Cool&Funで全てはうまくいく。セラピストのためのブランディング講座。ホロニックアカデミーセラピストプロデュース。

セラピストとして、講師をしたりセミナーをしたりする方へのバイブルブログ。

セラピストという、プロと素人の境界線がはっきりしにくい業界だからこそ、ブランディングをしてプロ化。講師はプロ化で依頼が殺到し、幸せになる!!!


テーマ:

 

サロン内の掲示物が変わるだけで、イメージはガラッと変わります。でもどう変えたら良いかわからない。そんな時うちのサロンではこんな取り組みをしました。

 

 

まずは全部外してみた。

すごく、どこにでもあるサロンです(笑)

掲示物もよくある感じです。

 

 

お客様が見たら、

「ダッセーな」

とは思わないかもしれません。

 

 

でも、感動するかどうかと考えたら

答えはNO!!!

 

 

ブランド化されたセラピストなら

お客様を感動レベルに持ってこなきゃだめ!

 

 

ちょこっといじってもダメだこれは

よし!全部外そう!

 

 

全部外したら真っ白に!!!!

何年ぶり?笑

 

 

意外とシンプルに何もなくてもカッコイイな

と思いました。

 

 

ただこれをカッコよく、素敵にするにはどうしよう。。。

考えているだけでは何も進まない。。。

 

 

そして完成図ばかり考えても莫大すぎてやる気がでない。

 

 

よし!

まずは「改造中」を貼っちゃえ!!!

 

 

ということで誕生したのが

改造中のポスター

 

rebranding now!

いまブランディングしてま〜す!

という告知をかっこよくしてみました!

 

 

 

すごくいい感じ!!!

 

これがゴールではないのに満足感が

でてきてしまった(笑)

 

 

少しずつコンセプトが見えてきたので

できるところから変えていきました!!!

 

まずはマンスリーアロマオイルのポップ

かっこいい〜♪

スタッフレイちゃん、天才です!!!

 

 

ブランディングと言うのは

単にお金をかけることではありません。

 

出来ることを考えて最大限に努力することが

ブランディングです!!

 

 

新しいイメージが決まらない。。。

そんな方は

「ブランディングなう」をぜひ面白く

貼ってみて下さい!!!

 

 

 

私たちホロニックアカデミーにセラピストプロデュースをお願いしたい方はこちらをご覧ください。

 

>セラピストプロデュース詳細はこちら<

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

掲示物、ポップにはとりあえず英語を入れてみる。

そんなルールを決めたらいきなりサロンがかっこよくなりました!!!

 

 

うちのルール!英語をいれること

うちのサロン、ホロニックに

掲示物や印刷物作成の際のルールがあります。

 

 

それは「英語をいれること

 

 

必ず何かしら英語を入れようね

というルールがあります。

 

 

もちろん僕以外に英語を話せるスタッフはいません(笑)

 

 

するとこういうメモが僕のデスクに

置いてあることがあります。笑

 

 

なんで英語なのかというと

英語はカッコイイからです。

 

 

海外の方が明らかにデザインを

重視したブランディングです。

 

 

 

掲示物、ポップにはとりあえず英語を入れてみる。

そんなルールを決めたらいきなりサロンがかっこよくなりました。

 

 

かっこよく

ここは何か違う!

良いものが学べそう!

そうなふうに思わせるには

 

 

技術は大前提として

「雰囲気を出すこと」が大事。

 

英語わからない?気にしない!

 

リップクリームのポップも

こんなにカッコよくなります!!!

 

 

でも、みんな英語出来るわけじゃないので

こういうミスが見つかることも多々あります(笑)

 

 

お気づきですか??

 

 

そうです。

Best seller のはずがVest sellerになってますね(笑)

 

 

先ほどのタオルもこんな風に。

カッコイ〜♪

 

 

徐々に統一感が出てきました!

 

日本人向け?関係ない!

ターゲットは外国人じゃないので。。。

そんなことは関係ありません!!!

 

外国人向けに英語を入れるのではなく

日本人向けにデザインとして英語をいれます。

 

つまり、文法などはルーズでOK

まず使って見ましょう!!!

 

ポイントは英語がわからない人も

意味は通じる様な場所で使うことです。

 

例えばこの

「タオルご自由に使ってね」ポップ。

トイレに置いてあります。

 

wipe your hands!(これで手を拭いてね)

という意味がわからなくても

トイレでこんなにタオルたたんであったら

使って良いんだな〜って理解できます。

 

 

 

お店がない人も、告知の画像づくりや

フェイスブックの投稿にだって同じことが言えますよ!

 

 

 

みんなプロなので技術はある程度良いものを持ってるはず。

ならばコンセプトや雰囲気で違いを。

 

 

ホロニックアカデミーに、あなたのトータルプロデュースを

依頼する場合、こちらをご覧ください

 

>プロデュース詳細をチェック<

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

セラピストにとって、SNSでの集客はマスト。みんなが自撮りしてるからとりあえず自撮りしなきゃだめ?やってることをそんなに明かさなきゃだめ?私自信のSNS投稿のルールをご紹介します。

 

 

写真はすぐに投稿しない

 

イケてる写真が撮れたとき、盛れた写真が撮れたとき、

面白い写真が撮れたとき、

 

 

すぐにFBにアップしたい!!!

 

 

そう思いますよね。

早くみんなに見せたい!!!

この気持は良くわかります。

 

しかし!!!!

SNSで集客を考えているセラピストは

すぐに写真は投稿せずに一息置きましょうね。

 

必ずメッセージを載せる

 

写真を投稿すると同時に、この写真をみて何を伝えたいのかを明確にする必要があります。

 

せっかくいい写真が撮れたのに、メッセージもなく

ただ単に「いい写真が撮れました」という投稿だと

カナリもったいない事になります。

 

伝えたいメッセージ、観て欲しいリンクなど

しっかりと文章を準備した上で投稿しましょう!

 

いい写真があるということは、メッセージも見てもらいやすくなりますよ!

 

ロゴを入れてオフィシャル感をだす

 

 

僕のフェイスブックをみていただければわかりますが

写真の投稿には弊社のロゴが入っています。

 

ロゴが隅に入っていることにより

オフィシャル感がでます。

 

これはお申込みをもらう上ではとっても大事。

 

もちろんロゴを入れるにはわざわざ撮った写真に編集してロゴを合成しないといけないわけですから、面倒です!

でも集客のため!!!

 

 

明るくしてちょっと良くする。

 

 

過度の加工は禁物です!ただ全体的に明るくした写真と言うのはすごく良い雰囲気を与えます。

 

もちろん明るく加工するには若干の手間がかかります。

手間がかかることをする。これがブランド化されたセラピスト!

 

 

僕の投稿のルール

①普段からいい写真をたくさん撮る

②撮った写真を明るくする

③撮った写真にロゴを入れる

④伝えたいメッセージを考える

⑤メッセージと合わせて投稿する

 

いい写真が撮れたとき、

 

「早く投稿したいな〜〜〜」

ってことよくあります(笑)

 

でもSNSで集客をしている「プロ」

であるなら、そういうところに時間と手間をかける。

 

これが普段日常的に出来ている人と

いい写真をバンバン投稿している人で

 

全体的な雰囲気の差が出てきます。

 

 

ハッキリ行って、気づく人しか気付かないようなことです。

でもこれが潜在的にあなたのビジネスのロゴが刷り込まれ

 

ロゴ=「プロ」

 

お申込みするなら→プロ

 

 

というようになるんです。

 

 

目指せブランドセラピスト

セラピストがブランド化されれば

お客様、情報、仲間すべて向こうから集まってきます。

そんなセラピストを目指して、少しづつ小さなことから

「プロらしい」セラピストを目指しましょう!!!

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。