ほかほかみかんのブログ

フルタイムで主婦やってます!


テーマ:


 

「化学反応期待」

 

人と話しているときに面白いのは

これかもしれない

 

一番感じたのが

SE-YAさんの対面セッションの時

 

私が何度か口にした言葉が

「さっきの話を聞いていて、

  フッと思いだしたのが…」

という言葉

 

そこから

全然別の話(私の中ではつながってるんだけど)

に飛んでいく

 

さっきの話しはどうなっちゃったの?

ワープしまくりゲラゲラ

 

それを

SE-YAさんは

全然違和感なく(嫌な顔しないで)

拾ってくれるので

いくらでも話しが膨らむ

 

前者の人たちの頭の中は

いろんな情報がグループ分けされている

って誰かが言ってたけど

 

何となく

フォルダを開けたら

次のフォルダが出てきて…

って

フォルダの階層を掘り進めるような

イメージがあって

そこには意味があって

ちゃんと線で繋がってるってことなんだろう

 

後者の頭の中って

全部が混在しているけど

(殆どカオスで)苦笑

 

検索をかけたら

瞬時に関係しそうな記事が

複数上がってくる

 

Googleみたいに

同じ言葉を入れたら

ほとんど同じ結果が出るのと違って

その人それぞれの検索エンジンでしょうね

100人いれば100通りの検索結果

誰にも(本人でさえも)想像がつかない結果

だから宇宙人と言われるゆえんかも汗

 

なんでこんなのが上がってくるんだ

みたいなものまで

並んでたりして…

 

その中から

なんか引っかかるものをチョイスする感じ

 

この感じが

「化学反応期待」なんかな

って思う

 

だから

意図を持ってチョイスなんてしない

ピンと来た

くらいのノリでチョイス

 

最終的に

今日のテーマはなんだったんだろう

って思い返すと

「これかな」って思えるけど

 

途中で意図してそこに持っていこうなんて

全く考えてないし

 

最後の最後にどんでん返しが起こったり

最初に戻ったりして

そのプロセスも楽しんでいる

「面白かったねぇ」

で終わればそれでよし

 

どっちがいいか悪いかではなく

どっちが好みか

ってだけなんだろうけど

 

このぶっ飛び具合は

前者の人には謎なんだろうなラブラブ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

ある日

自分が書いた文書に

間違いがあったことを指摘されたとします

 

「ここ、間違ってますよ」

って

 

その時

どう反応するか

 

えっ、間違ってるって…

うっかりしてたわ

こんなこと間違えるなんて

わたしのこと、バカだと思ってるんでしょ

 

わたしのこと、できないヤツだと思ってるんでしょ

 

あんな怖い顔して

わたしのことダメだと思ってるに決まってる

 

絶対馬鹿にしてる~~

あぁ、気分悪い

 

あんな言い方しなくてもいいのに…

腹たつ~~!!

 

あいつ、嫌いや

 

そして

自分以外の人の間違いを見つけても

指摘できない

 

指摘したら

私が不愉快になるのと同じように

不愉快になるのに決まってるから

言ってはいけない

 

言ったら、私が嫌われる

 

言うのは我慢しよう

 

言わないで、こっそり直しておこう

 

こんなことが繰り返される

 

そして

間違いを指摘している人を見て

また、旗を立てる

 

なんで、そんな無神経なことをするんだろう!!!

本音は

私は言うのを我慢しているのに…

ズルイわ!!!

 

どうしてこんな風に

マイナスのスパイラルに陥るのか

 

最初の

「ここ、間違ってますよ」

という言葉は

単純に

「間違っている」という「事実」を口にしただけのこと

 

例えば

算数の計算問題で間違って

×がついている

ただそんな感じのこと

 

×がついた答案用紙を眺めながら

先生に向かって

「嫌いや~~!」とは言わないよね

 

だから

「あぁ、間違ってますね

気が付きませんでした

ありがとうございます

直しておきますね」

 

そう言えばすむだけのことだったのに

なぜ、こんな風にこんがらがっちゃうんだろう

 

日本人はディベートが下手だと言われるのは

このあたりのことなんだろう

と思うんだけど

 

事実と感情と区別を付けるのが

下手くそなんだろうね

 

「あなたのこの意見は、私の意見とは違う」

という言葉を

「あなたは間違っている、私の方が正しい」

「あなたのことが嫌いです」

と言われたと、勝手に脳内変換したがる

 

何も

「嫌い」なんてひと言も言ってないのに…

「すべてが違う」んじゃなくて

「この部分の意見が違う」

って言ってるだけなのに

 

そして

人格すべてを否定されたと

勝手に思って、不愉快になってる

 

なんか、おかしいやん

 

事実を告げられただけなのに

余分な感情をのせてしまうから

ややこしくなる

 

怖い顔に見えたのは

ひょっとしたら

その日の朝

夫婦げんかをして

機嫌が悪いのを引きずっていたから

かもしれへんよ苦笑

 

顔色を見るのが

必要なときはあるけど

勝手に忖度してややこしくする必要もない

 

事実は事実として対処し

それに付随する感情は

必要なのか不要なのか

一度吟味してみると面白いかもね

 

今まで

無駄なエネルギー使ってたわ~えへ

 

って

笑えるかもね

 

その無駄なエネルギーも

今、理解するためには必要だった無駄なんだから

 

無かったことにするのは

意味が無いからねラブラブ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:


 

確かにそうなんだよね~

 

何に怒ってるかわからないから
事象に対してゴメンは言えない

 

ただ、

相手の感情を害してしまったこと

だけはわかるので

それに関しては

「ゴメンね」という

 

そんな感じかな

 

むしろ

「そっちが勝手に感情動かしてるだけやん

八つ当たりせんといてよね

何がどう違うのか、

事実だけを言ってくれたらそれですむのに」

(何様やねん)

これが本音だったりするニヤリ

 

ただ、闇雲に「ごめんなさい」って謝り続けると

そのまま

「わたしが悪うございました、すみません」

に繋がりがちになるので

それは意識して繋げないようにしないとね

 

だから

事象に対してゴメンを要求されると

後者にとっては

危険な場合もある

 

「これができないわたしはダメな人」

「わたしの存在自体が悪」

ただ単に

自分責めに繋がりそうになるから

 

もともと前者って

自分(達)が世界標準だと思ってるから

「自分(我々)と同じことができて普通」と思い

出来ない人に対して

「どうして???」って…

 

わたし後者だけど

「どうして???」と思う前に

「こいつアタマ ワル~!」

(結構ブラック)

その次に

見捨てるかフォローするか決める

 

見捨てると決めたら

話を聞いているふりをして完全にスルー

(コワ~~ィ)ゲラゲラ

 

フォローすると決めたら

どこまでわかっているのか確認しながら

徹底的に寄り添う

 

ゼロか100タイプだから

時によってはバッサリいく

 

わたしって時速300㎞のタイプらしいから

中途半端は

居心地悪いのよね~~

 

結局のところ

前者にとっての普通と

後者にとっての普通とは

 

違って当然

なんだよねラブラブ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。