ホリスティックボディ holistic-body

    ホリスティックなマッサージとレッスンで自然なつながりをもつ身体と動きをサポートします

   痛みやこりを手技によって解放されたい方にはマッサージを
   痛みやこりを作っている原因から自律したい方にはアレクサンダーテクニークレッスンを


テーマ:

先日、NPO法人芸術家のくすり箱が主催するトレーナーミーティングに参加してきました。

 

これは、「公演ヘルスケアサポートシステム モデル構築&普及事業」の一環としてバレエ団等の団体にトレーナーがある一定期間帯同し、ダンサーのヘルスケアサポートを行うという活動報告です。

帯同の感想やメンテナンス方法を伺うという機会でして、とても興味深いお話を数多く伺うことが出来ました。

 

なかでもワタシ的に興味があったのが筋膜リリースのために使われているグラストンテクニックと、体幹のエクササイズ。

 

実は現在私自身、自分の身体を使って筋膜リリースを試しまくっておりまして、その効果と変化を興味深く味わっているところでした。

 

グラストンテクニックでは専用の器具を使用するのですが、それらはバターナイフやスプーン(!)でも代用可能だとのこと。

 

早速自宅でバターナイフを使って試してみたところ、とても繊細な筋膜の感触が伝わってきました。そしてその変化も。。なるほど~!のテクニックでした。

 

器具は、男性の施術家が女性にたいして施術する際にはとても便利だとのことでした。

確かに、たとえばですが内転筋(内もも)の筋膜リリースは手の施術では相当の信頼関係がないとやりづらいと思います。

 

グラストンテクニックが出来る施術家は現在日本では400名ほどいらっしゃるそうです。

また、いくつかのプロ野球の球団で採用されているとのことでした。

 

 

 

それから、体幹をしなやかに使えるように鍛えていく(スタビリティのモビリティのどちらもある動き)ことによって、股関節などの可動域が向上する(身体がやわらかくなる)というお話を伺いました。

 

こちらは実際に軽いエクササイズをする前後に前屈をして、その変化をみせていただきました。柔軟運動やストレッチなどは全くしていなかったのに、前屈の結果には大きな変化が出てました。

 

エクササイズをする時にも、ただ強くするのではなくて”使えるように鍛えていく”、というのはダンサーにとってとても大事な考え方だと思います。ものすごく参考になりました。

 

 

 

そして最後に、舞台が近づき緊張が高まっている方への対処法も面白かったです。

 

緊張が高まると交感神経優位となり、意識してそこを緩めるのが難しくなってきます。

その時に、唾液(だえき)を出すという目的でウォーミングアップをしたのだそうです。

 

具体的にどんな、という話はなかったのですが、副交感神経によって出る唾液のためのエクササイズは案外簡単に出来ると思います。たとえばガムを噛むとか^^

 

(唾液は交感神経にも副交感神経にも反応して出ますが、それぞれ種類が異なります。緊張しているときには口の中は粘っこくなっていると思いますが、リラックスしている時にはみずみずしい唾液が出ています)

 

ダンサーにとって、自分自身で出来るメンテナンスやエクササイズはとても大事だと思います。日々のちょっとしたときに自分の身体をケアしてあげることが、長期間でみると大きな変化となっていくからです。

 

自分のダンスを磨いて長く踊っていたい方々へのサポートがもっともっと充実するよう、私も自分に出来ることをひとつひとつやっていこうと改めて思いました。

 

ここでご紹介したことに興味のある方は、お会いできたときに聞いていただければ実際のやり方をご紹介できると思います。

 

世の中は、本当に様々な手法があり、どんどん進化していますね!

 

自分に合う方法を見つけられる本当に素晴らしい時代だと思います♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

朝晩はまだまだ寒さを感じますが、日中の暖かさが少しずつ春めいてきてますね!

 

あー、早くコートのいらない日がやって来てほしい♪ ホント待ち遠しいです

 

 

さて、4月より個人レッスンを再開します!

 

これまで奥沢で行ってきたこともあり近くで場所を探しておりましたが、自由が丘駅から徒歩2分の場所にあるバレエスタジオをお借りして行うことに決めました。

 

リノリウム床で鏡ばりなので、トウ・シューズを履いたレッスンも可能ですし、楽器演奏や歌などの音を出すこともこれまで通り可能です!(床を傷つけないシューズ及び楽器が対象です)

 

もちろん、アレクサンダー・テクニークが初めての方にとっても自分の姿勢の変化を十分に確認できると思いますよ♪

 

曜日は、これまでの午前中から変わり、木曜日の午後(15時~19時までの1時間単位)となります。

 

レッスン時間はおそらく50分位になると思います。(1時間で入退出をする必要があるため)

 

なので料金もこれまでよりも少しお安くさせていただきました。

 

本日より、4、5月の予約受付を開始いたします。

ご予約申し込みページより、ご希望の日時を選択してお申込みください。

ご予約後、私から予約確定のご連絡と場所の詳細案内をさせていただきます。

詳細確認・お申込みはこちらから

 

 

私が仕事として行っていきたいことは何か、をふとした瞬間に何度も考えます。

 

そうすると、自分に気づくことの面白さと、自分自身で変えていけることの素晴らしさを伝えていきたい、という気持ちがやはり私の中でとても大きな位置を占めていることを感じます。

 

少しずつの1歩ずつ、ですが今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 

※3月のグループレッスン受付中です♪※

3月19日(日) 3連休の真ん中です^^

詳細・お申込みはこちらからどうぞ!

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

あっという間の3月です。

 

昨日はひな祭りでしたね、私は先週いただいた桜餅とあんみつを今朝ふたつとも美味しくいただきました。(昨日じゃなくて^^)

 

毎年のことかもしれないけれども、確定申告をしてほっと一息ついたらあら3月!です。

 

今年、5回目の確定申告をしてきました。ほんとうにあっという間です。

 

時のすぎるスピードがとても早いので「今だ!」という時を逃してはいけないなとここ数年は特に感じていて、そう感じた時にはすぐに動く、ということをやっています。

 

そうしたら時の感覚が「今」しかなくなっていって「スピード」というよりは「今」だけになってしまい、ふとカレンダーを見たりスケジュールを確認したりするときに、「おお!もうこんなに時がたっている!」と小さく驚くことがたびたび。。

 

時を感じる感覚さえも、どんどん変わっていくのですね!

 

さて、これからご案内していくことが2点あります。

 

まだ準備中なのですが、自由が丘で個人レッスンを再開いたします。

時間は1時間弱になってしまいますが、その分深いレッスンが出来るようにこれまでの治療院ではなくてスタジオをお借りすることにしました。

 

そして、自宅でのマッサージ・ライダウンを再開すべく現在小さな家の中を大改造中!

こちらは女性及びお近くの方へのご案内になってしまうかもしれませんが、準備が出来たらご案内も開始しますね。

 

いろいろなことに気づいて、感じて、やってみることは、本当にとてつもなく深くて面白いことだと思います。

 

日々、そんな出会いや発見がおこっていることに本当に感謝です。

 

毎日が同じことの繰り返し、と感じている人がもしいらしたら、、、

 

小さな変化を見逃さずに観察してみてください

 

とても、とても面白い発見に満ちていますよ

 

最近の私の小さな奇跡、、小さな個人商店で買い物をしたら合計金額が「777円」でした♪

 

お店の人も大喜びで、お互い楽しい瞬間でした^^

 

コートがいらなくなるのも、あと少し、ですね!

 

どうぞお身体ご自愛くださいませ~

 

良い日々を♪

 

※次回アレクサンダー・テクニークレッスンは3月19日(日)です。

詳細はアレクサンダー・テクニーク教室FUN!からどうぞ!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今年から始まったATアナトミー

 

身体の構造や組織のことや動きのことなどを自分のこととして体感していく時間です。

 

自由に自分のやりたいことをやりたいだけなのに、なぜわざわざ解剖学的なことを学ぶ必要があるのだろう・・・?

 

時々私自身もこんな自問自答をします。

 

最近の私が考えていることは、

 

例えば、目の前に人形があったとして、、

 

その人形の腕や脚をこう動かしたい、、という思いがあったとしたら、

 

私は人形の形にそって比較的カンタンに動かすことができると思います

 

でもそれが自分のこととなるとどうしてなかなかうまく出来ないのだろう・・・?

 

そんなシンプルな疑問から始まっています

 

 

自分の構造を学ぶと、自分の身体の”形の組み合わせ”のようなものがイメージできるようになってきます。

 

それと、自分がやろうとしてもうまく出来ないことと、本来の構造を丁寧に比較していくと

 

やがて自分の身体の構造を邪魔している動きや考えが、少しずつ透けてみえてくるのです。

 

 

「その頑張りは、やる必要がない」

 

これを100%自分の頭や身体の全部で理解できた時になり、

そしてその時にはじめて自分のやりたいことはスムーズにできるようになります。

(99.9・・・・%ではまだうまく行きません)

 

 

自分のやりたい動き、でも出来ない時の原因のほとんどは、がんばりのやりすぎを自から身体に仕掛けていることから起こります。

 

それをやめていくための一つの手段として、解剖学を自分のこととして観る練習を繰り返しながら、本当に必要がないやりすぎの努力をしてしまっている箇所を発見していきます。

 

やる必要のないがんばりを発見すること

そしてレッスンでサポートを受けることで”がんばりが必要ない”という成功体験を繰り返すこと

 

自分がまったく経験したことのない新しい自分へ変化するために必要な勇気と安心を、ATアナトミーはサポートしていきます。

 

よかったらレッスンにお越しください

 

次回は2月19日(日)です。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

前置きとして、、

 

トミーさんは40年以上アレクサンダー・テクニークを伝え続け、そしてATIというUSのアレクサンダー・テクニーク国際組織を立ち上げた一人でもあります。

 

彼のレッスンはいつも、深い洞察と、詩のような動きと、ユーモアと、色気に満ちています。

 

アレクサンダー・テクニークを学ぶにあたり、私はトミーから多大な影響を受けていて私のレッスンのあらゆるところでトミーの教えが出てきます。

 

それ以外に、

 

バレエを踊っている時に、トミーの教えを思い出す場面がとても多いです。

(トミーの奥様はダンサーでした)

 

先日スタジオにレッスンに行って、なんとなく感じました。

”ここには何にもなくて、全部ある”

そしてそんな思いつきに、あぁここは天国かもしれない・・・と感じます。

 

それくらいに、ダンスは、動きは、生きているということは、面白くて惹かれてしまう。

 

ダンスをしているときは、意識・無意識を含む自分の全部が表出しています。

それに気が付くと、ダンスを含むあらゆる場面に発見と、変化と、創造性がうまれてきます。

 

トミーの文章は、だいぶ長いストーリーです。

 

時間のある時にゆっくりと、また何度かにわけても良いと思うので

良かったらお読みください。

 

私が読み返すためにも、ここにUPさせていただきました♪

 

----------------------------------------------------------

「アレクサンダー・テクニークの1つの解釈」 トミー・トンプソン

 

回転する世界の静止点で、
肉体があるとか、肉体が無いとかでなく、
どこからとか、どこへというわけでもない

その静止点には、踊りがある

捕われでも、動きでもない
それを固定と呼んではいけない
過去と未来が集う所
どこから来る動きでも、どこへの動きでもない
昇るわけでも、降りるわけでもない
その静止点以外には、踊りはない
そこには、ただ踊りだけがある

 

T .S. エリオット

 

 

何年も前、わたしは小さな女の子とワークした。

アナと呼ぶことにしよう。

彼女は 7 歳だった。

母親と 父親は離婚寸前で、無理もないことだが、彼女の感情は揺れ動いていた。

アナには、少し脊柱側彎(背 骨が横方向にカーブしている状態)があった。

状況は深刻なものではなかったが、彼女は身体を片側に 引き込んでいた。

家庭状況から起きる緊張が、それをひどくしていて、肩を下方向に強く引き、まるで 自分自身を抱きかかえるかのようだった。

父親がアナをレッスンに連れてきて、わたしが彼女にワーク することで、脊柱側彎によりひどくなっていた肩の下方向と内側への引き下げは減り、完全になくなる までになった。

 

問題のある肩に、血液とエネルギーが突然流れ出したので、経験から、わたしはアナが気絶しないかと 心配した。

どう感じるか彼女に聞いたら、目まいがすると言うので、教えるときに使うテーブルの上に 彼女に横になってもらった。

少し元気になったので、目まいを感じる前にはどうだったかを尋ねた。

彼 女は、「檻の中のトラのようだった。」と答えてくれた。

 

縛り付けられ抑圧された感情は、彼女にとっては、強固に閉じ込める檻のようなものだった。少し後に、 テーブルの上で彼女にワークしながら、「どう、アナ? 今はどう感じる?」と尋ねた。

彼女は「サー カスのピエロのようだわ。」と答えてくれた。

エネルギーが動き出したのだ。

トラはピエロに変わり、 檻はサーカスになった。少し後に、ワークをさらに続けながら「いまはどう、アナ?」と尋ねると、「電 球のようだわ。」と答えた。

 

アナは、両親の争いで動けなくなっていた「自分自身」を放射していた。

彼女の小さな命は、負の影響 を与えていた外側の力とは異なる何かとつながった。

彼女がそのレッスンを、自分自身に微笑むことの できる体験に変えるのを見たので、「アナ、いまは何を体験している?」ともう一度聞いた。「ええと。 誰かが電球のスイッチを切ったみたい。でも電球はまだあるし、内側はおだやかに光っているわ。」と 答えた。小さな女の子がそれを言ったのだ。そのレッスンを見ていた父親は、泣き出した。彼の娘は、 ゆったりした気分になり、安全を感じることができ、外部の世界の気まぐれな矛盾の影響を受けずに済 むようになっていた。

 

確かに、人のコントロールの及ばない状況や出来事は起こる。

でも直接的な体験によって、自分自身の 内なる存在が、自分と生活全体との間にある深い関連性から生じるサポートを持っている、と知ったな らば、「荒れ狂う運命からの投石や矢」は、その人の火を静めたり消すことはできない。その火は輝き で望みであって、自分の習慣的なアイデンティティの下に隠れているが、もっと大きなものに属してい て、その一部なのだ。

 

どのようにアナの話がアレクサンダー・テクニークと関係するのだろうか。わたしたちの身体の中には、 姿勢反射のメカニズムがあり、毎瞬毎瞬にバランスを取っている。邪魔がなければ、それはうまく働き、 わたしたちの動きを楽に、優雅に、流動性を持つものにしてくれる。日々の生活の責任を果たしながら 他の人と交わるときに、目的感と幸福感をもたらす。しかし、わたしたちが、もしそのメカニズム(す なわち姿勢反射)の邪魔をしたら、代償を払わなくてはならない。

 

ここに、問題がある。

 

身体は、わたしたちが「自分自身」という感覚を表すものだ。その身体に対して、余り親しみを持てな いため、わたしたちは、何かを「行うこと」や「しがみつく」ことで、自分へのサポート(支え)を作 りだし、バラバラにならないようにする。

 

例えて言えば、わたしたちは新生児のようなものだ。

へその緒が切られたその瞬間に、赤ちゃんは生存 できるかどうかを危うく感じるだろう。必要な栄養源と繋がっていた優しい糸が切られるときに、空間 が現れ、要求が充たされなくてはならない。そして、それからすぐに安全が得られなければ(すなわち、 誰かがすぐに抱いてくれなければ)、小さな自分だけがサポートだという危ない状態になる(そして、 繋がりを排除するという状態にまで至る)。

 

この考えはもちろん間違っている。サポートがあるという事実は、消えるわけではない。繋がりについ ての気づきが消えるだけで、それは相互作用的に働く。赤ちゃんは、手を伸ばす反射があるので、手を 伸ばそうとするし、大人は保護者としてそれに反応する。ところが、大人が反応しなければ、手を伸ば したその子は、次の機会を待たなくてはならない。待っている間、その子は自分自身でサポートを作り 出し始める。

 

まだ幼い生命が、自分の周りについてのある種の気づきから行動を始めるとき、繋がりを失うときには、 自分自身を相互依存しない存在だと定義してしまう。「アイデンティティの習慣」(注1) の動きを使ってサ ポートを作りだす。わたしたちは、自分を「相互依存する存在」(注 2) と考えなくなる。その結果、他人の 真似をしようとする。自分にサポートの気づきがなく、それにアクセスすることができない人たちの真 似を。

 

実際的に言って、わたしたちの体験をサポートがあるものにするためには、いかに、そしていつその相 互作用の邪魔しているか、見つけなければならない。

調和のないやり方をさらに悪くせずに、全体の気 づきに戻らなくてはならない。

でもその体験は、サポートがあることに人が気づいているときだけ可能 になる。

 

それがないと、随意筋を使い、姿勢反射と筋肉反応の邪魔をする。

すると、希望や夢、願望を 達成しようとして、わたしたちが設計されている意図とは異なった方法で自分を使う。

そのとき、一日 を生きることは、楽しみよりも努力が多くなる。

関係性は作られず、互いに支えにならず、重荷の多い ものになる。

明確な目的があっても、動きに懸命な努力を要するならば、活き活きとした状態からの喜 び、生活の絶え間のない「踊り」の中で共に動くことから起こる喜びは、どこにあるのだろう。

 

F.マサイアス. アレクサンダーが言ったのは、統一状態をもう一度手に入れるためには、「完全に立ち止 まり、全てのものが統一体であると思い、意識的でシンプルな生活に戻ること」(「個人の建設的で意 識的はコントロール」)だった。この存在のシンプルな状態に戻るための彼の「手段(ミーンズ)」は、 進行中の「現在」の毎瞬毎瞬の変化にコミットすることだった。

 

彼は、どのような目的・ゴール・「結 果」を頭に描き追い求めるときにも、自分の使い方を、高度に鍛錬された方法で観察することが必要だ と教えた。

 

アレクサンダーが「完全に立ち止まる」で意味したのは、そのときに見つけた建設的でない、全体の調 和を乱すいかなる反応への同意も差し控えることだった。そのときに、気づきを広げ、全く違った反応 を行う。これを達成するためには、特定の「手段(ミーンズ)」を使うことになる。それにより、姿勢 反射が働くように注意を向ける、姿勢反射の機能は相互作用的にできているので、気づきと知覚の統一 場を作り上げる。

 

彼がテクニークを進化させた期間に自分に観察したことと違いはなく、彼のメソッドを他の人に教える ときに、信頼できない運動感覚(自分がどう動いているかの感覚)が、学びの主要な躓きの石であるこ とを、アレクサンダーは見つけた。「しっくりくるように感じたい」ために、人がいつも自分になじみ のある動きをしてしまうことを確信した。この問題に対処するために、彼は手を使い、習慣的な反応と 非習慣的な反応の両方の運動感覚を教える方法を編み出した。先生が手を使うことで、習慣的な反応で 動いてしまう人に、失われた運動感覚の情報を与えることができる。

 

前のなじんだ方法を手放すことは、生徒に不安を感じさせる。しかしアレクサンダー教師の手が、自分 は一部しか気づきのない切り離された人ではなく、全体的で完全な人であることの自信を持たせるので、 生徒は前の信頼できない習慣を安心して手放す。人はそのとき動き始め、人間有機体の設計にそって、 自分の周囲と相互作用的な関係を持つ。生徒は自分の内なる支えのシステムがある事を知覚し、認識し、 それがあると感じる。必要で適正な事の他には、「何かを行う」必要は少なくなる。

 

アレクサンダー・テクニークは、自分のいろいろな運動感覚のなかから、習慣とアイデンティティに密 接に結びつくものが何かを識別することを教える。

そして学習した多くの行動の中から、建設的で相互 に役立つ反応の邪魔となるものを、どう取り除くかを教える。

気づかなかった振る舞いのパターンを知 り、それを続けないことを選択するための実際的な方法としてこの学びを使うことは、学びの幅と関係 の質、人間の可能性を拡げてくれる。

変化をもたらすことと非習慣的な選択を行うことに興味を持つ全 ての人に、このテクニークは役立つ。

毎日の他とのふれあい、生活全体の体験の可能性が豊かになる。

 

「全ての物が統一体である」ことに、自分も含まれる喜びを体験するためには、現在(今)にいること に積極的にコミットする必要がある。

活動は全て前向きのものだとは考えられないし、何が適切かは、 「最終的な」結果の達成だけを考えるのであれば、状況によって変わる。

成し遂げたいことの「手段」に注意を払わなければ、生きる中での「移行」の瞬間を見逃してしまう。

その瞬間は、全てが可能性で、生命に向っていて、完全に相互作用・相互依存的な凝縮された全体に向 かっている。

習慣的な反応に悩まされ、責任の感覚に動かされることで、わたしたちは自分たちの相互 作用的な特性とは別に活動する。そして、しばしば、参加のきっかけを見逃してしまう。

 

「支えがあることの喜び」は、認識され、耳を傾けられ、承認されることを待っている。

それは捕まえ にくく、既知と未知の間の空間、存在の静かな場所にある。

そこでは全てが可能性で、まだ未定義の関 係性しかない。

それは、日の出や日没前の瞬間のようで、息を吸って吐くときのその間の時間にある。

生きる上の慣れた習慣的な反応を控えることで作り出す空間の中に、その喜びは潜んでいる。

 

アナの「電球」は、実際に存在している。

子供の想像の中にだけあるのではなく、関係性のシンプルな 表現として反映されている。

彼女の生命と、全ての生命との関連性の中に反映されている。

彼女のひら めきは、わたしたちは習慣のアイデンティティの下で、もっと大きなものに支えられていて、わたした ちはその一部であることを示唆している。

 

電球を明るく光らせ続けるには、瞬間々に、サポートとなる静かな所、そこからの動きでも、そこへの 動きでもない動きに参加することを必要とする。

 

そして、とりわけ「それを固定化と呼んではいけない。」

 

 

 

注1) Ken Carey, Starseed, The Third Millennium, Harper, San Francisco, 1991
注2) ベトナム人の禅僧が、「相互依存する存在」という言葉をある経典から導き出した。これは、現在に居続ける ことを意味 している。なので、「わたしはそれゆえ、あなたであり、あなたはそれゆえ、わたしである。わたしたちは、「共にある もの」 だ。」

 

 

サポートのある静かな所から動き出す
アレクサンダー・テクニークの1つの解釈
トミー・トンプソン
「Exchange」ATI Journal Vol.2 No.2 1995 より
著作権 トミー・トンプソン 版権所有

トミー・トンプソンHP

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。