偶然を引き寄せる

テーマ:

偶然を引き寄せる


本田健氏の心に響く言葉より…


私はたくさんの人をインタビューした経験から、「若いころから思い描いたとおりの人生を生きた人は、ほとんどいない」ということがわかっています。

あなたも、十代に思っていたのとは、ずいぶん違う人生を生きているのではないでしょうか。

でも、それが不幸というわけではなく、いまの人生に幸せを感じている人は多いでしょう。


これまでを振り返ってみると、あなたのいまの幸せに大きく影響を与えた人物が何人かいるはずです。

それは、いまのパートナー、親友、先輩、恩師、上司などだと思いますが、あなたの人生に大きく影響を与えたそうした人との出会いは、たとえばあなたが「こんな人と会いたい」と手帳に書いたから起きたのではないはずです。

きっとその多くの出会いは、たまたま同じ学校だった、同じ職場だった、あるパーティに参加した、などの偶然から始まっていると思います。


人との出会いだけではありません。

いまの仕事も、住んでいる家も、着ている服も、自ら選んだように見えて、その元を丹念にたどっていけば、思いもよらない偶然がいくつも積み重なった結果だと気づくでしょう。

このように、「一見偶然に見える」出来事が人生をつくっているのです。

ある人との出会いから人生が大きく変わった、本屋さんで何気なく手に取った一冊の本が人生に大きな影響を与えた、ふと目にしたホームページが人生の転機になった…そんな話をよく聞きます。

それらのすべては、自分の意図というよりは、偶然で起きています。

電車のホームで親しい友人と数年ぶりにパッタリ会った、パーティで人に紹介されたら学生時代の親友と親しい人だった、などの偶然がきっかけで、転職、独立、結婚といった、人生の大きな出来事につながったりするようです。


このように、一見単なる「偶然」のようでいて、実は人生を変えるような意味をもつ出来事のことを「シンクロニシティ」といいます。

よく考えてみると、私たちの人生はシンクロニシティに満ちているのです。

一生懸命に目標設定するよりも何十倍もの偶然の出来事が、私たちの人生を動かしている。

この事実に気づくことで、人生に対する見方が変わってきます。


この偶然(シンクロニシティ)を意図的に引き寄せ、うまく活かすことで願望を実現していく。

そして、よりすばらしい人生を受け取る…。

シンクロニシティを追いかけていくと、いろいろとある未来の可能性のなかから、最高の人生が出現します。


『決めた未来しか実現しない』サンマーク出版



シンクロニシティを引き寄せる生き方があるという。

小林正観さんは、それを「頼まれごとのある人生」と言っている。


『「不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句、辛い、悲しい、嫌だ、嫌いだ、疲れた」

という言葉を言わなくなって、三ヵ月から半年くらい経つと、突然に頼まれごとが始まります。

「引き受けたからには、いい仕事をしなくてはいけない」

と気負わずに、そのときの加減で「良い加減」でニコニコと取り組んでいけばいいのです。

頼まれごとを引き受けて行くと、三年くらい経ち、ある方向性でこき使われていることに気がつきます。

「どうもこういうことをするために、この世に生まれてきたみたいだ」

というように、自分の“使命”がわかる瞬間があります。

それを「立命」の瞬間といいます。』(小林正観)


「頼まれごと」を頼まれる人には、頼まれやすい雰囲気がある。

不平不満や文句ばかり言う人には誰も頼まない。

頼みやすい人には、笑顔や感謝があり、明るくて素直で、肯定的な言葉を常に使っている。


宇宙の大いなる流れに気づいたら(シンクロニシティ)、素直にその流れに乗ってみる。

偶然を引き寄せ、すばらしい人生を受け取りたい。

AD

人間って生ものだから

テーマ:

人間って生ものだから
ポーラレディの頂点、本庄清(さやか)さんの著書よりご紹介させていただきます。


_______


早く決める、すぐに動く。それもすごく大切なことだと思います。


人間って生ものだから、足元からどんどん腐っていくって知ってますか?怖いで~。


こないだも、現場のビューティーディレクターの子が、ショップオーナーになるかならないかで悩んでいたから、「早いとこ決めや~。決めんかったら、どんどん腐っていくでー。あ、もうちょっと臭うんちゃうか~(笑)」って、クンクン嗅ぎまわりながら、そんな話をしました。


腐ってしまうと、周りの人の邪魔者になったり、後輩をつぶしにかかったりするねんな。


私のとこでも、早いうちから腐ってしまった人、相当いました。


それにもっと怖いのは、いったん腐ると、もう腐ったままで元には戻れないということ。


人間の保存料みたいなもんはないんです。


もしも自分で動けなくなってしまっているような人が周りにいるようなら「腐る前に動かす」のも組織をつくっていく時には必要かもしれません。


なんか糠漬け(ぬかづけ)みたい(笑)。


毎日かき混ぜていれば腐らないけど、動かさないと腐ってしまう。


_______


ポーラレディ頂点のマネジメント力

本庄 清 著

講談社+α新書より


_______


「心が変われば態度が変わる


態度が変われば行動が変わる


行動が変われば習慣が変わる


習慣が変われば人格が変わる


人格が変われば運命が変わる


運命が変われば人生が変わる」


そして、マザー・テレサはこう言いました。


「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。


言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。


行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。


習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。


性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから」


最後に、行動することの大切さを教えてくれる、「5羽のカモメ」のお話をご紹介して終わります。


___


5羽のカモメが防波堤にとまっている。


そのうちの1羽が飛び立つことを決意した。


残っているのは何羽だい?


・・・・・4羽です。


そうじゃない。


5羽だよ。


いいかい?


誤解されがちだが、


決意そのものには何の力もないんだ。


そのカモメは飛び立つことを決意したが、


翼を広げて空を舞うまでは防波堤にとまったまま。


残りのカモメとどこも違わない。


人間だって同じだよ。


何かをしようと決意した人と


そんなこと考えてもいない人とでは


何の違いもないんだ。


ところが人は、


他人のことは行動で判断するのに、


自分のことは決意で判断することがよくある。

しかし、


行動を伴わない決意は、


期待してくれている人に対する裏切りでしかない。


___

「希望をはこぶ人」

アンディ・アンドルーズ 著

弓場隆 訳

ダイヤモンド社より

AD

あなたも危ない「スマホ巻き肩」って? やせにくくなる、息苦しい…様々な“新症例”相次ぐ

スマートフォンの普及に伴い、スマホの操作、閲覧により、背中を丸めた姿勢を長時間とることで起きる酸欠状態や「巻き肩」の症例が、専門のクリニックに相次いで寄せられている。スマホを使い続けるときには、意識して休憩を取り、ストレッチなどを取り入れて正しい姿勢を取り戻したい。(戸谷真美)

スマホを使う際、多くの人は自然な目線の位置よりも、下方にある画面をのぞき込みながら操作する。いわゆる猫背の状態だが、多くの人はスマホの画面に意識が集中しているため、この姿勢を長時間とり続けてしまうことになる。

呼吸器内科の専門医で池袋大谷クリニック(東京都豊島区)の大谷義夫院長は、「スマホを使っているときの猫背の姿勢では、肺が圧迫されるので、通常に比べて吸い込む酸素の量が減る。このために全身の血流が悪くなり、肩こりをはじめ、さまざまな体の不調が表れます」と話す。

大谷院長によると、大人は通常、1分間に15回、1日に2万回の呼吸をしている。スマホを長時間使うことで、1回ごとの呼吸が浅くなり、体に供給される酸素の量が減る。大谷医師が健康な33歳の男性(喫煙歴なし)を対象に、肺活量と気道抵抗を測定したところ、通常の姿勢で5440ミリリットルだった肺活量は、スマホを操作する姿勢では3720ミリリットルに減少。気道抵抗を合わせて算出する「肺年齢」は、通常の姿勢では「18歳未満」だったが、スマホ操作時には「41歳」と実年齢を超えていた。

「背を丸めた姿勢でスマホを使い続けることは、軽い酸欠状態が続くのと同じ。浅い呼吸が続くと血流が悪くなり、肩こりのほか、疲れが抜けにくくなったり、体の代謝が落ちてやせにくくなったりすることもある」

背を丸めた状態でスマホを長時間使うことが習慣化すると、通常の姿勢でも両肩が前に出る「巻き肩」になってしまうことがある。肩こりに悩む人に専門的な治療を行う肩こり研究所(目黒区)の丸山太地所長は「猫背はもちろんスマホの普及以前もあった。ただ、多くの情報を1台で得ることができ、ゲームやメッセージのやり取りもすべてできてしまうスマホは使用時間が長く、全体的に体を動かすことが減ってしまうことが問題なんです」と話す。

例えば現在はかつて新聞や雑誌で得ていた情報をスマホで得ている人は多い。紙媒体を読む場合はページをめくるという動作が伴うが、スマホの場合は指先を動かすだけ。ページをめくる際に腕を動かすことで肩甲骨を動かし、周りの筋肉も使うが、スマホではそうした動作は行われない。「動作が減ることで筋力が低下する。すると知らず知らずのうちに、正しい姿勢を維持できなくなり、悪い姿勢が定着してしまう」と丸山所長は言う。同研究所には、最近20代の女性や10代の男性の患者も多く訪れている。「気分が優れない」「息苦しさが続く」と訴える人が多いという。

治療はマッサージや鍼、ストレッチといった処置と、立つ、座る、歩くといった基本的な動作を正しく行う生活指導と合わせて行う。

スマホを長時間使い、目や肩が疲れたと感じたら、ストレッチを行って筋肉をほぐし、血流を改善することが効果的だ。お薦めは胸を広げる「背中式呼吸」。椅子に深く座り、頭の後ろに手を当てて、大きく3回深呼吸する。丸山所長は「頭の重さを使って大きく胸を広げ、より多くの空気を吸うイメージ。肩こりの改善には、ハードな運動よりも、普段の姿勢を意識して変えていくことが大切」と話している。


<医療>麻疹抗体が消える謎

関西を中心に、麻疹(はしか)の感染者が急増しています。8月14日に千葉市の幕張メッセで開かれたジャスティン・ビーバーのコンサートに来場した男性が麻疹に感染していたことが24日に報道され、さらに30日には関西国際空港での集団感染について、空港を運営する関西エアポートが「空港内従業員の『麻しん(はしか)』感染について」というタイトルのプレスリリースを発表しました。こうした報道を受け、医療機関ではどんなことが起こっているのでしょうか。大阪市の太融寺町谷口医院院長、谷口恭さんに聞きました。

◇「MRワクチンをうっておけば…」

受付では鳴りやまない電話、診察室では後悔のため息……。9月前半の谷口医院の状況を表せばこのようになります。

関空の職員が多数麻疹に罹患したことが大々的に報道されると、関西の(そしておそらく関西以外の地域も)医療機関に問い合わせが殺到しました。谷口医院も例外ではなく、8月末から問い合わせが増えだし、9月に入ってからは電話が鳴りやまないような状態です。ワクチンの在庫は急速に減少し、ワクチン接種は当院をかかりつけ医にしている人のみとしましたが、それでも数日後には在庫が底を突いてしまいました。

一方、診察室では、若い男女から「こんなことになるなら、あのときに接種しておけばよかった……」という後悔の声が聞かれます。数年前からの風疹の流行を受けて、特に妊娠を検討している夫婦から風疹ワクチン希望の声が増え谷口医院で接種する人が大勢いました。声の主は、そうして風疹ワクチンを接種した人たちです。では、彼(女)らは何を「後悔」しているのでしょうか。

それは、なぜあのときに「風疹ワクチン」ではなく「麻疹・風疹混合(MR)ワクチン」を接種しておかなかったのだろう……、という気持ちになるからです。私は風疹ワクチン希望者のほぼ全例に「麻疹は大丈夫ですか」と尋ねるようにしています。妊婦が風疹に罹患すると、先天性風疹症候群と呼ばれる「奇形」を伴った赤ちゃんが生まれてくる可能性があります。「奇形」という言葉には大変なインパクトがありますから、何としてもワクチンをうたなければ、という意識が生まれます。

一方、麻疹には原則「奇形」はありませんから関心が薄かったのかもしれません。しかし、妊娠中の麻疹感染は、もっと悲劇的な結果をもたらすこともあります。胎児が助からない可能性があるだけでなく、母体も無事で済まないかもしれません。ですから、妊娠中に麻疹に感染することは何としても避けなければならないのです。私は、風疹ワクチン希望の若い男女に、それを伝えてきたつもりですが、私の力不足もあり、またMRワクチンよりも自己負担が少なくて済むことも関係していたのかもしれませんが、風疹単独ワクチンを選択する人が少なからずいたのです。

◇麻疹の抗体はなぜ消えた?

麻疹感染の報道が増えて以降、もっとも多く寄せられた質問は「子供の頃にワクチンをうったのに何で抗体が消えるの?」というものです。そのカギは、国内の麻疹感染者が減ったことにあります。

麻疹も風疹も、従来は1度のワクチン接種が生涯有効とされていました。ところが、これが正しくないことが2007年の日本での流行で明らかになりました。このときに一度ワクチンを接種したのに抗体が形成されていない人が大勢いることが分かったのです。当時の谷口医院で20代のワクチン希望者の抗体を調べたところ、2~3割の人にしか抗体がありませんでした。

では、形成されているはずの抗体がなぜ消えているのでしょうか。答えは「ワクチン接種後に病原体にさらされなくなったから」です。1970~80年代に、麻疹・風疹のワクチンは一気に普及しましたが、全員が接種していたわけではなく、感染者はそれなりにいました。風疹は飛沫(ひまつ)感染で近距離でないとウイルスに触れませんが、感染者は多数いました。麻疹の感染者は風疹より少なかったはずですが、こちらは空気感染ですから、同じ教室にいるだけでも病原体にさらされます。ワクチンを接種すれば体内で「抗体」が形成され、抗体があれば病原体が体内に侵入してきてもすぐに「敵」をやっつけてくれます。そしてこのときに抗体は、敵の次の侵入に備えて“防御態勢”をより確固としたものにするのです。抗体の強さを「抗体価」と呼びます。抗体価はある程度「敵」、すなわち麻疹や風疹のウイルスが体内に侵入してくることによって上昇するのです。

ところが、90年代頃から麻疹・風疹の罹患者が激減します。このこと自体はいいことなのですが、これまではある程度定期的に体内に侵入していた「敵」がやってこなくなります。敵がこなければ抗体価は次第に減少していき、ついに敵をやっつけることができないレベルにまで低下してしまいます。これが、ワクチンを接種していたのに麻疹・風疹に感染してしまう理由です(注)。現在は2回接種しても抗体がつかない場合もあると言われています。

◇麻疹の感染力は?

次に多かった質問は「麻疹はどの程度で感染するの? 空港に行ってもいいの?」というものです。

先に述べたように麻疹は空気感染ですから、ワクチンが打てない場合、予防はマスクでおこなうしかありません。風疹やインフルエンザのような飛沫感染しかしない病原体であれば、感染者に近づかなければ感染しませんが、空気感染の麻疹は感染力が強く、より慎重にならなければなりません。本当はN-95と呼ばれる結核などの予防に使うマスクがいいのですが、これは慣れていないと装着が困難で、またとても息苦しくなります(ちなみに結核も空気感染することが知られています)。現実的には「サージカルマスク」と呼ばれる医療用のマスクを用い、大勢の人が集まる場所に行くときは2枚重ねにするとさらに有効になるでしょう。

大勢の人が集まることを「マスギャザリング」と呼び、近年注目されています。世界的にはマスギャザリングはテロの標的になることがよく指摘されますが、実は感染症の領域でも重要な概念で、アウトブレーク(限定された範囲内での感染の大流行)の中心点になる可能性があります。マスギャザリングに相当するのは、空港の他、学校、コンサート会場、教会、地下鉄などの公共交通機関、ショッピングモールなど多数あります。

病院も立派なマスギャザリングです。そして我々の恐れていたことがついに起こりました。私の母校の大阪市立大学医学部付属病院の医師が麻疹に感染したことが発覚し、マスコミで報道されたのです。関西空港での集団感染が発覚したとき、まず私が感じたのは「なんで空港で働く人がきちんと対策をしていなかったの?」というものでしたが、なんと医師も対策が不十分だったのです。これは社会から非難されることになるでしょう。病院に行って麻疹に感染したなどということがあれば目も当てられません。

今回の麻疹騒動を通して、ワクチンの必要性、マスギャザリングのリスクを改めて検討してもらえればと思います。

× × ×

注:抗体価がある程度残っていれば、麻疹に感染しても症状が強く出ないことがあり、これを「修飾麻疹」と呼びます。症状が強くなければいいんじゃないの?と思う人もいるでしょうが、医師からみればとてもやっかいなものです。まず、症状が強く出ず、出ても典型的な麻疹とは異なりますから診断がつきにくいのです。通常の麻疹に比べて感染力は弱いとされていますが、それでも他人に感染させることもあります。もたもたしていると次々に感染者が増えていく可能性もあるのです。


産後健診に公費助成、うつ予防など
2016年9月21日
産後うつなどの予防のため、厚生労働省は来年度、出産したばかりの母親を対象とした健診への公費助成を始める方針だ。
心身の不調がある母親を早期に発見し、医師や助産師らによる支援につなげる。
産後健診は、子どもを産んで2週間後、1か月後などの時期に、出産した医療機関で行う。ただ、実施しているのは一部の市町村にとどまっており、同省は2017年度予算の概算要求に14万人分の助成費用7億円を盛り込んだ。国と市町村が、2回分の健診費用を半額ずつ負担する。
授乳がうまくいっているか、育児で周囲の支援が得られているかなどを確かめる。産後うつになりやすかったり、子どもを虐待するおそれがあったりする母親には、助産師らが、育児や心身の健康管理のアドバイスを行う市町村の産後ケア事業を紹介したり、精神科の受診を勧めたりする。

全国で流行のはしか、患者数が昨年の3倍超に

全国的に感染が広がっている麻疹(はしか)について、国立感染症研究所は20日、今年1月から9月11日までの患者数が計115人になったと発表した。

前週の発表から33人増えており、昨年の年間患者数(35人)の3倍を超えた。

都道府県別では、大阪が43人で最も多く、千葉と兵庫が21人、東京が11人だった。感染研によると、関西空港などで起きた集団感染のほか、海外で感染して国内で診断を受ける事例も継続的に起きているという。

厚生労働省は、予防接種を受けていない人にワクチン接種を呼びかけるとともに、子どもの定期接種が確実に実施できるよう市町村や医療機関に配慮を求めている。

2016年09月20日 20時17分
Copyright (c) The Yomiuri Shimbun