2015-09-19

ダイヤモンドヘッド朝日鑑賞とハウツリーラナイの朝食 ツアーに参加しました

テーマ:オプショナルツアー
早朝のダイヤモンドヘッドで朝日を鑑賞するツアーは、様々なバラエティがありますが、その中でも一番人気の「ハウ・ツリー・ラナイ」の朝食と組み合わせパッケージに参加しました。

dhl1


ワイキキのホテル発は午前5時過ぎ(ホテルによって異なります)、ダイヤモンドヘッドについたのは午前5時40分前で、クレーターへのゲートがオープンするまで待ちます。
まだ家々には灯りが燈っていますが、ココ・ヘッドの向こうは明るくなりつつあります。

dhl2


午前6時にゲートがオープン、クレーターの中に入り、トレイルを上り始めます。東側の空が幻想的な色に染まっていました。

dhl3


クレーターの山肌の緑も少しづつ目覚めてくるようです。

dhl4


中腹まで来て、振り返ると、明るくなってきたトレイルをのぼってくる人たちの姿が見えます。

dhl5


階段の下までやってきました。

dhl6


時刻は午前6時15分、ハナウマ湾の向こうから朝日が上ってきます。

dhl7


朝日を見てから、難所の階段へ。今はこの階段を迂回するトレイルもできているのですが、今回はチャレンジです。

dhl8


上りきって、トーチカの外へ出ました。お日様も少し高くなっています。

dhl9


頂上の展望台への道にも朝の光があたっています。

dhl10


展望台からは360度の眺望ができます。東側を見ると、太陽がすっかりのぼっていました。

dhl11


眼下には、ダイヤモンドヘッド燈台

dhl12


ワイキキの海とホテルも、夜明けを迎えました。

dhl13


後から上ってきた皆さんに場所をゆずって、展望台を下ります。

dhl14


ココヘッドは明るくなってきましたが、クレーターの中までは、まだ朝日が注いでいないようです。

dhl15


下山を開始、トンネルを出て、トレイルへ。

dhl16


くだりは20分ほどで、駐車場近くまで、戻りました。

dhl17


車に乗って、登山証明書を受取り、出発です。

dhl18


10分ほどで、ニュー・オータニ・カイマナ・ビーチ・ホテルに到着。

dhl19


先日も紹介した「ハウ・ツリー・ラナイ」へ。ツアーで予約がしてあるので、待たずにテーブルに着くことができます。

dhl21


エッグ・ベネディクトとコーヒー(または紅茶)の朝食をいただきます。

dhl20


ホテルに戻った時間は午前9時すぎ。絶景と美味しい朝食を楽しんだ充実した朝でした。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

アロハちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:おはようございます。

>キャサリンさん
この景色だけは、がんばって登らないと見ることができません。

1 ■おはようございます。

安いですねー
送迎&朝食がついて、このお値段ビックリしました。
ダイヤモンドヘッドは登らないと、あのすばらしい景色が見れないですよねぇ。。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。