亜細亜N倶楽部~ひとまず近隣諸国へ行きましょ~

世界の人々が仲良くしてくれたらいいなぁと思います。
そのためには、相手のことをよく理解しなくちゃ!と思い、
細々と近隣諸国を見て廻ってます。
言葉が解らなくても、なぜか分かり合えるその瞬間が好きです。


テーマ:
韓国の食生活と

言ってもほとんど

日本と同じような

もんだなぁと

感じていました。

ところが、ところが・・・。


帰国の日の朝が早いとのことで、前の晩に朝食を

調達しておこうということになったんです。

どこでも気軽に囓れるパンなんかがいいんじゃないの?

ということになり、早速パン屋さんへー。

そこは日本でもよくありそうなパン屋さんでした。

色々なパンが置いてあり、トレーに好きなものを

チョイスしてレジでお金を払う、馴染みのスタイルです。

私は友人より先に会計を済ませたので、レジ横にある

ショーケースの中のケーキを見ていました。

すると・・・・・・・・・・。

デコレーションケーキの飾りの中のモノに目が留まりました。

「ん??プチトマト…??」

これにはビックリしました。

ケーキに合うのかな???


ちなみに買ったパンは見た目は「普通」。

実際に食べてみた感想は「すっごく、美味しいっ!!」

でした。

きっとあのケーキも・・・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
私は「ハングル語」が

全然出来ないのですが、

ま、皆さんもよくご存知

である

「アンニョンハシムニカ」

(こんにちは)

「カムサハムニダ」

(ありがとうございます)

ぐらいは私も知ってました。

でも、その程度のハングル語は日本人観光客なら誰でも

使ってるんですよね。

そこで私と友人はさらにステキなハングルを一つだけ

覚えて使おう!!ということになりました。

以前、上海編でも言っているのですが、ひとことで

いいんです。恐らく日本人ならこういう時は、こう言う

だろうと思いこんでいる外人相手に【意外性】を感じさせて

やりたいんです。

私は事前にハングルを勉強している姉から「会話ノート」

なるものを作ってもらっていたので、その中からひとつの

いい言葉を見つけ出しました。それはー

「チャルモゴッスムニダ」  です。

意味は?といいますと、

「ごちそうさま」  です。

なんともシンプルな言葉なんですが、これが結構ウケました。

残念ながら、これはお店に入ってすぐ使える言葉ではないん

ですけどね。

しかし、帰り際にこの言葉を使うと、アラ不思議!!

たちまち笑顔になって、会話が盛り上がるきっかけを作る

ことが出来ました。

話の中で「あれ、美味しかったです!」と言うと、

「じゃあ、もっと持っていけ!」と言ってお土産を持たせて

くれたお店もありました。

他にも居た日本人観光客は誰も貰ってなかったのにネ!!

ホント「ONE WORD」で得することは多々あります。

海外に行かれて、言葉が出来なくても、ぜひこの

「少し変わったひとこと実践法」をお試し下さい!!

※写真はパラダイスホテル近くの
 【オンヤン炭火カルビ】の日本語メニューです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
難しいタイトルにしてみましたが、

内容は至って幼稚な感じです…。


釜山へは小学校の頃からもう四半

世紀以上の付き合いになる友人と

一緒に行きました。

お互いに残り少ない「30代独身

OL仲間」ってことで、イマドキ

のOL風(って、歴としたOLな

んですけど)で、しかも「負け犬」らしく、

「自分に金かけちゃるぅ~!」

というコンセプトの下、ちょっとリッチな雰囲気で行こう!

と決まったのです。

「癒し」を求めて、エステにカジノにショッピングにグルメ…

ガイドブックに載っている有名店ばかり巡る計画を立てました。

実際に行ってきて、キッチリ予定もこなし、ある一方ではとても

満足のいく旅になったのですが、でも…何かが違ったなと…。

そこにはかなり無理している私たちがいました。

貴重な体験の部分も勿論あります。せっかくだから…と金銭的

にも頑張ってみたこともありました。

でも「リッチな雰囲気」や「イマドキ」にこだわる余り、自分

らしさを無難に抑えてしまっていたような気がするのです。

それじゃ、会社で働いている時の自分と何ら変わりないような

気がして…。


これはあくまで私の偏った考えですが、会社で特に仕事を進める

において、一番に必要なことは「自分らしさ」ではないんです。

会社が一番に求めていることは 「一致団結」すなわちみんなが

どれだけ同じ方向を向いて足並み揃えているか、ということだと

思うのです。

「個性の時代」なんてことを言われていますが、会社という単体

に所属している限り、その「自分らしさ」を一番に掲げているよ

うでは統制が執れませんからね。

「団結」の上に成り立つ「個性」です。

しかも本当の意味で「個性」を出せる人間というのは、ほんの

一握りの実力者だけです。実力のない人間が「個性」を出して

みたところでそれは「わがまま」に過ぎませんから…。

恐らく賛同する人がいるかどうかが実力の差ということになる

んでしょうけどね。


とまあ、我々はいつもそんな柵の中で働いてる訳ですよ。

だからせっかくの貴重な自由な時ぐらい、しかも大好きな旅行

ぐらいは、もっと無鉄砲に個性的に過ごした方が絶対に癒され

たはず!

「韓流ブームらしい…」「みんなが言ってたらしい…」という

世間の噂話に乗っかった旅は、無理と中途半端が交差して、

会社で無難にやり過ごしている環境と同じに思えました。

自分の本来の旅のスタイルとはちょっと違うというか…。

やっぱり馴れない旅はするもんじゃないですね!!

「癒し」のはずが、かえって疲れてしまいました。

でもせっかくなので、話題に乗ってみた釜山のリッチ(?)な

旅のこともまた徐々にご紹介させていただきますね!

※写真は何だかよくわからないけど楽しそうな
 街角のポスターです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
とにかく韓国はウマイ!

毎日何を食べようかと楽し

くて仕方なかったです。

元々辛いモノ好きの私です

が、韓国は辛さの中に何と

も言いようのない甘みや酸

味があって、サイコーです。


それと嬉しいのは副食の数々・・・。

ビピンパを一つ注文しても、小皿が5枚は並んでました。

値段は日本よりちょっと安いぐらいでしたが

その副食は、無くなったらまた持ってきてくれたりして

それだけでボリューム満点でした。


今回の旅行で最も参考にしたサイトは

こちら↓(プサンナビ・ドットコム)
http://www.pusannavi.com/

クーポンもあるし、地図や道案内も載っていて

ガイドブックとは違い、最新情報が入手できます!

釜山に行かれる方はご参考になさってみては?


写真は朝ご飯で食べた「あわび粥」です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
釜山から無事帰ってきました!

今回、初の船旅での海外だったので

何となーく国内旅行の気分でした。

いつもは空港に行って、搭乗のアナウンスなんかを

聞いていると旅気分が盛り上がってくるのに、

長距離バスに乗って福岡に行ったんで、余計に…。


余談ですが、夜行の長距離バスっていいですね!

今回のバスは、消灯時間になると通路側にも

カーテンを引いてくれて、個室感覚だったので

周りのゴソゴソも気にならず、ぐっすり眠れました。


船での出国って、飛行機よりあっさりしてるような気が

したんですけど、やってることは同じなんですよねー。

出発の時も、飛行機バリのエンジン音なんですけど、

全然「G」がかからないんで、拍子抜けしました。

なんかゆったりしてて、船旅もいいなぁと思いましたね。

今回は高速艇に乗ったんですけど、大阪や神戸から出てる

もっと大きい船で、ちょっといい部屋を取って

のんびり行くのもいいなぁと思いました。

いつかの計画に加えておきます!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明後日の19日の晩から、釜山に向かって出発します。

ルートは、まず夜行バスに乗って福岡に行って

そこから「ビートル」というJR九州運営の船に

乗って釜山入りとなる訳です。

今回の旅は、「エステ&カジノ」が最大の目的!

エステは探した中で一番安い店の「スペシャルコース」

にしてみました!しかも別オプションで、伝統衣装に

着替えての写真撮影ってやつもお願いしてみました。

京都でも「舞妓に変装」ってのがありますが、

その韓国バージョンって感じなのかな?

まぁ、いい歳をこいて恥知らずな私でございます。

というか、歳を取るとだんだん恥ずかしいことって

少なくなってしまってます。

「旅の恥はかき捨て」?いやいや、「冬ソナ」好きの

おばさまのように失態をさらすようなマネだけはせずに

気をつけたいです。実は私、「冬ソナ」は知らないん

ですけどねー。

また、帰ってきたらご報告させていただきます!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。