やっと終わった道路のかさ上げ工事

テーマ:

7月から始まった道路のかさ上げ工事


道路両側の溝を造って、後はアスファルトを敷くだけ。


――の、状態でほったらかしにされてしまいました。




すごいと思いません?

デング熱()で亡くなる人もいるというのに、
雨が降るたびにできるこの水溜りはどうしてくれるぅぅ!!!

(↑ 当時の心境)


 デング熱

  熱帯・亜熱帯地方に見られるウイルス性の疾患。

  蚊が媒体となって感染する。

  重症のデング出血熱に進行すると、致死率が高まる。



バンコクの街角から


言い送れましたが、工事の始まった7月は雨季の真っ最中。
乾季に入るのは、だいたい10月下旬でしょうか。


あまりにもほったらかしなので、近所の人が業を煮やして
せっかくつけた新しいふたのまわりのコンクリートを壊して
水が流れるようにしてましたよ。


それにしても、段差がある家は(うちも含めて)車をずっと

外に駐車せざるを得ません。




さて、やっとアスファルトを敷きにやってきたのは 11月3日
もちろん、前もってお知らせなどはありません。



いきなり作業は始まりました。



バンコクの街角から




トラックでアスファルトを落として・・・



バンコクの街角から




こんな感じ↓



バンコクの街角から



どうするのかと思いきや、



人海戦術!!!



バンコクの街角から




バンコクの街角から
白っぽく見えるのは、アスファルトから出ている煙



ローラーで落ち着かせて、終わり。


と、言いたいところですが、



バンコクの街角から

わんこがいるところが排水溝のふた。段差、わかります?


ご覧の通り、全然足りません。


でも、その日は、とうとうアスファルトの補充には来ませんでした。

その理由は、翌日知ることになります。






翌日、出かけるときにふと見るとご近所の家の前に

四角く浮き出た場所が・・・


???


いったいなんだろうと思って近づくと、

白っぽく浮き出ていると思ったのは前の道路面。

四角いのは、車を停めてあったから。


前もってお知らせなどなかったがために
車を路上に駐車したままだったようです。

その家の人、帰ってきてビックリしたでしょうね。(笑


写真がないのが残念です。




外出から帰ってくると、ちゃんとアスファルトは
敷かれていました。



バンコクの街角から



あ~、なんと3か月半かかった道路のかさ上げ工事でした。



「お知らせ」のない工事。
中途半端な仕事。
それに動じないタイの住民。


改めてタイのすごさを知った気がしました~。
AD