自己重要感を高める「気くばり力」


植西聡氏の心に響く言葉より…


ある大学で起きたちょっとしたハプニングを紹介しましょう。

それは日本史を教えている教授の授業中に起こりました。

教授が黒板に「薩摩と長州が討幕を果たすことに成功する」と書いたとき、一人の学生が教授にこう指摘しました。


「今、黒板に討幕と書きましたが、最終的には薩摩と幕府の話し合いで、江戸城が明け渡されたわけですから、この場合、“倒幕”という表現のほうが正しいのではないでしょうか」

こう言われた教授は、「なるほど。その通りだ」と素直に誤りを認め、黒板に書いた文字を改めようとしたのですが、学生のそのあとの一言がよくありませんでした。

「先生は歴史学者なのですから、正確な記述をお願いします」


この一言で教授は激怒しました。

そしてそのまま教室から出て行ってしました。

以来、その学生は教授から嫌われ、満足に口もきいてもらえなくなったといいます。


ここで問題です。

教授はどうして激怒したのか。

なぜ授業をボイコットして教室から出て行ってしまったのか。


これは、人間の本能的な欲求の一つである“自己重要感”と関係しています。

人間は大なり小なり、「その場において重要な存在でありたい」「他人よりも優れていたい」「人から敬われたい」という欲望を抱いています。

それをないがしろにされると、思わずカッとなったり、キレてしまうことがあるのです。


この自己重要感は生理的な欲求などよりもはるかに強く、その人の年齢や地位とともに強まっていく傾向があります。

教授は、「先生は歴史学者なのですから、正確な記述をお願いします」と言われたことで、ほかの学生の前で恥をかかされ、教授としてのプライド、つまり自己重要感をいたく傷つけられてしまいました。


そこから逆に、人を喜ばせるための大きなヒントを得ることができます。

「その場において重要な存在でありたい」「他人よりも優れていたい」「人から敬われたい」という人間特有の心理作用を逆手にとって、相手の自己重要感を高めるように努めれば、相手を喜ばせることができるからです。

こういうと、いかにも難しそうに思えるかもしれませんが、やり方はとても簡単です。


■その道のエキスパートと呼ばれる人のことは「先生」と呼ぶ。

■目上の人やお世話になった人と食事をするときは、相手を上座に座るように誘導する。

■スピーチが得意な人がいたら、結婚式などの主賓として挨拶をお願いする。


このように、相手のプライドや自尊心にかかわる部分に理解、関心を示し、それをさりげない態度で表すだけでかまいません。

相手の得意なことについて尋ねてみるのもいいでしょう。

おしゃれな先輩がいたら、「どうやったらそいうカッコイイ着こなしができるんですか?」と言ってファッションのコツを聞きだしたり、料理が上手な同僚がお弁当を持参したら、「この料理、おいしそうね。どうやってつくるの?」と尋ねれば、相手だって悪い気はしません。

むしろ、優越感が満たされることで愉快な気持ちになり、そう言ってくれた人に対して好感を寄せるでしょう。

誰に対しても、それを行うことができれば、みんな気分が良くなり、そのぶんだけ、宇宙銀行にたくさんの預金を積んだことになります。


オーストリアの精神科医アルフレッド・アドラーもこう言っています。

「他人とうまくつきあうには、相手がなんとか自分を優秀に見せようと、躍起になっていることを念頭におくことだ」


『「宇宙銀行」の使い方』サンマーク文庫




上の人の機嫌をとったり、へつらったりすることを「おべっかを使う」と言う。

「おべっかを使う」という言葉は、いい意味では使われない。

しかし、「おべっか」を、意図して行う「気くばり」や「人を喜ばせること」「気分よくなってもらうこと」と捉えるなら、人間関係にとってこれほど大事なことはない。


『戦略おべっか』(講談社)という本にこういう記述がある。

「人間、若い間は『正面の理』しか見えていないものだ。

だが、実社会で経験を積むうちに、いつしか、人間を動かすのは、『理』よりもむしろ、多くの場合『情』や『恐怖』の方だということを思い知らされる。

そして、その『情』を動かすための最短距離の方策が、『戦略おべっか』なのだ。

『戦略おべっか』とは、得意先や上司に対し、自分に有利な判断を下させるため、『理』を超えて『情』に働きかけるための、具体的な『気くばり』の方策である」


人は、理屈では動かず、「情」で動くとはよく言われることだ。

相手の自己重要感を高める「気くばり力」を身につけたい。
AD

無敵な生き方

テーマ:
無敵な生き方
良寛(りょうかん)和尚の“無敵な生き方”のお話です♪


_______


私たちは、「相手を“変える”ためには説得し、ディベート(討論)をし、論理的に屈服させ、自分の意見を通すことが正しい」という教育を受けてきました。


そういう方法を、「西洋的解決法」と呼ぶなら、良寛さんの方法は「東洋的解決法」にほかなりません。


問題に直面したとき、そこには常に、ふたつの解決法が存在するように思います。


その問題を、相手を説得したり環境や状況を変えたりと「努力」で解決する方法と、〈私〉の中に存在する「徳」で解決する方法と。


さらに考えてみると、「ふたつの解決法」と言いましたが、本当の解決法はひとつしかないのかもしれません。


それは、「西洋的解決法」が敵をつくり、恨みや憎しみを残すからです。


一方、「徳」による解決は、恨みを残すどころか、相手を味方にしてしまうという、根源的、根本的、本質的解決法と思えます。


_______


「すべてを味方 すべてが味方」

小林正観 著

三笠書房より


_______



中国の歴史「項羽と劉邦(こううとりゅうほう)」では、秦の都「咸陽」を目指して項羽と劉邦が競い合います。


項羽は、力で相手をねじ伏せ、自ら先頭に立って百戦錬磨の強さを誇ります。


背水の陣をしいて兵士達を死に物狂いにさせたり、投降した秦兵20万人を虐殺したりします。


一方劉邦は、優秀な軍師、武将らをうまく使いながら慎重にことを進め、投稿した秦兵の殺戮などは極力避け、地位の保全などに勤めます。


その結果、項羽軍と戦う秦兵は、死に物狂いで足止めしますが、劉邦と戦う秦兵は、そこまでの抵抗はしてこなかった。


したがって、相手を叩きのめす“項羽”ではなく、相手を生かす“劉邦”が先に「咸陽」に到着したのです。


まさに、東洋的解決法「徳」によって解決した劉邦が勝ったというお話です♪


憎しみは新たな憎しみを生み、仕返しは終わることのない仕返しの連鎖の始まりです。


以前、交通事故でお孫さんを亡くしたお婆さんが、お通夜の席で、その事故を起こしたドライバーが泣きながら謝るのを制し、「その役目をあなたにさせてしまってごめんなさい」と言ったという話しを聞きました。


その立場に立ったとき、その言葉が言えるかは分かりませんが、連鎖を止め、徳で返す人でありたいと思いました。


無敵というのは、敵を力で圧倒することではなく、


敵をつくらない人こそ無敵なのでしょうね(*^_^*)
AD
月曜日にぎっくり腰で見えた患者様です。
腰をほとんど前に曲げられませんでした。
治療前と、後である程度腰が曲がるようになったので痛み止めを飲む事、安静を支持し
次の日に来院。
かなり痛みは改善されていました。
ポイントは、早くからの鍼灸治療、痛み止め、安静です。
AD

繰り返される暗示の力

テーマ:
繰り返される暗示の力


宇野千代氏の心に響く言葉より…


《言葉が言葉を引き出す。前の言葉があとの言葉も引き出す。その自分の言葉でもっと亢奮(こうふん)したり、腹を立てたり、もっと情深くなったりする。言葉がさきに立って感情を支配する》


それにしても、現代人は何て確信することが下手なのだろう。

或いは疑うことが好きなのだろう。

朝から晩まで、自分の体のことを疑ってばかりいる。

疑って、びくびくしてばかりいる。


まア、見てごらんなさい。

年配になった男女が集まると、判コで押したように病気の話ばかりする。

自分の体の状況を、あれこれとそれは詳しく述べ立てる。


一体、自分の病気の話をしてどうなるのか。

人の病気の話を聞いてどうなるのか。

人の病気の話を聞いて、それで愉(たの)しいとしたら異常である。


私は出来るだけ自分の体の具合の悪いことは人には話さない。

これは自分の身の上話を人にしないのと同じ心理である。

自分の体の具合を人に話すことによって、可厭(いや)でももう一度、はっきりと、自分の体の具合の悪いことを、心に思い浮かべる。

これが可厭なのである。


もう一つ、自分の体の具合の悪いのは、自分で知ってるだけでたくさんである。

他人に聞かせて、他人にまで可厭な気持にさせるのは失礼ではないか。

悪い話は、それが自分の体のことでも、決して口には出さない。

「ああ、くたびれた」「頭が痛い」「何だか風邪をひいたようだ」「腹が痛い、胃潰瘍(いかいよう)じゃないか」などとは決して言わない。

これも私の積極的養生法の一つである。


その代わり、好い話は会う人ごとに自慢する。

「私は風邪もひかないし、便秘も下痢もしないし、つまり、いつでも健康体の平均状態なんです」とか、「私は今年の秋で満72歳になるんですけど、何て言うか、体中に若い頃と同じような活力があるみたい。だから、72歳が自慢なんです」などと平気で言う。

この自分の言葉は、もう一ぺん自分の中に戻って来て、そうだ、確かに若い頃と同じ気持ちだなア、と思うのである。

つまり、自分の言葉で、繰り返し自分に暗示を与えるのである。


この繰り返される暗示くらい、魔法のような力を持つものはない。


『幸福は幸福を呼ぶ』集英社文庫





中村天風師はこう語る。

「実際人間が日々便利に使っている言葉ほど、実在意識の態度を決定するうえに、直接に強烈な暗示力をもつものはない」

そして、天風師は、夜の寝がけに、嘘でもいいから「俺は優れた人間だ」「俺は思いやりのある人間だ」「俺は腹の立たない人間だ」「俺は憎めない人間だ」「俺は焼きもちを焼かない人間だ」と思うことだ、と言う。


昼間も、自分独自の暗示の言葉をつくっておくといい。

何かあったときにも、これらの言葉を唱えてみる。

「絶対大丈夫」「必ずなんとかなる」「必ずできる」「うまくいってる」「良き事がどんどん起こる」「ツイてる!」等々。


自己暗示の力は魔法。

ぎっくり腰の治療

テーマ:
ぎっくり腰の治療
当院には、ぎっくり腰での来院の方が多いです。
多くは、知り合いからの紹介です。
なぜ紹介されるのか?
他に行くよりも、早く治るからです。
当院の治療の特徴として、治療前と、後で痛みの違いを本人に見てもらいます。
他の所では これで様子を見て下さい と言うだけで治療前と、後での違いを本人には見てもらいません。
ですので効いているのかどうか本人にはあまりわからないということが多いです。
この治療の違いが知り合いからの紹介につながっています。
睡眠時無呼吸症候群の患者をスマホアプリで支援
2016.5.25 13:45
更新
医療機器輸入販売のフィリップス・レスピロニクス合同会社(東京)は、スマートフォンやタブレット端末向けのアプリを使って睡眠時無呼吸症候群の患者の治療継続を支えるシステムの販売を始めた。
鼻に着けたマスクから体内に空気を送り込む「CPAP」という治療器具などと組み合わせる。
同社によると、CPAPはマスク装着が煩わしいとか効果が分かりにくいとして、治療を中断してしまう人も多い。
アプリは患者に治療の現状や専門家による解説情報を提供。次の受診日を知らせるなどして治療継続を促す。CPAPの患者データをスマホなどに送ることもできる。

【主張】出生率上昇 危機的状況に変わりない

暗い話題の多い人口問題にあって、久々の朗報とはいえる。

昨年の出生数が100万5656人となり、5年ぶりに増加に転じた。1人の女性が生涯に産む子供の推定数である合計特殊出生率も1・46へと若干の回復となった。

厚生労働省の見立てでは、平成25、26年ごろに経済が好転し、子供を持とうとする人が増えたためだという。

だが、楽観は禁物である。むしろ、危機的状況に変わりはないと認識すべきだろう。

出産できる年齢から団塊ジュニア世代が外れ始めており、そうした女性の数が減るためだ。昨年と同じ出生率1・46だった5年の出生数は約18万人多かった。出生率が多少上向いても、女性が少なければ出生数は大きく増えない。

昨年は初産の母親の平均年齢が30・7歳と過去最高を記録し、晩産化傾向が続いている。30代以上の出産が増え、20代は減った。婚姻件数も戦後最少である。

結婚や出産は個人の選択だが、望みながらも実現できない人が大勢いる。国民の希望がかなうよう、官民を挙げて少子化問題への取り組みを急ぐべきである。

まずは第1子対策だ。日本では結婚による出産が多く、結婚支援策の強化が有効といえよう。少子化社会対策白書によれば、20~49歳の4割が「結婚生活にかかるお金」を心配している。雇用の安定が何より重要である。

男性は年収300万円未満で未婚者が多い傾向にある。正社員を増やし、所得を高める企業経営に期待したい。政府はこれを後押しするよう環境を整備すべきだ。

白書は、若い未婚男女の4割近くが職場に独身の異性がいないという調査も紹介している。出会いのきっかけを増やすことが大切である。周囲で縁談を勧める「世話焼き」の人が、もっといてもいいのではないか。

第2子以降を諦めている人も少なくない。夫による休日の家事・育児時間が長い家庭ほど第2子以降が多いとの調査結果もある。家事参加を促すには、長時間労働の是正を進めるべきだ。政府は保育士の待遇改善に乗り出すが、使いやすい保育サービスにつながるよう工夫を重ねてもらいたい。

少子化対策に近道はない。出生数の反転を確かな流れにするためにも、個々ができるところから始めることが重要となる。
【くらしナビ】成人ぜんそく 新たな治療法に脚光 気管支温め症状緩和

夜中にひどいせきで目が覚めてしまう、運動をすると息苦しい-。その症状はぜんそくかも。子供の病気と思われがちだが、大人になって突然発症することもあり、小児より成人の患者数が多いという。最近は「成人ぜんそく」に苦しむ患者の新しい治療法も登場し、注目を集めている。(金谷かおり)



ぜんそくは、空気の通り道となる気管支が慢性的な炎症によって狭くなる病気だ。発作を起こすと激しくせき込み、最悪の場合は呼吸困難に陥り、死を招く。

厚生労働省が実施した平成26年の患者調査によると、ぜんそくの総患者数は約120万人。また、20歳以上の成人患者は推計患者数全体の半数以上を占めた。「せきがちっとも治まらないけど毎日忙しいし…」などと治療せずに放っておくのは危険だ。国内では年間1550人(厚労省「平成26年人口動態調査」)がぜんそくで命を落としている。

「成人ぜんそく」で問題なのは完治が難しく、年齢が上がるほど死亡リスクも高まること。日本アレルギー学会によると、ぜんそくによる死者数は減少傾向にあるものの、65歳以上が占める割合は88・5%(23年)と極めて高い。

神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科医長の馬場智尚さんによると、小児ぜんそくは成長とともに治ることもある。ところが「成人ぜんそくは何歳でも発症し、要因がはっきりしないことも多い」という。

熱がないのにせきやたんが治まらない▽夜中や朝方にゼーゼーと呼吸音がして息苦しくなり眠れない▽走ったりするとせきが出る-などの症状があれば、早めに医療機関を受診したほうがいい。ぜんそくと診断された場合、吸入ステロイド薬と飲み薬を組み合わせ、発作を起こさないようにコントロールする治療法が一般的だ。

最近では重症患者向けの新しい治療法も広がりつつある。「気管支サーモプラスティ」と呼ばれ、気管支を温めることで症状を緩和する。昨年4月から健康保険の適用にもなった。

ぜんそくの患者は、持続的な炎症により気管支壁の「平滑筋(へいかつきん)」という筋肉が肥大し、気道が狭くなっている。この治療法は、気管支鏡(内視鏡)を口や鼻から気管支内に入れ、先端から電極の付いたカテーテルを出し、高周波電流で気管支の内側を65度で10秒間温める。これにより肥大した平滑筋を正常な状態に近づけ、発作などのつらい症状を緩和する。

横浜市の主婦、小野二三子さん(69)は子供の頃からぜんそくに悩まされてきたが、従来の治療では症状を十分に抑えることができず、主治医から紹介されて昨年「気管支サーモプラスティ」を受けた。「不安もありましたが、治療中は麻酔が効いていたので痛さや熱さは感じませんでした。発作が起きなくなり、今では浅草など都内の散策も楽しめるようになりました」とうれしそうに話す。

この治療法専用の医療機器を扱うメーカー「ボストン・サイエンティフィック ジャパン」(東京都中野区)によると、すでに国内40の医療機関(4月末時点)に導入され「結婚や妊娠を考えている女性の患者で(薬を減らせる)この治療を希望する人もいる」という。
「かん」強い子、遺伝子変異で…秋田大など解明

急に泣いたり不機嫌になったりする、いわゆる「かん」の強い子どもは、遺伝性の遺伝子変異による病気が原因となっている可能性があることが判明し、秋田大や京都大などの研究チームが発表した。

寒さや疲れなど少しの刺激で鈍い痛みを誘発し、症状が表れる。研究チームは、「小児四肢疼痛(とうつう)発作症」と命名した。研究成果をまとめた論文は26日、米電子版科学誌プロスワンに掲載される。

この病気は、特定の遺伝子が変異することで、痛みを脳に伝える神経が発作的に過剰に高ぶり、わずかな刺激で月に10~20回程度、手足の関節などに鈍い痛みを生じさせる。言葉を覚えると「痛い」と訴えるようになり、中学卒業頃には症状は軽くなるという。

(ここまで306文字 / 残り195文字)

2016年05月26日 09時06分
Copyright (c) The Yomiuri Shimbun