ホリスティックボディ holistic-body

    ホリスティックなマッサージとレッスンで自然なつながりをもつ身体と動きをサポートします

   痛みやこりを手技によって解放されたい方にはマッサージを
   痛みやこりを作っている原因から自律したい方にはアレクサンダーテクニークレッスンを


テーマ:

前置きとして、、

 

トミーさんは40年以上アレクサンダー・テクニークを伝え続け、そしてATIというUSのアレクサンダー・テクニーク国際組織を立ち上げた一人でもあります。

 

彼のレッスンはいつも、深い洞察と、詩のような動きと、ユーモアと、色気に満ちています。

 

アレクサンダー・テクニークを学ぶにあたり、私はトミーから多大な影響を受けていて私のレッスンのあらゆるところでトミーの教えが出てきます。

 

それ以外に、

 

バレエを踊っている時に、トミーの教えを思い出す場面がとても多いです。

(トミーの奥様はダンサーでした)

 

先日スタジオにレッスンに行って、なんとなく感じました。

”ここには何にもなくて、全部ある”

そしてそんな思いつきに、あぁここは天国かもしれない・・・と感じます。

 

それくらいに、ダンスは、動きは、生きているということは、面白くて惹かれてしまう。

 

ダンスをしているときは、意識・無意識を含む自分の全部が表出しています。

それに気が付くと、ダンスを含むあらゆる場面に発見と、変化と、創造性がうまれてきます。

 

トミーの文章は、だいぶ長いストーリーです。

 

時間のある時にゆっくりと、また何度かにわけても良いと思うので

良かったらお読みください。

 

私が読み返すためにも、ここにUPさせていただきました♪

 

----------------------------------------------------------

「アレクサンダー・テクニークの1つの解釈」 トミー・トンプソン

 

回転する世界の静止点で、
肉体があるとか、肉体が無いとかでなく、
どこからとか、どこへというわけでもない

その静止点には、踊りがある

捕われでも、動きでもない
それを固定と呼んではいけない
過去と未来が集う所
どこから来る動きでも、どこへの動きでもない
昇るわけでも、降りるわけでもない
その静止点以外には、踊りはない
そこには、ただ踊りだけがある

 

T .S. エリオット

 

 

何年も前、わたしは小さな女の子とワークした。

アナと呼ぶことにしよう。

彼女は 7 歳だった。

母親と 父親は離婚寸前で、無理もないことだが、彼女の感情は揺れ動いていた。

アナには、少し脊柱側彎(背 骨が横方向にカーブしている状態)があった。

状況は深刻なものではなかったが、彼女は身体を片側に 引き込んでいた。

家庭状況から起きる緊張が、それをひどくしていて、肩を下方向に強く引き、まるで 自分自身を抱きかかえるかのようだった。

父親がアナをレッスンに連れてきて、わたしが彼女にワーク することで、脊柱側彎によりひどくなっていた肩の下方向と内側への引き下げは減り、完全になくなる までになった。

 

問題のある肩に、血液とエネルギーが突然流れ出したので、経験から、わたしはアナが気絶しないかと 心配した。

どう感じるか彼女に聞いたら、目まいがすると言うので、教えるときに使うテーブルの上に 彼女に横になってもらった。

少し元気になったので、目まいを感じる前にはどうだったかを尋ねた。

彼 女は、「檻の中のトラのようだった。」と答えてくれた。

 

縛り付けられ抑圧された感情は、彼女にとっては、強固に閉じ込める檻のようなものだった。少し後に、 テーブルの上で彼女にワークしながら、「どう、アナ? 今はどう感じる?」と尋ねた。

彼女は「サー カスのピエロのようだわ。」と答えてくれた。

エネルギーが動き出したのだ。

トラはピエロに変わり、 檻はサーカスになった。少し後に、ワークをさらに続けながら「いまはどう、アナ?」と尋ねると、「電 球のようだわ。」と答えた。

 

アナは、両親の争いで動けなくなっていた「自分自身」を放射していた。

彼女の小さな命は、負の影響 を与えていた外側の力とは異なる何かとつながった。

彼女がそのレッスンを、自分自身に微笑むことの できる体験に変えるのを見たので、「アナ、いまは何を体験している?」ともう一度聞いた。「ええと。 誰かが電球のスイッチを切ったみたい。でも電球はまだあるし、内側はおだやかに光っているわ。」と 答えた。小さな女の子がそれを言ったのだ。そのレッスンを見ていた父親は、泣き出した。彼の娘は、 ゆったりした気分になり、安全を感じることができ、外部の世界の気まぐれな矛盾の影響を受けずに済 むようになっていた。

 

確かに、人のコントロールの及ばない状況や出来事は起こる。

でも直接的な体験によって、自分自身の 内なる存在が、自分と生活全体との間にある深い関連性から生じるサポートを持っている、と知ったな らば、「荒れ狂う運命からの投石や矢」は、その人の火を静めたり消すことはできない。その火は輝き で望みであって、自分の習慣的なアイデンティティの下に隠れているが、もっと大きなものに属してい て、その一部なのだ。

 

どのようにアナの話がアレクサンダー・テクニークと関係するのだろうか。わたしたちの身体の中には、 姿勢反射のメカニズムがあり、毎瞬毎瞬にバランスを取っている。邪魔がなければ、それはうまく働き、 わたしたちの動きを楽に、優雅に、流動性を持つものにしてくれる。日々の生活の責任を果たしながら 他の人と交わるときに、目的感と幸福感をもたらす。しかし、わたしたちが、もしそのメカニズム(す なわち姿勢反射)の邪魔をしたら、代償を払わなくてはならない。

 

ここに、問題がある。

 

身体は、わたしたちが「自分自身」という感覚を表すものだ。その身体に対して、余り親しみを持てな いため、わたしたちは、何かを「行うこと」や「しがみつく」ことで、自分へのサポート(支え)を作 りだし、バラバラにならないようにする。

 

例えて言えば、わたしたちは新生児のようなものだ。

へその緒が切られたその瞬間に、赤ちゃんは生存 できるかどうかを危うく感じるだろう。必要な栄養源と繋がっていた優しい糸が切られるときに、空間 が現れ、要求が充たされなくてはならない。そして、それからすぐに安全が得られなければ(すなわち、 誰かがすぐに抱いてくれなければ)、小さな自分だけがサポートだという危ない状態になる(そして、 繋がりを排除するという状態にまで至る)。

 

この考えはもちろん間違っている。サポートがあるという事実は、消えるわけではない。繋がりについ ての気づきが消えるだけで、それは相互作用的に働く。赤ちゃんは、手を伸ばす反射があるので、手を 伸ばそうとするし、大人は保護者としてそれに反応する。ところが、大人が反応しなければ、手を伸ば したその子は、次の機会を待たなくてはならない。待っている間、その子は自分自身でサポートを作り 出し始める。

 

まだ幼い生命が、自分の周りについてのある種の気づきから行動を始めるとき、繋がりを失うときには、 自分自身を相互依存しない存在だと定義してしまう。「アイデンティティの習慣」(注1) の動きを使ってサ ポートを作りだす。わたしたちは、自分を「相互依存する存在」(注 2) と考えなくなる。その結果、他人の 真似をしようとする。自分にサポートの気づきがなく、それにアクセスすることができない人たちの真 似を。

 

実際的に言って、わたしたちの体験をサポートがあるものにするためには、いかに、そしていつその相 互作用の邪魔しているか、見つけなければならない。

調和のないやり方をさらに悪くせずに、全体の気 づきに戻らなくてはならない。

でもその体験は、サポートがあることに人が気づいているときだけ可能 になる。

 

それがないと、随意筋を使い、姿勢反射と筋肉反応の邪魔をする。

すると、希望や夢、願望を 達成しようとして、わたしたちが設計されている意図とは異なった方法で自分を使う。

そのとき、一日 を生きることは、楽しみよりも努力が多くなる。

関係性は作られず、互いに支えにならず、重荷の多い ものになる。

明確な目的があっても、動きに懸命な努力を要するならば、活き活きとした状態からの喜 び、生活の絶え間のない「踊り」の中で共に動くことから起こる喜びは、どこにあるのだろう。

 

F.マサイアス. アレクサンダーが言ったのは、統一状態をもう一度手に入れるためには、「完全に立ち止 まり、全てのものが統一体であると思い、意識的でシンプルな生活に戻ること」(「個人の建設的で意 識的はコントロール」)だった。この存在のシンプルな状態に戻るための彼の「手段(ミーンズ)」は、 進行中の「現在」の毎瞬毎瞬の変化にコミットすることだった。

 

彼は、どのような目的・ゴール・「結 果」を頭に描き追い求めるときにも、自分の使い方を、高度に鍛錬された方法で観察することが必要だ と教えた。

 

アレクサンダーが「完全に立ち止まる」で意味したのは、そのときに見つけた建設的でない、全体の調 和を乱すいかなる反応への同意も差し控えることだった。そのときに、気づきを広げ、全く違った反応 を行う。これを達成するためには、特定の「手段(ミーンズ)」を使うことになる。それにより、姿勢 反射が働くように注意を向ける、姿勢反射の機能は相互作用的にできているので、気づきと知覚の統一 場を作り上げる。

 

彼がテクニークを進化させた期間に自分に観察したことと違いはなく、彼のメソッドを他の人に教える ときに、信頼できない運動感覚(自分がどう動いているかの感覚)が、学びの主要な躓きの石であるこ とを、アレクサンダーは見つけた。「しっくりくるように感じたい」ために、人がいつも自分になじみ のある動きをしてしまうことを確信した。この問題に対処するために、彼は手を使い、習慣的な反応と 非習慣的な反応の両方の運動感覚を教える方法を編み出した。先生が手を使うことで、習慣的な反応で 動いてしまう人に、失われた運動感覚の情報を与えることができる。

 

前のなじんだ方法を手放すことは、生徒に不安を感じさせる。しかしアレクサンダー教師の手が、自分 は一部しか気づきのない切り離された人ではなく、全体的で完全な人であることの自信を持たせるので、 生徒は前の信頼できない習慣を安心して手放す。人はそのとき動き始め、人間有機体の設計にそって、 自分の周囲と相互作用的な関係を持つ。生徒は自分の内なる支えのシステムがある事を知覚し、認識し、 それがあると感じる。必要で適正な事の他には、「何かを行う」必要は少なくなる。

 

アレクサンダー・テクニークは、自分のいろいろな運動感覚のなかから、習慣とアイデンティティに密 接に結びつくものが何かを識別することを教える。

そして学習した多くの行動の中から、建設的で相互 に役立つ反応の邪魔となるものを、どう取り除くかを教える。

気づかなかった振る舞いのパターンを知 り、それを続けないことを選択するための実際的な方法としてこの学びを使うことは、学びの幅と関係 の質、人間の可能性を拡げてくれる。

変化をもたらすことと非習慣的な選択を行うことに興味を持つ全 ての人に、このテクニークは役立つ。

毎日の他とのふれあい、生活全体の体験の可能性が豊かになる。

 

「全ての物が統一体である」ことに、自分も含まれる喜びを体験するためには、現在(今)にいること に積極的にコミットする必要がある。

活動は全て前向きのものだとは考えられないし、何が適切かは、 「最終的な」結果の達成だけを考えるのであれば、状況によって変わる。

成し遂げたいことの「手段」に注意を払わなければ、生きる中での「移行」の瞬間を見逃してしまう。

その瞬間は、全てが可能性で、生命に向っていて、完全に相互作用・相互依存的な凝縮された全体に向 かっている。

習慣的な反応に悩まされ、責任の感覚に動かされることで、わたしたちは自分たちの相互 作用的な特性とは別に活動する。そして、しばしば、参加のきっかけを見逃してしまう。

 

「支えがあることの喜び」は、認識され、耳を傾けられ、承認されることを待っている。

それは捕まえ にくく、既知と未知の間の空間、存在の静かな場所にある。

そこでは全てが可能性で、まだ未定義の関 係性しかない。

それは、日の出や日没前の瞬間のようで、息を吸って吐くときのその間の時間にある。

生きる上の慣れた習慣的な反応を控えることで作り出す空間の中に、その喜びは潜んでいる。

 

アナの「電球」は、実際に存在している。

子供の想像の中にだけあるのではなく、関係性のシンプルな 表現として反映されている。

彼女の生命と、全ての生命との関連性の中に反映されている。

彼女のひら めきは、わたしたちは習慣のアイデンティティの下で、もっと大きなものに支えられていて、わたした ちはその一部であることを示唆している。

 

電球を明るく光らせ続けるには、瞬間々に、サポートとなる静かな所、そこからの動きでも、そこへの 動きでもない動きに参加することを必要とする。

 

そして、とりわけ「それを固定化と呼んではいけない。」

 

 

 

注1) Ken Carey, Starseed, The Third Millennium, Harper, San Francisco, 1991
注2) ベトナム人の禅僧が、「相互依存する存在」という言葉をある経典から導き出した。これは、現在に居続ける ことを意味 している。なので、「わたしはそれゆえ、あなたであり、あなたはそれゆえ、わたしである。わたしたちは、「共にある もの」 だ。」

 

 

サポートのある静かな所から動き出す
アレクサンダー・テクニークの1つの解釈
トミー・トンプソン
「Exchange」ATI Journal Vol.2 No.2 1995 より
著作権 トミー・トンプソン 版権所有

トミー・トンプソンHP

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

あけましておめでとうございます!

 

2017年が明けてはや数日!

 

私はほぼいつも通りのザ・お正月的なイベントをすごし、ほんの少し(?)ふっくらまったりとしながらの日々が始まっております。

 

さて今年、私は学びを深めつつ、そしてお仕事体制をまた少しずつ、改めて新しい気持ちで初めていこうと思います。

 

昨年は生活がひっくり返るような大きな変化がいくつかあり、体調の変化もあり、ところどころ目が回るような日々を送りました。

 

でもそれと同時に素晴らしい出会いの数々にも恵まれ、新しい生活とともに新しい方向性がみえてきました。

 

またアレクサンダー・テクニークを使うということが、人生の様々な場面、そしてバレエにおいても、とてもすごい力を発揮することを自分の身をもって深く味わえた日々でもありました。

 

私は、自分をもっともっと深めていけると感じる

 

そのくらいに、まだまだ、まだまだ、と思えてしまう

 

アレクサンダー・テクニークを必要な場面場面で使っていくと、どんな出来事があっても、そんな根拠のない自信や楽しみやエネルギーがどんどん湧き出てきます。

 

日々の中でいつの間にかかかえてしまう悩みは、もしかしたらアレクサンダー・テクニークと出会うことですんなり解決してしまうかもしれません。

 

私がもしもアレクサンダー・テクニークと出会っていなかったら、、、ということは本当に想像したくないくらい、今の私にとっては大事なパートナー的な存在です。

 

なので、アレクサンダー・テクニークは、以前の私と同じように悩みを抱えながらもどうしたら良いのかがわからない人や、自分自身がもっともっと変化していきたい人達への解決手段として、提案し続けていきたい学びなのです。

 

 

人は、変化します

 

 

今年は、そんな変化を求める方々に私が持っているものを出来る限りお伝えしていけるような「場」づくりを進めたいと思います。

 

小さな「場」から始まるとは思いますが、準備ができ次第順次ご案内してまいりますね。

 

まず今月、1月15日(日)のアレクサンダー・テクニーク教室FUN!で新しいクラスをはじめます。

 

じっくり、じっくりと自分自身との出会いを深める場にしていきたいと思います。

 

また、このブログだけでなくHPへもちょっと文章を載せて膨らませていきます。

Facbookもお休みして充電させてもらったのでまた改めて文章加えていきます。

 

今年も、ワークショップも行おうと思います♪

 

 

ただ、これまで行ってきたメニューのうち、個人のマッサージとライダウンについては、しばらくはご縁のある方々のみへのお届けになると思います。

 

今のところは、こちらの「場」づくりまではまだ手が付けられないと思います。

 

今現在、私自身が感じている自分の「質」を下げるわけにはいかないので、皆様にご提供できる日のために自分自身の学びをさらに深めておきたいと思います。

本当にすみません。

 

 

私が、私のクラスをお届けする中で学んだことの大きなひとつに、一人と一人がきちんと出会うということの大事さがあります。

 

外に出て世間を眺めていると、同じ場所にいても、お互いに話をしていても、きちんと出会っていない人達がいたり、そんな場面があることがわかります。

 

せっかくお互いに生きて出会えているのに、なんともったいない・・・

 

たとえその出会いが一瞬だとしてもそう思ってしまいます。

 

そんな学びを私のクラスが私に教えてくれたので、私はレッスンでは一人、一人と出会うことを大事にしたいと思います。

 

だから今年も、そこから、始めます

 

どうぞ今年もよろしくお願いいたします!

 

 

追記:本日、ずっと会いたいなぁと思っていた方のうちの、なんとお二人も偶然会うことが出来て、ほんの少しでしたがお話出来ました。

直接会って話せるのは、本当に嬉しいです。

そしてこんな偶然にも人との出会い運やご縁に本当に恵まれているなぁと感じます。

日々感謝です・・・♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

12月も年末がおしせまってきましたね

 

ところが昨日は、朝から海のニオイのするとても暖かく気持ちの良い風が吹き、

空も、雲も、とてもあざやかな色となり、夕方に少しだけ降った雨の後に、

自宅の真ん前に大きな大きな二重の虹がかかりました


季節の変化が大きくなっているといわれている最近ですが

昨日はまるで暖かい島にいるような、不思議な日だったような気がします。

 

さて皆様にお知らせです。

来年1月より新しいレッスンが始まります!

 

吉祥寺のアレクサンダー・テクニーク教室FUN!で新しいクラスを開設します。

 

毎月第三日曜日に2つクラスを担当させていただいているのですが

その二つ目のクラスが「AT入門」から「ATアナトミー」という名前に変わり、

時間も90分に拡大します。

 

私のレッスンは、ボディマッピングや解剖学の話を通して自分を客観的にみることをお届けすることが結構多いのですが、この時間は特に集中して出来る限りの知識をお伝えしていきたいと思い、スタジオオーナーのこうじさんと相談して名前も時間も変えることにいたしました。

 

アレクサンダー・テクニークが初めての方には、特に頭と軸骨格の関係性を

 

バレエやダンス、音楽などの自分の趣味や、仕事や生活の動きに役立てたい方には、自分自身の中であいまいになっている身体の部分や動きのしくみを詳しく

 

ケガや病気や痛みに対して自分と向き合いたい方には、ケガの仕組みや治っていく過程などのプロセスを含めて

 

解剖学や生理学の知識を自分のこととして味わいながらアレクサンダー・テクニークを使うレッスンを通して

 

”生きている”不思議さと面白さを味わえるような時間をお届けできたら良いなと思っています。

 

来月1月15日(日)(14:30~16:00)からスタートです。

詳細確認・お申込みはこちらからお願いいたします。

アレクサンダー・テクニーク教室FUN!中島麻奈美クラス紹介

 

自分と向き合って変化していきたいと願う様々な方とお会いできるのを楽しみにしています!

 

どうぞみなさまにとって良いクリスマス、そして素晴らしい年越しとなりますよう^^

 

 

 

 


 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今月、バリエーションを1曲舞台で踊らせていただく機会がありました。

 

それも無事終了し、気持ち的にもゆったりとした時間を過ごしながら思い起こすこと

 

舞台前の自主練習の時のこと

 

年下の先輩の友人(ムズカシ!)に教えてもらったこの一言「背骨が動くから、(身体が動く)んだよ~」

 

すごーくすごーく大事な言葉!

 

私は舞台に向かう時に、とても緊張してあせってしまうというクセを持っていて、アレクサンダー・テクニークの教師というお仕事をさせていただきながらも、自分のことになるとついつい知らない間にいろんなところからいろんなクセが顔を出してきます。

 

ましてや舞台がせまってくるとなおさら^^;

 

そんな時、素晴らしいタイミングで伝えてくれた一言で「はっ」と目が覚めた。

 

バレエや身体の動きに深い理解のある素晴らしい友人がいてくれることに大感謝しつつ、、、

 

 

舞台が終わったあとも、それを繰り返しながらの練習は続いています

 

バレエのレッスンだけじゃなくって、日常あらゆる場面で思い出したときに・・

 

 

背骨は自分で感じ取ることが出来ません

 

だけど、自分の芯となっていつも私を支えてくれています

 

そんな背骨たちがいつも自由でいられるようにしてあげると、気分もなにもかもがゆったりとしてくるんだなぁ・・・

 

 

ありがたや、ありがたや、です。。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

昨夜、25年来の仕事仲間が主催する晩餐会(「セラピスト晩餐会」)に招待していただき行ってきました。

 

仕事仲間である彼女は、会社員時代から同じ会社(3社変わってますがすべて一緒です)で近く働き、そして職種は違えど同じようにボディワーカーになって、そして今も時折一緒に仕事をしているという、私自身もなかなかないだろうなぁと思うご縁のある方です。

 

昔から太陽のような人だなぁ、と感じていますがそれは昨夜もまったく変わらず!

 

昨日も70名近い大勢の人達の中の中心に彼女がいて、そして全員が大盛り上がりの晩餐会となりました。

 

で、その会のテーマカラーが「Something Green」で何か緑色のものを身につけることでした。

 

私もグリーンのワンピースで向かったのですが、その場は全員緑をどこかに身につけていながらも同じ色合いの方が全くいなかったのがとても印象的。

 

服装は自由であるよりも何かひとつテーマを決めた方が個性が際立つのかもしれないなぁと思ったり。

 

とてもとても美味しい食事をしながら、ものすごいオープンな雰囲気のもとで楽しい出会いと会話を楽しんじゃいました。

 

皆さん、仕事や生活に対するそれぞれのストーリーがとても味わい深かった~♪

 

またお会いしたくなるような方に、ここでもたくさん出会えました。

 

お腹も心も満足な中、のんびり帰っていくと大きな月が空に。

 

そしてその月の下にはオリオン座!!

 

大きな月とオリオン座が照らす夜空はものすごく大きくて素晴らしかった。。

 

晩秋の良き夜でした。感謝です。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。