タイトルを見て、「あれ? その1って、あった?」 と思われた方、すみません、その1は「神様アンテナを磨く方法」という本に書いておりまして……。 

 

内容を簡単に言いますと、息子は物件を探す能力に欠けている、というお話です。(霊がいる部屋に住んでいました)

 

で、最終的に筥崎宮の神様に助けていただいて一件落着した、とそのような顛末を書いています。 

 

あれから息子の運は徐々に良くなり、ありがたいことに栄転が決まって、転勤することになりました。 

 

そこで、ふたたび物件を探すことになったのです。 

 

現地に物件を見に行く1ヶ月前から、息子はネットで探し始めました。 

 

見学する当日は私にも来てほしい、と言います。 

 

「俺だけやったら、変な物件を契約してしまうかもしれん」 

 

たしかに! それは言えている! しかも十分ありえる!  

 

また、変な家に住んで体調が悪くなっても困ります。 

 

なにせ過去のことがあるので、放っておいたら今回も危ないところに入居しそうな気がします。 

 

当日は現地集合にして、私も一緒に見ることにしました。 

 

ちなみに物件を見るのは1日だけなので、何がなんでもこの日に決めなくてはなりません。 

 

「物件を見る日は家を少し早く出て、筥崎宮の神様のところに寄っておいでよ。いい物件が見つかりますように、って、しっかりお願いするように」 

 

山ほどある物件の中でどれを見るか……人間にはすべてがわかるという能力がないので、こういう縁のものは神様に探してもらうといいのです。 

 

「わかった! 早めに家を出て、筥崎宮にお願いしてから行く!」 

 

と、いうことで、早朝、息子は筥崎宮に寄ってお願いをし、それから新幹線に乗りました。 (もちろん、物件を探し始めた時から、筥崎宮に参拝してお願いをしています) 

 

現地で落ち合った私と息子はレンタカーを借り、不動産屋さんと一緒に回るのではなく、自分たちで見学する物件を回りました。 

 

息子は1ヶ月かけてネットで調べあげ、物件を4つにしぼり、現地キーで中を見せてもらうよう会社に手配をしてもらっていたのです。 

 

「どっちから回ろうかな〜」と息子はしばし考え、「Aから行く」と言います。 

 

はいはい、Aからね、自分でナビを設定してね、と運転して現地に着くと……。 

 

これが、見るからに、「ここはあかん!」という物件でした。 

 

そばに行くことすら、バツ! な物件なのです。 

 

建物の〝空間〟が妙にうす暗く、「魔」が好きそうな波動です。 

 

すぐそばに公園があったのですが、その公園も「何か過去に事件があったのでは……」という、どんよりとした暗さなのです。 

 

1ヶ月もかけて、わざわざここを選んだのか? と思うと……う〜ん、さすが我が息子、ある意味、期待を裏切りません。 

 

「ここはあかんよ」 

 

「えー! マジで?」 

 

「見んでええよ、ここは契約せんから」 

 

「でも、ちょっとだけ中を見てみようよ」

 

と、息子は何やら電話をしていましたが、鍵の件がうまく伝わっていなかったようで、 

 

「すぐには見れんらしい。今から手配してくれるって。ここ、最後に回す?」と言います。 

 

「いや、いい。ここは見なくていい。こんなところに入ったら、運が落ちる。絶対にここはあかん」 

 

そう言うと息子は、え〜、そしたらあと3つしか候補がないんやけど……とぼそぼそとつぶやいておりました。 

 

次に、Bという物件を見に行くと……。 

 

う〜〜〜〜〜〜〜〜ん、悪くはないけど……私だったら入らない、という間取りです。 

 

奥の小さな部屋が、空気がよどむ作りになっているのです。 

 

霊など悪いものはいないので、暮らし方次第で大丈夫だとは思うのですが、やめといたほうがいいけどなぁ、という物件です。 

 

しかもそこは、収納が、ビジネスホテルのロッカー? というくらいの、ありえない狭さでした。 

 

1人暮らしでも無理、という収納なのです(息子は転勤と同時に結婚するので、お嫁さんと2人暮らしになります)。 

 

「冬の掛け布団とか、どうしよう」 

 

「床に置くしかないんじゃない?」 

 

「えーっ!」 

 

というか、ハンガーに掛ける洋服以外、荷物は全部、部屋の中に置くしかない、そんな物件なのです。 

 

「…………」 

 

と、息子が絶句していたので、 

 

いやいやいや、たくさんある中から4つにしぼる時、間取りを何回も見てるはずやん? 収納スペース、確認してなかったん? と思いましたが、そのまま言うとキツイので、

 

「収納の大きさ、確認してなかったん?」と、マイルドに聞いてみました。

 

「ん〜〜〜。したつもりやったけど、してないかも」 

 

きゃ~! と頭を抱えました。 

 

相変わらずのおマヌケぶりです。 

 

この調子だったら、残る2つも怪しいです。

 

ここで、「少し早いけどお昼にしよう」ということになり、レストランに入りました。 

 

食事をしていると、息子の電話が鳴りました。 

 

Cという物件が、ついさきほど契約された、という連絡です。 

 

そんな偶然あり? と思いました。 

 

何日も前から空いていたのに、当日の、それもあと1時間もしないうちに行く予定の物件が契約されてしまったのです。 

 

入居しちゃダメな物件ってことなんだな、と思いました。 

 

最初に見た物件Aもそうです。

 

鍵の手配がうまくいかなくて入れなかったのは、入るな、ということだったのだと思います。 

 

根がポジティブな息子は「Dが本命だから」と言います。 

 

残る1つの物件Dは、とてもオシャレなマンションらしく、予算を2万円オーバーするけど、理想的なマンションだから、ここがいいと思う、と言うのです。

 

食事を終えて、「どうする? デザートも食べようか?」となり、メニューを持って来てもらったのですが、ちょうどお昼になったため、ランチのお客さんがドドドーッと入って来て、店内はごった返しています。

 

ここでデザートを頼んだら、ものすごく時間がかかりそうだったので、あとでどこかでお茶でもしよう、とレストランをあとにしました。(これが大正解でした)

 

そこから30分ほど車で走って、物件Dに到着しました。 

 

コインパーキングに車を置いて、Dマンションのエントランスに入った、まさにその時でした。

 

息子の電話が鳴ります。 

 

「えええーっ! 本当ですか!」

 

大絶叫した息子に聞くと、たった今、Dの部屋が契約された、というのです。 

 

なんと!

 

見学をしようと、その物件のエントランスに入った、ちょうどその時に部屋が埋まってしまった、というわけです。 

 

ありえない……です。 

 

もう、これは神様が「ダメ」と言っているとしか思えませんでした。 

 

息子が選びに選んだ4つの候補のうち、2つは見る前に埋まってしまい、1つは完全にありえないので除外です。 

 

残る1つは、間取りも収納もダメダメなB物件です。 

 

しかし、この日に必ず決めなくてはならず……絶体絶命のピンチになりました。 

 

※続きます。

 

 

 

 

 



 

 

AD

リブログ(1)

  • 息子の引っ越し 〜その2〜前編

    『意識を変える習慣をあなたへプレゼントする心理カウンセラー渡辺さくら』です。リブログさせていただきます(*^_^*)確かに、物件選びしてると、どんよりしてる物件あります。もう、ずっと前だけど、あるお宅にお邪魔して、リビングで10分くらいの短い時間、お話してました空気うごいてないなー。この家やばいなー…

    渡辺さくら

    2017-08-10 22:33:02

リブログ一覧を見る