憧れさせてよ、既婚者。

テーマ:

小樽に住む友人から、久しぶりに電話がかかってきた。
私もこのところ<クラブ>の方が忙しかったので、
遠方の友人とはますます付き合いが薄くなっていた。

電話がかかってきた時も、
新規メンバー向けの<サービス案内・利用規約>を
制作中だったが、キレのいいところだったのでゆっくり話すことに決めた。

特に、用事があっての電話ではないらしい。

彼女は独身時、アパレルメーカーのストアマネージャーをしていた。
いつも、年下のスタッフのマネージメントに苦悩していたが
私達友人の中では一番独立した女だった。
彼女はドラマティックな恋愛の末結婚した。

確か彼女とは、去年の末に話した以来だ。
旦那様が出張先で浮気をしていたことが発覚。
早朝にかかってくる電話を不信に思った彼女が、
旦那様の携帯メールを見て発覚した。

今や“定番”となった<旦那様の浮気発覚ルート>に私はテンションダウン。
・・・が、まだまだ。
旦那様のSMプレイのSという新たな趣味も発覚。
これには彼女もまいったらしい。
浮気相手のメールに情事の詳細が書かれていたらしい。

彼女はそれを彼に話した。
すると、彼はトランクス一枚で土下座して
彼女と小学2年生になる子供のいない生活なんて考えられない・・・と
泣きながら謝ったという。

なんてブザマなんだろう。

翌日、信じられない事が起こった。
彼は携帯をロックした。
「また、おまえが見たらショックを受けるから」らしい。
M女とは関係を続けるという宣誓だ。
早朝の電話は続いた。

そして、仲直りを求め彼女をベッドに誘った。
彼女はそれを知りつつ、寝た。
ブザマな2人。
せめて、しばらくは拒否してよ。


・・・そうだ。
<クラブ>が忙しくなって、連絡を断っていたのではなかった。
可愛そうだけど、女として情けない彼女に呆れてしまって、
距離を置いたのだった。

仕事が忙しいからと、友人と距離を置くような私ではない!ない!
・・・よかった。

しかし、時間の経過のせいか、年末に感じていた彼女への思いも薄くなり1セット(約2時間)は話したい気分になっていた。

彼女は、最近子供も手がかからなくなってきて、
日中に時間ができるようになった。何かしようと思うが、今ひとつ面倒で、
体が重くて寝ているという。
加えて、自分は<オバサン化>してきたように思うと嘆いていた。

彼女は気づいていないようだけど、
彼女の口調はもう随分前からナマっている。
地方のそれではなく、変に語尾が伸びたりして<オバサン語>になっている。

きっと、太っているんだろうなぁと想像してしまう。

その後も、不満とあせりを感じながらも、ぐうたらしている・・・を繰り返す。
ジェニファーロペスペネロペクルスの話もスムーズにできない。
区別がつかないからだ。
近所に出かける時のファッションは<テリー伊藤>だそうだ。
また、うんざりしてきた・・・テンションダウン。

既婚女性はこんな彼女を叱って欲しい!

あなたみたいな女性がいるから、我々は<三食昼寝付き>と言われるのだと。こんな既婚女性ばかりではないはずだ。

独身女性もこんな彼女を叱って欲しい!
あなたみたいな女性がいるから、我々は<結婚>に憧れられずに、
独身でいるのだ・・・と。

ん?

もちろん、私たちは小娘ではないのだから、
結婚=Happy!!なんて安直には考えてはいない。

でも、Happyな既婚者に結婚生活を見せつけられて、
うっとりと結婚に憧れるようなエピソードで、心が動かなければ
ゆっくりアヒル親子アロマが効いたバスルームで
1時間も2時間も過ごせる、この<心地よい独身生活>から抜け出せない。


・・・アヒル親子は片親だ。
どんないきさつがあったのか妄想してしまう。


さて、彼女を救出するプランを立てるとしよう。



AD

親愛なるゲイトモ。

テーマ:
この3日間、熱が出た。
頭痛もひどい。
体中が痛い。
寝起きに必ず飲む牛乳が切れていた。
実はこれが一番こたえた。

向かいのマンションにゲイの友人が住んでいる。
TEL・・・・♪
30分ほどで、牛乳を2本と果物と自分が読む雑誌を持って来てくれた。
ホットミルクを作ってくれる。サンキュー。

「どうしたの?大丈夫?」
彼のルックスはお見事。一緒に人前に出るのは誇らしい。
羨望の眼差しはワタシを通り越して彼に注がれる。
ワタシだってそこそこだが、彼にはかなわない。

彼が持ってきた雑誌にワタシと同業者のコラムが載っている。
読んで聞かせてくれる。オマケに的を得た、批評付き。
熱があること忘れて、ワタシも負けじと批評。

30分ほどして、携帯を枕元に置いて
「電話していいよ。」と言って部屋から出ていった。

彼氏とデートらしい。

うらやましい。
彼の彼氏がうらやましい。

今、シングルの男女比はどうなっているのだろう?
彼らの存在から確実に女2人は余ってる。
内、1人はワタシなのかな?
じゃあ、もう1人の女性とワタシがペアになれば残りなし。
選ぶとしたら、ワタシの女友達の中から誰を選ぶ?

不毛な妄想だ。やめよう。寝よう。


AD

異性との友情。

テーマ:

異性との友情。
今まで何度、数多くの人との会話の中で話しただろう。

先日、友人Rと食事をした。
彼女は、ワタシと同じ歳の33歳。
かなりセンスがいい。知的でルックスもいい。
先日も、インテリア誌にRの部屋が掲載された。
ワタシも何度かお呼ばれしているのだが、まだ訪問していない。
インテリア誌に掲載された部屋は、
やはり彼女のセンスで満たされていた。



食事を終えて、2件目はワタシの仕事の打合せも兼ねたお店へ。
アルコールはもちろん充実したお店で、2人ともカフェオレを飲みながら
例の話に・・・。
ワタシから持ちかけてみた。
Rの話には、男性の友人の話はすでに何度か出ているので
<異性との友情肯定派>なのはもうわかっている。

「異性の友人がいない人」の話をしてみる。

ワタシ「異性の友人がいない人って、異性の友人の話をすると
すぐ、“あなたに(ワタシの事)気があるんじゃない?”とか、
“その人とそのうち付き合うんじゃない?”っていうから、
話が前に進まないしとっても不愉快!あの疑うような、さぐるような目
見ながら言う!彼女達って男とは“付き合う”か“食事もしない”か
どっちかしかないのかな?」

と、話しながら言われた時のこと思い出して
つい感情が入ってしまった。

「そういう人達は可愛そうなんだよ。そういう感覚ないんだから。」
ワタシ「とってもいいのにね。」
「いいのにね。・・・私は男性の方が話し易いの。」
ワタシ「わかる!私もそうだから。」


実際、ワタシには同じ歳の33歳と42歳の男友達がいる。
2人とも10年程の付き合いになる。
ワタシの友人の中で信用性は最も高い2人。
2人とも、ワタシがどうしようもなく壊れてしまった時に
忍耐強く励ましてくれた。
これ以上ないというくらい、
惨めで哀れなワタシをさらけ出しても彼らは動じなかった。
33歳と42歳は知人ではない。それぞれにワタシを見ていてくれた。

Rにその話をした。
Rはカフェオレを飲みながら、きっと自分の異性の友人を
重ね合わせて聞いていただろう。


急にさっき、Rが話した
「そういう人達は可愛そうなんだよ。そういう感覚ないんだから。」を思い出した。
ワタシ「ワタシ達って、男の人に聞いて欲しい話がある時とか、
男の人を必要とするときに、友達で解決できてるじゃない?
だから、どうしても彼氏欲しい!!っていう危機感が薄いんじゃないかな?」
「そうかもしれない・・・。」

沈黙・・・。

そう、これって少しマズイのかもしれない。
そんな気がした。
だって、2人とも“いつかは結婚”を考えているのだから
このままではいけないのだ。
でも、きっとしばらくはこのままだろう。



ワタシには今まで、同姓の友人はいることはいるのだが、
同じ趣味や感性の近い人がいないので、同姓の友人と話に夢中になる事は殆んどなかった。
でも、彼女Rとひょんな事から再会して、話すうちにとうとう話の合う
同姓友人を見つけたかも!と最近密かに喜んでいる。

先日会った日の後も、しばらく彼女の事ばかり考えていた。
“彼女、こんな事話していたな・・・”

“彼女ならこの花をどう挿すだろう?”

えっ!

これはちょっと恋の始まりの感覚に似ている。
もしかして?

・・・もしかしない。
ワタシは、ノーマル
恋愛対象は男性、男性。





AD