鶴林寺とお不動さん

テーマ:

兵庫県加古川市に鶴林寺というお寺があります。

聖徳太子が建立した精舎が始まりで、その後、慈覚大師円仁が薬師如来を作って国家安泰を祈願し、天台宗になったというお寺です。

このお寺のことはずいぶん前に知人から聞いて存在は知っていましたが、特に興味はなく、何年も記憶の中に眠ったままでした。

それが先日、ふと記憶の中からよみがえり、何故か ”行かねば” という気持ちになりました。

ですが、地方の小さなお寺というイメージがあって、やっぱりそんなに興味が湧かず、しばらくそのままでした。

すると、日を追うごとに 鶴林寺 鶴林寺 鶴林寺 と頭の中で大きくなり、 ”あー、わかったわかった、行くから~” という感じで参拝に訪れてみました。

境内に入って、まず本堂に行くと、ここの仏様は秘仏の為、扉がしっかり閉じられていて、見ることが出来ませんでした。

それから国宝の太子堂を外観だけ見学し、観音堂にも入ってみましたが、ピンとくるものがありません。

その向こうには護摩堂があります。

小さなお堂だし、不動明王ののぼりがはためいていましたが、お不動さんは縁をもらっているところがすでにあるので、 ”ここはいいや” と通り過ぎようとしました。

通り過ぎる瞬間、つまり護摩堂のちょうど真横に来た時に、急に激しくむせました。

何も食べていないし、何も飲んでいません。

普通にてくてく歩いていただけなのに、気管の方に唾液が入り、死ぬほどゴホゴホしました。

こんなことは人生で初めてです。

護摩堂のお不動さんが呼んでいるということなので、引き返して、お堂の中をのぞいてみました。 (中には入れないようになっています)

内部はビックリするほど簡素な作りで、非常にスッキリしています・・・というか、スッキリし過ぎなのでは? というくらいです。

”え? お不動さんをこんな扱いでいいの?” と思ったら、 ”これくらいで良いのだ” と聞こえました。

”お前に火の玉をやろう” とこのお不動さんが言います。 (ここでお不動さんの背の燃える火が、グレープフルーツ大の玉になって、いくつも分離しているのが見えました) 

火の玉をもらってどうするんだろう? と、言われた意味がわかりません。

お不動さんは火を自在に操れます。

激しく強い火で悪いものを焼き尽くしたりするのです。

その火のかけら、小玉になった火を投げられるようにしてやる、というのです。

お不動さんによると、私はお不動さんの火を借りて、敵 (悪霊とか) を火で包む、火でゴーッと焼く、ほどの能力はまだない、ということでした。

でも、お不動さんの火を玉にしたものを借りて、それを投げるくらいの能力はある、と言うのです。

そして、その投げ方を教えてもらいました。

お礼を言って、その護摩堂を離れ、 ”昔だったらかなりの田舎だったであろうここに、こんなお不動さんがいるとは・・・” と驚きました。

もらったパンフレットによると、鎌倉~室町時代、この鶴林寺は全盛期だったようで、その時はとても大きかったようです。

護摩堂を離れつつ、お不動さんの火を使うなどという、そんな事態に遭遇することがあるのだろうか・・・? と思いました。

最後に新薬師堂に入ってみました。

ここには薬師如来像と日光・月光菩薩像、十二神将像があります。

ここだけに限らず、薬師如来と日光・月光菩薩の三体の仏様は、三体をまとめて拝んでもいいし、別個に拝んでもいいです。

日光・月光菩薩を薬師如来とは別に、日光菩薩、月光菩薩、と個々に拝めば、それぞれ別なものが受け取れると思います。

どちらもそれなりに力があるからです。

真ん中の薬師如来だけを代表として拝めば、両菩薩は脇から薬師如来がくれる光にパワーを加えます。

薬師如来の額のポッチリ (正式名称は白毫です) から出る光が、両菩薩の出すパワーでバージョンアップされる感じです。

京都の薬師寺は月光菩薩が強いので、別個に拝んだ方がいいかもしれません。

さて、鶴林寺のこの三体ですが、何かこう、薄く感じられました。

こちらからの願いは届いているようで、薬師如来から光は出ます。

ですが、仏像自体のオーラが薄いというか、何か薄紙一枚隔てた感じなのです。

そこで、目の前に説明書きがしてあるのが目に入りました。

この三体は60年に一度しか公開されないご本尊の分身で、普段は拝めないご本尊をいつでも拝めるように、と江戸時代に作った像なのだそうです。

ははぁ、なるほど、と思いました。

それで、こちらからの願いはちゃんとご本尊に届くし、ご本尊からの光もこの仏像を通して届くようになっていたのです。


うまくシステム化されています。

地方の小さなお寺だと思っていましたが、なかなかいいお寺です。

この数日後、お不動さんの火の玉を投げてみる機会がありました。




※ 続きます。






お不動さんがいた護摩堂です。
ひっそりとスピリチュアルしています-鶴林寺01





撮影禁止ではなかったので、お不動さんにお断りして、一枚撮らせてもらいました。内部がとても簡素です。
ひっそりとスピリチュアルしています-鶴林寺02






薬師如来と日光・月光菩薩です。
ひっそりとスピリチュアルしています-鶴林寺03





違う角度から撮ってみました。
ひっそりとスピリチュアルしています-鶴林寺04





クリックしてもらえると嬉しいです~。 (*^_^*)
ひっそりとスピリチュアルしています-ブログランキングへ
 このバナーをクリックしてもらえると、ブログランキングというサイトに点数が入ります。(1人1日1回のみ)


多くの方にクリックをしていただければ、ランキングの上位になるので、初めてランキングサイトを訪れた人に読んでもらえる可能性が高くなります。


1人でも多くの方に読んでもらえたらいいな、と思って、日々頑張って書いておりますので、クリックをしていただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします。
(*^_^*)





AD