ホリスティックボディ holistic-body

    ホリスティックなマッサージとレッスンで自然なつながりをもつ身体と動きをサポートします

   痛みやこりを手技によって解放されたい方にはマッサージを
   痛みやこりを作っている原因から自律したい方にはアレクサンダーテクニークレッスンを


テーマ:

最近、西洋医学、東洋医学、代替医療等々あらゆる療法を使って人のすべてをみていくホリスティック医学を開拓されたグラディス・マクギャレイ博士の本を読みました。

全編、病気になったその人の心身すべてが治癒に向かう奇跡のようなプロセスが書かれていて一気読みしてしまったのだけど、特に感動したのは序章にあったマクギャレイさんの医学に対する考え方でした。

少しだけ抜粋させていただきます。

(以下抜粋)

私自身は医学とは芸術と考えている。

芸術は、教えるのも理解するのも大変な分野である。

なぜなら、芸術家の一人ひとりが、自らの持つ創造的(クリエイティブ)な精神をそこに持ち込むから・・・・。

そして、科学はあくまで、その芸術を生かすための素晴らしい道具にすぎないのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

科学としての医学は、病気の研究に取り組む。

いっぽう芸術である医学は、生命の研究に取り組む。

それは死と病に焦点を置く科学的な医学と違って、喜びに満ちた総合芸術であり、学問だと言えるだろう。

そこでは医師たちが、患者の病気ではなく、治癒を目指すパートナーとして、丸ごとの患者自身をみつめている。

パートナーとして当然ながら、患者は自分自身の癒しについて意見をもたなければいけない。・・・

(抜粋終わり)

病気になった人、ではなくて、本来健康な人がたまたま病となっている、という視点の違いは、その後の対応や治癒へのプロセスすべてに大きな方向性のズレを生じていくと思います。

そして患者本人も、医者を神様のように扱いすべて丸投げしてしまうのではなく、自分自身に起こっていることに対して責任をもって治癒のプロセスに積極的に参加していく大事さもとても感じました。

読んでいく中で、なぜかダンスとアレクサンダー・テクニークのつながりがとても深いのがあらためて良く理解できた気がするし、生命力と手段を総動員して治癒に向かった人達の話は、ひとつひとつ本当に感動しました。

病気にならずとも、自分が生きて活動しているすべて、他者や環境とかかわるすべてや健康というものにまつわるものにも芸術的な学びが満ちているのかもしれません。


最後に付録として、健全な肉体・精神・魂を維持するための10の指針が載っていました。

これはすぐ取り入れられそうなものばかりでした。
メモして自分の日々の指針にもしようと思います♪

10の指針はここには書きません。
日々の健康や生きることについて考えている方へはぜひオススメです。
文章をすべて読んでから付録にたどりつくと、よりじーんと沁みてきます♪


書籍

内なるドクター

グラディス・マクギャレイ著

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっと前になりますが、アレクサンダーの教師仲間から「鍛錬」という言葉の意味について聞いたことがあります

”鍛錬の鍛(たん)と錬(れん)という言葉には、それぞれ意味があってね

まず、鍛(たん)というのは何かをやりはじめた最初の3年を指し、その道にある初歩的な何かをまず身に付けることで

そして、錬(れん)というのはその後の30年を指し、最初の3年で身についたものを練りに練る期間なんだよ”

確かそんなような内容だったと思います



そんな言葉を結構だれでもが知っており、さらには日本の文化文芸の道における指針というようなものになっているのだなということをあらためて感じ、日本という国はすごいなぁ・・とそこで生まれて生活する国でありながらあらためて思ったのを良く覚えています。


そんな言葉から自分が今やっていることや、これまで生きてきた時間を思うと

なるほどこういうことか~、と納得することや、あぁまだまだ!と、いわゆる初心にかえるような気持ちになることがあります



今週、30年以上治療を続けていらっしゃるマッサージの師匠と呼ばせていただいている方のところへ治療にいってきました

これは私がマッサージの国家資格をとってから定期的にずっと続けさせてもらっている、私自身の練習をかねた先生への施術です

最初は週に1回でしたが、私の技術がある水準を超えたところで月1回の先生ご自身の定期メンテナンス的なものに変わりました

私はある程度年を重ねてからマッサージの仕事を始めているので、最初に書いた鍛錬の錬(れん)の時期に入ってはいるものの本当にまだまだ!の人だと思います

手から伝わる30年以上の施術を重ねた先生のお身体の状況をみるに

筋肉の質、しなやかさ、弾力は本当に20代のボディです

正直言うと、どこにも(筋肉をしなやかにするための)マッサージが必要なコリがないので、いつも”理想的なボディとは” を学ばせていただいているだけのような気もしています


生物(ヒト)は、その使い方(鍛錬)によっては、時間を重ねるごとにどんどんやわらかくしなやかになっていくのだと思います

なので30年を超えてもなお鍛錬を続けている人からは、常識的一般的な身体への考え方や時間の概念があてはまりません


本当に、憧れます!


なんだかつぶやきみたいになってしまいすみません、、、身体の感覚や、在り方や、動きに関する興味がつきないのです

読んでいただいてありがとうございます!

秋雨の中ですが、今日も元気にお過ごしください^^






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

空が少しずつ秋の様相になってきました

入道雲のさらにさらに高い場所にうろこ雲が出ているのを昨日みて、
そうか、、、秋は高いところからやってくるのかも・・とつい思ってしまいました


以前から、言葉に対して、それぞれの人が持つ背景や信念、そしてそれがもたらす本人への影響の大きさをずっと考えています

そして、それは確かに”言霊”といって良いくらいの大きな影響があるのだなと度々感じます


アレクサンダー・テクニークのレッスンでは、その人達の身体の質つくっている、頭の中にあるイメージ、そしてそのイメージを表現する言葉、そしてその言葉に対してその人が持っている意味や信念・・・というかなり奥深くの回路(迷路!?)を掘り下げていく時があります

例えば、日本人である私達の多くが影響されているこの言葉

「背中をまっすぐ」や、「背骨」という単語自体がもたらしてしまった身体の質や思考回路

ここから、実際の、生きている自分の身体に戻っていく作業の、なんとシンプルで、そしてややこしいことか!




そしてそれはレッスンで生徒さんに伝えているだけではなくて

それ以外の時間の自分自身の日々の生活の中でもいくつもおこります



最近では、

”責任感”ということに対して身体に起こる動きや

”結果”を気にするあまりの動きをしてしまったときの自分

責任感や、結果という言葉に対して持っている自分のイメージ、そして言葉を掘り下げていくと、

本当にそのオオモトにある考えはほとんど何の意味もない、つまりは手放しても良いものでした



これらは、仕事や、家庭や、バレエや、様々な場面でふと自分の中にわきおこってきます

そんな日常といわれる日々を送りながら、私は自分にとって必要のないものを少しずつ手放す瞬間を繰り返しもっています



アレクサンダー・テクニークを続けるには、「わーいわーい!」というような子供の好奇心と遊び心が必要だと思っているのですが

こういうプロセスには、大人になったからこそ感じられる「じーんとした」味わい深い側面と奥深さがあると思います

そして自分にとって必要も意味もない”信念”を手放すと、とっても身軽に感じられます♪


様々な意味で味わい深い秋がやってきますね!

とても、とても、楽しみです♪

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今月、立て続けに4本もダンス(バレエ/モダン)の舞台を観に行ってきました!!!

全てお世話になった方々が出演された舞台だったのですが、演目が様々に工夫が凝らされていてどれもすごく面白かった!

また、好きな踊りや素晴らしいダンスをたくさん観る事が出来てありがたかったです♪



そして、その舞台の何を観ているのか、の自分観察がまたひとつわかってそれもとても興味深かい発見でした


どうも、というかやはり、というか、、

私は、技術がすごい!体型が美しい!ことをみるよりも、

流れや、呼吸や、間合いや、意識や、身体全体のラインや緩急のエネルギーなど、

はっきりと目には見えない部分をより多く楽しんでみている傾向があるようです

ナチュラル・ムーブメントが好きなんですね



もちろん、両方を備えた人の踊りには心底魅せられました

日本には本当に素晴らしいダンサーが大勢いらっしゃると思います♪


あとは、自分の動きの課題として今度やってみよう、と思うことがいっぱい見つかったこと!

これもちょっと得した気分でありがたい発見でした


舞台を観に行くのは本当に楽しい!

いつまでも大事にしたい趣味のひとつです^^
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
レッスンでも時折お伝えしているし、日本に生きる私達は特にそうではないかとも感じることがあります


それは、

”人がいる中でアレクサンダー・テクニークを使うときには、最初はちょっとした勇気が必要かもしれない”

ということです


レッスンを受けていない方にとってはわかりづらいかもしれませんが、

自分に気づき、そこからアレクサンダー・テクニークを使っていくときには自分の身体には様々な微細な反応がおきはじめます

傍目からみると、それはとても繊細で小さな、でも自然で優雅な伸びとやわらかさへの変化にみえるのですが

自分自身にとっては、時にその反応は身体の全部で大波がおこっているようなすごい変化に感じる時があります

慣れていない時には特にそうだし、指先や足先などの自分の末端までが反応しているのを感じられるようになると、それはそれは大きな動きにも感じられます



そしてそういう感覚の変化を体験したレッスンの後で、

外で歩いているときや、
家族とともにいる家の中や、
会社のデスクでPCを扱っている時、
たとえば踊る人にとっては仲間とともにいるスタジオでのレッスン中に、

アレクサンダー・テクニークを、誰にも言うことなく、自分一人で、ある意味突然、取り入れる

最初は、そして慣れない間は、ほんの少し、勇気という前向きなエネルギーが必要な気がします



”自分の中に感じるかもしれない大波のような変化は、まわりの人からみるとヘンに見えるのではないかしら・・・??”

私はアレクサンダー・テクニークを習い始めてからしばらくの間は、外で使おうとするときに何度もそういう気持ちと躊躇がわき出ていました

そして今レッスンをお届けしている中で、同じような動きを持つ方に何度も出会います

逆に言うと、私達はそのくらいに周りの人の影響を受けている存在で、自分ではない人達の反応を気にしながら生きてしまっているのかもしれません
(私はどうも日本はその具合が強いのではないかとも感じています)



したがって、レッスンでは

自分の(中におこる大波の)変化は、周りの人にとってはほとんど全く気にならないことなのだ

ということも同時に学びながら身に付けていきます



自分に気づき、アレクサンダー・テクニークを使って本来の自分の身体を取り戻す練習をすると

取り戻せるのは身体だけではなく

周りに過剰に影響されない本来の自分そのものも取り戻すことが出来ていきます



ほんの少しの勇気をもって、本来の自分を取り戻すことをはじめませんか?


大きな決断や勇気は必要なくて、ほんの少し、の勇気の積み重ね

アレクサンダー・テクニークでお伝えしている「自分の使い方」

これも学びの側面のひとつ、です♪

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。