されていて、大変恐れ多く感じます。ちっちゃい個人事務所ですからね、卑屈になっちゃうのも無理もありません。(^-^;

 

…って、いやいや、ひるんでいる場合ではないですよね!仕掛けると決めたのですから。3万枚印刷され、なくなるまで市が使用してくれるということは、市が営業活動してくれるようなもの。利用しない手はないと踏んだのです。はてさて、費用対効果は?乞うご期待!

 

 

 

拙著の売上げも(私にとっては)好調です。毎日1~2冊のペースで購入申込みがありますから。

 

昨日は、購入くださったブロ友さんから、この本について初めて電話をいただきました。あまりに驚いてしまい、「どちらの○○さんですか!?」と、つい尋ねてしまいました。大変失礼いたしました。m(_ _ )m

 

 

本『もう迷わない 起業の決断』ご購入はコチラから

 

 

一般に販売するだけでなく、営業ツールとしても使用しますよ。こちらも、アナログ営業の一環です。

AD

コメント(2)