プロコーチ&子どものゼネラリスト てつ ~夢や目標は必ず叶う☆全ての人の可能性を引き出すコーチ~

全ての人の夢は目標は必ず叶う!!
をマイミッションにコーチングや
子育てについての情報を発信中です☆

NEW !
テーマ:
元幼稚園教員だった僕。

仕事が出来ずに全く使えなかった。あだ名は「ポンコツ」

仕事が出来なくて職場で泣きまくった情けない男

自分なんて誰も必要としていない

別の僕の代わりはいくらでもいる

そう思っていた・・・

でも、一つの本と出会い

世界が開けて「見えなかった世界」が見えてきた

今はたくさんの仲間に支えられ

たくさんの方に感謝をすることが出来るようになった

最高の出会いの数々が

僕の「運命」を動かしてくれた

「人生の全ての出来事は財産である」

「あなたの才能は全てあなたの中に眠っている」

「目の前の人の成功を誰よりも信じ、応援する」

僕の人生を掛けて、あなたを応援します

僕の次なる目標は

「君との出会いが人生を変えた」と言われる人になる!!

今までの出会った全ての人と

これから出会う全ての人の中に眠る

たくさんの夢と可能性を開けるように

今日も突っ走ります☆

====

昨日は起業塾仲間のまゆさんのところに行って

マッサージをしてもらいました☆

でも、記憶はほとんどなく

開始3分くらいで寝てしまいました汗

こんなに早く寝た人間はいないそうです



ただ、終わった後のすっきり感!!

エネルギーが充電された感覚が半端ではありません

おすすめです☆

=====

「なぜ教えても出来ないのだろう・・・」

職場でこうした問題で頭を悩ませている方が多いようです。

教えても教えても、なかなか結果に表れない

優しく言っても伝わらないから厳しく言ってみたり

放任してみたり、中には大人のいじめのような

方法を取って厳しく指導をしてみたり・・・

皆様、非常に苦労をされているようです。

結構「上の人」の話を聞くことは多いんです

それこそおしゃれなカフェに行ったり、居酒屋に行ったりすると

よくこんな話をしています

「最近入ったあの子、全然仕事が出来なくて。これっぽちも気が利かない」

「あの子はきっと全然やる気がないのね。あれは三か月持たないわ」

「こっちが全部仕事を肩代わりしてやってるのに

あの子は全然感謝の気持ちがない」


こうした話をしている方が非常に多くいます

僕なんかは「出来ない人間」ですから

昔言われていたことを思い出して

「僕もこんな風に言われていたんだろうな・・・」

と思い、ちょっと凹んでいます(笑)

あぁ、思い出しても切ない(笑)







それはさておき

こうした会話の中でも共通していることがあります。

それは「教えても、教えても」とフレーズ

表現は違えど

みんな、良くなって欲しいと一生懸命。

とにかく声を掛けているんですね。

でも、それでも一向に良くならないから

皆様、途中で諦めるようです(笑)

「何を言ってもあの子は言うことを聞かないからダメだ!」って。

大体カフェで話している内容は皆さんここまでです。

(こんな話を書くと盗み聞きをするためにカフェに行っているのではないかと

言われてしまいそうですが、違うんですよ汗)

=====

前回もお話をしたのですが

「教える」と言うのは大事なことでもあります

でも、それが過ぎると

教えられた側の人間がどんどん

「動けなくなる」

と言うことを知っておくと良いと思います。




少し話は変わりますが

僕の専門は幼児教育です。

幼児教育では「あそび」の中で

「全てを教える」ことは良しとされていません。

特に大事なことは「あそび」の中では自分で考えることが

大事だと言われています。

自分が考えて自分で行動して、自分で結果を振り返る

こうしたプロセスが「人格」や「生きる力」を育てるのです。

しかし子どももそうですが

「手を出し過ぎる」と人間は「手を出してもらわないと何もできない」

人間に育ってしまいます。

そして、「自分にも出来る」と言う自信は育つことがなく

「自分はしてもらわないと出来ない」と言う感覚に陥ってします

自己否定感が強くなるのです。

=====

実は大人も一緒で

手を出し過ぎるとあんまりうまくいかないんです。。。


僕もうまくいかない時期には

周りがたくさんのアドバイスをしてくれたんです

「これをしておけばいいから」

「これならできる?」

「これも出来なかったの?じゃあこうして!」

言われれば言われるほど

「僕はこれも出来ないのか汗」

「ハードルを下げられたのにまた出来なかった」

「なんでこんなに出来ない?僕の頭はどこかおかしいのか・・・」

結局、言われも言われても出来ないことが山積み・・・

仕舞にはほんとに体が動かなくなって行きました。

仕事が終わっていないから、帰るに帰れず・・・

でも仕事に取り組む力が出なかった僕は

職場でも誰もいない職場の三階の用具室に隠れて

夕日を眺めていました。

「なんでこんなにできないのだろう」

と思って、一人で泣きながら外を見ていたことを

今でもよく覚えています。

そんなに情けなかった僕でしたが

あるきっかけで仕事に向き合えるようになりました。

それが「僕の気持ちを聞いてくれる存在」

に出会ったことです。

=====

今後の活動


10月4日(土)  「哲学の会」 第五回 テーマ「働く(傍を楽にする)」

                      場所 西区 アフタースクール NOBINOBI
                      時間 20:00~22:00 
                  

https://www.facebook.com/events/330254740482558/?ref_dashboard_filter=upcoming


10月9日(木) ここラボ講演会 場所 東区プラザ 19:00~21:00

======




「助けて欲しい」

昔の僕はそう思っていましたが

実は本心は助けを求めていたわけではないのだと最近気付きました

本当に求めていたのは

「自分が自分でいい」

「何があっても信じ切る」

そう思ってくれる存在だったようです。

あれから6年も経つのだな・・・

続く。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード