ほぼ日刊ベースボール

野球選手の熱い過去や意外な背景を主な切り口に、野球への熱い想いを綴ります。


テーマ:
巨人小坂の楽天への移籍が決まった。

その守備範囲は「小坂ゾーン」とも言われ、流麗な守備は近年の遊撃手の中でもNo.1に思う。
守備において過去最高の遊撃手はオジー・スミスと言われているが、タイプは違うものの守備動作の美しさは匹敵すると言って過言でない。

巨人に行って出番が少なくなり、そのプレーが見られないことに非常に残念な思いをしていただけに楽しみである。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:



高木守道



アライバで鉄壁を誇る中日の二遊間。現在の日本でナンバー1の二遊間であることは誰もが認めるところであろう。しかし中日のセカンドというと高木守道。これは誰もが認めるところではないだろうか。華麗なるバックトスとグラブトスはまさに芸術品。プロの職人とはこのような名手のことを言うのかと実感させられる選手であった。2006年、野球殿堂入りも果たす。



1960年中日に入団。同年5月7日対大洋ホエールズ戦で初打席初本塁打デビュー。1963年に二塁のレギュラー奪取。この年50盗塁を記録し盗塁王。以後1965年、1973年と3度の盗塁王に輝く俊足に加えて、1969年に24本塁打するなど通算236本塁打とホームランもよく打った。1974年にはチームの20年ぶりの優勝に大きく貢献した。二塁手でベストナイン7度は史上最多。1980年限りで引退。シーズン終了後にナゴヤ球場で行なわれたセ・リーグオールスター東西対抗では同年引退した王貞治とともに記念のセレモニーが行なわれた。



県立岐阜商業高校時代に立教大学四年ですでに大学球界のスターであった長嶋茂雄がコーチとしてやって来た際に、長嶋はまだ一年だった高木の才能を見抜き、監督に高木をレギュラーとして使うように薦め、その結果、高木はすぐにレギュラーを取りチームの中核となった。



守備の人と思われがちだが、四打席連続本塁打を放っていたり、ミートに関しては隠れた天才であった。現役時代、監督と起用法をめぐって対立し、抗議の意思を込めて次の試合で全打席初球ピッチャーゴロを宣言、実行した。これに監督も折れ、高木と和解したという。2000本安打も達成、守備の人としての印象が強い中、名球会入りも果たしている。



また非常に義理堅く、礼節をわきまえていた。1974年、巨人のV10を阻止して中日の優勝に貢献。優勝決定翌日の10月13日に予定されていたこのシーズンの後楽園の巨人×中日最終戦は長嶋茂雄引退試合であったが、降雨で14日に順延してしまい、この結果中日の優勝パレードと日程が重なってしまった。このため、大島康徳などの若手・準レギュラー級選手のみを出場させ、中日レギュラー選手は同日の中日優勝セレモニーのために欠場するように球団に言い渡された。この通達に高木は「偉大なる選手になんて失礼なことを」と大いに憤慨し、球団にその通達の撤回とそれが無理ならばせめて自分だけでも出場させるように抗議した。しかし、その願いは聞き入れられず、高木は優勝セレモニーで終始ぶ然とした表情をしていたという。高木はのちに長嶋に電話し謝罪したという。



引退後、監督としても活躍。監督としての力量及び評価は非常に高く、2003年オフには中日の監督候補に再び彼の名前が挙がっている。結果的に落合博満が就任したが、高木の采配の下で2年間(1992年~1993年)プレーした落合は、高木の采配を非常に参考にしているといわれる。高木自身も、落合支持派が少ないとされる中日OBにあって、杉下茂、中利夫、権藤博らとともに、落合支持派の1人である。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



広瀬叔功





盗塁といえば福本豊。世界に目を向ければリッキー・ヘンダーソン。

両者ともに超人的な記録を達成し、かつ打撃も素晴らしく、最高のリードオフマンと言って過言ではないだろう。特にリッキー・ヘンダーソンは足を生かすには不利ともいえる右打ち、左投げなのに右打ちという、そこもまたユニークな選手であった。



盗塁を増やすには、盗塁のスキルだけでなく、塁に出ることが必要である。左打者であれば流し打っての内野安打も出塁率を上げる上での大切なスキルだし、それだけに左打者が有利なのは自明である。

リッキー・ヘンダーソンはそれにもかかわらず年間130もの盗塁を達成したり、年間で30本近く本塁打を放ったり、まさに運動能力の高さ、野生で野球をやっていたような選手だった。



日本において、そのような選手が誰か、というと、広瀬叔功をおいて他にいない。2000本安打も放ち、名球会入りをしているが、パリーグだったが故、あまりに知られていない。しかしそのすごさは以下の記録から見て取れる。



1963年(この年と翌1964年の2年間のパ・リーグは150試合制)には187安打を放ち、最多安打。これは1994年にイチローに抜かれるまで31年にわたってパ・リーグ記録だった。この年の676打席はパ・リーグ記録(2005年に赤星憲広に抜かれるまで日本記録)、626打数は日本記録。1964年には開幕から89試合目まで打率4割をキープ、後半調子を落としたが72盗塁、打率.366という自己最高の成績で首位打者を獲得。この高打率も1985年に落合博満に抜かれるまで長らく右打者の歴代最高打率だった。「打者が2ストライクに追い込まれたら走らない」等、有用な場面でのみ盗塁を仕掛ける職人肌の選手で高い盗塁技術を誇り、1964年3月から5月にかけて31連続盗塁成功と、1968年にシーズン盗塁成功率.957 (成功44、失敗2)といういずれも日本記録を持つ。1塁から3メートル75という並外れたリードを取り、スタートするやスピードを殺さず2塁ベースの手前まで全力で走り、短いスライディングで二塁を陥れた。



1964年のシーズンに4割近い打率を挙げ、さらにあまりにも広瀬が走るので盗塁王をこの年から連盟表彰にした。それまで日本では盗塁はあまり評価されていなかった。盗塁を認知させた最初の選手である。「本当に必要なときにしか盗塁しない」という信念が質の高い記録を残す結果になったが、もっと貪欲に走っていれば盗塁数を上積みできたかもしれない。



また守備も素晴らしく、鉄砲肩と左右両翼までカバーできる中堅守備は1試合10刺殺という記録を残している。外野手としてシーズン353守備機会の日本記録ももっている。



パリーグだからこそ認知されていないが、右打者でこれだけ走攻守そろった選手は珍しい。まさに稀有な選手だったといえる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

赤星

つい5年くらい前までは、セリーグの盗塁王の数字は30個弱だった。
それが阪神・赤星の登場により、50盗塁、60盗塁が当たり前になってきた。
セリーグの最多盗塁記録は元巨人の青い稲妻、松本匡史の76個である。
今季の赤星はセリーグの記録更新も十分視野に入っていることだろう。

この赤星、プロ入りこそ遅かったが、高校時代から注目の選手だった。高校は元巨人・槙原寛巳と同じ大府高校。2、3年の春に甲子園にも出場している。当時から確か50m5.6秒の足が注目されていた。
しかし体は小さく、打撃も非力、それがプロの評価を低くしたのだろう。大府高校から亜細亜大学、そしてJR東日本を経てようやくプロ入り、苦労人である。

赤星の長所は鼻っ柱の強さである。さすがに本塁打は無理としても、自分の弱いとされるところはきちんと克服する。
ここ2年はきちんと打率を3割に乗せ、きちんとレベルアップを図っている。

そんな赤星の姿を見るにつけ、ある選手の姿が重なった。
92年、新庄と共に表れた亀山努である。

当時ローカットのストッキングを流行させた亀山の闘志溢れるヘッドスライディングは、阪神躍進とともに社会現象にもなった。取り立ててすごい成績を残したわけでもなく、ましてや長く選手生活を送ったわけではない。
しかし彼の存在は新庄と共に90年代阪神の象徴であろう。


元来阪神は巨人あっての阪神であった。
古くは景浦将、そして村山実、選手は巨人戦に情熱を燃やし、その泥臭い姿をファンも望んだ。景浦にしても村山にしても、その性格はファイター型、亀山然り、赤星然り、そういう阪神の選手の気質をもっている。ファンも正直で、そういう選手だからこそ惜しみない声援を贈るのだろう。一度は野球をあきらめた藤本もまたそうであろう。

ある意味阪神気質をもった星野仙一が監督となり、見事優勝を果たした2003年。星野は一線から身を引き、阪神はファイターを失った。今岡、矢野など好選手ながらどこか大人しい印象の強い阪神。赤星にはそのスピードとガッツでもって巨人に対して闘志を燃やすリーダーになっていってもらいたい。

 応援のクリックお願いします。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。