縁ある神仏の助け

テーマ:

前回の記事の中に、 ”神仏に縁をもらえると、自分で危機だと気づいていない、例えば事故に遭う直前なども、神仏の方で察知してくれて、事故から救ってくれます” と書きました。

私が体験した、その具体例を書きます。

ずいぶん前になりますが、元夫と車で旅行に行った時のことです。

かなり山奥の高速道路を走っていました。

運転は私で、走行車線を走っていましたが、そこそこスピードを出していました。

時間帯は夕方で、時折、猛スピードで追越車線を抜けていく車がいたりしました。

元夫としゃべりながら運転をしていたら、突然、前方に猿が飛び出してきたのです。

猿は飛び出して来て、走行車線のど真ん中で 「え?」 という感じで、こちらを向いて止まりました。

2人とも 「!!!」 と顔面蒼白になりました。

車のスピードと、車と猿との距離 (目前でした) を計算すると、ハンドルを切っても、衝突は回避出来そうにない状況だったからです。

その時のことは鮮明に覚えているのですが、猿が出てきてから、時間が少しゆっくり流れたような感じになりました。

最初に私は 「このまま轢くしかないのか?」 と考えました。

高速道路での急ハンドルは大事故につながるからです。

ですが、生き物を・・・特に哺乳類を殺生するのは嫌です。

次の瞬間、私は、ミラーで追越車線に車が来ていないかを確認していました。

幸い、後から車が来ていなかったので、追越車線に出るために、ハンドルをほんのわずかに右に切りました。

かなりスピードが出ていた為、ハンドルの切り具合を誤ると中央帯に激突します。

猿に当たらないようにするには、真横に出ることになるので、さらに危険なハンドル操作になります。

右に出てすぐ、今度はかすかにハンドルを左に切ります。

それを、コンマ何秒かの一瞬でやりました。

猿はギリギリのところで当たらずにすみました。

助手席にいた元夫は 「うわー」 と声を出していました。

どう計算しても避けれない距離とスピードと角度だったからです。

”絶対に轢く! と思った” と、元夫は言っていました。

さらに、右にハンドルを切った時は、 ”事故る! 終わりや!” と思ったそうです。

こうして文章にすると、どれほどのミラクルだったのかが、いまいち伝わらないかもしれませんが、瞬間的なとっさの判断、神業ともいえるハンドルの切り方、後続車が来ていなかったこと、など、すべてが神様に助けてもらったとしか考えられません。

助手席にいた元夫が 「奇跡・・・としか言いようがない・・・」 と驚いていました。

もう一つは、前職の仕事中のことです。

車で利用者さん宅に行っている途中で、会社の携帯が鳴りました。

走っていたのは、片側1車線の普通の道路です。

信号が青に変わった直後で、発進してすぐの時でした。

私はどこから着信があったのか、携帯を手に取って確認しました。

普段はそんなことをしないのですが、その日は急ぎの連絡が入ることになっていた為、つい手に取ってしまったのでした。

確認を終えて、次に前方を見た時に 「!!!」 と心臓が凍りつきました。

前の車が停車していたのです。

車間距離は2メートルくらいに迫っていました。

その時、私はアクセルを踏んでいたわけで、加速中だったのです。

急ブレーキを踏みましたが、制動距離の方が車間距離より長いであろうことは明確でした。

心の中で ”ああ、これはぶつかる” と冷静に判断していました。

それが、急ブレーキが信じられないくらいものすごく効いて、車はギリギリで止まったのです。

運転席から見て、 ”絶対にぶつかってるとしか思えない” ところに、前の車がありました。

多分、1ミリとか2ミリとか、本当に寸前のところで停車したのだと思います。

これも、神様に助けてもらったとしか考えられません。

こういう場合、助けに来てくれた神様は、感謝してほしくて助けているわけではないし、その行為を誇示したいわけでもないので、助け終わると私には声をかけずにそのままサ~ッとお帰りになります。

ですので、どこの神様か、ということが、わからないのです。

私に縁をくれている神様の中のどなたか、というのは確実ですが、どの神様が助けに来てくれたのかはわかりません。

こういう時、誰にどうお礼を言えばいいのかと言うと、堅苦しく考えずに、シンプルにお礼を言えばいいと思います。

私はその場ですぐに手を合わせ、 ”大きな声で” お礼を言っています。

どの神様かわからないので、 「神様! ありがとうございます! おかげさまで助かりました。本当にありがとうございました」 という感じで、呼びかけは ”神様” にして、心から感謝しています。

これで十分、助けてくれた神様には届いていますので、後々、どの神様だったのか考えたり、お礼に行かなくてはと考えたりしなくても大丈夫です。

ちなみに私は運転を始めて30年以上たちますが、事故ったことはもちろん、わずかにかすったりこすったりして、車に傷をつけたことすら、一度もありません。

いつもギリギリで神様が助けて下さいます。

昨日書いたように、縁をくれる神様がいるということは、このように本当にありがたいことなのです。

一つでも多くの縁をいただけるよう、これからも精進していきたいと思っています。





お手間でなければ、応援のクリックをいただけると嬉しいです。
(^-^)
ひっそりとスピリチュアルしています-ブログランキングへ



AD