過去世のヒント

テーマ:
お手間でなければ、応援のクリックをいただけると嬉しいです。
(^-^)
ひっそりとスピリチュアルしています-ブログランキングへ



元夫が忠臣蔵を好きだと知ったのは、結婚してかなり経ってからでした。

そこで「昔、日本テレビ系で放映された忠臣蔵は名作だったよね」と言うと、元夫はこのドラマを見ていないとのことでした。(キャストは内蔵助が里美浩太郎さん、吉良が森繁久彌さん、浅野内匠頭が風間杜夫さんのドラマです)

早速、DVDを借りてきて、2人で見ました。(10年くらい前の話です)

このドラマは感動する場面が数多くあるのですが、私が泣けたのは、四十七士の処分について荻生徂徠と林大学頭が話し合う場面です。

四十七士は忠義の士である、それを切腹させてしまったら、今後どうやって忠誠心を説くのかと林大学頭が言います。

荻生徂徠は、いたずらに生き長らえれば忠義の士の名を汚す者も出てくる、花は散ってこそ花であり、彼らを世間の泥に汚させたくないと言います。

そこで林大学頭が「そうは思わん、思いとうはない」と言って泣くのです。(記憶違いがあったらすみません)

忠臣蔵にそんなに興味がない私でも感動するシーンですが、元夫は声を出して激しく泣いていました。

なんでそこまで・・・? というくらいですが、元夫は多分、この事件に関係した人物だったのだと思います。

四十七士かもしれないし、四十七士ではないにしても、その家族とか、討ち入りを陰で支援した人とか、討ち入り不参加組で早々に浪人になった元赤穂藩士だったとか、そのへんかもしれません。

元夫の誕生日は、松の廊下事件の日、すなわち、浅野内匠頭の命日です。

私と一緒になった時に内輪で披露宴をしたのですが、人生の晴れ舞台に当たるその日は、討ち入りの日でした。(会場の都合で偶然そうなりました)

そして忠臣蔵が大好きなのです。

好きだとか興味がある事件、時代は、自分がそこにいた可能性があります。

ちなみに私は忠臣蔵の時は日本に生まれていなかったので、そんなに興味はありません。

私が強烈に惹かれていたのは、平安時代の宮廷文化でした。

枕草子の、縁側に大きな青い瓶を置いてそこに満開の桜の枝を差していた、という部分を読んだ時に、胸がきゅんとして、それ知ってる! と思いました。

牛車だの寝殿造りだの十二単や狩衣、和歌を枝に付けるとか、すべてにワクワクしていました。

大人になったら絶対に几帳(布を張った衝立です)を買おう、と思っていたくらいです。

後に、平安時代の前世を思い出し、やっぱりその時代にいたんだ、と思いました。

飛行機が大好きなのもそうです。

上空にいる時間はみんな退屈だと言いますが、私はそれが好きで長いフライトも苦ではありません。

離陸・着陸時もウキウキします。

ただ、飛行機に乗る通路を通る時に、頭に”死出の旅”といつも浮かんでいました。

この通路を歩いて、飛行機に乗ってしまったら、帰る通路はない、と何故か必ず考えてしまい、飛行機が墜落するのでは? と思ったりしていました。

特攻隊の前世を思い出して、やっと「なるほど」と納得がいきました。

特攻隊と言えば、まだ何も思い出していない時に、テレビで戦争の特集をやっていたことがあります。

最初の夫の実家にいた時です。

敵艦に向かって特攻機が突っ込んでいくのですが、砲撃されて海に墜落したり、何機かは敵艦に命中したりしていました。

まだ前世を思い出していない時ですから、何の感情もなく見ているのに、涙がボロボロ流れて止まりません。

悲しいわけではないのです。

それなのに、涙が後から後から流れて止まらず、自分でも訳がわかりませんでした。

最初の夫の父親がそれを見て、慌ててチャンネルを変えたのを覚えています。

脳は全く反応していないのに、魂はちゃんと覚えていて、自然と反応するのですね。

エストニアという国に行った時も不思議体験をしました。

タリンという世界遺産になっている歴史地区での出来事です。

そこには教会がいくつかあったのですが、行った日は何故かどの教会もすべて閉まっていました。

町を歩き回っていると、一つだけ、開いている教会がありました。

教会が好きなので「やった~」と喜んで入りました。

入って、祭壇の正面に立った時に、ものすごい恐怖を覚えました。

祭壇中央に扉があって、あの戸が開いて出てきたらどうしよう! と強く思うのです。

「誰が出てきて、何が怖いのか?」と理性で私は考えますが、体は勝手に反応して、足がブルブル震えます。

怖くて怖くて、足の震えは止まりません。

「大丈夫、生まれ変わって別人になっているから」と自分に言い聞かせても駄目でした。

恐怖で心臓もドキドキして汗も出てくるし、仕方なく教会を出ました。

出口を一歩出た瞬間に、足のガクガクした震えがピタッと止まりました。

何だったんだろう・・・? と思いましたが、気にせず観光を続けました。

夕方になり、フィンランドに戻るフェリーに乗る時のことです。

待合ロビーは人でごった返していて、並んでいてもなかなか前に進みません。

すると急に、出国出来ないかもしれない! と恐怖と緊張が襲ってきました。

見つかるかも! どうしよう、見つかりませんように! などと考えています。

なんだこの感情は、と冷静な私は思うのですが、魂が勝手に反応して、緊張で汗びっしょりになり手が震えます。

やっと列が進み始めましたが、私のところでストップがかかりました。

一度にたくさんは乗れないので、止めただけです。

それなのに私は、やっぱり見つかった! もう駄目だあぁー! とパニックになって、心臓がバクバクして手足が震え、恐怖のあまり卒倒しそうになりました。

そこで係員が「OK」と行かせてくれたので、なんとか平静を装ってヨロヨロと歩きました。

自分は”政治犯”だったということはわかるのですが、どの時代の誰なのか、他は一切思い出せません。

記憶に鍵をかけているようです。

ですが、魂はどうしても反応してしまうのです。

面白いです。

戦国時代に興味があれば、その時代にいたのだろうし、中世の舞踏会にワクワクするのなら、そこにいたのだと思います。

映画の西部劇に興味がある、グラディエーターのようなローマ時代が好き等、惹きつけられるものには理由があります。

アンティーク家具が好きとか、そういう”モノ”に対する思いも、過去世の関係だと思います。

それらの感情を注意深くみていると、過去世がおぼろげながら見えてきますので、一度じっくり観察してみてはいかがでしょう。

何かを思い出すきっかけになるかもしれません。



最後にポチっと押してもらえると嬉しいです~。

ひっそりとスピリチュアルしています-ブログランキングへ
 このバナー、もしくは冒頭のクマのバナーをクリックしてもらえると、ブログランキングというサイトに点数が入ります。(1人1日1回のみ。バナーはどちらか一方のクリックで点が入ります)

多くの方にクリックをしていただければ、ランキングの上位になるので、初めてランキングサイトを訪れた人に読んでもらえる可能性が高くなります。

1人でも多くの方に読んでもらえたらいいなと思って、頑張って書いておりますので、クリックをしていただけたら嬉しいです。
よろしくお願いします。

AD

リブログ(1)

  • ”過去世のヒント”

    桜井識子さんの過去世のヒントから、わかった私の前世。初めて訪れたのに懐かしく感じた空港から上海までの道のりと、上海。とても素敵な気持ちでした✨20年前は、なんだろう⁉️この感覚、と、不思議に思っていましたが、今なら、私、中国にいた事がある‼️と、強く思います✨なので、古樹茶とご縁があっても、不思議は…

    Hiromi

    2017-03-18 20:05:40

リブログ一覧を見る