***◆ホロニック自社ブランド HOTEL SETRE 施設一覧◆***

※2013年夏 びわ湖にセトレ3号店OPEN (滋賀県)
開業準備室Facebook → http://www.facebook.com/hotelsetre.BiwakoMarina

※海辺の絶景宿でココロとカラダをリセット(神戸市)
HOTEL SETRE → http://www.hotelsetre.com/

※森の絶景宿(姫路市)
SETRE Highlandvilla → http://www.hotelsetre-himeji.com/

*******************************************************
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-12-08 12:31:43

コンセプトルーム協議会

テーマ:ブログ

 

姫路セトレでは現在2階3室の客室の改修を計画しています。


各所でお世話になる」「ワイスワイス」「和える」「森の学校」それぞれ3社とのコラボレーションルームです。


各社に共通しているキーワードは「ソーシャル」と「デザイン」


つまり「社会的なテーマ」(森の保存、維持/伝統産業の継承/フェアトレードなど)を追求している企業であること、そしてそれを「デザイン」という切り口で消費者に寄り添っているところです


つまり・・・デザイン(という手法)の力で社会的テーマを解決していこうという姿勢です

 

昨日はそのプランが披露されていました

 

和えるさんは「明珍火箸」という姫路ではほぼ絶滅してしまっている伝統産業の技を活かそうとしています(絶滅寸前ですが、実は世界の名だたるアーティストがその音色で音楽創作活動を行っているということです)

 

森の学校さんは全面「西粟倉のヒノキ」

といった具合にまさに客室づくりという概念を超えています。


しかし、大変ワクワクする内容になってきています!

 

これは言うまでもありませんが、日本初の取り組みに間違いありません

 

今どこのホテルも、その地域材を活用して空間を設えるスタイルが増えてきました

 

私的にはそれは「ショールーム型」

 

しかし、私達が今回取り組もうとしているのは「ショールーム」ではありません

 

まさに地域の材(財)とつながって、それに触れ、感じて、体感して、発見して、活かす、・・・)などしっかり体感してもらうまさに「劇場型舞台」としてのホテルです
まさにそれに近づく取り組みが展開されています!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-12-07 00:00:00

おでん選手権?

テーマ:ブログ

 

セトレマリーナでお世話になるレイクスファーム様を訪れ野菜と触れる機会をいただきました。


いつもながら様々な発見があるわけですが、この日は少し収穫させていただいたサツマイモやカブを使ってビニールハウスで昼食を食べさせてもらいました。


ミネラルを与えた野菜の味わいは、そうでないものよりも、食べやすく、味わいのある仕上がりになるようです


そんな野菜たちと一緒になぜか、厨房5人による「おでん選手権」も同時開催されていました。


5人の精鋭がそれぞれの考える具材、出汁で展開されていました。


参加者全員の投票制でしたが、見事おでん初挑戦の菩提寺さんがぶっちぎりでした!

おめでとうございます!!

 

何はともあれ、野菜園へ出向き、ストイックな体験だけでなく、食体験だけでなく、このようなレジャー要素があると楽しみも倍増になる。


まさに「エデュケーション」と「エンターテイメント」が組み合わさった「エデュテーメント」でコトの価値があがる!と思った一日でした。


これをお客さんに発信できる機会になればいいなあ~と!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-12-06 10:17:23

日本タウン誌大賞受賞

テーマ:ブログ

 

長崎セトレでお世話になる「楽」さんが全国のタウン誌、フリーペーパーの媒体の最高賞を受賞されました!

 http://award.nicoanet.jp/tm_01_grand_prix.php

 

個人的には「楽」は単なるタウン誌ではないとても優れた切り口で地域にフォーカスされているメディアだと思っています。


ガイド本でもないし、観光といった街来者向けに便利な雑誌でもありません。

 

むしろ地元に住み、従事する人が、地元に誇りを持てるような素敵な風土や文化などの情報、また硬いことだけでなく、「知って、遊ぶ」を軸に発信しているとても稀有な存在です。


ゆえに、大衆的ではないものの好きな人にとって圧倒的な支持を受けています

 

そんな雑誌がタウン誌とはいえ全国で評価されたことは、私達にとっても嬉しいことです

 

セトレの楽ラウンジも紹介されていますが、まさにホテルがメディアとつながっている象徴的な事例がここで実現出来たのではないかと思います。


私達にとっても誇らしい話だと思います。


以下にセトレも紹介された文面を表記します

 

2008年7月。樂のコンセプトは「知る、遊ぶ」。大人が知って楽しめる切り口とデザインで、いつまでも手元に保存してもらえるよう普遍的な情報に特化している。制作に携わっているクリエイティブスタッフ20名あまりは創刊号からほとんど変わらず、独立したクリエイターが集まりチームとなって樂を作り上げている。昨年は樂の世界観に共感した企業(ホテル)が樂と樂の特集に関連する長崎の本を陳列した本棚のあるロビー「樂ラウンジ」を開設し、県内外で話題となっている。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。