中国の旅 3

テーマ:
第3日目(1) 潮州に住む義母の親戚をたずねる


朝、8時半にホテルを出発。
義母の弟の奥さんをたずねました。

弟さんは、残念ながら数年前に急に体調を崩し、
2日寝込んだあと亡くなられたそうです。


バンコクの街角から-A100414_1


鳥居のようなものがちょっと見えますが、村の入り口です。
てっきりこの中に入るのかと思ったら、その鳥居のすぐ横で
雑貨店をしているのでした。



バンコクの街角から-A100414_3


お店の様子。
いろんなものが売っているようでした。



バンコクの街角から-A100414_5

お店の前に停めてあった自転車。
古いけど頑丈そうですね。



バンコクの街角から-A100414_6

お店にあった秤。
なんか歴史を感じます。
きっとずっと使い続けてきたものなのでしょうね。



バンコクの街角から-A100414_7

そろばん。
いつつ玉です。



ひとしきり歓談が終わったら、近所の親戚のうちに
行くことに。



バンコクの街角から-A100414_8


入り口を入ると・・・


バンコクの街角から-A100414_9


家に囲まれた中庭のようになっていて、
ポンプ式の井戸もありました。



バンコクの街角から-A100414_10


そして、その中庭では、かわいいわんこがお出迎え♪
耳が短いのがわかりますか?
私たちを見て、怖がることなく、思いっきり尻尾を振って
歓迎してくれました。



バンコクの街角から-A100414_11

おうちの中も少し見せてもらいました。



バンコクの街角から-A100414_12


テーブルの上にあった茶器。
やはり、お茶は生活になくてはならないもののようです。
このリビングでみんなでお茶を飲んで歓談するのでしょうね。


このおうちでは、わんこのほかにネコも飼っていましたが
ネコちゃんは、なぜかおりの中でした。




そして、違うおうちに・・・


バンコクの街角から-A100414_13


さて、これはなんでしょう?


ベッド!?


それにしては、上下の高さが狭いですね。



いったい何かと思っていたら・・・


バンコクの街角から-A100414_


中には卵がいっぱい!!



バンコクの街角から-A100414_15


アヒルの卵でした~。



バンコクの街角から-A100414_16


さて、再びわんこが登場。
このわんこも耳が短いんです。

アヒルの番?

いいえ、知らない人がたくさん来たから、
驚いて噛まないようにつないでくれたんです。


アヒルを触っちゃった人、私を含む数人。
手はちゃんと洗わないと、ということで
洗う順番を待っている間に、ほかの人たちは
違うおうちに入って行きました。



バンコクの街角から-A100414_17


この古いおうちに入ったようです。


次の写真は、ほかの人が撮った写真。


バンコクの街角から-A100414_18


ブタを飼っているおうちだったそうです。



そして、さらに村の奥に進みます。


バンコクの街角から-A100414_19



バンコクの街角から-A100414_20


こちらは違う親戚のおうち。

先ほどまでは古い家でしたが、こちらは
新しく建てたのだそうです。



バンコクの街角から-A100414_21


シンプルな造りのようです。



バンコクの街角から-A100414_22
写真をクリックすると大きくなります

こちらでも、テーブルの上に茶器が。
なんかとても立派ですね。



こうして、何軒かの親戚のおうちを見せてもらい
最後にみんなで記念撮影をして、お別れしました。

私は、言葉は全然わからなかったけれど、
とてもあったかい気持ちになったのでした。



さて、私たちは、さらに「開元寺」というお寺に向かいました。

つづく


ペタしてね
AD

コメント(4)