て不眠症治療 薬に頼らず認知行動療法で

千葉大病院が、インターネットを使った不眠症の治療プログラムを開発した。薬に頼らず、自らの考え方や行動を見直す認知行動療法を活用し、自宅にいながら治療を受けられるのが特徴。同病院では、治療の効果を確かめる臨床試験の参加者を募集している。

日本睡眠学会のガイドラインでは、成人の3割以上に不眠症状があるとされ、長く続くとうつ病などにつながるケースも。主な治療は、睡眠薬を使ったものだが、ふらつきや薬をのんだ直後のことを忘れるなど、副作用が出ることがある。

認知行動療法は、考え方や行動を見直すことで改善を図る精神療法。うつ病などの治療に効果があるとされ、不眠症の治療にも採り入れられている。今回の治療プログラムは、同大大学院の清水栄司教授(認知行動生理学)らが開発した。患者は自宅のパソコンからアクセスし、1日20分程度のプログラムに取り組む。

治療期間は5週間。1週目は睡眠時間などを記録する「睡眠日誌」をつけてもらう。2週目以降、「ベッドでは寝ること以外のことはしない」「寝つけないときはベッドを出る」など、睡眠習慣の改善を促す。セラピストからの助言も、随時メールで受けられる。

清水教授は「病院に行かずに気軽に治療を受けることができる。薬に頼らない認知行動療法の普及につなげたい」と話す。

臨床試験の対象は、不眠症と診断され、睡眠薬の減量を希望している18~65歳で、うつ病や統合失調症など他の病気が診断されていない人。試験の前後1回ずつ、同大病院に通院する必要がある。

応募や問い合わせは、参加者の募集サイト(http://www.chibasad.com/index.html)から。(土肥修一)

■千葉大病院の不眠治療プログラム

【第1週】「睡眠日誌」をつける

【第2週】睡眠に適した行動を学び、変化を試みる

【第3週】睡眠について偏った考えを変える

【第4週】効率的な睡眠を得る時間を設定し、それに沿った睡眠をとる

【第5週】呼吸法などで気持ちをリラックスさせる
AD
■男性不妊治療に可能性。精子幹細胞の自己複製促進する新遺伝子
京大が発見

京都大学大学院医学研究科の篠原隆司教授らの研究グループは、精子幹細胞の自己複製を促す新しい遺伝子を発見した。脳下垂体から分泌されるホルモンのうち、黄体形成ホルモン(LH)が欠損すると「WNT5A」遺伝子の発現が上昇し、精子幹細胞の自己複製が促進されていた。男性不妊の原因の解明や治療法の開発につながる可能性がある。

精子幹細胞は精子を産み出す細胞で、自己複製と分化を繰り返して精子を作り続ける。精子幹細胞は精巣細胞のうち、ごく少数しかないため解析が難しく、これまで脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)が、精子幹細胞の自己複製を促進すると考えられていた。

しかし研究の結果、FSHシグナルは精子幹細胞の制御に関与せず、LHシグナルが精子幹細胞の自己複製を抑制することが分かった。

LH受容体を欠損したマウスでは精子幹細胞の増殖能力が進んだ。さらにLH欠損マウスの精巣で発現が変化している遺伝子を解析して調べた結果、WNT5A遺伝子が増加して精子幹細胞の自己複製を促していた。

精子幹細胞の培養技術はマウス、ラット、ハムスターに限られており、そのほかの生物からはまだ成功していない。

WNT5A遺伝子はヒトを含めたさまざまな動物の精子幹細胞の培養に役立つ可能性がある。新しい遺伝子改変動物作成の開発にも応用できる。

# この文書は ヤフー株式会社の著作物です。無断転載は禁止されています。
AD
■<不妊治療保険>各社及び腰 保険金高く設計困難

金融庁が今年4月、不妊治療にかかる費用を補償する民間の医療保険を解禁したものの、生命保険各社が販売に二の足を踏み、保険が発売されない状況が続いている。当初から商品設計の難しさが指摘されてきたが、金融庁が見切り発車で解禁に踏み切っており、保険発売を期待していた人たちは肩すかしを食った形となっている。

体外受精と顕微授精の「特定不妊治療」は公的な健康保険の対象にならず、治療1回あたりの患者負担は30万円以上と高額になる。厚生労働省は不妊に悩む夫婦に助成しているが、日本産科婦人科学会の統計では治療1回あたりの妊娠率は全年齢平均で16.3%にとどまる。

厚労省は、安倍政権が掲げる「1億総活躍社会」の柱である出生率向上策として、今年1月から助成金を引き上げるなどした。金融庁も足並みをそろえる形で4月1日に保険業法施行規則を改正し、不妊治療保険の販売を解禁した。

しかし、生保各社にとって壁になるのが商品設計の難しさだ。保険に加入するのは、不妊に悩んでいるなどして不妊治療を受ける意思がある人に限られるとみられ、通常の医療保険などに比べて保険金支払いの可能性が高くなる。また、どんな治療を何回受けるかも加入者の意思に任されるため、保険金が高額に上ることが予想され、生保各社は「採算が見込めない」(大手)とみている。

さらに、保険料などを積算するための不妊に関するデータが不足していることもあって、生保各社は「研究はしているものの、乗り越える壁は高い」と様子見の姿勢で、現時点では保険発売の見通しは立っていないのが実情だ。

こうした不妊治療保険の課題は、金融庁の審議会などでも議論されたが、具体的な商品の検討は保険会社に任せる形で解禁に踏み切った。金融庁からは「社会的なニーズがある中で、門戸を開く意味で解禁を判断しており、商品が出ないという可能性は織り込み済み」との声も出ている。

不妊症に悩むカップルを支援するNPO法人「Fine」の松本亜樹子理事長は「社会的に必要性が認められたと民間保険に期待していた当事者も多かった。このまま話が流れてしまったら残念だ」と述べ、早期の保険発売を望んでいる。【中島和哉】

【キーワード】特定不妊治療

不妊治療のうち、体外に取り出した卵子を培養液中で精子と受精させる「体外受精」と、取り出した卵子にガラス管で精子を注入する「顕微授精」を特定不妊治療という。日本産科婦人科学会によると、2013年に特定不妊治療で生まれた子どもは国内で4万2554人に上る。ただ、回を重ねるごとに自己負担も重くなるため、途中で治療を諦める患者も少なくない。

厚生労働省は04年から特定不妊治療費の助成制度を始め、晩婚化などを背景に助成件数は増加している。制度を随時見直しており、現在は最大6回目(40~43歳未満は3回目)まで助成金を支給。今年1月からは初回のみ従来の15万円から30万円に倍増したが「43歳以上の女性」「世帯所得730万円以上」の場合は助成の対象外となるなど制限も多い。
AD

何かを学ぶとき

テーマ:
何かを学ぶとき
何かを学ぶときに、とても大切なポイントだと思います。


↓ ↓ ↓


_______


エイブラハム・リンカーンは、文学や歴史、法律について独学で豊かな知識を身につけた。


ところが、理解力が飛び抜けて優れていたわけではなかった。


もし彼と同じ学校に通ったとしたら、大統領どころか、将来弁護士になるとさえ想像できなかっただろう。


いとこの一人は、彼のことを「いささか鈍くて、優秀な少年ではなかった」と描写している。


リンカーン自身はこう述べている。


「私は学ぶのに時間がかかるが、学んだことはなかなか忘れない。


私の頭は鋼に似ていて、何を刻むにも大いに苦労するが、刻まれたら消し去ることはまずできない。


学ぶのに時間がかかるが、学んだことはなかなか忘れない」


リンカーンのこの言葉はまぎれもなく、脳が情報を吸収する過程について普遍的な事実を言い表している。


一九九〇年代初頭、カリフォルニア大学の認知科学者ロバート・ビョークは、それまでの心理学者の常識を覆すような事実を発見した。


突きつめて言えば、学ぶのに苦労したときのほうが習熟度は高い、ということだ。


_______


子どもは40000回質問する

イアン・レズリー 著

須川綾子 訳

光文社より


_______



素早く習得することと、深く学ぶことを同一視しやすいようです。


親や教師の立場からすると、素早く簡単に習得してもらいたいと思う。


けど、素早く簡単に習得したものは、忘れやすい傾向にあるそうです。


長い目で見ると、忘れる可能性が高いということです。


例えば、Googleで検索した内容と、メルマガで得た内容と、本を読んで得た内容。


おそらく、後者ほど記憶に残るのではないでしょうか。


これは、運動や職人の技術などでもいえることです。


簡単に習得した人は、元々ある筋繊維を使うので、そこそこ上手にはできますが、


苦労して習得した人は、その技(技術)専用の筋繊維を開発するので、プロ級に上手くなっていくのです♪


覚えが悪い、筋が悪い、向いていない、才能がない・・・


みんな嘘だったのです!


本来は、そういう人ほど可能性を秘めていたのです♪


難しいものに挑戦していきたいですね。

逆子

テーマ:
先日、出産をされた方ですが8ヶ月過ぎから逆子になり最後まで治りませんでした。
帝王切開のため入院した費に逆子が治り自然分娩に切り替わりましたが、。次の日までに出なければ再び帝王切開と言われましたが、無事に陣痛が置き自然分娩で元気な赤ちゃんを出産されました。
こういう事もあるのが、出産ですので本当赤ちゃんが生まれるまで何が起こるかわからないです。
流された先で幸せを見つける


本田健氏の心に響く言葉より…


「無病息災」という言葉もありますが、それは無理というものです。

なぜなら、私たちはみな、いつか必ず死ぬ運命にあります。

この世に生まれてきた以上、それは避けられないことです。


ということは、考えたくないことですが、その途中で病気になったり、事故にあったりもするでしょう。

でも、その病気や事故を経験することで、初めて家族の絆(きずな)ができたりします。

「問題だ」と思うことがあったからこそ、うまくいくこともあるわけです。

そういう意味では、事故にあったり病気になったりしている人が必ずしも不運だとは言えないのではないでしょうか。


幸せとは、人生で起きてしまう不運に見えるものを、どれだけリカバーしていくかだともいえます。

つまり、「幸せの復元力」を持てるかどうかなのです。


それに加えて、たとえどこかに流されたとしても、流された先で幸せを見つけられる能力も大切です。

人生は、「私はここに行きたい」と願っても、必ずしもそこへ行けるわけではありません。

むしろ流れ流れて、思ってもみなかったところに行く可能性のほうが高いかもしれません。

そして流されていった先が、最初に思っていたような場所でなくても、その場所で幸せを見出せれば、その人の人生はうまくいっているといえると思います。


人生においては、「幸せの見つけ方」はとても大事です。

幸せも不幸せも、人生の過程にしかないからです。


『ずっとうまくいく人の習慣』王様文庫・三笠書房




人生は、偶然と偶然のつながりでできている。

子どもの頃からの夢が、寸分たがわず大人になって実現できた、という人がもし仮にいたとしても、それも偶然という運やご縁の積み重ね。

その運やご縁に感謝しなかったとしたら、どんな成功も一瞬にして崩壊する。


ほとんどの人は、自分が思ってもみなかった人生を歩んでいる。

流され、流されてたどり着いた人生。

たとえそれがどんな人生であろうと、その場を楽しめるかどうか、その中に幸せを感じることができるかどうか。


流された先で、幸せを見つけられる人でありたい。