今回は、株式会社夢職人辻 陽平(つじ ようへい)社長との対談、第2回目です。

1回目と、辻さんのプロフィールは → コチラ

2回目はこちら → コチラ



辻さん: 私のように創業5年くらいの中小企業のおっさんが、ジェット機貸切でグアムに行った。一生の思い出になるじゃないですか(笑)。

JALのグアム線が廃止になったので、それを1回でも復活させたなど、ロマンがあるでしょう?(笑)。




伊丹: マスコミから、取材にきますね。




辻さん: 実は今年入社の新人を、入社してすぐの4月終わりに社員旅行でグアムに連れて行ったんですよ。やっぱり、非日常を体験させる必要を感じましたね。




伊丹: 「私が入った会社、すごい!」って感激しますよね。




辻さん: しっかりみんなで稼いで、楽しいことをしようというムードづくりが大切なんです。

社長が社員に渡すのではなく、みんなで掴み取ったという流れが大切なんです。
インセンティブ旅行なんです。



 100人の侍計画」は、こんな感じでお祭り騒ぎにしたいのです。



 社員を雇うことは簡単なんですが、そうではない盛り上がりで販売したいと考えています。そういう形ができあがれば、世の中に埋もれている良い商品を表に出すことができると思っています。




伊丹: 100人の社員を雇うのではなく、100人の社長とジョイントするという感じですね。



 
辻さん: 今の若い人は「会社に何をしてもらうか?」みたいなことばかりを考えているような気がします。私などは頑張って働いて、会社に儲けさせて、こぼれたお金をもらうという考え方でした。



だいたい、何もわからないところから仕事を教えてもらうのだから、それだけでもありがたいことなんです。



 
伊丹: 昔の弟子や丁稚だったら、ご飯を食べさせてもらうだけでも有り難かった。もうそんな時代にはなりませんが「感謝」の気持ちがあったら、文句も出ませんね。



 
辻さん: 話はそれましたが、私は、どうしても「日本発」ということにこだわりを持ってしまいます。日本で、まず実績を出すのが大切なんです。



 
伊丹: 日本で売れれば、また世界に出せますね。



 
辻さん: 以前、アメリカで売れれば世界で売れる、ということがありましたが、今は「日本で売れれば世界で売れる」という時代ができているんですね。



そして、世界で売れていく延長線上で“アップルのOEM”で売れる、などというのも目標の一つですね。
いくら良いデバイスを売っていても、乗り越えられない「汚れ」というものがあるわけですから、チャンスがありますよ。



 
伊丹: そうそう、私は汚れないように画面にシールを張っていますが、反応が鈍いし、写真を撮るときは、外さないとなりません。面倒なんですよ。



このスケールの大きさは、いつ身につけられたんですか?



 
辻さん: 私はサラリーマンで、お金が欲しくて起業したんですね。



 
伊丹: トップセールスとしての活躍も普通ではありませんでしたよ。



 
辻さん: でも、独立して、お金ができて、高級腕時計を自分へのご褒美として買いに行きましたが、なぜか欲しくなくなっていたんです。買う気になれない。
自分が成長していく中で価値観が変わっていったんですね。



私が独立するとき、多くの人から助けてもらいました。本当に感謝しています。出資してもらったお返しに配当を出すなどは簡単なことなんです。



でも、それだけではなく今度は私が助ける側に回りたいと考えています。



 
伊丹:大きな意味での恩返しですね。



 
辻さん: そして、私は日本に育ててもらいました。人件費の安い海外で商品を作って売ることもできますが、日本で作って、日本に着金させる、これも恩返しだと思っています。だから「輸出」の形で商売をしたいのです。



インパクトのあることを11つやっていくことによって、自信を持って世の中で発言できるようになっていくものと思っています。



自分のことで言うと、ラジオに出たり新聞に取り上げられたりしたことで、少しだけ発言力ができてきたというところかもしれません。



 
伊丹: 初めて5.6年前に会った時から、発言に説得力がありましたが、さらにパワーアップされてるような気がします。
いや、実績を積んでこられたことで、私の辻さんの見る目が変わっただけなのかもしれませんね。





【辻さんとのインタビューを振り返って】

このあと、マレーシアでのビジネスビザ不動産のことなどで盛り上がりました。



今年中にマレーシアに行きましょうという約束で帰ってきました。



美味しいものを食べて、楽しいお話ができて、素晴らしい時間を過ごせました。



ありがとうございました。





AD
今回は、株式会社夢職人辻 陽平(つじ ようへい)社長との対談、第2回目です。

1回目と、辻さんのプロフィールは → コチラ

辻さんマレーシアに進出と言っても、突然、社員を派遣して会社設立して、というのではリスキーですしね。




会社が成功しても、気さくなところは、ちっともかわらない



伊丹: そういうことなら、駐在員事務所を作るなど、いろいろな方法がありますから、私でよければ知恵をお貸ししますよ。






辻さん: うまくいけば、マレーシアには進出しておいて、中国のスキームを後でのせるということができます。そこの中国企業の考えは、私の歯ブラシMISOKAで成功しておいて、あとで主力商品を販売しようという戦略を考えています。



いろいろな、マレーシア進出方法があるでしょうけど、入り口を伊丹さんにご相談しようと思いました。



 



伊丹: 日本でも大きな実績の伸びを記録されているのに、アメリカ、中国、マレーシアなど世界に目を向けるのは、どういったところからなのですか?



 



辻さん: 日本では、夢がないというのか、みんな下を向いてて面白くないんですよ。何か仕掛けていこうという、勢い、野心が必要ですね。



私も、新製品、KESIMOという、液晶画面をコートして汚れや油をブロックする商品100万個売るという作戦を考えています。



 



伊丹: 100万個ですか!それはすごいですね。



 



辻さん: この目標数字は単純なんですiphon4S100万台予約があったそうです。それだけの理由です。iphon4Sを予約したぞって人だけに買ってもらっても100万個ですから、不可能な数字だと思っていません。しかも、リピート商品ですから。



 



伊丹: 簡単に説明すると、どんな商品になりますか?



 



辻さん: スマートフォンの画面に顔の脂や指紋がついたとしましょうか?
拭いたら終わりと思いますが、実は汚れを伸ばしただけなんですね。今つけた脂を拭いてみましょうか?



 



伊丹: おおー!一拭きでツルツル、ピカピカですね!



 



辻さん: i-padを使ってる人たち困っていますよね。最近は受注や商品説明にipadを使う人が多いですから、汚れた画面ではイメージが悪いですからね。
朝に一度
KESHIMOを使っておけば、その後付いた汚れが気になったら、さっと一拭きで画面をピカピカにすることができます。悩み解消ですね!



ミネラルだけを使っていて、化学物質を一切使っていないので、皮膚についても安心です。



 



伊丹: この商品を100万個販売するわけですね。



 





 



辻さん: そう、まずは売り方から凝っていこうと思っています。“売れた”という結果を残すだけではなくて、どのように売るかを追求したいと思ってます。



 



伊丹: 販売成功のモデルを作ろうということですね。



 



辻さん: 1つはフェイスブックで仕掛ける。

KESHIMOのフェイスブックページ

伊丹: KESIMOのフェイスブックページを展開されてますね。今日見たら192個の“いいね”がついてましたね。



 



辻さん: 仮に1000人に“いいね”をもらったら、私の計算では、5万個は堅いのです。



(根拠もお聞きしましたが、企業秘密なので、ここでは載せることを控えます。)



 あと、「100人の侍計画」というのもあります。



どんなに弱い営業社員でも11年もかければ1万本くらいは売れるでしょう。しかし、それくらいの量を売っていたのでは、お給料を出すのは難しい。そこで、協力者を100作ろうと決めたのです。



その100人で100万本の販売を達成したらジェット機を貸し切って全員でグアムに行きます。それくらいの夢を持ってがんばれば楽しいと思いませんか? 



私のように創業5年くらいの中小企業のおっさんが、ジェット機貸切でグアムに行った。一生の思い出になるじゃないですか(笑)。JALのグアム線が廃止になったので、それを1回でも復活させたなど、ロマンがあるでしょう?(笑)。



 
次回に続く

AD

辻 陽平 さん(株式会社夢職人 代表取締役)

ナノテク歯ブラシ、「MISOKA」生産が追い付かないほどの大ヒット中。

ただいま、新製品「KESHIMO」も盛り上がりを見せています。

アメリカでの成功から世界を見据えて展開中の、いま最も輝くスモール企業です。

阪急梅田の、阪急インターナショナルのランチバイキングを食べながらの対談となりました。

辻さんとは6年来のお付き合いで、梅田の阪急インターナショナルのランチバイキングで、久しぶりにゆっくりとお話しできました。

そのときの、対談を掲載します。

--------------------------------------

伊丹: いっしょに、ゆっくりとお話をするのは3,4年ぶりになるかと思いますが、海外進出も果たし急成長ですね。

新工場の建設、数々のラジオ出演新聞報道などのマスコミ登場箕面市の教科書にも載っていると聞いていますよ。


辻さん
: ここ3年ですね。私の会社が急に伸びだしたのは。特に去年ですね。震災の後くらいです。


伊丹
: アメリカに行きだされたのは、たしか3年くらい前でしたか?
その頃が急成長のきっかけになった時期ですか?


辻さん
: アメリカに行きだしたのは3年半くらい前ですね。ロサンジェルスにパートナーがいて、通いだしました。
仕事として動き始めたのは3年前ですね。現地の会社ができたのは、まだ去年のことですよ。


伊丹
: そんな最近でしたですか?

辻さん: アメリカと言っても広いですからねー。
それまでは、ハワイとグアムくらいしか知らなかったので、どんなところかなー?というような気持ちで通い始めました。


阪急インターナショナルのランチバイキングは豪華です



伊丹
: バックアップしてくれる大きな会社があったのですか?


辻さん
: いえいえ、パートナーと2人で作った会社です。

でも、中国での販売も動き始めていますが、そちらは応援してくれている企業があります。ただ、中国だけでは市場性はありますが安定性という面では心配なところもあります。

それで、今回、伊丹さんからマレーシアのお話などを聞きたかったからです。


伊丹
: 今、お話をいただいている貿易会社も中国やイランと貿易をされているのですが、カントリーリスクなどの解消のためにマレーシアともパイプを作りたいということだったので、私がMIDA(マレーシア投資開発庁)に出向いて話をしてきました。


辻さん
: シンガポールには行ったことがあるのですが、マレーシアには行ったことがないんですよ。一度行きたいと思っていました。で
も、観光旅行で行ったのでは、本物のマレーシアは見ることが難しいですよね。マーケットにも上中下みたいなものがあるでしょうし。


伊丹
: そうですね。一般の庶民の方の中に入ってみないと、空気感というか、その国の雰囲気や匂いのようなものはわかりませんからね。


次回に続く




AD