歴女、萌える

テーマ:

ネットサーフィン中に見つけ、即購入しました~!(≧▽≦)

 

左から、石田三成、島左近、大谷吉継。3ショットのクリアファイルです!

 

 

 

石田三成って敗者のイメージが大きいけれど、政治的手腕は大層優れていたんですよ。世が世なら大物政治家です。歴史学者(本郷和人氏)いわく、「江戸幕府は三成が敷いた路線の上を走ってきた」「三成が江戸幕府の原型を作った」。

 

BS-TBS「THE歴史列伝」関ヶ原の戦いSP~より

 

 

しかも、秀吉から法外な恩賞を与えられても断ったほど、欲のない人物。そこには秀吉に対する恩義、そして「戦のある時代に戻さない」という理念があり、個人的欲求は二の次だったと言えます。

 

勝者である家康も三成を高く評価していたようで、敵の武将の身内や子孫を殺すのが当然の時代にあって、三成に対してはそのようなことはしませんでした。

 

 

 

「三成に過ぎたるものが二つあり。島の左近と佐和山の城」

 

有名な言われですが、政治的手腕に加えて、三成の人望や深い義や信念があったからこそ、島左近のような知将が側にいたのだと思います。

 

というわけで、石田三成の右腕、島左近、盟友の大谷吉継、この3人は私にとって、とても魅力的なトライアングルなんですよね!(^~^)

 

 

余談ですが、石田三成の兜、いいですね~♪「乱髪兜」っていうそうです。長い髪や角が鬼を連想させ、敵への威嚇に一役買っていますよね。

 

 

この3人にはとりわけ魅了されている私ですが、実のところ最も好きなのは、ずばり「関ヶ原の戦い」そのものなんです。

わずか半日の戦でしたが、そこにはあまりにもたくさんの心揺さぶられる要素が凝縮されていて、この醍醐味はとても一言では語り尽くせません。加えて、この日を迎えるまでの過程も見逃せないです。

 

 

 

自分のものとともに、会計記帳業務を更新してくださった上杉謙信好きの法人代表者さまにも1枚購入しました。こちらは、武田信玄と上杉謙信の2ショットです。毎月領収書をご持参くださるので、お礼に差し上げましょうっと。喜んでくださるとうれしいです!(*^.^*)

AD