1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017年01月23日(月) 01時49分07秒

メルセデス、日本GPのお土産をファクトリーで有効活用

テーマ:ブログ
ファイル0057.jpg
メルセデスは、公式SNSで「日本GPでのお土産」をブラックリーのファクトリーで有効活用していることを紹介した。

昨年の日本GPの際、メルセデスはファンが作成した“GP娘”をプレゼントされた。GP娘はモータースポーツとキャラクターを融合させて新たなアートを模索した作品で、毎年の日本GPごとに作成されF1関係者の話題となっている。

メルセデスは、昨年の日本GPでプレゼントされたGP娘がトト・ウォルフ代表の執務室の入り口に飾られていることを紹介。“ブラックリーのセキュリティ対策”として、有効に活用していることを取り上げている。

Meanwhile... security measures at Brackley have been kicked up a gear (or two) for 2017... ?? #TheWolffLair#idPlease#F1#D2BDpic.twitter.com/kKfe7EBLPH
? Mercedes-AMG F1 (@MercedesAMGF1) 2017年1月20日
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月23日(月) 01時41分28秒

フェルスタッペンは「へとへと」になるまでトレーニングに励んでいると父親が証言

テーマ:ブログ
ファイル0055.jpg
マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がこれまで以上にトレーニングに励んでいると、父親で元F1ドライバーのヨスが語った。

2017年はF1の車両規格が変わり、タイヤ幅が広がってダウンフォースも増えるため、ドライバーの肉体的負担が増えると見られている。

最近、フェルスタッペンが家で無口だと、ヨスは冗談まじりにオランダのテレビ局『Ziggo Sport Totaal』に話した。

「マックスは毎晩、完全にへとへとの状態でソファに座っているんだ」
「いいことだよ。あまり口を開かなくなるからね!」
「いや、真面目な話、口数は少ないけれど、マックスから情熱も感じ取れるよ。私の知る限り、レッドブル・レーシングでは期待がかなり高まっているんだ」

レッドブルは新シーズンにタイトル争いに絡むのではないかと見られており、フェルスタッペンもチャンピオン候補に挙がっている。

ヨスは、舞台裏で息子の成長を見守れれば十分だと話す。

「私にとって、マックスをF1に連れていくことが大きな目標だった」
「それはやり遂げた。そして、彼はトップドライバーとしての地位を築いた。私がいる必要はもうないんだよ」

19歳のフェルスタッペンは完全に独立し、モナコで一人暮らしをしている。

「確かにマックスがいなくて寂しいよ」とヨス。

「この間、その話を娘としたんだ。マックスがいないのは何だか変な感じだなってね。しかし、彼にはもうモンテカルロに自分の生活があるし、恐ろしく忙しい」
「マックスのことは心配していない」
「レッドブルに任せておけば大丈夫だと分かっている。何もかもが見事に組織化されているからね。私の出る幕なんてないよ」
「この変化は私も歓迎だ。前よりリラックスできる。もちろん、常に気をつけて見守っていくけれど、その程度さ」
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月23日(月) 01時30分44秒

【ROC】パスカル・ウェーレイン、事故の影響でROCネイションズカップを棄権

テーマ:ブログ
ファイル0038.jpg
土曜日のレース・オブ・チャンピオンズで大クラッシュを喫したパスカル・ウェーレインが、日曜日のネイションズカップを棄権することになった。

3輪の輪のポラリス・スリングショットでフェリペ・マッサとグループステージを戦ったパスカル・ウェーレインは、中央のバリアに衝突に衝突したあと、マッサのマシン後方に接触。ウェーレインのマシンは宙に浮き、横転しながらバリアにクラッシュした。

その後、医師のアドバイスを受けたパスカル・ウェーレインは、予防措置として国別対抗戦のネイションズカップを棄権することになった。

「今日のROCネイションズカップを棄権することになり、とても残念に思う」とパスカル・ウェーレインはコメント。

「本当にまたレースをしたかったし、元気だと感じているけど、医師に休むようにアドバイスされたし、もちろん、僕は彼らのアドバイスを受け入れるつもりだ」
「ほんの軽い不快感はあるけど、それ以外は平気だ。でも、僕の本当のプライオリティは、今年のF1シーズンだ」

パスカル・ウェーレインは、チーム・ドイツとしてセバスチャン・ベッテルと組んでネイションズカップを戦う予定だった。

「すべてのアクションを逃すことになって悲しいけど、チームメイトのセバスチャン・ベッテルとここマイアミにいる残りの競技者の活躍を願っている。またエキサイティングなレース日になることを祈っているよ」

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月23日(月) 01時25分59秒

【ROC】パスカル・ウェーレイン、フェリペ・マッサと大クラッシュ

テーマ:ブログ
ファイル0020.jpg
レース・オブ・チャンピオンズ2017で、パスカル・ウェーレインが、フェリペ・マッサのマシンに接触して大クラッシュを喫した。

ザウバーへ移籍したパスカル・ウェーレインとウィリアムズから復帰が決まったフェリペ・マッサのF1ドライバー対決はグループステージで実現。3輪のポラリス・スリングショットで対決での、パスカル・ウェーレインは最終コーナーを立ち上がった後、、コースを仕切っている中央のバリアに衝突。

そのままフェリペ・マッサのマシン後方に接触したパスカル・ウェーレインのマシンは宙に浮き、横転しながらバリアにぶつかって止まった。

このクラッシュに、フェリペ・マッサも慌ててマシンを降りて助けに向かった。

幸い、パスカル・ウェーレインと同乗者に怪我はなく、歩いてその場を離れた。

「もちろん、ショックだった」とパスカル・ウェーレインはコメント。

「最初に右フロントがバリアにヒットして、フェリペ・マッサに乗り上げた。フェリペのことを見すぎていたのかもしれない。それでバリアにヒットしてしまった」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月22日(日) 21時44分00秒

【WRC】 ラリー・モンテカルロ 結果:オジェが優勝、ラトバラが2位表彰台

テーマ:ブログ
ファイル0018.jpg
2017年 WRC 開幕戦 ラリー・モンテカルロが最終日を迎え、セバスチャン・オジェ(Mスポーツ)が総合優勝、ヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ)が2位表彰台を獲得した。

ラリー最終日となる明日の競技4日目デイ4は、モナコの北側に広がるフランス山中が舞台となる。SSは4本用意され、2本のステージを各2回走行。有名な「チュリニ峠」もコースに含まれる。最終ステージのSS17は、上位タイムを刻んだ選手に対しボーナスのドライバーズポイントが与えられるパワーステージに指定されている。

だが、SS16は、不適切な場所にあまりに多くの観客がいたためキャンセルとなった。

最終日はセバスチャン・オジェ、オット・タナクのMスポーツ勢が1-2体制でスタート。だが、SS15でオット・タナクのエンジンにトラブルが発生して3位に後退。トヨタのヤリ-マティ・ラトバラが2位に順位を上げた。

優勝は、撤退したフォルクスワーゲンからMスポーツに移籍した4度のWRCチャンピノであるセバスチャン・オジェ。フォード フィエスタWRCでの初戦で見事に優勝を飾った。チームメイトのオット・タナクも3位表彰台を獲得し、Mスポーツが最高のスタートを切った。

そして、2位にはトヨタのヤリ-マティ・ラトバラが入賞。18年ぶりにWRCに復帰したトヨタの復帰戦で2位表彰台を挙げた。チームメイトのユホ・ハンニネンは14位で完走した。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月22日(日) 20時04分24秒

フェリペ・マッサ、F1引退撤回もプレゼントされたF1マシンは確保

テーマ:ブログ
ファイル0727.jpg
2017年にF1グリッドに戻ることになったフェリペ・マッサだが、引退時にプレゼントされたウィリアムズのF1マシンを返す必要はないようだ。

昨年末、マッサがF1引退を表明したことで、ウィリアムズは2016年のF1ブラジルGPを戦ったF1マシンをマッサにプレゼントした。

しかし、その後、バルテリ・ボッタスがメルセデスに移籍したことで、ウィリアムズはマッサに引退撤回を要請した。

マッサは、そのF1マシンは新しい契約の一部だと譲らない。

マシンをキープできるかと質問されたマッサは「それは僕のものだ。僕のものだよ」とコメント。

「2日前にファクトリーでマシンを見たし、そこには僕の名前が入っていた」
「最後の2レースで起こったこと、特にブラジルは驚くべき感覚だった。完全に辞める感覚だった」

「そのあと、全てが変わった。僕のハートは続けろと言ってた。僕はそれに従ったんだ」
「クレア(ウィリアムズ)が引退を止められるか尋ねてきたときはちょっと驚いたけど、もちろん、僕は準備ができているし、モチベーションもある」

「僕はレースから引退したわけではないし、異なるカテゴリーに目を向けていた。でも、すべてが変わった。僕はまだそれほど年を取ってはいないし、再び戻る準備はできている」

マイアミでレース・オブ・チャンピオンズに出場するマッサは、当初はレストランを訪問して“楽しみ”予定だったが、F1のために完全なフィットネスを再開しなければならなくなったと冗談交じりに語った。

「マイアミでは毎日トレーニングをしているよ」とマッサはコメント。

「ルールはすべて変わったし、完全に新しいクルマだ。とにかくその運転方法をテストの8日間で学ばなければならない」
「僕のすべての経験を駆使して、チームができる限り競争的になる手助けをする準備はできている」

また、マッサは、ニコ・ロズベルグの後任としてメルセデスでルイス・ハミルトンとチームを組むことになったバルテリ・ボッタスにエールを送った。

「バルテリの活躍を本当に願っている。彼には今、メルセデスで走るというチャンスがある。過去3年のワールドチャンピオンを獲得したチームだ。彼らは再び競争的だと確信している」
「ニコが辞めると決断したときは本当に驚いた。それがなければ僕がF1に復帰することはなかった」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月22日(日) 20時03分55秒

マノー、チーム存続にむけて投資家との交渉に進展

テーマ:ブログ
ファイル0908.jpg
マノーは、チーム存続にむけて投資家との交渉に進展があったようだ。

BBC によると、マノーのスタッフは「ここ数日の間に見通しは良くなっている」と伝えられたという。だが、新たな投資家の身元は明らかになっていない。

マノーの運営するジャスト・レーシング・サービス・リミテッド社は1月6日に管理下にはいった。当初はチーム存続のための最終期限は1月20日とされていたが、従業員への給与が1月末まで供給されたことで、従業員の解雇の期限は1月27日まで延期された。

だが、一部のスタッフはすでにルノーやトロ・ロッソと契約したと報じられている。

マノーが、2回のプレシーズンテストと開幕戦オーストラリアGPに参加するには少なくとも50万ポンド(約7000万円)が必要だという。

プレシーズンテストは2月末にスタートするが、マノーは序盤戦を2016年マシンの改良版で参戦できるようFIAに許可を求め、それを許可されたとも言われている。

報道によると、ジャスト・レーシング・サービス社だけでなく、F1とFOMのライセンスを保有するマノー・グランプリ・レーシングを買収するオファーが届いているとされている。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月22日(日) 20時03分27秒

【ROC】ファン・パブロ・モントーヤ、初出場でレース・オブ・チャンピオンズを制覇

テーマ:ブログ
ファイル0913.jpg
レース・オブ・チャンピオンズ2017が21日(土)、マイアミのマーリンズ・パークで開催され、初参戦のファン・パブロ・モントーヤが優勝を果たした。

レースは、前年の優勝者であるセバスチャン・ベッテルがグループステージで敗れる波乱となった。

決勝は、初参戦のファン・パブロ・モントーヤと9度のル・マン24時間レース勝者のトム・クリステンセンとの戦いになった。

3番勝負の決勝。ファン・パブロ・モントーヤは、ラリークロスでのヒート1とX-BOWでのヒート2で連勝。レース・オブ・チャンピオンズ初参戦で初優勝を成し遂げた。

一方のトム・クリステンセンはこれまで5度回決勝に進出しているが、まだトップに立っていない。

ジェンソン・バトンは準々決勝でトム・クリステンセンに敗れ、フェリペ・マッサは準決勝でモントーヤに敗れた。

明日は国別対抗戦のネイションズカップが行われる。

ファイル0918.jpg
ファイル0914.jpg
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月22日(日) 20時02分57秒

【WRC】トヨタ:ヤリ-マティ・ラトバラが総合3位に浮上 / WRCモンテカルロ デイ3②

テーマ:ブログ
ファイル0906.jpg
【ヤリ-マティ・ラトバラ (ヤリスWRC #10号車)】
総合3位で最終日を迎えることができるなんて、ラリーが始まる前は思っていませんでした。今日のステージも非常にトリッキーで路面状態が刻々と変わっていったので、問題が起こらないようにかなり余裕を持って走行しました。そして、自分自身のドライビングやマシンのセッティングを、コースの様々なコンディションに合わせて少し変えたりもしました。ここまでラリー・モンテカルロをとても楽しんでいますが、最後まで集中力を保ち続け明日のフィニッシュを迎えたいと思います。

【ユホ・ハンニネン (ヤリスWRC #11号車)】
昨日のリタイアによって失った走りのリズムを取り戻すのは、簡単ではありませんでした。今日はとにかくミスをおかさないよう注意して走り続けたのですが、最終ステージではスタートから1kmも行かないあたりでタイヤがパンクしてしまいました。パンクの原因はよく分からないのですが、かなりスピードの高いコーナーだったのでコースを外れて路肩に飛び込んでしまいました。ただし、それ以外は順調な1日だったので、明日も今日と同じように1日を戦いたいですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017年01月22日(日) 20時02分19秒

【WRC】トヨタ:ヤリ-マティ・ラトバラが総合3位に浮上 / WRCモンテカルロ デイ3①

テーマ:ブログ
ファイル0904.jpg
1月21日(土)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)開幕戦ラリー・モンテカルロのデイ3がフランスのギャップを中心に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racingのヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC)は表彰台圏内となる3位に順位を上げた。

また、前日リタイアのユホ・ハンニネン(ヤリスWRC)は、修復を終えたマシンで再出走。最終SSでのパンクにも関わらず、総合16位までポジションを回復した。

ラリー・モンテカルロの競技3日目となるデイ3は、ギャップのサービスパークの南側エリアで5本計121.39kmのSSが行なわれた。前日に続きギャップの周辺は好天に恵まれ上空には青空が広がったが、コースの舗装路面は所々ウェットで、日陰には残雪やアイスバーンが残るなど、依然としてトリッキーなコースコンディションとなった。しかし、ラトバラはSS3番手タイムを刻むなど好調を維持。前日よりもひとつ上の総合3位でデイ3を走りきった。また、前日リタイアのハンニネンは、メカニックたちの完璧な修復作業によりデイ3に再出走。力強い走りで着々と順位を上げていったが、最終ステージのSS13でパンクに見舞われ、マシンを止めてタイヤ交換作業を行なった結果、タイムをかなりロスしてしまった。

【トミ・マキネン(チーム代表)】
ヤリ-マティとユホの、今日のデイ3までのパフォーマンスには良い意味で驚いています。これほどの速さを示すことができるとは、正直思っていませんでした。ただし、今日もヤリ-マティのマシンには小さな電気系のトラブルが発生し、彼の集中力を乱してしまったことを申し訳なく思っています。それでも、ヤリ-マティは問題を感じさせないほど素晴らしい走りを見せてくれました。また、再出走を果たしたユホもよく頑張ってくれたと思います。ラリーは残りあと1日。明日のSSの合計距離は約50kmと短いですが、気を緩めず最後までしっかり戦い抜きたいと思います。

②へ続く…。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。