今からでもできる楽々営業イノベーション。村本和賀南の「1分ネタ」

いかに感情を整理して市場・組織の場を創るのか?というIT&産業新興の地域活性ネタ書いてます。


テーマ:


売り手市場と言われる今、
資金調達が可能な企業か
有望市場にのれている企業
あるいは
トップニッチの企業
以外は
なかなか人材を確保できず

かといって
コストが膨らむ
幹部のレールではない
管理職が増える
一方の状況です。


入社当時から
30歳代までに
会社をいつやめても
いい準備資金をためたり
ステップアップの
ための資格やスクール
通っていたり
自分の評価額を
転職サイトのスカウトに
判断
してもらったり

そんな活動をしていない
キリギリス50歳代
突然、会社の部門構成や
吸収合併など
サラリーマンでいるには
時代が大きく変わって
右往左往する
時代となってきました。


たとえ
有名大学を卒業しても

他部署をわたったり
小さな会社で
トップを経験していなければ
普通の求人は
35歳まで
地方でも
40歳まで
が主流の価値

判断する求人ばかりです。

年代がませば
学歴はじゃまになるばかりで
疲れる即戦力が待っています。
黄金期の働きが
期待されます。


都心でバリバリやってれば
なんだかんだ言ったって
今いる環境と
他の環境では
黄金期の環境と違って
ぬるさを感じたりするでしょう。
そして、それなりの
サラリーでしょう。

ある意味、
お殿様が小粒でいっぱいの
戦国時代

既得権益者の枠組みが
大きい転換期にある
江戸末期

第二次大戦終了直後
なのですから
人に従うなら
選択を戦略的にする必要が
ありますが
独立するなら投機的に
楽しいかもしれません。




生き方に対する考えは
人それぞれですので
正解はありません。

ひとつ言えるのは
どんな選択でも
生きていくために
人として誠実ささえ
あれば

それでいいのではないでしょうか?



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

IT経営ギャップ解消コーチP@村本和賀南さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント