【またね】と言わせて下さい。

テーマ:


いつも  北斗晶ブログを見てくださり有難うございます!


今日は、皆さんにお話ししなくてはならない事があります。
長いブログになってしまいますが、最後まで読んでいただければ幸いです。


私は今、病院のベッドに居ます。
昨日の夕方の生放送を最後に、本格的な闘病生活に入る事になりました。



病名は…乳癌です。


乳癌でも最悪な右の乳房を全摘出しなければならなくなりました。
明日の朝、右乳房全摘出手術を受けます。



先に結論から話してしまいましたが、私としても青天の霹靂で この数ヶ月  乳房を 全摘出しなければならないという結果に心が付いて行けず…
なんとか温存療法で胸を残せないか?
せめて乳頭だけでも残せないか?

ありとあらゆる方法を調べ、告知されたあの日から主治医と何度も話し相談し、毎日を過ごしてきました。


その前に、遺伝と聞いていた乳癌になぜ私がなったのか?
私の家族や身内には誰一人乳癌になった人はいないのに…
何より、ブログを長く読んでくれてる方は知ってると思いますが、毎年恒例で秋頃には乳癌検査と婦人科検診を欠かさなかったのに。
なぜ全摘出するまでの乳癌になってしまったのか?


私の右胸の乳癌は、分かった時には既に約直径2㎝大の大きな腫瘍になっていました。
残念ながら、進行が異常に早く1年間でここまで大きくなってしまった様です。

乳癌は自分で触ってシコリも確認でき自分の目で直視出来る癌と言われますが。
乳頭の真下近くに出来た癌だったので、疑いを持って直視しても乳頭の近くだったからだと思いますが指に触れて分かるシコリは自分では感じず、胸の異変を感じた時には、 初めは違う乳腺の病気を疑いました。




1番初めに何かがおかしいと感じたのは、うつ伏せになって床に転がった時でした。
うつ伏せで、胸を圧迫した事で右胸にチクッとする痛みを感じました。
年頭のまだ寒い時期です。
でも、身内にも乳癌の人はいないし、毎年マンモグラフィーもエコー検査も受けてるので、その安心感から圧迫されただけの痛みだとしか思いませんでした。



下の息子 誠之介の小学校卒業が近く、パパもプロレスを引退して丁度1年が経ち。
子供達も段々手がかからなくなり、今年は私達夫婦にとっては結婚20周年のお祝いの年でもあるので…
2人で、20周年の記念旅行の話しなどをして楽しい時期でもありました。

そして…春、戦後70周年の年でもあるため、サイパン島の近くで戦死した私の祖父にお線香をあげる為に、両親も連れて誠之介の小学校卒業旅行も兼ねサイパン旅行に行きました。


サイパンのホテルで、水着に着替える時…
裸になって、鏡の前に立ち ふっと鏡に映った胸を見た時、長年 何気無く見てきた乳頭の位置が右だけ違って見えました。
乳頭がセンターにない様に見え、引きつってる様な感じを受けました。

なんとなく不安に思ったので、その場で直視して触ってもシコリらしき感触はなく、年齢によるたるみなんだろうな~!  そうとしか思いませんでした。


春が過ぎ夏に差し掛かって暑くなって来た頃、右胸にチリチリする痛みを感じる気がして、毎年秋頃に乳癌検査をしていましたが、秋まで待たずに知り合いの先生に胸の痛みを相談してみました。

後日…
胸を少し切り中の組織を取って細胞を調べて貰いました!



そして忘れもしない、7月7日七夕の日の夜でした。
調べてもらった先生に病院に来てくれと呼ばれ。
検査結果を聞きに病院に健介と2人で向かいました。
先生の口から初めに出た言葉が…

調べた胸の細胞から癌の陽性反応が出たと…


早めに癌の専門の病院に行くようにすすめられ、自分の体に何が起こっているのか?
言葉だけでは理解し難く、告知された瞬間は 他人事のような感覚だった気がします。
病院の近くの駐車場で待っていてもらったパパに。


[パパ…乳癌になっちゃったみたい]

[えっ…]

七夕の夜、東京の先生の病院からどんな話しをして何を話して2人で家まで帰ったのか?

覚えてるのは…
[今年も、織姫様と彦星様  空が曇ってるから会えないね。]そんなかわいい話をしてたような。
多分、乳癌だって結果を信じられなかったんだと思います。


翌日には、パパが病院に連絡をし予約を取ってくれ、直ぐにセカンドオピニオンで、再検査。


血液検査、CTスキャン、MRI、レントゲン、エコー検査  ありとあらゆる検査の結果。
やはり右乳房に出来た腫瘍は乳癌でした。


大きな病院で胸の専門の先生からの説明に、初めて事の重大さを感じましたが…それでも全く現実味がなく。

仕事…どうしよう?


元気な埼玉のおばちゃんだからテレビ局の皆さんも番組に呼んでくれて使って貰えてるのに、病気じゃ仕事がなくなちゃう!

1番初めに考えたのは今後の仕事、タレント北斗晶のイメージ。
レギュラー番組。準レギュラーで使ってくれてる番組。コマーシャルで使ってくれてる企業さん。現在決まってる仕事…

とにかく、この時点では乳癌との告知だけだったので出来れば、夏休みで休暇を取る事にして、こっそり癌を取ってもらって、世間の皆さんにも乳癌だとは秘密にしようと考えていました。



それは…元気な埼玉のおばちゃん北斗晶のイメージを守る為にです。


幸い、今年の夏は息子達2人を一緒に、初めて海外サマースクールに1ヶ月間 出す事も前々から決まっていたので、息子達にも分からない内に治療を出来ればと考えてたのですが…

冒頭で書いた通り、私の右胸に出来た乳癌はそんな簡単なものではありませんでした。


癌の進行度、大きさ、場所  
主治医の先生から、もっと精密に癌が分かる機械のある病院に行って再度検査を勧められ、詳しく検査をして。
主治医の先生には今一度 胸の細胞を取って調べる検査などもしてもらい、その結果…
1週間後に、主治医から家族も一緒に来るように言われた時には、

なんか、こんなシーンをテレビのドラマで見た事があるな~。
そんな感じでした。
パパと2人で主治医からの細かい説明と、癌の種類、ステージ、手術の内容を聞き。

[右乳房全摘出]を先生から告げられた時、あまりの恐怖とショックに初めて自分の事なんだと…泣きました。


なんとか乳房を全摘出せず、癌だけを取り除く事は出来ないのか?
せめて乳頭だけでも残せないか?


48歳と言っても、私だって女です。
胸を全て取る事の恐怖。普通にあるのが当たり前だった胸が乳頭までも全てなくなる。

直ぐには、主治医の先生に[分かりました!胸を全部取ってください。]とは言えませんでした。
これは当たり前だけど、女性なら40才だろうが50才だろうが60才だろうが、胸がなくなる事を直ぐに理解して即答できる人なんていないでしょう。


どうしても、胸の全摘出を受け入れられずにいると…主治医から

[胸の事よりも今は5年先、10年先、生きることを考えましょう。]



生きること。


こう言われた時に初めて、今の自分は命さえも危険な状態なんだと分かりました。
そういう病気なんだと。

それが癌なんだと…




私は愛する子供達の白髪の生えた顔が見たい。
パパと2人で、年を取ってもいつまでも手をつないで歩きたい。

小さな夢のはずが、とてつもなく大きな夢になってしまった様に感じました。





そして…
長年  芸能界でお仕事をさせて頂き、沢山の方に助けてもらい沢山の皆さんに応援して頂き、こんな弱小事務所のしがないタレントの私を皆さんに ここまでにして頂きました。
なので…私にできる事は最後まで皆んなに癌だとは知らせず笑顔で。
元気な北斗晶でテレビに出る事!!!


この思いを突き通す事が私から皆さんへの恩返しだと思いました。




9年もの長い間、レギュラーを務めさせていただきました、東京MXテレビ 5時に夢中を最後の生放送と決め。
告知されてからの数ヶ月、決まっていた仕事はキャンセルせずに、全てこなしてから手術する事にし、昨日まで走り抜けました!

今後、収録してまだオンエアされていない番組さんには、元気な北斗晶を是非流してくださいと、ご協力をお願い致しました。


以下、今後の北斗晶の出演するオンエア情報です。


TBS あさチャン 5:30~8:00
超簡単おかずレシピ 北斗ゴハン
⚫️9月25日(金)
⚫️10月2日(金)
⚫️10月9日(金)
⚫️10月16日(金)
⚫️10月23日(金)
⚫️10月30日(金)

あさチャンさんのご好意で10月30日をもって一旦休止とさせていただきます。
簡単に作れる美味しい我が家のレシピを紹介していますので、是非毎週金曜日は観て下さい。




⚫️9月27日(日)
「Kinki kidsのブンブブーン」
フジテレビ 13:30~14:00

KinKi Kidsのお二人には、この場をお借りしてお礼を言わせてください。
私の夢を健介の後悔を、KinKi Kidsの2人が叶えてくれました。
KinKi Kidsの2人もスタッフの皆さんも誰一人、私が癌だとは知らずロケをしましたが…
片方の胸がなくなる前に、私の夢を健介の夢を叶えてくれたKinKi Kidsに心から感謝しています。
私達夫婦の夢を叶えてくれて本当に有難うございました。
是非、私の夢が叶った瞬間をテレビで見てください。




⚫️まだ情報解禁前ですが10月の中旬頃には8月に家族で連れて行って頂いたロサンゼルスロケ!の放送もあります。
当分は、家族で遠出の旅行には出られそうもないので…
仕事とはいえ、家族4人で行かせて頂き最高の思い出が出来ました。
最高におっかなくて。最高にシビれるロケ内容です!
北斗晶…人生で初めて空中を一回転しました。頑張ったので絶対、絶対見てください!






⚫️10月20日(火)
「解決!ナイナイアンサー」
日本テレビ 21:00~22:54

準レギュラーでコーナーまで持たせて頂き、毎回楽しくやらせていただきました!
北斗農場に逆オファーしてきた、私の天敵?いえ…大好きになった あの人が登場します。
凄い料理が出てくるので、こちらもお見逃しなくお願いします。







放送前の入院で、各番組さんにはご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございません。
表に出るタレントよりも、番組を作り上げるスタッフの皆さんの方が本当に大変です。
重いカメラを抱えてるカメラさんや照明さん、音声さん。
メイクさんにスタイリストさん。
番組を作るプロデューサーさん、ディレクターさんや雑用に走り回るADさん。
どの番組も皆さん一生懸命です!
是非、皆んなの努力の成果を観てください。
よろしくお願い致します。



そして…
昨日の生放送 [5時に夢中]も火曜メンバーには誰一人告げずに最後の生放送をやらせていただきました。

それは、悲しい番組じゃないからです。私が癌だと生放送前に知ったら…昨日が最後だと知ったら…長年共にやってきたメンバーが泣くからです。
いつもハチャメチャな番組を楽しみにしてくれている視聴者の皆さんにもいつも通りゲラゲラ生放送を観て笑って欲しかったからです。

言えなかったじゃなく、言わなかったのです。
[さよなら]を言ったら…本当にお別れになってしまう気がしたので。





乳癌の話しに戻りますが…
この数ヶ月、色々な事を考えました。
生きる事も死ぬ事も…

女性の12人に1人は乳癌になるとも言われています。
乳癌の全摘出手術を受ける事を隠せないなら、あえて全て公表して乳癌の恐さや乳頭の真裏近くに出来た癌は自分では確認しにくい事、どんな症状で異変に気がついたのか。

私だからこそ、みんなが乳癌の話しに耳を傾けてくれるかもしれないから。
もしかしたら、それを大勢の人に伝えられる私だから乳癌に選ばれたのかも…そう思うしかありません。



残念ながら、私の癌は胸だけでなく脇のリンパにまで転移している可能性がある様です。
これから長い闘病生活が始まります。
術後ほどなく抗がん剤治療が始まり。
1ヶ月後くらいには髪も抜け始め最終的には全部なくなるでしょう。


胸が無くなり髪が無くなった時  死に対する恐怖もあり精神的に崩れてしまう人が沢山いるそうです…
だから、長い髪のままだと精神的ダメージが大きいから、前もって髪を切る事を主治医に勧められ、先日バッサリと髪にさよならしました。

それが45センチ髪を切った訳です。


どれだけの精神的ダメージ、体のダメージがあるのか?
今はまだ想像もつきませんが…
女性の12人に1人の為に、何か私がお役に立てる日が来るかも知れません。



そして…

この数ヶ月、ずっと側で支え続けてくれたパパ。
乳癌と告知されてから、パパは体重も落ち、私を失うかもしれない恐怖と1人戦っていたと思います。
私には、この人が居てくれる。それだけで大丈夫って思えたし、家族の支えや優しさが、どれだけ癌患者の励ましになるか。
ただ近くに居てくれればいいんです。
不安で不安で怖くて眠れない時も、誰かがそばに居てくれるだけで、気持ちが救われます。
その事を皆さんにも知ってもらえたらと思います。
きっと病気で苦しむ人の支えに誰でもなってあげられます。
きっとパパの今の経験も苦しみも、同じ苦しみをもつ癌患者の家族の励ましや力に少しでもなれる日が必ず来ると思います!



乳癌だと伝えてから、会社の全てを仕切ってくれ、私が安心して治療に専念できる様に 方々走り回って頑張ってくれてる 井手野副社長。
マネージャーのタダッチ、ヒデキ、スタイリストのゆみちゃん、メイクのなおきちゃん。秘密を共有させてしまって、私が癌だと知った事でみんな発表する今日まで苦しんできたと思います。
それでもみんなが私を守る様に側で頑張ってくれました。本当にありがとう!



そしてまだ12歳の誠之介には、今ひとつ理解できない現実だと思います。
多感な年頃だけど母の病気をしっかり理解しようとしてくれてる16歳の健之介。
そんな2人に隠さず全てを話したパパ。本当に辛かったと思います。

この先の不安で押しつぶされそうな家族を笑顔にしてくれたのは愛犬の花でした。
1年前の9月24日に我が家に、花が来てくれて。
明日でちょうど1年です。

偶然にも1年後に闘病生活のスタートを切る私達を見越して、この子は私達を笑顔にする為に選ばれて我が家に来てくれたのではないか?と思えて仕方ありません。




まだ皆さんに、本当は話しておかなければならない事もありますが…
きっと、朝まで笑ってブログをアップしていた私が乳癌で手術すると言われても皆さんの方が青天の霹靂でピンとこなすぎて理解できないと思いますので…
いつか時が来たら色々と話したいと思います。




最後にこれだけは言わせてください。
女性の皆さん、若かろうが年を取っていようが乳癌検診に行ってください!
乳癌の専門医にしか分からない自分では直視出来ない、触っても分からない乳癌の位置もある事を、このブログを読んでくださった皆さんにも知ってもらいたいです。
毎年検査していても1年で進行の早い癌だと乳房を全摘出しなければならないほど大きくなってしまう癌もあるんだという事を知って下さい。もちろん、癌の出来た位置にもよりますが…

乳癌は遺伝だから、身内に乳癌の人はいないから大丈夫と安心しないでください。

そして、自分の体の小さな異変を見逃さないで。体は正直です!
何かがおかしいと思ったら、その勘は当たってるから。



北斗晶  5年先、10年先を生きる為に長い闘いに入ります!
お知らせした放送予定の番組の放送が終わったら、しばらくはテレビの画面ではお会いできませんが、このブログを通して頑張って生きてる姿を観ていただければと思っています。
そして、同じ乳癌で苦しんでる人。癌と戦ってる人達に少しでも北斗晶も苦しんでるんだから一緒に頑張ろうと思って貰える存在になれればと思います。



必ず戻ると、現時点では約束はできませんが…


お前なんかいらないよ。と言われても…
テレビ業界に、私みたいな口が悪くて下品で品のないブスなオバちゃんも必要だと思ってるので。
今は、[またね!]  と言わせてください。


長いブログに最後までお付き合いいただき本当に有難うございました。


2015年9月23日    
株式会社  健介オフィス       北斗晶

{A0D76C51-BA88-4834-92DA-D30FB64BFD0C:01}




AD

コメント(78273)