空海さんと最澄さんの布教

テーマ:

私がまだ宝くじの会社で働いていた時の話なので、ずいぶん昔になります。

 

アルバイトで入社してきた男の子がいました。

 

男の子といっても30歳くらいでしたが、人と話をする時に、意識してテンションを高くしてて、おかしくないところでも一生懸命笑い、何か頑張っている感じがする子でした。

 

ある時、その彼と2人で作業をしていたら、珍しく、非常に落ち着いた様子で私に話しかけてきました。

 

「僕ね、去年、結婚を考えていた彼女にふられたんですよ」

 

「そうやったんや~、それはつらい体験をしたねぇ」 と言うと、そこから彼は一部始終を一気に話しました。

 

前の職場で同僚だった彼女は、彼女の方から彼に、積極的にアプローチをしてきたそうです。

 

最初は何とも思わなかった彼も、だんだん彼女に惹かれていき、交際がスタートしました。

 

2年ほどはとても順調で幸せだったそうです。

 

このまま結婚しても仲良くやっていけそう、彼女と結婚したいな、と彼は真剣に考えていました。

 

が、そのうち彼女が少しずつ距離を置くようになり、冷めた感じになって、いきなり別れたいと言い出したのだそうです。

 

彼は自分が何か悪いことをしたのか、自分に悪いところがあるのか、何でも言ってくれたら全部直す、だから考え直してほしい、と食い下がりました。

 

彼女はそこで、実は・・・と告白しました。

 

なんと、彼女は、2人の職場の、後輩の男の子と彼とを二股かけていたのでした。

 

そして、どっちも好きだから選べなくてつらかった、でも1人に決めないといけないと思ったから・・・と、後輩を選ぶことにした、と言ったのだそうです。

 

彼は、プライドも何も投げ捨てて、別れたくない、オレを選んでくれ、幸せにする、とすがりました。

 

が、結局、最終的に彼女はその後輩を選んだのだそうです。

 

彼は、いつか彼女が後輩と別れて自分の元に戻ってくるのではないか、と会社を辞めずに半年間頑張りました。

 

彼女と後輩がいるその職場で働くのは、地獄の苦しみだったそうで、その半年間で精神的にボロボロになりました。

 

退職してからは、生きる気力もなく、気持ちも沈んだままで、人に会うことも出来なくなり、ずっと家にいたそうです。

 

もう生きていても苦しいだけだし死のうかなぁ・・・と、どうしようもなくなった時、テレビで四国巡礼を知ったそうです。

 

彼はすぐに四国八十八ケ所巡りの旅に出ました。

 

歩いて回ったそうです。

 

彼女への未練を断ち切るためにひたすら無心で歩いたと言っていました。

 

無事に結願し、その時には心は晴れ晴れとしていたそうです。

 

彼は巡礼の間、いろんな不思議なことを体験したと言っていました。

 

日が暮れて焦っていると、 「途中まで乗っていきなさい」 と親切に車に乗せてくれたおじさんが 「今日の宿が決まってないのなら、うちに泊まるといいよ」 と泊めてくれたというのです。

 

おじさんの奥さんもすごくいい人で話もはずみ、人と会話をして笑ったのは久しぶりだったので、本当に楽しかったと言っていました。

 

世の中にはこんなふうに人助けをする人もいるのか、と裏切りで傷ついていた彼は、その夫婦の優しさが心にしみて、夜中に布団の中で泣いた、とも言っていました。

 

足が痛い、もう歩けない、という状態になると必ずといっていいほど、 「乗っていくか?」 と声をかけてくれる人が現れたり、しんどさにくじけそうになると不思議な光が見えたり、お寺で般若心経を唱えていると胸の部分がじんわり温かくなって癒されたり、いろんな不思議な出来事が起きたそうです。

 

「それまでは、神様とか仏様とか幽霊とかいるわけないって思ってたし、見えない世界はまったく信じていなかったんですよ。でも、僕ね、空海さんは信じれるんです。空海さんがいるんだから、見えない世界もいろいろあるのかもしれないって思うようになりました」

 

あれだけ深かった失恋の傷も癒え、何とか社会復帰しなければと、とりあえずバイトから始めることにした、とも言っていました。

 

「でも、なんかまだ、人と話す時は変に緊張するんですよ~」 と言うので 「今、そんなん全然感じひんよ。もう大丈夫なんちゃう? 今の話、本当にいい話やね~」 と言うと嬉しそうに笑っていました。

 

彼は四国巡礼をして、知識としてではなく、感覚で空海さんを知り、空海さんの大ファンになったのでした。

 

空海さんを信じる、ゆえに、見えない世界もあるのかもしれない、と視野が広くなったのです。

 

当時の私は、まだ空海さんには興味がなかったので、四国巡礼ってご利やくあるんだな、と思っただけでした。

 

今思うと、空海さん、すごいですね。

 

亡くなって千年以上たっていても、こうして小さな布教を地道にしていて、悩み苦しむ人を救ってあげ、心が安らかになるよう信仰の芽を植えてあげているのです。

 

仏様とはなんとありがたいものなのかと思います。

 

空海さんはこうして、自分でみずから布教をしていますが、最澄さんは違う方法です。

 

私の祖父は、子供の頃に熱病にかかりました。

 

高熱が何日も何日も下がらず、病院の医師に 「この子はもう助からない」 と言われ、 「ここにいても治療は何も出来ないから、家に連れて帰ってあげなさい」 とまで言われたそうです。

 

家に戻った幼い祖父は、あとはもう死ぬのを待つばかり、という状態でした。

 

そこに、諸国を歩き回って修行をしているお坊さんが現れたのだそうです。

 

そして驚くことに 「この村に死にかけている子がいるだろう?」 と、言ったというのです。

 

村の人が慌てて、この家の子です、とお坊さんを祖父の家まで連れてきました。

 

お坊さんは祖父の病を治すと、また修行の旅へと行かれたそうです。

 

お礼を・・・と家の者が言っても、泊まったり、金品を受け取ったりしなかったそうです。

 

祖父は、 「じいちゃんは本当はあの時に死んどった、この命は仏さんにもらったもんじゃから、恩返しせんにゃいかん、人のために命を使わんにゃいかんのじゃ」 と常々言っていました。

 

お坊さんは天台宗ですから、最澄さんの連綿と続くお弟子さんの1人です。

 

最澄さんはこうして優秀なお弟子さんをたくさん育てています。

 

千年以上に渡って、全国津々浦々、日本の端の端まで、人々を救えるようにしているのだと思います。

 

このような仏様の慈悲あふれる話を思い出すたび、心が深く安らぎます。

 

そして、やっぱり空海さんと最澄さんは偉大であり、尊くありがたい仏様で・・・大好きだなー、としみじみ思うのでした。




AD

リブログ(1)

  • ”空海さんと最澄さんの布教”

    ちょっと前に「宝くじ当選」を検索していたら廻り合ったこちらのブログ・・・ で、「お気に入り」に入れてちょくちょく拝読させていただいておりました。今日は偶然にも「空海さんと最澄さん」の事が書かれていた3年ほど前のブログにたどり着いちゃいました。 そう言えば、母はバスでだけれどお遍路さんをしたことがあっ…

    1188okan

    2017-02-13 16:21:06

リブログ一覧を見る