<食事>。

ワタシの<異性の判断基準>はこれ。

食事は、生涯し続けるもの。

しかも、毎日。

しかも、3回。(基本的に)


食事のとり方に、

その人の子供頃から現在までの<ライフスタイル>が見ることができる、

とワタシは思う。

次に挙げたのは、<外食>の場合。


-判断ポイント-

1、お店の選択

2、著しい偏食者ではないか

3、お店のスタッフへの態度

4、食べ方

5、デザート


1を誤解しないで欲しいのは、

何も高級なお店だと、高得点!というわけではなく、

あくまで<自分にとってどうか>ということ。


まぁ、たいがい初めての食事であれば

男性なら‘ちょい良さげ’なお店を選ぶだろう。(ガンバレ!)


‘なじみ’のお店に連れて行ってくれるかもしれない。

店に入ったとたん、店主やスタッフと慣れた挨拶をかわす彼の姿も良い。



2は、以前付き合っていた人が偏食者で、

食事の度に「あれがダメ、これもダメ。」と

つまらない思いしたから。

食事のたびに‘つまらない’のだから、たまらない。


別れた。


それが別れる理由の全てではないけれど、

ひょっとすると原点だったのかもしれない。

これも、自分も偏食者であれば楽しいのかもしれない。

一緒に、

「ピーマン苦っがぁ~い♪」って言えたら楽しいハズ。


3の<お店のスタッフへの対応>は最重要項目。

もしも、横柄な態度などとったものなら、


許さん。


その態度はいつか、ワタシに対してとる態度になる。

・・・それもそうだけど、そもそもお店のスタッフに客であることをいい事に

偉そうに振舞うこと自体、おかしい。


4の<食事のとり方>は、もう言うまでもないかな。

これには、‘育ち’とか‘品’が自然に出てしまう。

大げさかもしれないけれど、幼少時や親がどんな人とか

大きな背景まで見えるような・・・そんな気がする。

これは、それぞれ個人の感じ方だから、自分が良ければそれでいい。


5のデザートは、これは上級者。

以前、仕事の関係者とイタリアンを食べに行って

最後に「ドルチェは(食べる)?」と聞かれた。


彼は、<ドルチェ>と言ってもサマになる人でもあるのだけれど、

デザートに気を使えるなんて・・・これはかなり、かなり素敵だ。


どんなお店でもいい。

デザートを勧める気遣いはすばらしい。

しかも一緒に楽しんで食べる。


「甘いものが好き」という男性に女性はなぜか反応する。

以前、「紅茶にケーキが好き」という男性に、女性達が反応したパーティがあった。

他にルックス的に華のある人もいたけれど、

紅茶ケーキ君は、女性達と話が弾んでいた。



食事に見る判断は、異性だけではない。

同姓でも同じ。


ワタシの場合、同姓は女性になるのだけれど

以前、一緒にピッツァを食べた彼女は

ひとかじりして、顔が見えないほどうつむいた。


まずくてガッカリしたのではない。

モグモグするのが恥ずかしいこと、だったのだ。


違う!

ピッツァは、大口開けてモグモグ、アムアムする食べものだ。

イタリアンは陽気に楽しく食べるもの。

これがワタシのイタリアン。


彼女とは、たわいもない話題も、やはりなんとなく合わなかった。



食事以外のワタシが異性を判断する独自のポイントは、


中山美穂が好きかどうか。


彼女のことを好きな人とは続かない。

ワタシは中山美穂が嫌いではない。

あくまでワタシの統計学。


中山美穂が好きか尋ねて

ミポリン大好き♪どうして?」

と嬉しそうに答えたら、


ないな、この人。

終了。








AD

女の価値。

テーマ:

先日、友人Aと長電話。


友人Aはワタシと同じ33歳・独身。

結婚は、そのうち派」である。

ちなみに、他「今すぐ派」「あきらめ派」がある。


今、ワタシは遅ればせながら、当クラブのサイトを制作中。


ワタシ「まさか、自分が‘サイト’を作るようになるなんて思わなかったなぁ。」

友人A「10年前には出来なかった事、知らなかった事が今はできるようになってるよね。」

ワタシ「いろんな経験もしちゃったしね。」

友人A「した。」


一般的に、女性は歳を取るほど「恋愛」の分野で価値が下がる。

「女は27歳まで。」と、張り切って言う殿方は

北海道で言うと【セイコーマート(コンビニ)】くらい出くわす。

(スタバくらい...と言えないのが残念。)


が、どうだろう?

複雑な人間関係の中、仕事をこなし、

失恋をいくつも乗り越え、豊富な知識を身に付けた

30代の女性達の価値は、むしろ上がっているのではないだろうか?


と、友人Aに話すと

「言えてる。それ、言えてる。」


が、やはり世の中「若い女はいいなぁ。」である。

そんな事はわかっている。

それは放っておいて...


30代の女性は自分の価値をしっかりと見定めて欲しい。

世の中の風潮などに流されてはいけない。

乗り越えてきたいくつもの試練、悔しさや経験から身に付けたを持って、

たらんたらんの男性に嫁ぐことはない。


理想は高くて結構!

年齢を聞かれたら、堂々と応えよ!

なんなら、一つ足して言えるくらいの余裕を持て!



死ぬまで「歳だから...」なんて言わないよ。







人気blogランキングへ







AD

男を年収で呼ぶ女。

テーマ:

X「先週さぁ、円山においしいお店見つけたよ。今度行こうよ。」

マリア「誰と行ったの?」

X「Sさん。」

マリア「誰それ?」

X「あぁ、1000万。」

マリア「あぁ、ハイ。」


いつものワタシ達の会話。

(ちなみにあと、800万と2000万と500万以下と呼ばれる人達がいる。)

もし、盗聴されていたら、なんという女どもだ!と思われるだろう。

この会話から、多くの人が友人Xをどのような女性と想像するかは想像がつく。


高飛車(死語?)

生意気

お金だけ

派手そう

遊んでそう

美人なだけ

...こんなところだろうか?


よくある、「あなたはどんな男性が好きですか?」の問いに

「やさしくて、頼りがいがある人でぇ...顔は関係ありません。性格重視です。」

これが模範回答だろうか?


なぜ?

なぜ、「性格重視」は正当で「外見重視」や「年収重視」はいけないのか?

全て、その人の一部なのに。


性格が良いなんて、今どき希少。

外見が良いなんて、一緒にいると良い環境

年収がいいなんて、きっと仕事ができるのね、頼もしい。


1つでも持っている人は素敵だと思う。

どこに魅力を感じても不思議はない。

しかし、外見・年収に魅力を感じる子は

世間から「悪い女」呼ばわり。

そもそも世間とか風潮って何?誰?


...おっと話を戻して。


友人Xは、とても頭のいい女性。

ズルイという意味ではなく。

ちょっと悪ぶってるところはあるけれど、それは遊びだ。

なぜ悪ぶるのか...女も30歳を超えるといろいろいろあってそうなる。

ワタシもよくやるから、ワカルワカルワカル...


彼女は、「年収」で男性を呼んでいるけれど、

実はそう言いながら、「内容」を見ている。


それを自分では認めないのだけれど(カワイイじゃないか!)、

「彼がこんなことを言った。嬉しかった。」

「彼の友人はみんな良い人で驚いた。今日は楽しかった。」って、ちゃんと相手を見ている。


もちろん年収にもしっかり魅力を感じていることは否定しない。

でも、年収が良いのって誰もが望んでいることじゃない?

日本ではお金の事を口にするがタブー

な、だけじゃない?


彼女はちょっと悪ぶってるだけ。

周りに悪ぶって男性を年収で呼んでる女性がいたら

「この子、悪ぶってるけれど、そうじゃないんだろうな。」

というでどうぞ話してみて欲しい。

きっと、さほど悪い子ではないはず。



...ちなみにワタシは、かなりの面食い。

...芸能人で言うと八嶋智人。

そう、ヤッシーです。

ヤッシー最高!


「では、確認のVTRです!」(←ヤッシーが首をかしげた。)





め、面食いでしょう?











AD