精進落とし

テーマ:

 

 

 

 

ほとんどの神社は境内の空間がとても清浄ですから、行くと気分スッキリ、もやもやとしていた心の悩みや落ち込んだ気持ちが浄化されて、なんだかすがすがしい感じ〜、となり、「ああ、さっぱりした」という状態で帰宅することと思います。 

 

それが神社のありがたい恩恵のひとつです。 

 

そんななか、「あれ? 神社に行ってから、なんだか体調がすぐれなくなったような気がする……」という方がいらっしゃるかもしれません。 

 

スッキリしに行ったのに、帰ってきてからなんだかしんどいわぁ、体が重たいわ〜、と。 

 

何回か書いたと思いますが、神社を参拝するのは小さな小さな修行になっています。 

 

滝行とか霊山に登るとか、そのような大きな修行をしなくても、小さな小さな修行をコツコツ貯めていけば霊格は上がります。 

 

そこで、です。 

 

このお話は 『運玉』 という本に書いていて、基本、本に書いたことをブログにもう1回重ねて書くことはできないので極力控えているのですが、ちょっとだけ説明をしますと……。 

 

神社仏閣への参拝が、自分では気づかないうちに高度な修行になっていることがあります。 

 

いつものように小さな小さな修行だったら、あ〜、サッパリした、で終わっているのですが、高度な修行になったらしなければいけないことがあります。 

 

それが「精進落とし」です。 

 

私も高度な修行をした後で「精進落とし」をしなかった時に、どうしてこんなに体調が悪いのか……と悩んだことがあります。 

 

それを吉野山の神様に質問したところ、「精進落とし」が必要であることとその理由を教えてくれました。 

 

強い神様のところへ行った、山岳系神様のところへ行った、体験修行をした、境内で良い行ないをした(人に親切にするとか、お掃除をしたとか)など、もしかしたら〝いつもより〟高度な修行になったかも? と思われた時は、神社からの帰りに「精進落とし」をしたほうがいいです。 

 

具体的にどうすればいいのかと言うと、「お肉(牛肉・豚肉)を食べる」「お酒を飲む」です。 

 

これは量に関係なく、ちょっぴりでも口にすればいいので、ガッツリ焼肉を食べなくても、ビールをグビグビ飲まなくても大丈夫です。(ガッツリ、グビグビもいいと思います ニコニコ) 

 

修行が高度になればなるほど、後からくるしんどさはハンパないので、これは知っておかれたほうが良い知識だと言えるかと思います。

 

 

 

 

大事なこのことを教えて下さった、吉野山の神様も書いています。

今回は神籬(ひもろぎ)について教えてもらいました。

本の詳しい内容は、前回の記事に書いていますので、よかったらそちらをご覧下さいませ。

「山の神様」からこっそりうかがった 「幸運」を呼び込むツボ ¥1,404

 

 

こちらは楽天のリンクです。

 

 

 

 

AD

リブログ(7)

  • ”精進落とし”

    高野山に行った翌々日頭痛がして体調が悪いでも出かけなきゃ行けなかったので知り合いとランチして高野山に行った話とか今日、頭が痛くてしんどいねんっていう話をしてたらそれなんかついてきてるんちゃうって言われてそんなはずはない確か高野山て空海さんの結界が張ってあるとどこかで聞いたことがあったからそれはないな…

    うみそら

    2017-10-06 22:12:42

リブログ一覧を見る