至近距離の電撃結婚。

テーマ:

油断していた。

思いっきり、近い友人が電撃結婚

まさか、“電撃結婚の報告”を真っ昼間に私ひとりで浴びるとは、

想像もしていなかった。

かなり驚いたが、伊達に33年生きていない。

鳥肌だけで済ますことができた。

...つもり。

彼女とランチのため、郊外のイタリアンに向かった。

私のお気に入りのお店だ。

前菜がテーブルに出たとたん、

「実は結婚することになったの。」

...どうりでお迎えの車はBMWで、

ワタシをランチに誘うわけだ。


彼とは6年前に友人を介して知り合い、

それぞれ恋人との別れを繰り返し

今年2月に再会し、結婚を決意した。

彼女は今年の1月まで別の男性と同棲していた。

旦那さまと再会したのは2月なのだから、問題はない。

「きっと、神様は次のカードを出す準備をしていたんだね。」

と、ついロマンチッカーな事を言ってしまった。


彼女のこれまでにはいろいろとあったから

本当に嬉しく思う。ホント。

こうやって、役にも(ネタ)立ってる。

友人に自分の幸せを話すのも、楽しいだろう。

つい、のろけ過ぎるのも許せてしまう。

良かった、良かった。

私にも、そんな事があった。

自分の彼氏は世界一素敵だと思った。

キアヌで五分だと思ってた。

けれど1年ほどで、キアヌの圧勝だという事に気付いた。

今から、彼女の結婚式の2次会が楽しみ♪

出逢いの絶好のチャンス!!

びっくりさせられたけど、ただでは起きないぞ!

おい!神!カード用意しておけ!

私に!

AD

結婚への最長ルート。

テーマ:

彼女はいつもうつむいて「結婚したい...」とつぶやく。

彼女は某食品会社に勤めている。

コンビ二に並ぶ商品などを企画する仕事だ。

とても良い仕事だと私は思う。

彼女は私の友人の中でもグンを抜いた結婚願望を持つ人。

「誰でもいい。誰でもいい。年収500万で十分。贅沢は言わない。毎日食べさせてくれればそれでいい。

早く仕事辞めたい。毎日ごろごろしたい。」

・・・・・。

主婦に対しては、憎しみに近い感情を持っている。

「楽して、ずるい!!」

・・・・・。

彼女の結婚願望には、キラキラしたものがない。

恋愛期間への憧れはない。

彼女には、以前から<結婚情報サービス会社>を勧めている。

彼女はもうその域に達している。

目的が明確なのだから、あとは徹すればいいのだ。悪いことではない。

しかし、

彼女は念仏を唱えるだけで、具体的に動こうとはしない。

そんな彼女が数ヶ月前からフィットネスクラブに通い始めた。

いい兆し!と私は嬉しく思った。

彼女は上半身にコンプレックスを持っている。小さくしたいらしい。

...なのに、ベンチプレスをしている...。

「見て、これぇ。」と二の腕にできたコブを見せてくれた。マヌケだ。

彼女に足りないもの...いや、欠落しているもの。

それは、“チャンスをつかむ準備”

次に、“目的を見据えた行動”

これが全くできていない。

加えて“同姓から好意を持たれること”

これは今の彼女にはまだ高度過ぎて酷なリクエストだろうか?

まず、外見。

彼女はもともと顔立ちははっきりしているのだから、

きちんとメイクさえすれば映えるのである。

いつもアドバイスしているのだが、いっこうに変化はない。

面長を気にしているが、面長を強調したヘアスタイル。

インターネットはほとんどしないのに、私より高い利用料を支払っている。

TVはほとんど見ないのに、100チャンネルを持つケーブルTVと契約している。

何してるんだ。

つまり、“ぐうたら”なのだ。

「誰でもいい。」と言うわりには話を進めていくといろいろ条件が出てくる。

これが、20歳の小娘なら許されるかもしれないが、

まもなく34歳になる彼女。

「誰でもいい。」は謙虚ではない。

同姓として、同じ年齢の者として、恥ずかしい。

今のままでは、

異性はもちろん、同姓の友人にも紹介できない。

口を開けば「仕事を辞めたいから、結婚したい。主婦になりたい。」なのだから...。

彼女は今、「結婚」から最も遠いところにいる。

「結婚」には、つながってさえいないルートの上にいる。

そんな彼女と先日食事をした。

帰宅するとPCに彼女からのメールが届いていた。

「早く主婦になりたーい!」

しばらく面会拒絶。

AD

憧れさせてよ、既婚者。

テーマ:

小樽に住む友人から、久しぶりに電話がかかってきた。
私もこのところ<クラブ>の方が忙しかったので、
遠方の友人とはますます付き合いが薄くなっていた。

電話がかかってきた時も、
新規メンバー向けの<サービス案内・利用規約>を
制作中だったが、キレのいいところだったのでゆっくり話すことに決めた。

特に、用事があっての電話ではないらしい。

彼女は独身時、アパレルメーカーのストアマネージャーをしていた。
いつも、年下のスタッフのマネージメントに苦悩していたが
私達友人の中では一番独立した女だった。
彼女はドラマティックな恋愛の末結婚した。

確か彼女とは、去年の末に話した以来だ。
旦那様が出張先で浮気をしていたことが発覚。
早朝にかかってくる電話を不信に思った彼女が、
旦那様の携帯メールを見て発覚した。

今や“定番”となった<旦那様の浮気発覚ルート>に私はテンションダウン。
・・・が、まだまだ。
旦那様のSMプレイのSという新たな趣味も発覚。
これには彼女もまいったらしい。
浮気相手のメールに情事の詳細が書かれていたらしい。

彼女はそれを彼に話した。
すると、彼はトランクス一枚で土下座して
彼女と小学2年生になる子供のいない生活なんて考えられない・・・と
泣きながら謝ったという。

なんてブザマなんだろう。

翌日、信じられない事が起こった。
彼は携帯をロックした。
「また、おまえが見たらショックを受けるから」らしい。
M女とは関係を続けるという宣誓だ。
早朝の電話は続いた。

そして、仲直りを求め彼女をベッドに誘った。
彼女はそれを知りつつ、寝た。
ブザマな2人。
せめて、しばらくは拒否してよ。


・・・そうだ。
<クラブ>が忙しくなって、連絡を断っていたのではなかった。
可愛そうだけど、女として情けない彼女に呆れてしまって、
距離を置いたのだった。

仕事が忙しいからと、友人と距離を置くような私ではない!ない!
・・・よかった。

しかし、時間の経過のせいか、年末に感じていた彼女への思いも薄くなり1セット(約2時間)は話したい気分になっていた。

彼女は、最近子供も手がかからなくなってきて、
日中に時間ができるようになった。何かしようと思うが、今ひとつ面倒で、
体が重くて寝ているという。
加えて、自分は<オバサン化>してきたように思うと嘆いていた。

彼女は気づいていないようだけど、
彼女の口調はもう随分前からナマっている。
地方のそれではなく、変に語尾が伸びたりして<オバサン語>になっている。

きっと、太っているんだろうなぁと想像してしまう。

その後も、不満とあせりを感じながらも、ぐうたらしている・・・を繰り返す。
ジェニファーロペスペネロペクルスの話もスムーズにできない。
区別がつかないからだ。
近所に出かける時のファッションは<テリー伊藤>だそうだ。
また、うんざりしてきた・・・テンションダウン。

既婚女性はこんな彼女を叱って欲しい!

あなたみたいな女性がいるから、我々は<三食昼寝付き>と言われるのだと。こんな既婚女性ばかりではないはずだ。

独身女性もこんな彼女を叱って欲しい!
あなたみたいな女性がいるから、我々は<結婚>に憧れられずに、
独身でいるのだ・・・と。

ん?

もちろん、私たちは小娘ではないのだから、
結婚=Happy!!なんて安直には考えてはいない。

でも、Happyな既婚者に結婚生活を見せつけられて、
うっとりと結婚に憧れるようなエピソードで、心が動かなければ
ゆっくりアヒル親子アロマが効いたバスルームで
1時間も2時間も過ごせる、この<心地よい独身生活>から抜け出せない。


・・・アヒル親子は片親だ。
どんないきさつがあったのか妄想してしまう。


さて、彼女を救出するプランを立てるとしよう。



AD