怨霊系の神社

テーマ:

 

 

 

日本全国あちこちの神社を訪れるようになって、「え? こんな神様がいるの?」とびっくりするような神様にお目にかかれるようになりました。 

 

ちょっとそのへんを書いてみたいと思います。

 

『運玉』という本に、怨霊系の神社があることを書きました。

 

その神社は怨霊系だという由緒をはっきりさせていて、何時代の誰、というところまで明らかにしていました。 

 

このような悲惨な人生を送った人を祀っているんです、というパネルもあって、参拝に訪れた人がちゃんと、そういう神社だとわかるようになっていました。 

 

ご祭神として祀られていた人は、自分の人生の悲惨さを知ってほしい、わかってほしい、という思いがまだまだ強くて、その波動を発していました。 

 

ですから、一応〝神社〟となっているのですが、一般の神社とは異なっていました。 

 

境内で清々しい気持ちになることはなく、波動をキャッチしやすい人は、もしかしたら同調してしまって調子が悪くなるかもしれない……そういう神社でした。

 

神社の規模は、村の氏神さまクラスで小さかったです。(ちゃんと祀られているので、たたられることはありません)

 

先日、訪れた神社も怨霊系でした。 

 

こちらは村の氏神さまクラスよりは大きいけれど、中規模とまではいかないかな〜という大きさの神社で、それらしい由緒も社務所もありました。

 

そばまで行くと、社殿には女の人がくっきりと見えます。 

 

高松塚古墳の絵のような服装をしています。 

 

ヘアスタイルもあのような感じです。 

 

「飛鳥時代の人が神様なのかな?」と一瞬、思いましたが、何かがおかしいのです。 

 

「あれ? 神様じゃない……」と、わかった瞬間に周囲の仕掛けに気づきました。 

 

結界が張られているのです。 

 

神様に結界を張ることはありえませんから、ああ、怨霊だったのか……と知りました。 

 

ご本人は、「わらわは○○じゃ〜」などと言っていますが、語尾がよく聞こえません。 

 

名誉のために神社のお名前は書きませんから、本当のことを教えて下さい、とお願いすると、怨霊を鎮める目的で作られた神社だと言います。 

 

この神社に境内社が置かれているのは、普通の神社とは意味が違っていて、万が一結界が破られた場合に備えて、のためでした。

 

境内社の神様方で押さえられるように、と、工夫がされているのです。 

 

相当強い怨念を持っていたのだと思います。 

 

最初に建てられたお社は小さかったそうです。

 

祀られた当時は、「かわいそうに」「たたりませんように」「心穏やかにお過ごし下さい」という手の合わせ方をされていたそうですが、月日が経ってだんだん怨霊だったことが忘れられていくと、神様として拝まれるようになったそうです。

 

怨霊系だとわからなくなってしまえば村の大事な神様ですから、由緒がないのはちょっと……と、由緒が作られて、今は違うご祭神となっているのでした。 

 

長い期間、多くの人に信仰されてきていますが、ご本人の性格というか、本人の意思で神様には、なっていません。 

 

でも、怨霊でもありません。 

 

持っていた怨念は、すでにキレイさっぱり消え失せています。 

 

ただ、いまだに結界から出られないようです。 

 

「神様の修行をされないのですか? 神様になれば結界から出られるのではありませんか?」 とお聞きすると、

 

「なぜ、わらわがそのようなことをしなければならぬのか?」 とムッとして言われます。

 

「え? えっと、それは……ここには多くの人がお願いをしに来ると思うのですが、その人々の願掛けを叶えてあげるためには神様にならなくては……」 

 

「イヤじゃ」  と、それはもう、キッパリ! 言い放ちます。

 

「……… ( ̄ー ̄; 」 

 

「願いたい者は勝手に願うがいい」 

 

ひ~え~、失礼致しました、と謝ってしまいそうな、気位の高さです。

 

尊い生まれなのかもしれません。

 

この方は、社殿の空間でのんびりと過ごしています。 

 

服装も高松塚古墳時代のものがお好きなようで、それであの格好をしていたのでした。 

 

「え? 待って待って、では、その神社に参拝して、一所懸命願掛けをしている人はどうなるの? 無駄足、ってことでしょうか?」 

 

と思われた方、そこも聞いてきました。 

 

実はこの神社、境内社の神様がせっせと代わりにお仕事をされているのです。 

 

純真な心を持つ信者さんを気の毒に思われて……のようです。 

 

社殿には自由気ままに過ごすお姫様のような人がいて、そのことを知らない信仰心の厚い人はその人に向かって一生懸命に手を合わせます。

 

その光景を見て、ピュアに信じる人たちを放っておくわけにはいかない、と思われた境内社の神様が、必死でくるくると動き回って働いているという……たいへん珍しい神社なのでした。 

 

名前は書かないと約束をして詳細を聞きましたので、へぇ~、そのような神社が日本のどこかにあるのね〜、とお読みいただければと思います。

 

神社にもいろいろあって奥が深い、ということを教えてもらえた参拝でした。

 

 

 

 

 





 

 

 

AD

リブログ(4)

リブログ一覧を見る