ほはば こんな会社です!

ほはばの社員になる前に。
このブログを読んで、ほはば のことを知ってください。

ぼくも(わたしも)もほはばで働きたい!!!
そう思ったらいつでも ほはばに連絡してください!

ほはば は毎日成長しています。
だから毎日ひとを募集しています!

NEW !
テーマ:

業界を良くするために
世の中をよくするために
ほはばが業界の方に続いて一般企業の方々からも学ばせてもらおう!というブログ。


今日のテーマは「自動運転開発の方向性 その1」

 

去年、2016年の11月、韓国のサムスン電子がアメリカの自動車部品大手、
ハーマンインターナショナルを8600億円で買収すると発表しました。

 

8600億円です。

 

企業買収額ランキングのトップ10に入る規模の買収劇。
部品を車に搭載する技術が、今後の自動運転を展開するにあたって補完関係になるようです。

 

これは、今後の自動運転の市場を占う、ひとつの転機かもしれません。

 

自動運転車は、当然、自動車メーカーが開発を進めています。
まずは高速道路で自動運転ができる車から開発していて、自動運転システムではありませんが、
日産のセレナがすでに高速道路での単調な渋滞走行と長時間の巡航走行時に、
ドライバーに代わってアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御する機能を
搭載するなど実用化に近づいています。

 

高速道路の自動運転は既存の自動車技術の延長で開発できることから
開発競争が進んでいます。

 

一方、車線がないとか、標識も完備されていないような、いわゆる生活道路での
自動運転車を開発するには、相当な時間がかかると考えられていました。

 

高速道路の自動運転は、車線や車間距離をセンサーで感知して、その情報をもとに
車を制御する、という考え方なので、そもそも車線がない場合の人間の判断力を
機械化することは時間がかかると考えて当然だと思います。


ただ、それがAIを活用することで、3年程度で生活道路での自動運転、
それも人間が運転しない完全自動運転車ができる可能性がでてきました。

 

この分野は自動車メーカー以外の動きですし、発想ですね。

サムスン電子もこちらの考え方からの買収だったようです。

 

これまでは自動車を作るというだけでしたが、今後は自動車で移動する場面によって
利用する車が細分化していくのかもしれません。

 

次回は、生活道路での自動運転について触れていきたいと思います。

 

ほはば飯塚

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)