「心の病」労災請求が1500人超 3年連続で最多更新

過労などが原因で精神障害となり、労災請求をした人が2015年度に1500人を超え、3年連続で過去最多となった。精神障害で労災認定された人の数は減ったが、高止まりが続いている。

厚生労働省が24日、15年度の「過労死等の労災補償状況」を公表した。精神障害で労災請求した人は1515人で、前年度比59人増。比較できる1983年度以降で最も多かった。

労災認定された人は472人で25人減ったが、過去3番目に多かった。6割が30~40代で、うち自殺や自殺未遂者は93人だった。

業種別で多かったのは道路貨物運送業や介護など医療・福祉、小売業など。原因別では、「仕事内容・仕事量の変化」「月80時間以上の残業」「2週間以上の連続勤務」など仕事量に関するものが目立ち、長時間労働が原因になっていることがうかがえる。

「脳・心臓疾患」で労災認定された人は、前年度比26人減の251人(うち死者96人)だった。減少は3年連続。業種別では道路貨物運送業が3割。労災認定された人の9割が月80時間以上の残業をしており、長時間労働の影響が出ている。(河合達郎)
AD
抗がん剤の効果、判別できる目印を発見…国立がん研究センター
2016年6月22日
非小細胞肺がんで、手術後のがん細胞の転移と抗がん剤の効果を判別できる目印を見つけたと、国立がん研究センター研究所の本田一文ユニット長らが米医学誌に発表した。
本田さんらはカナダ国立がん研究所が公開している手術後の抗がん剤の臨床研究データ(患者約130人分)を分析。手術で摘出した細胞の中に、がんが転移する際に濃度が高くなるたんぱく質「ACTN(アクチニン)4」がどれくらいあるかを調べ、抗がん剤の使用の有無と5年生存率との関係を調べた。ACTN4が高い患者群では、抗がん剤を使うと5年生存率が約80%だったのに対し、使わない場合は約25%と差が出た。
AD
認知症解明へ数万人追跡、記憶力の変化をデータに…健康な40歳以上対象
2016年6月23日

数万人規模の健康な日本人を対象に、認知症予防研究に協力してもらう国内初の登録システム「アイループ」を開発したと22日、国立精神・神経医療研究センターや国立長寿医療研究センターなどのグループが発表した。
7月5日から参加を受け付ける。半年ごとにインターネットで生活習慣などのチェックや認知機能検査を行い、集めたデータを発症予防や治療の臨床研究につなげる。
対象者は、認知症ではない40歳以上の健康な日本人。初回、ホームページで氏名や生年月日などを入力後、生活習慣、自分や家族の病歴など約160項目のアンケートへの回答を登録。記憶力を調べる簡単な認知機能検査「あたまの健康チェック」を電話で受ける。
その後は半年ごとに、同様なデータの更新を行い、同じ検査で記憶力の変化も追う。参加者が望めば、新薬の臨床研究への参加募集情報なども提供される。
国立精神・神経医療研究センターの松田博史・脳病態統合イメージングセンター長は「健康な人の中から認知症発症前の『超早期』の人を見つけ、予防に有効な治療薬の開発に役立てたい」と話している。
システムの詳細や登録については、「アイループ」の
ホームページ
で。
包茎手術でトラブル続発 高額施術・大量出血・壊死…

国民生活センターは23日、包茎手術について、不安をあおられ高額な施術を強引に勧められたり、手術後に痛みが続いたりするなどの相談が相次いでいると注意を呼びかけた。

全国の消費生活センターなどが受けた包茎手術に関する相談は2011年度から15年度の5年間で1092件あり、10~30代からの相談が大半を占める。

相談内容として、広告で手術費用が5万~10万円と掲載されていたのに、病院で「安い手術だと汚い仕上がりになる」などと説明され、50万~100万円以上の高額な施術を勧められ、その日のうちに契約し、手術してしまった、といった例が目立つという。

手術によって痛みや腫れのほか、大量に出血したり、組織が壊死(えし)したりしたという術後をめぐる相談もあった。センターは過去に手術を受けた150人にもアンケートし、約4割が施術後に何らかの不安や不満、不具合を感じていると回答した。

センターは「医学上緊急性がない場合には即日施術は避けるべき」と強調。さらに、国の指針に反して広告で安さを前面に出したり、術前術後の写真を掲載したりする医療機関を選ばないよう勧めている。

また、「悩んでいる時は泌尿器科か形成外科の診察を受け、医者がきちんと説明してくれたか、内容や金額に納得できたか、検討したうえで手術日を予約しましょう」との医師のコメントを紹介し、注意を促している。詳しい内容は、センターの公表資料(http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20160623_2.pdf)に掲載している。

東京に本拠を置く医療問題弁護団の有志は26日午前10時~午後3時、包茎手術被害の電話相談(03・6869・8452)を無料で受け付ける。

朝日新聞社


持病のぜんそくは水泳でよくなる 体も鍛えて一石二鳥 五輪メダリストらによる指導も

ぜんそくを患う子供を対象にした水泳教室が増えている。水泳は、気道が潤って呼吸困難の発作を起こしにくいことなどから、ぜんそく患者も取り組みやすい全身運動。ぜんそくを抱えて世界に挑んだ五輪メダリストが指導に当たる教室もあり、子供たちが体を鍛えながら、持病の克服を目指す場として注目されている。(大家俊夫、山本雅人)



◆「夢」伝える場に

今月4日、立教大学(東京都豊島区)のプールで開かれた水泳教室(産経新聞社など主催)。ぜんそくの症状があったり、過去に症状が出たりした小学1~6年の男子8人と女子11人の児童が参加した。

「はーい! ここまで泳いで」。指導に当たったのは、2012年のロンドン五輪競泳銅メダリスト、ミズノ所属の寺川綾さん(31)。3歳のときにぜんそくを発症し、薬剤を吸い込む吸入療法や徹底した体調管理などを続けながら五輪に挑戦した。

「ぜんそくはとてもつらかったが、それを理由とせず、練習に打ち込んだからメダルにつながった。ぜんそくだから夢をかなえられないということはない。この中から将来の五輪代表やメダリストが出てくれたらうれしい」と寺川さん。

そんなメッセージを受け止めた参加者らは、平泳ぎや背泳ぎなどの指導を約1時間にわたり受けた。

小学6年、田中理音子(りおこ)さん(11)=中野区=はプールサイドで寺川さんから本物の銅メダルをかけてもらい、満面の笑みを浮かべていた。「水泳がこんなにおもしろいと思わなかった」。妹で小学3年、清音子(さおこ)さんも参加した。

母の奈津子さん(38)は「姉妹ともぜんそくで、定期的に治療している。水泳をもっとやりたいということなら、どんどんやらせたい」と話した。

小学4年、三ツ谷龍之助君(9)=同区=は不安を抱えての参加だったが、寺川さんから指導を受け、生き生きと泳いでいた。

「体が沈まないようにするため、足を浮かすようにバタ足をするといいと分かった」

◆小学生は増加傾向

治療方法の進歩により、ぜんそくが原因で死に至るケースは減っているが、子供の患者数は増加傾向にある。

5~17歳の幼児や児童、生徒らの健康状態を調べる文部科学省の「学校保健統計調査」によると、ぜんそくを患う小学生の割合は平成27年度には全体の3・95%。8年度(1・59%)の約2・5倍に上っている。

さまざまなデータがある中で、英国の調査では、子供のぜんそくは、成人になるまでに8割前後が改善、そのうちの約半数が完全に治るとされる。しかし、残りの約半数は、成人になってから再発するという。

昭和大学医学部の相良博典教授(呼吸器)によると、ぜんそくの原因は口から肺に通じる空気の通り道である気道の炎症。炎症が起こると気道が狭まり、ひどくなると呼吸困難になる発作を引き起こす。

相良教授は「室内のダニやほこりのほか、喫煙や大気汚染など要因は多岐にわたる。治療して症状が改善すると、治ったと思って治療をやめてしまうことがあるが、放置すれば重症化や難治化の恐れがある」と指摘する。

◆体力づくりにも

水泳はぜんそく患者に適したスポーツだ。相良教授は「気道に湿気をもたらすことで呼吸が和らぐため、発作などを起こしにくい。全身運動により体も強くなるので、症状の改善につながることが期待される」と勧めている。

実際、東京や大阪を中心に、ぜんそくの子供向けの水泳教室が増えてきている。大阪市の教室はぜんそくと水泳の関係などを学ぶ事前勉強会を実施したうえで、7~10月にかけて計10回の水泳実習を行う。同市の担当者は「ぜんそくの子供を持つ親の期待は高いようだ」と話す。

東京都内では、多くの区で教室を開講している。品川区では「今後の運動継続や体力づくりのきっかけに」などと参加を促している。文京区や豊島区では、9月から始まる教室の参加児童を募集中だ。

ただし、重度の症状がある場合などは注意が必要。相良教授は「水泳を始めていいかどうか、専門医に相談したうえで参加を決めてもらいたい」と話している。
絶対に幸せにしなきゃいけない人
斎藤一人さんの新刊よりご紹介致します。


自分が絶対に幸せにしなきゃいけない人って、誰だか分かりますか?


↓ ↓ ↓


_______


昔から私がお弟子さんたちに教えてきたことは、人間として生まれてきた以上、最低一人は幸せにしなきゃいけない人がいるんだよ、ということなんです。


まずその人を幸せにしないと、他の人を幸せにすることはできません。


だから、その人をまず、最初に幸せにしてあげる。


それができてはじめて、もう一人、他の人を幸せにしてあげられます。


じゃあ、自分が幸せにしなきゃいけない人って、誰だと思いますか?


実は、自分自身なんです。


あなたがまず幸せにしてあげなきゃいけない人は、他の誰でもない、あなた自信です。


(中略)


自分で自分のアラ探しをする必要はないんです。


なぜなら、自分のよくないところは、周りがいくらでも指摘してくれる(笑)。


自分でやらなくていいんですよ。


あなたはあなたの味方でいてあげてください。



_______


「絶対、よくなる!」

斎藤一人 著

PHPより


_______



マザー・テレサは、


「世界平和のために、われわれはなにをすべきですか?」


と問われ、こう答えたそうです。


「家に帰って、家族を大切にしてあげてください」


組織の最小単位は家族です。


まずは家族の幸せです。


でもその前に、もっと大事な存在が、“自分自身”だったのです。


自分が幸せじゃなくて、心から人を幸せにしようって思えますかね?


自分が上着を持っていなかったら、他の人が寒がっていたとしても上着を貸してあげることができないんです。


だからといって、上着を10枚も20枚も重ねている必要がないように、自分にご褒美をあげすぎる必要もありません。


ほどほど満足したら、今度は自分が与える番になっていく。


それが、自然の流れですね♪

神さまに好かれる存在

テーマ:
神さまに好かれる存在


小林正観さんの心に響く言葉より…


良寛和尚の歌に次のようなものがあります。


散る桜 残る桜も 散る桜


未熟な私たちには、「風が吹いたから」「雨が降ったから」桜が散ってしまったように見える。

しかし、物事の本質を見る目をもっている人は、「風のせい」にも「雨のせい」にもしません。

その風が吹かなくても、その雨が降らなくても、来るべきときがきたら、花は散っていきます。

自らの「プログラム」どおりに。


自らの「プログラム」に添って散っていくのは、花だけでなく、人間も同じ。

病気と戦って打ち克(か)ったら長生きができる、戦わなかったら早死にしてしまう、と西洋医学では教えています。

でも、治療をするかしないか、いつ死ぬかまで、この世に生まれてきたときに自分が書いたシナリオどおりなのです。


だから、「あのとき、10分早く救急車が来ていれば助かったのに」とか「自分が誘わなければ事故に遭わなかったのに」などと悩む必要はありません。

生きるのも死ぬのも、すべては「自分で決めて」生まれてきているのです。


誰でも、死ぬときがくれば死にます。

しかし、そのときがくるまでは、いくら死にたくても死ぬことはできません。

だから与えられた時間を、楽に楽しみながら、淡々と生きていけばよい。


いま、目の前にいる人を大切にすること。

笑顔とやさしい言葉を贈ってあげること。

出会ったすべての人を味方にしていくこと。

そして、人から頼まれやすい、神さまに好かれる、「喜ばれる存在」であること。


人生とは、幸せそのものなのです。


『人生は4つの「おつきあい」』サンマーク出版





生まれ変わりの理論から言うと、人生は生まれたときから死ぬときまで、すべて決まっているという。

しかし、だからと言って、「決まっているのなら、努力などしても仕方がない」と思うのは見当違いだ。

なぜなら、我々がこの世に生まれてきた目的は、生まれたときよりも少しでも真っ当(まっとう)で、ましな人間になってあの世に帰っていくことだからだ。


生きるということは、言い換えると、「成長すること」や「進歩発展すること」に他ならない。

だからこそ大事なのが、目の前にいる人を大切にし、和顔愛語で接し、出会ったすべての人を味方にし、人から頼まれやすくて神さまに好かれる、「喜ばれる存在」になること。


日々成長し、神さまに好かれる存在でありたい。
糖尿病になると記憶にかかわる脳の海馬という部分の萎縮が進む―
2016年6月16日06時14分
糖尿病
になると記憶にかかわる脳の海馬という部分の萎縮が進むことが、
福岡県
久山町
の住民を対象とした九州大チームの研究で示された。海馬の萎縮は
認知症
患者の脳でもよく観察されており、チームは「
糖尿病
の人は、
認知症
を発症していなくても脳の異変が始まっている可能性がある」と指摘する。
久山町
では九大が長期的な
疫学調査
を実施しており、
糖尿病
の人はそうでない人に比べて
認知症
のリスクが2倍ほど高まるとの結果が出ている。今回は実際に脳がダメージを受けていることを示す内容で、米国で14日まであった米
糖尿病
学会で発表した。
町内に住む65歳以上の人を対象に頭部のMRIで脳の容積を測定し、
糖尿病
の有無との関係を調べた。1238人が参加し、うち286人が
糖尿病
だった。
脳の大きさには個人差があるため、「
頭蓋骨
(ずがいこつ)の内側の容積に占める脳の容積の割合」を指標に、脳の縮み具合を評価。年齢差などが影響しないよう統計的に処理すると、
糖尿病
歴が長いほど脳の容積が小さくなる傾向だった。
中でも記憶と関係が深く、脳の奥の方にある海馬の容積をみると、
糖尿病
歴が10~16年だと
糖尿病
でない人に比べて約3%、17年以上だと約6%小さいという結果が出た。