香りの威力

テーマ:
私の勤務する施設にDさんという男性がいます。

Dさんの部屋には得体の知れない絵画があり、その絵が良くない異次元につながっています。

そしてその絵からたくさんの悪霊たちが出たり入ったりしており、部屋はいつもそういう霊でひしめき合っています。

Dさんは現在、入院中です。

ですから、部屋には誰もいません。

それなのに、深夜になると、たまに音がしているのです。

ある日の深夜、2時過ぎです。

巡回していたら、Dさんの部屋のドアが小刻みに、カタカタ、カタカタ鳴っていました。

”うわぁ、鳴ってるなー、中にいっぱいいるんだろうな” と、そちらに注意を向けてドアに近づいた途端、音はピタッとやみました。

ドアの外からでも、中に霊が大量にいる気配が感じられました。

他の日の見巡り中、 (これも深夜です) ドスーン、と鈍い音がしたこともあります。

その時も、ドアの前まで行ってみましたが、そばまで行くとシーンとしていました。

中にどれだけの悪霊がいるのかわかりませんでしたが、ドアの向こうの霊気がすごかったです。

うっかり見るのが嫌だったので、開けて中を見ることまではしませんでした。

そんな状態のDさんの部屋です。

施設では、月に一回、各部屋の洗面台のパイプ洗浄をしています。

洗浄液を排水口に入れ、一定の時間が過ぎると、水を流しに行きます。

その日は、先輩が洗浄液を入れ、流す時間がないというので、私が水を流しに各部屋を回りました。

Dさんの部屋に入る瞬間、悪霊が大量にうようよしているだろうから、もし何かあったらお不動さんに守ってもらわねば、と構えてドアを開けました。

ところが、入ってみてビックリです!

”えっ?” とあ然とするほど、全然、何もいないのです。

空間は透明でサラサラしていて、重苦しくもなく、本当にスカーッと何にもいない状態でした。

悪霊たちが全員、一人残らず去っているのです。

その理由は、キンモクセイの芳香だとすぐにわかりました。

先輩が閉め切っていた部屋の窓を開けていたのです。

窓からは優しい風が入り、それとともに、キンモクセイの強い芳香も入ってきていました。

施設の向かいの家に、キンモクセイの巨木があって、満開時の香りがすごいのです。

人間にとっては癒される良い香りで、気持ちいいな~、と胸いっぱいに吸う芳香ですが、どうやら悪霊は苦手のようです。

ここまで空間がまっさらになるほど逃げるのか、と心底、驚きました。

そこで、気づきました。

今まで線香について深く考えたことなどなかったのですが、線香には、その場の悪霊を祓う、場を清める、という効果があるんだな、とわかりました。

これは人工の芳香剤ではダメで、天然の樹木の芳香にそういう力があるのだと思います。

パイプ洗浄の水は3分くらい流しっぱなしにするので、しばらくDさんの部屋にいましたが、霊の気配はまったくなく、居心地の良い空間になっていました。

線香でもここまで霊が逃げるのだろうか・・・と考えましたが、どうやら、一度乾燥させて焚くお香よりも、生きた樹木の芳香の方が何倍も力が強いようです。

香りが強い他の樹木でも効果があるのかどうか、実験してみないと何とも言えませんが、多分、霊は嫌がって逃げるのではないかと思います。

なるほど~、そうだったのか~、と、私にはとても勉強になった出来事なので、ちょっと書いてみました。



追記:ちなみにその後、窓を閉めて、再び部屋は閉め切り状態になりました。次に私が出勤した時は、芳香も完全に抜けていたせいか、悪霊たちは戻ってきていました。




最後にポチっと押してもらえると嬉しいです~。

ひっそりとスピリチュアルしています-ブログランキングへ
 このバナー、もしくは冒頭のクマのバナーをクリックしてもらえると、ブログランキングというサイトに点数が入ります。(1人1日1回のみ。バナーはどちらか一方のクリックで点が入ります)

多くの方にクリックをしていただければ、ランキングの上位になるので、初めてランキングサイトを訪れた人に読んでもらえる可能性が高くなります。

1人でも多くの方に読んでもらえたらいいなと思って、頑張って書いておりますので、クリックをしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

AD

リブログ(1)

  • キンモクセイのシャワーと絨毯

    最近、みなさんのブログで、キンモクセイを拝見し、先日の息子の運動会でも、キンモクセイを見つけました。たまたま、位置取りした場所に、キンモクセイが1本だけあって…キンモクセイが、好きな私は、縁を感じ、大変嬉しく、ほっこりしました最近、桜井織子さんの本を読み直す機会がありました。そこに、キンモクセイの香…

    はるママ

    2016-10-04 12:47:36

リブログ一覧を見る